ツバキ文具店の6話ネタバレ感想と予想・見どころについて!

      2017/06/27

画像引用元: http://kamilog-media.com/archives/3109
 

「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」の7話と6話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

ツバキ文具店のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて!
 

見どころ予想

 

★白川(高橋克典)の母親(草村礼子)が、亡き夫の手紙を待っている為、鳩子に代筆を頼みます。なぜそんなに、亡き夫の手紙を待っているのでしょう。
また、第5話で、守景(上地雄輔)の娘陽菜(新津ちせ)がスーパーに行こうとする鳩子を心配しました。なぜそんなに心配するのでしょう。亡き母親に何かあったのでしょうか。
また、謎の外国人の正体は、わかるのでしょうか。
秘密が、ひとつひとつ、明かされていきそうです。
ふなたろう 54歳
 
 
★次回ですが一瞬でしたが、椿文具店の前でマスターXがすっ転んでましたね。彼は一体誰なのでしょう。勝手な予想としては鳩子のお母さんと何らかの関係があるのか、それとも鳩子が子供の頃に出会ってた人だったりするのかも。
それから清太郎さんのお母さんが嬉しそうに手紙を読んでた便箋は鳩子が持ってたものなので次の代書は清太郎さんの亡くなったお父さんという事になるんでしょうかね。
これで清太郎さんの苦労が少しでも減ってくれればなぁと願います。
それからはーたんが鳩子の言葉に急に落ち込んでしまいましたが、多分はーたんのママはお買い物に行くと言って出掛けて事故に遭ってしまったのでは無いでしょうか。だからはーたんはあんなにいっちゃダメみたいな事を言ったのかもしれませんね。
ニックネーム 団子
年齢 42歳
 
 

あらすじ

 

5話ネタバレはこちら

 
ツバキ文具店に現れたのは白川。認知症の母・千代(草村礼子)の介護で悩んでいた白川は、ついに施設に預けることを決意した。が、亡き父からの手紙が来るから家に戻ると言い張る千代に、困り果てていた。そこで鳩子に、父からの手紙を書いてほしいのだという。一方、鳩子のことを訊きまわる怪しい外国人ミスターX(アレックス・JD)がついに文具店に現れるが…。
そんなある日、バーバラ婦人の発案で、男爵、パンティーとともに、鎌倉の寺社に七福神めぐりにでかけることになる。
 
※番組HPより引用
http://www.nhk.or.jp/drama10/tsubaki/

 

キャスト
 

多部未華子

高橋克典

上地雄輔

片瀬里奈

新津ちせ

江波杏子

奥田瑛二

倍賞美津子
 

ネタバレ

 
白川(高橋克典)は、認知症の母・千代(草村礼子)を施設に預けました。
 
 
しかし、亡くなった父から手紙が来るから、家に戻りたいと言う千代に困っていました。
 
 
白川は、文具店を訪れて、父からの手紙を、書いてほしいと鳩子に頼みます。
 
 
父は貿易商で海外を回っていました。
 
 
父の手紙と、両親の写真を鳩子に託しました。
 
 
鳩子は、白川の父の愛あふれた手紙を読み、代書を引き受けました。
 
 
 
一方、鳩子について聞き回っていた謎の外国人ミスターX(アレックス・JD)が文具店に現れました。
 
 
鳩子と、バーバラ婦人(江波杏子)は追いかけますが、見つかりませんでした。
 
 
 
翌日、白川が母・千代を連れて、文具店を訪れました。
 
 
千代は、鳩子を祖母・かし子(倍賞美津子)と間違えました。
 
 
千代は夫を「地球を貿易して回っている、玉乗り人生」と言っていて、愛していたのだと実感しました。
 
 
また、白川は、母の認知症をきっかけに、離婚し、会社をやめ、母と心中しようと考えたこと、そして、鳩子の祖母に電話して、助けられたことを話しました。
 
 
鳩子は死んだ白川の父は、何を伝えたいのか、そして、どう書けば良いか悩みました。
 
 
 
ある日、鳩子は、男爵(奥田瑛二)、バーバラ婦人、パンティーこと楠帆子(片瀬那奈)と一緒に、鎌倉の寺社に七福神巡りに出掛けました。
 
 
そして、鳩子は、風景を見ながら、人々は心を通わせながら生きているのだと、感じました。
 
 
文具店に、鳩子達は戻りました。
 
 
そこで、男爵は、「先に逝くものは、残るものに、命を託している。残ったものは、笑いながら生きていく」と、そして、バーバラ婦人は「魂は永遠に寄り添い続ける」と、話しました。
 
 
鳩子は、二人の話を聞きながら思い立ち、一気に、白川の手紙を書き上げました。
 
 
祖母のようだと、男爵達は言いました。
 
 
書き上げた手紙に、押し花を貼り、ロウで、コーティングしました。
 
 
 
翌日、白川は、鳩子が書いた手紙を見て、父の字だと言いました。
 
 
「あいするチーちゃんへ」の書き出しで、「ずっと見ている。玉乗り人生は卒業した。今度会った時は手をつないで散策しませんか。」と。
 
 
白川は、「花の宝石箱。死ぬことは、永遠に生きること。父が天国から送ってくれた。」と言いました。
 
 
白川は、母に、手紙を渡しました。
 
 
母は、「ずっと見てるのね。」と、喜びました。
 
 
 
ある日、鳩子は、むぎカフェに行くと、迫力のある男がいました。
 
 
守景(上地雄輔)は、「刑事」だと言いました。
 
 
「今日は妻の命日です。妻の事件を担当してくれた刑事です。」と。
 
 
そして「妻は殺されたんです。」と、告白しました。
 
 
 

見逃し放送や国内ドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

感想

 

★今回は、白川の亡き父の手紙の代筆でしたが、父の愛あふれる文章がとても素敵でしたし、押し花を貼った便箋は、鳩子の祖母の思いも乗せているような気がしました。ラスト、守景の衝撃の告白。何か、妻の死に秘密がありそうでしたが、まさか、殺されているとは。そんな秘密を鳩子に告げたのは、どんな感情からだったのでしょう。いつも穏やかなラストなのに、ドキドキで、終わりました。
また、七福神巡りでの、男爵と、帆子はなんだかよい雰囲気でしたね。発展があるのか、楽しみです。

ふないちろう 54歳
 
 

予想

 

★守景の衝撃の告白。なぜ、妻は殺されなければならなかったのか。そんな思い過去を背負ってきた守景父娘。鳩子は、どんな気持ちで、守景の告白を受け止めたのか。そして、鳩子と守景父娘の間に進展があるのでしょうか。一方、ミスターXの正体も次回こそ明らかになるのかが気になります。

ふないちろう 54歳

 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報