クライシスの8話ネタバレ・感想と予想・見どころについて!

      2017/06/14

画像引用元: http://sunnystation.info/archives/25049
 

「CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班」の9話と8話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて

新木優子の彼氏・結婚の噂やかわいい髪型・服に演技力は?経歴情報も
 

見どころ予想

 
 
★平成維新軍の首謀者を逮捕できていないまま、パソコンの画面には、維新軍を賛辞する書き込み。この先どうなるのでしょうか。また、公安の林智史(眞島秀和)が潜入する新興宗教団体に、テロの動きが。阻止できるのでしょうか。また、林と、田丸(西島秀俊)、そして、林の妻・千種(石田ゆり子)の間に、何か起こるのでしょうか。次回は、激しいアクションシーンも、ありそうです。
ふないちろう 54歳
 
 
★また、テロ事件。
予告を見る限りでは、小栗さんと西島さんのバディー感が存分に現れそうだったので、楽しみです。7話では、あまり警察上層部のことが出てこなかったので、8話ではもっと警察上層部の悪巧みが出てくるのではないかと思います。

ありりん 26歳
 
 

あらすじ

 

7話ネタバレと感想はこちら
 

 
公安の協力者として新興宗教団体“神の光教団”に潜入している林智史(眞島秀和)から、妻の千種(石田ゆり子)を介して「重大な情報を手に入れた」と連絡を受けた田丸(西島秀俊)。数日後、極秘裏に林と会った田丸は、教団が画策しているテロの情報を教える代わりにスパイを辞めたいと取引を持ちかけられ、動揺する。任務から解放されれば、林は千種の元に帰ることになるからだ。

さらに林は、テロを阻止した後、自分たち夫婦を保護すると、事前に覚書を交わしてほしいと要求。田丸から話を聞いた青沼(飯田基祐)はその条件を承諾するが、一方で、田丸と千種の関係を不安視していた。

林の情報によると、テロの決行は2日後で、標的は文部科学大臣。青沼からテロ情報の報告を聞いた鍛治(長塚京三)は、意味深な表情を浮かべながら特捜班に警備を一任することを決める。

テロ決行当日、稲見(小栗 旬)はいつもとどこか違う田丸の様子が気に掛かる。その頃、大臣が登壇予定のイベント会場には、“神の光教団”の元信者がカバンを手に身を潜めていた。そして大臣が到着すると、警備の目をかいくぐり、会場内で歩みを進める大臣に急接近。カバンの中から何かを取り出そうとするが、次の瞬間、駆けつけた稲見と田丸によって間一髪拘束される。大臣の危機を未然に防ぎ安堵(あんど)したのもつかの間、男からカバンを奪い取って中身を確認した田丸は、教団の真の狙いに気づき、ぼうぜんとその場に立ち尽くしてしまい…
 
※番組HPより引用
http://www.ktv.jp/crisis/index.html

 

キャスト
 

小栗旬

西島秀俊

田中哲司

野間口徹

新木優子

長塚京三

飯田基裕
 

ネタバレ

 

公安の協力者として宗教団体に潜入している林智史(眞島秀和)の妻千種(石田ゆり子)は、「夫から、重大な情報があると連絡があった」と、田丸(西島秀俊)に告げました。
 
 
数日後、田丸は密かに林と会いました。
 
 
林は「テロの情報を教える代わりに、スパイを辞めたい。妻と共に、保護して欲しい。本来の自分がわからなくなったから、解放して欲しい。」と。
 
 
田丸から話を聞いた青沼(飯田基祐)は、その条件を、認めました。
 
 
そして、林と妻を、保護すると言う覚書と交換で、千種から「あさって、文部科学大臣が狙われている。」との情報を聞きました。
 
 
鍛治(長塚京三)は、青沼からテロの情報を聞き、特捜班に警備を任せることにしました。
 
 
テロ決行日、特捜班は、打ち合わせをしたあと、イベント会場の警備に就きました。
 
 
大臣到着後、田丸と、稲見(小栗旬)は、怪しい男を見つけ、後を追い確保しますが、男は、爆弾など持っていませんでした。
 
 
テロの情報はガセだったのです。
 
 
すぐさま、田丸は、危険が及びそうな千種を、ホテルに連れていきました。
 
 
そして、青沼に、田丸の救出を頼みましたが「状況がつかめないままでは、動けない」と言いました。
 
 
 
 
一方、林は、拷問されていました。
 
 
田丸は、稲見に、林との事を話しました。
 
 
「在家信者だった林と、接触し、出家信者として潜り込ませた。自分がした失敗を挽回するために。そして、林の妻に、心奪われたのかもしれない。心が信念を裏切った。」と。
 
 
しかし、稲見は田丸を「人間らしい。」と、言いました。田丸は「組織の駒としての意地だ。」と。
 
 
田丸は、千種の部屋を訪れました。
 
 
田丸は、千種に「夫の林がスパイだと教団に密告したのはあなただ。」と問い詰め、「林を教団に送り込んだ自分のせいだ。」と言うと、千種は「夫とはやり直せない。夫は自分で進む道に行っただけ。林のことは放っておけばよい。」と。
 
 
そして、千種は田丸に「一緒に暮らそう」と告げましたが、田丸は、答えませんでした。
 
 
退職届を置いた田丸は、林を救出に、教団に向かいました。
 
 
そこには、稲見、吉永(田中哲司)、樫井(野間口徹)、大山(新木優子)がいました。
 
 
樫井の仕掛けた爆薬を合図に、教団施設に乗り込みました。
 
 
多くの信者を倒しながら、田丸は、林を救い出しました。
 
 
そこへ青沼が、多くの捜査員と共に、やって来て、林を連れて、早く立ち去るように言いました。
 
 
 
 
その後、新興宗教教団「神の光教」は、警視庁の強制捜査により、爆弾製造を発見されました。
 
 
鍛治は「林と妻は、海外に行かせたまま、帰らせるな。田丸の心を乱さぬように。」と青沼に命じました。
 
 
青沼は、鍛治に「特捜班を使っているどこに向かっているのですか?」と。
 
 
 
 
一方、海外に向かう千種に、会った田丸。
 
 
千種は「あなたと、暮らしてみたかった。」と。
 
 
田丸は、千種の頬を撫でました。
 
 
その後、教会にいる田丸に近づく男が…。
 
 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 

感想

 

★田丸が向かった教団に、特捜班のメンバーの姿。キュンキュンしました。特捜班の5人の結束力の強さと、信頼感、素敵です。そして、アクションシーンは圧巻でした。カッコ良かったです。田丸と千種の、叶わぬ恋は、切なかったです。しかし、鍛治の思惑はなんなのでしょうか?特捜班をまもっているのか?利用しているのか?不気味ですよね。
ニックネーム ふないちろう
年齢 54歳
 
 
★1番特捜班の団結が表れてて素敵な回でした。が、その分上層部が汚くて田丸も利用されてたのが悲しいです。いつもクールな田丸が心動かされるところはとても貴重なので、叶わぬ恋でしたがそんな田丸ももっと見たかったです。
しゃぼん
30歳
 
 

予想

 
 
★稲見に秘められた謎が解明されるのでしょうか?今度は特捜班は、稲見の心を救うことが出来るのでしょうか?何か稲見の過去を知る男が、登場しそうです。そして、8話に続き、派手なアクションシーンがあるのか楽しみです。また、8話ラストに田丸に近づいた男の正体はなんなのでしょうか?そして、鍛治はどう動いてくるのでしょうか?
ニックネーム ふないちろう
年齢 54歳
 
 
★田丸の次は稲見の過去が明らかになるようですが、戦闘能力優れた稲見にも劣らないという旧友が、どれほどすごいのかにも要注目です。危険人物であることは間違いなさそうです。今回さらに深まった特捜班の団結力で、稲見を助けられるのかも気になります。
しゃぼん
30歳
 
 
 
 
次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報