嫌な女ロケ地・キャスト・原作あらすじネタバレ!黒木瞳主演ドラマ

      2016/08/25

2016年4月期ドラマ『嫌な女』が始まりますね!

放送枠はNHK BSプレミアム 毎週日曜日の22:00〜で、初回放送日は3月6日です!

今年公開予定の映画版『嫌な女』では、なんと黒木瞳さんが初監督に挑戦!そして吉田羊さんと木村佳乃さんのW主演ということで話題になりましたよね!

今回のドラマ版ではその黒木瞳さんが主演の弁護士役!そして女詐欺師の小谷夏子役に鈴木保奈美さんということで大注目の作品ですから視聴率も期待できるのではないでしょうか!!

というわけで今回はあらすじネタバレやキャスト・ロケ地についても調べてみました!!

スポンサードリンク


前後のドラマ関連記事はこちら

次に放送のドラマ
奇跡の人ロケ地は中野?原作あらすじにキャスト情報!麻生久美子が出演!
 
『嫌な女』のドラマ版がいよいよ始まりますね!

映画とドラマと制作されるのは最近の流行りですよね~^^

同じくNHKのものだと『紙の月』が同時制作で話題になり、管理人も観てました^^

今回は私も好きな女優さんのひとり、黒木瞳さんが映画版で初監督に挑戦した作品ですからかなり気になってます(゚∀゚)

原作は桂望実さんで、『小説宝石』にて「ずっとずっと向日葵」のタイトルで連載され、『嫌な女』とタイトルを変え単行本として発刊されたものです^^

kuroki

あらすじはあとで書きますのでまず先にキャスト情報から。

キャスト紹介

0294242fc348eb8f0e129e8622317053_content

石田徹子役:黒木瞳

クールで仕事熱心な弁護士。
小さいころから成績は抜群によかったが、超がつくほど真面目で地味であまり周囲から可愛がられなかった。
その為、人との付き合いはあまりうまくない。
親戚の夏子の不始末の尻拭いばかりさせられている。

小谷夏子役:鈴木保奈美

徹子の遠い親戚。
自由奔放で男性を手玉にとり、結婚詐欺まがいことをしている。
何度か法に裁かれそうになるが、徹子に助けを求めて事態を収拾してもらっている。

坂口博之役:勝村政信

元徹子の同僚で、独立して事務所を立ち上げた。徹子に想いを寄せている。

磯崎 賢役:塚本高史

若手の弁護士。
徹子が所属する事務所のアシスタントをしていた。
常に徹子をコンビを組んで行動を共にしている。

荻原道哉役:古谷一行

徹子が所属する荻原弁護士事務所の所長。
実績人格ともに優れ、徹子が手本としている人物。

ロケ地は?

ロケ地についての情報ですが、調べたところまだ情報がありませんでしたm(__)m

NHKの作品はあまり情報がでないんですよね(>_<)

ですが、またわかり次第のせようと思います!!

※追記です。

栃木県真岡市の井頭公園が撮影場所に使われたようです。

あらすじネタバレ

ネタバレもありますので注意です!

小谷夏子は男をその気にさせる天才。

遠い親戚の石田徹子は、まだ弁護士になりたての頃に夏子からの依頼で、ある男に会います。

その男は夏子と結婚するはずだったと主張し、そのために購入したマンションを徹子に見せました。

その男は夏子への未練を残しながらも結婚詐欺罪で告訴する、と。それが、徹子の弁護士としての初仕事となりました。

それ以降も夏子は似たようなトラブルを次々引き起こし、そのたび徹子が駆り出されました。

優等生だった徹子から見れば、破廉恥な事件ばかり起こす夏子は違う世界の生き物としか思えず、嫌悪感しか感じていません。

それでも、真面目な徹子は血縁者を拒否できず、その後何十年にも渡って夏子のトラブル処理をする羽目に。

しかし、若く美しいころには男性を騙せた夏子でしたが、年老いていくにつれ逆に騙されるようになってしまうのです。

夏子の奔放な生き方が理解できない徹子でしたが、弁護士としてキャリアを積み、人間として成熟するに従って夏子に対する考え方が変わっていきます。

他人に興味を持たずに生きていた徹子にとって、夏子は異邦人である反面、とても近しい存在であるように思え、迷惑をこうむりながらも夏子の自由闊達な生き方を認められるようになっていく・・・

 

という内容です!

 

黒木瞳さんももちろんですが、鈴木保奈美さんの詐欺師役って何となくあんまり想像つかないので面白そうですね!!

そして本日『櫻井有吉アブナイ夜会』にも黒木瞳さんがゲストで出演しますので、もしかしたらちらっと監督としてのお話も聞けるかも?

今春必見のドラマですね!!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報 ,