貴族探偵の5話のネタバレ・感想と予想や見どころについて!

      2017/06/27

画像引用元: https://www.google.co.jp/amp/s/s.rbbtoday.com/article/2017/03/26/150338.amp.html
 

「貴族探偵」の6話と5話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

貴族探偵のロケ地・ネタバレあらすじ・キャストや原作について

田中道子の彼氏や経歴プロフィール・過去の出演番組等仕事について!
 

見どころ予想

 
 
★貴族の正体を探ろうと、依子の母方の祖父のとへ向かいます。しかし実は偶然、そこに貴族が来ていて、愛香は貴族の事を、聞けず終いになってしまうのではないでしょうか。そこでも事件が起きてしまい、愛香はまたしても貴族と対立することになると思います。 
haru 26
 
 

あらすじ

 

4話ネタバレと感想はこちら
 

 

  貴族探偵(相葉雅紀)は何者なのか? 正体を探るべく、高徳愛香(武井咲)は玉村依子(木南晴夏)の紹介で、貴族探偵と懇意にしているという桜川鷹亮(竜雷太)に会いに行く。
 桜川家を訪ねた愛香だが、依子が来ない。愛香が連絡すると、何でも今日は桜川家で大事な行事があるので来るなと言われたのだとか。仕方なく帰ろうとする愛香を呼び止める声。鷹亮の外孫、豊郷皐月(加藤あい)だ。皐月は依子の非礼を詫び、お茶でも、と愛香を屋敷に誘う。
 愛香が皐月と話をしていると、猟銃を持ち、獲物のキジを手にした一団が。大事な儀式のためだと教える皐月は、愛香も見てみないかと再び誘ってくれた。

 屋敷内には、先ほどの男たちが控えていた。そこに、鷹亮が来る。皐月は、鷹亮の孫、弥生(北香那)の婿、桜川家の次期当主を選ぶための儀式だと愛香に教える。キジを射止めた金山俊市(忍成修吾)をはじめとした先ほどの一団の男たちが婿候補だった。現在では形式化しているとは言うものの、かつてはキジを射止めたものが本当に婿になる、いずれは当主になるのが慣習であった。
 金山は得意顔で弥生をエスコート。他の参加者たちと、使用人の愛知川友也(白洲迅)が弥生に付き添う。様子を見ていた愛香だったが、思わぬ幸運を得る。なんと、鷹亮が面会すると言うのだ。
 鷹亮の書斎に通された愛香は、貴族探偵のことを尋ねる。すると、鷹亮は本人に直接聞いてみるよう促す。愛香が振り返ると貴族探偵が! 貴族探偵は儀式の立会人だったのだ。鷹亮は愛香にも立会人を依頼する。
 2人の探偵を立会人として、いよいよ始まった婿選びの儀式であったが、鷹亮の懸念通り、凄惨な事件が待ち受けていた!
 
※番組HPより引用
http://www.fujitv.co.jp/kizoku/

 

キャスト
 

相葉雅紀

武井咲

生瀬勝久

木南晴夏

岡山天音

田中道子

井川遥

仲間由紀恵

滝藤賢一

中山美穂

松重豊
 

ネタバレ

 

【婿候補殺人事件・前編】
 
 
 愛香は、貴族の正体を知ろうと、桜川家を訪れました。
 
 
出迎えたのは、依子の従妹で鷹亮の外孫の皐月でした。
 
 
巨額の富を持つ桜川家は、マチルダ社疑獄事件の黒幕だったとの噂もあります。
 
 
桜川家の唯一の跡取りである、孫の弥生の婿養子を決める会が始まりました。
 
 
代々、雉狩りで雉を仕留めた男性が婿養子となることから、弥生の相手は俊市が有利となりましたが、弥生は困り顔です。
 
 
 
 愛香は鷹亮に、貴族探偵の正体を問います。
 
 
「それなら彼に…」と指さされた方を見ると、そこには貴族が座っています。
 
 
貴族は、婿選びの儀の立会人だったのです。
 
 
婿候補を含めた宴会が始まってすぐ、雉の生き血を飲んだ俊市は、吐血してしまいます。
 
 
「うつき」と書き、俊市は予断を許さない状況になりました。
 
 
 
 内々で捜査するため、雷雨と慎吾、和泉がやって来ました。
 
 
俊市の杯から毒物が見つかったことから、殺人未遂として捜査が進みます。
 
 
雷雨は婿候補の悟、幸介、佳史に事情聴取を始めました。
 
 
その頃、ショックを受けた弥生のもとを、使用人の友也が訪れ、安心するよう話しました。
 
 
弥生と友也は、幼い頃から兄弟のように成長してきました。
 
 
「私がお嫁に行ったら寂しい?」と尋ねる弥生に、友也は「心より祝福します」と話します。
 
 
泣き崩れる弥生の声を、友也は廊下で聞いていました。
 
 
その後友也は、婿候補の4人すべてが、杯の場所を知っていたことを、愛香たちに話しました。
 
 
 
 19時、鷹亮の口から、婿選びの儀を続ける旨が発表されました。
 
 
しかし愛香や皐月は、反対します。
 
 
貴族は婿候補を「3匹の子豚」の子豚に例え、他にオオカミがいるかもしれないと話しました。
 
 
皐月は「いっそのこと皆いなくなってくれないかしら」と言います。
 
 
毒物が即効性のあるコリアミルチンとツチンだったと分かった愛香は、俊市が薬物部出身だったことを思い出し、「毒うつぎ」と書きたかったのではと話します。
 
 
そして、俊市が作った毒を、誰かが盗んだのではと推測しました。
 
 
 
 貴族や愛香が、婿候補の部屋を訪れると、3人とも自室で殺されていました。
 
 
しかし建物には内側から鍵がかかっていることから、建物内にいた人物による犯行と分かります。
 
 
誰が3人を殺したのか…謎は深まるばかりです。
 
 
 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 

感想

 

★これまで貴族探偵は、1話完結でスッキリと終わっていましたが、今回の事件の解剖は、次週に持ち越しとなりました。婿を選ぶ条件を竹取物語の様にしていることや、残った婿候補が3匹の子豚に例えられていることで、事件に親近感が湧きました。
haru 26
 
 

予想

 
 
★密室で起きた事件と言うことで、内部の人間が容疑者として疑われます。友也へ思いを馳せる弥生や、幼馴染の友也、「皆いなくなればいいのに」と話した皐月、候補者を心から気に入っていなかった鷹亮…誰が犯人なのか、動機は何なのか、次回事件が解明されると思います。 
haru 26
 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報