ボク、運命の人です。6話ネタバレ感想と予想・見どころは?

      2017/06/19

画像: https://dorama9.com/2017/02/21/post-4301/
 

「ボク、運命の人です。」の7話と6話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 

スポンサードリンク


 

事前情報と関連記事はこちら

 

ボク、運命の人です。ロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャスト

木村文乃の結婚相手(旦那・夫)は千葉大樹!頬えくぼや演技力について
 

見どころ予想

 

★まさかの誠に同棲疑惑が発生。なにがどうなってそんなことになったのだろうか。神と話してる声を誰かが聞いたのか?そもそも神の声って他の人に聞こえるのだろうか。そんな疑惑を晴らしたい気持ちで晴子を自宅に招待することになる、急展開はあるのか?一方で晴子も誠のことが気になり始めている気がする。いろんなことを気にし始めたのは、誠のまっすぐな気持ちが少しずつ晴子の心を溶かし始めているのではないかと思う。
もずく 30歳
 
 

あらすじ

 

5話ネタバレと感想はこちら
 

 
謎の男(山下智久)は誠(亀梨和也)に晴子(木村文乃)を自宅に呼んでしまおうと提案。
いきなりそんなこと無理だという誠に謎の男は、誠に一番足りないものは女性を引っ張る男らしさだと主張。そしていつものごとく無茶苦茶なお題として、男らしい亭主関白の夫が「メシ、フロ」と様々な要求をするように晴子との会話を4文字以内でこなすことを命じる。それが想像もしない運命の繋がりを引き起こすとも知らずに……。

そんな中、誠の部屋へと訪れた関原(大倉孝二)が誠の部屋にある誠以外の人間の匂い(神様の痕跡)を勝手に晴子へと伝えてしまうことで、誠が別の女性と同棲をしているのではないかという疑惑がたつ。傷つく晴子。しかし、この騒動の最後の最後に、まだ見ぬ運命の軌跡が二人を待ち受けていた……。

※番組HPより引用
http://www.ntv.co.jp/boku-unmei/

 

キャスト
 

亀梨和也

木村文乃

山下智久

菜々緒

渡部佑

渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)

岡野真也

杉本哲太

大倉孝二

石野真子

田辺誠一
 

ネタバレ

 

晴子は断髪式のことを三恵に聞かれていた。
 
 
お互いのことをなにも知らないという晴子に、三恵は難しいことを考えすぎたと話した。
 
 
誠は関原と葛城と飲みにきていた。
 
 
関原は朝ジョギングをしているとマンションから出てくる三恵を見かけ、さらに後から定岡が出てきたと悲しそうに話した。
 
 
関原と葛城は誠の家に押しかけた。
 
 
2人は明日休みだから泊まって行くと言った。
 
 
過去にテレビに出た映像を見ていると、後ろに晴子が映っていた。
 
 
晴子は家で母親に父親にした決め手を聞いていた。
 
 
これと言ってないほうが結婚出来るのではないか、この人とは笑って乗り越えて行けるかなと思ったと話した。
 
 
 
翌朝、関原と2人で朝食をとっていた。
 
 
葛城は用があると終電で帰ったらしい。
 
 
関原が帰ると同時に神が現れ誠はビックリした。
 
 
誠には男らしさが足りない、亭主関白を目指せと言った。
 
 
二文字で会話をするのが今回のルールになっていると言うがそれでは会話にならないので四文字で会話をしろと言われた。
 
 
誠は定岡と食事に来ていた。
 
 
そこに晴子と三恵が来た。
 
 
一緒に飲むことになり、晴子の質問に四文字で答えないといけないと考え単語だけで答えていた。
 
 
晴子は必要最低限しか話さなかった誠を怒っているのかと思っていた。
 
 
三恵は晴子を縛っているのは元彼ではなく、晴子自身だと言った。
 
 
一旦四文字縛りを解除するが、木彫りの王将を彫ろうと神が言った。
 
 
恋の大手を打つなら手彫りだろ、信じるものは救われるとも言われた。
 
 
晴子の両親は代寒山の手形の長さを計りながら、晴子にいい人が現れたのかもしれないと話していた。
 
 
晴子は誠に電話をかけようか迷っていた。
 
 
誠の会社と晴子の会社が再び異業種交流会をすることが決まった。
 
 
誠は営業の帰り、木彫り専門店に寄り王将の彫り方を聞き早速彫り始めた。
 
 
異業種交流会は全員参加で無事開催された。
 
 
関原と誠は晴子と三恵と同じ席になった。
 
 
三恵は定岡と付き合うことになるかもしれないと言った。
 
 
そして関原は誠が誰かと同棲していると晴子の前で言ってしまった。
 
 
完全な関原の勘違いであるが晴子は誤解して怒ってしまった。
 
 
誠は同棲の疑いを晴らしたくて今から家に来て欲しいと頭を下げた。
 
 
晴子は誠の家に行くことにした。
 
 
晴子は木彫りの王将のことを聞いた。
 
 
亭主関白を目指すために木彫りの王将を彫っていると話した。
 
 
晴子は青いTシャツを目に留めた。
 
 
これはサッカー代表戦のときに近くのお店で買ったものだ、この前映像を見ていたら晴子が映っていたと言った。
 
 
しかし晴子はこの日、結婚を意識していた人に別れを告げられ、さらに既婚者だったと言った。
 
 
結婚しているのになんで運命だなんて言ったんだろ、なんでこんなに私のことを傷付ける人を人生のパートナーだと思ったんだろと続けた。
 
 
デパートの側で座っていると酔って声を掛けたのが誠だった。
 
 
Tシャツの後ろに書かれている言葉が泣きっ面に蜂というような意味で今の自分だと思った。
 
 
そして別れた後も連絡が来ていたのでその言葉にアドレスを変えたと言った。
 
 
晴子は次の試合勝てますかと誠には聞いた。
 
 
誠はもちろんと答え、好きですと告白した。
 
 
すると晴子は、私もですと答えた。
 
 
お返事が遅くなってしまったけどよろしくお願いしますと。
 
 
その言葉を聞いて誠は泣いて喜んだ。
 
 
そのとき溢れたお米を2人で拾っていると雨が降って来た。
 
 
誠は相合傘でタクシーまで晴子を送って行った。
 
 
この傘は晴子の誕生日のときに買ったやつなので持って行ってくださいと言うと、お貸ししますと言われた。
 
 
タクシーのラジオからサッカー日本代表が逆転勝ちとのニュースが流れて来た。
 
 
高校の時に誠が辛かった時に慰めたのが晴子、晴子が辛かったときに慰めたのが誠だと神は言った。
 
 
付き合うまでに1ヶ月半だったが、結婚まであと1ヶ月で決めろと言われた。
 
 
 

見逃し放送や国内ドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

感想

 

★今回は神に言われた通り亭主関白を目指すべくなぜか木彫りの王将を彫った誠。どこまでも素直ないい奴だ。その素直さが伝わったかついに誠と晴子が付き合うことに!あんなに頑なに拒絶していた晴子だったが、真っ直ぐな誠の姿が晴子の心を溶かしたのだろう。よかったよかった。でもあんなふうに自分だけを一途に運命の人だと言って来てくれる人がいたら、場合によったら嬉しいかもしれない(笑)誠と付き合うことになってこれで晴子の両親も安心するだろう。
もずく 30歳
 
 

予想

 
 
★ついに付き合うことになった誠と晴子。しかし付き合うことがゴールではなく次は結婚。なんて言ったって2人が結婚して子供が生まれないと地球が滅亡しちゃうのだから。1ヶ月半で付き合うことができたが、あと1ヶ月で結婚までいけるのだろうか?指輪のあげるサプライズをするみたいだがどんなことをするのだろうか?神がその指示を出してくれるのだろうか。無事指輪が渡せることを祈る。
もずく 30歳
 
 
 
次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報