櫻子さんの足下には死体が埋まっている4話ネタバレ感想と予想!

      2017/06/27

画像引用元: https://dorama9.com/2017/02/19/post-4253/
 
 
「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の5話と4話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 
 

スポンサードリンク

 
 

事前情報と関連記事はこちら

 
 
櫻子さんの足下には死体が埋まっているロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて
 
観月ありさと旦那(夫)の馴れ初めや両親は?クォーターで壮絶の過去!
 
新川優愛が小顔すぎる?身長や彼氏・大学の噂、今現在の年収について
 
 

見どころ予想

 
 
★櫻子の過去がより明らかになるようで、その点がみどころだと思います。 弟はどうして亡くなったのか、櫻子がどうして責任を感じているのかという事が気になります。 弟は「しょうたろう」という名前のようなので、同じ名前を持つ正太郎がどう関わってくるのかも楽しみです。 また、磯崎も過去に何か抱えているようなので、そちらもみどころではないかと感じます。 教職員時代に何があったのか、とても興味深いです。 これまでの話の中で、櫻子が内面に優しさと熱い心をもっているという事が分かってきました。 今後のストーリーで櫻子の人間らしさが引き出されていく事も、ドラマを観る上での楽しみではないかと思います。
さくら・36歳
 
 
★3話ラスト、山路刑事が持ってきた過去の事件、櫻子さんのおじさんが関わったようてすが、どんな疑問点があるのでしょうか。櫻子さんは、山路刑事と、解明できるのでしょうか。また、櫻子さんの弟が死んでしまった原因は何なのでしょうか。
梅さんの絡みが毎回楽しみです。
ふないちろう 54歳
 
 

あらすじ

 
 
3話ネタバレと感想はこちら
 
 

 
自然の森博物館に、オーナーの東藤(佐々木勝彦)とその娘で代表を務める千代田薔子(富田靖子)がやってきた。自分の死後、その骨を標本にして博物館に飾りたいと思う東藤が、参考にナウマンゾウの標本を見に来たのだ。
薔子は、幼なじみの九条櫻子(観月ありさ)を呼び出すと、強引に父親を押し付ける。櫻子と骨格標本展示コーナーを見て歩いた東藤は、自分も骨を残し、功績とともに語り継がれたいとの思いを明かす。

一方、館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)らを前にした薔子は、近々開かれる東藤の誕生会を盛り上げる有志を募っていた。磯崎齋(上川隆也)が逃げたため、正太郎、志倉愛理(新川優愛)、谷上和裕(近藤公園)が、櫻子とともに出席することになった。
パーティ当日、東藤邸にやってきた櫻子らは、東藤と妻の君子(島かおり)、薔子ら5人の子供たちが集まったディナーに参加する。そんな中、東藤は子供たちに、明日、事業に関する計画のプレゼンをしろ、と命じた。その結果次第で遺産の配分を決めると言われた子供たちは、慌てて準備に取り掛かる。

同じ頃、山路輝彦(髙嶋政宏)は、櫻子に渡したファイルの原本を見ていた。刑事課の係長は、それが山路が追い続けているの弟の事件だと、近藤卓也(細田善彦)に明かした。
そんな翌早朝、東藤が自室で死亡しているのが発見された。すると、子供たちはお互いを疑い激しいののしり合いを始める。驚く正太郎に櫻子は、家族などまやかしだと言い…。
 
※番組HPより引用
http://www.fujitv.co.jp/sakurakosan/

 
 
キャスト
 
 
観月ありさ
 
藤ヶ谷太輔
 
高島政宏
 
新川優愛
 
細田善彦
 
近藤公園
 
田中聡元
 
鷲尾真知子
 
上川隆也
 
 

ネタバレ

 
 
櫻子が、突然自然の森博物館に、やって来ました。呼び出されたという。
 
 
東藤(佐々木勝彦)とその娘千代田薔子(富田靖子)が博物館に来ました。
 
 
二人は、それぞれ博物館のオーナーと代表でした。
 
 
東藤は、自分の死後、骨を標本にし、博物館に飾りたいと思い、ナウマン象の標本を見に来たのです。
 
 
櫻子を呼び出した薔子とは、幼なじみでした。
 
 
櫻子は、薔子に父親を押し付けられました。
 
 
東藤は、骨格標本コーナーを見ながら、自分の骨を残して功績と共に語り継がれたいとの思いを櫻子に告げました。
 
 
 
一方、薔子は、正太郎(藤ヶ谷太輔)らに
近々開かれる東藤の誕生会に参加するよう、依頼しました。
 
 
磯崎(上川隆也)以外の櫻子、正太郎、志倉愛理(新川優愛)、谷上(近藤公園)が、出席することになりました。
 
 
パーティ前日、東藤の屋敷にやってきた櫻子達は、東藤と妻の君子(島かおり)、薔子ら4人の子供たちと共にディナーに参加します。
 
 
そんな中、東藤は子供たちに、「明日、事業計画のプレゼンをやる。その結果次第で遺産の配分を決める。」と言います。
 
 
子供たちは、慌てて準備に取り掛かりました。
 
 
薔子は、博物館の事業計画を正太郎達に頼みました。
 
 
 
一方、磯崎と山路が、一緒に飲んでいました。
 
 
磯崎が、教師時代に失踪した教え子の捜索願いが、取り下げられていること、失踪前日に、その教え子と話をしていた事を話しました。
 
 
東藤家では、薔子が、正太郎に、櫻子の弟は、不慮は事故で死んだこと、そして、両親は悲しみを櫻子にぶつけられたこと、母親は亡くなり、その後、父親は新たな家族を作ったこと、叔父の家で、骨格の知識を身に付けたことを教えてくれました。
 
 
そして、櫻子は、ずっと孤独だったことも。
 
 
 
その頃、山路(髙嶋政宏)は、櫻子に渡したファイルの原本を見ていました。
 
 
刑事課係長は、それは櫻子の弟の事件で山路が追い続けているのだと、近藤(細田善彦)に話しました。
 
 
 
翌朝、東藤が、死んでいるのが、発見されました。
 
 
誰が殺したのかと争いだしました。
 
 
そして、全員が、母親違いの、上っ面だけの家族だと。
 
 
愛理は、「家族みんな泣いていなかった」と言いました。
 
 
櫻子は「そんなものだ。危うさを抱えている家族は、まやかしだ。」と言いました。
 
 
それに対し、正太郎は「悲しい」と言うと、櫻子は「悲しいと思うのは、お前が、家族に愛されていた証拠」と。
 
 
東藤の部屋から、遺言書が無くなっていました。
 
 
子ども達は、「ドリアとコニャックで殺したのだろう。」「ヒ素で殺したのだろう」などと、お互いにののしりあいました。
 
 
櫻子は、「愚の骨頂。人は簡単には死ねない。誰も殺していない。病死だ。」と言いました。
 
 
そこで、薔子が、「遺言書を父親から預かった。みんな、父親に怯えていた」と。
 
 
そして遺言書には「遺産は、妻に託す」という文章だけでした。
 
 
ベランダで、櫻子と薔子が話しているのを見て、正太郎は、この場所は二人にとって居心地の良い空間だったのかと、考えました。
 
 
また、櫻子は東藤の死には疑問が残ると考えました。
 
 
 
後日、東藤の君子が博物館に来ました。
 
 
櫻子は、君子に、「夫をなぜ殺したのか」と尋ねました。
 
 
そして「夫の薬にカルシウムで出来ている竜骨があった。心臓の薬ジキタリスと共に飲むと不整脈を起こす。」と。
 
 
君子は、例えばなしとして話し出しました。
 
 
「無理矢理結婚させられたが、子供が出来ず。他の女性に産ませて、妻が育てた。しかし、夫は子ども達に対し、乱暴になった。そして、夫を殺したい。だから薬を飲ませ続けた。そして、死んだ。」と言いました。
 
 
櫻子は、東藤の話をしました。
 
 
「東藤は、死に様は、生き様を表すと言っていた。もしかしたら、死期を悟っていたのではないのか。だから、遺産は妻に残すとの遺言書を書き、自分の思い描いていた死を迎えたのではないのか。」と。
 
 
博物館を出る薔子は、正太郎に「櫻子をよろしく」と、耳打ちしました。
 
 
正太郎は、薔子の言葉の意味は何なのか考えました。
 
 
 
後日、博物館では、東藤の死因が、病死と断定されたと話していました。
 
 
その時、磯崎のもとに、「一重(ひとえ)」と言う女の子から電話がありました。
 
 
「私が消えるから。」と。
 
 
 
 
見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 
 

感想

 
 
★今回の話は、よくあるミステリーのように見えて、そこに解剖学的要素が加わると、ひとつ上のミステリーになってドキドキでした。どこまで骨を絡めてくるのかと突っ込んでしまいます(笑)衝撃だったのが、シリアスなシーンで出て来た、櫻子さんのパジャマ的な衣装が骨の柄で、おしゃれというか似合う人にしか似合わないというか、目を惹かれました。櫻子さんの淡々と語る鋭い推理もかっこよかったです!
マユ/23歳
 
 
★櫻子さんの、冷たい感じは、正太郎と言う名前の弟さんの死によって、孤独になっていったからなのですね。辛いですね。幼なじみの薔子さんの人生も、大変だったのでしょうね。櫻子さんの、薔子さんに対して、突っ張った感じですが、なんだか可愛く感じました。櫻子さんにとって、薔子さんは、心を許せる一人なのでしょうね。磯崎さんの過去も徐々に見えてきました。また、山路刑事の捜査によって、櫻子さんの弟の死因に疑問が出てきました。ますます、目が離せません。今回は、梅さんがでなかったのは、さびしいです。
ふないちろう 54歳
 
 

予想

 
 
★櫻子さんと、櫻子さんに振り回される館脇少年の関係が面白くて、特に館脇さんの心の声(ツッコミ)がなんとも笑えて、個人的にすごくツボです。2人の関係も気になります。
今までも様々な骨が登場していますが、次はどんな骨が出てくるのか、解剖の講義みたいで面白いので、これにもまた期待です。
今回は櫻子さんの家族についても話があって、謎に包まれた櫻子さんはどんな人なのか、これからどんどんと暴かれていく気がして、それもひとつの楽しみです。
マユ/23歳
 
 
★磯崎さんの教師時代に起こった、教え子の失踪事件。なぜ、捜索願いが取り下げられたのでしょうか。また、櫻子さんの弟の死の原因はなんなのでしょうか。山路刑事は、解明出来るのでしょうか。櫻子さんの孤独な心は、いつ、癒えるのでしょうか。
ふないちろう 54歳
 
 
 

次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報