小さな巨人の10話最終回ネタバレ・感想と予想・見どころについて

      2017/06/19

画像引用元: http://infall24.com/chiisana-kyojin
 
 
「小さな巨人」の10話最終回の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 
 

スポンサードリンク

 
 

事前情報と関連記事はこちら

 
 
小さな巨人のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて!
 
 

見どころ予想

 
 
★江口殺害の事件を必死に調べる香坂だが、またもや小野田に邪魔されてしまう。また、17年前の事件に関係したとされる小野田から17年前に金崎玲子から賄賂を受け取ったのは父親だと知らされる。
さらに山田も逮捕され絶体絶命になった香川。香川と小野田の最終決戦の行方はいかに?
やっと全ての真相が明らかになる最終回も見逃せません。
あき 32
 
 

あらすじ

 
 
9話ネタバレと感想はこちら
 
 

 
元捜査二課の刑事・江口(ユースケ・サンタマリア)が殺害された事件の真相究明に努めていた香坂(長谷川博己)ら豊洲署員たちであったが、事件の鍵を握る横沢裕一(井上芳雄)の身柄と早明学園の裏帳簿を小野田捜査一課長(香川照之)率いる捜査一課に奪われてしまった。

香坂は、この事件と17年前の事件に関係していると疑う小野田を問い詰めると、17年前に金崎玲子(和田アキ子)から賄賂を受け取り、裏帳簿に名前を記されているのは父親の敦史(木場勝己)だと打ち明けられる。
愕然とする中、留置場に入れられ、山田(岡田将生)も逮捕されてしまう絶体絶命の状況に追い込まれる。

だが、藤倉(駿河太郎)が、事件の夜に富永専務(梅沢富美男)が電話をしていた相手を調べ上げると…。
 
※番組HPより引用
http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/

 
 
キャスト
 
 
長谷川博巳
 
岡田将生
 
安田顕
 
春風亭昇太
 
香川照之
 
 

ネタバレ

 
 
事件の鍵を握る横沢裕一の身柄と早明学園の裏帳簿を小野田捜査一課長率いる捜査一課に奪われてしまう。
 
 
香坂はこの事件と17年前の事件に関係していると疑い小野田を問い詰めると、破られた裏帳簿に名前を記されているのは高坂の父親の敦史だと見せられる。
 
 
そして高坂と山田は留置所に入れられてしまう。
 
 
藤倉が事件の夜に富永専務が電話をしていた相手を調べ上げるとそれは小野田捜査一課長だった。
 
 
横沢の証言から事件当日ボールペンのキャップのような物が落ちたことを高坂は推理し、早明学園の調査を開始する。
 
 
その場に小野田一課長も来てますます小野田を疑う。
 
 
同じ日に三島が調査中に金崎理事長ボールペンを探していたと知り、高坂はこの中に内通者がいると推理する。
 
 
そしてその正体は須藤課長だったのだ。
 
 
須藤課長の携帯から富永専務のもう1つの携帯の存在を知り、調べるとあの夜に電話していた相手は金崎理事長だとわかる。
 
 
 
見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 
 

感想

 
 
★最後の展開には正直残念な気持ちになりました。17年前の事件についてはうやむやになったし、その証拠品が高坂の胸ポケットにあったのは気になるけれども高坂と山田の二人が無事に捜査一課に戻れてよかったです。そして小野田が豊洲署の署長になるというのはある意味で面白くて笑ってしまいました。渡部さんは芝署に戻ったようですっかりもとに戻っている姿にはなんとも微笑ましく面白かったです。

アリス 20歳
 
 
 
 
 
次のドラマもお楽しみに!
 
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報