櫻子さんの足下には死体が埋まっている6話ネタバレ感想と予想!

      2017/06/27

画像引用元: https://dorama9.com/2017/02/19/post-4253/
 
 
「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の7話と6話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 
 

スポンサードリンク

 
 

事前情報と関連記事はこちら

 
 
櫻子さんの足下には死体が埋まっているロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて
 
観月ありさと旦那(夫)の馴れ初めや両親は?クォーターで壮絶の過去!
 
新川優愛が小顔すぎる?身長や彼氏・大学の噂、今現在の年収について
 
 

見どころ予想

 
 
★新たな人骨発見ですが、櫻子さんと、山路刑事の再び捜査しようとしている昔の事件と、同じように、「蝶形骨」が抜き取られていました。事件の関連は、あるのでしょうか。そして、磯崎の元教え子、一重は、どのように関わっているのでしょうか。櫻子さんの弟の死の原因解明はあるのでしょうか。

ふないちろう54歳
 
 
★たぶん、一重と三奈美が、なぜそうゆう事件をおこすにいたったのかが話のメインになっていくと思うけど
サブストーリの流れとして山路警部の弟に関する新たな事実がでてきたり、櫻子さんの過去にまつわる話が出てきたりして
濃い謎解きになりそう。

ユカリ 37歳
 
 

あらすじ

 
 
5話ネタバレと感想はこちら
 
 

 
九条櫻子(観月ありさ)は、入院中の叔父・設楽の自宅へ行き、書斎に置かれていたノートを手に取る。それは、法医学者の設楽が担当した事件に関する手記だったが、山路輝彦(髙嶋政宏)の弟の事件に該当する月だけが抜けていた。
その頃、山路は西沢二葉(三浦透子)を殺害した圓一重(中村ゆりか)を取り調べていた。事件の影に一重が付き合っていた男がいるとにらむ山路は、男のことを聞くが、一重は口を割らない。

翌日、磯崎齋(上川隆也)が仕事復帰し、館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)や志倉愛理(新川優愛)らは、さりげなく磯崎を元気づける。その夜、正太郎と愛理は、死体遺棄罪が時効だったため釈放された津々見三奈美(山谷花純)に会いに行く。事件を振り返った三奈美は、精神が不安定になった二葉が、死んでドロドロになったら、新しく生まれ変われる、と話していたと証言した。同じ頃、磯崎と面会していた一重も、自分は二葉が望んだ通り肉をドロドロにとかしてやっただけで、何も悪いことはしていない、と主張する。

そんな折、正太郎と愛理は、九条家での夕食に招待される。食卓にはいつも以上に豪華な食事が並び、愛理はテンションが上がる。沢梅(鷲尾真知子)は、今日は年に一度の記念日だと明かした。デザートのプリンを食べた正太郎は、それが亡くなった祖母が大好きだったプリンに似ていると話す。祖母との思い出を披露した正太郎に、櫻子は思いもよらないようなことを告げた。
 
※番組HPより引用
http://www.fujitv.co.jp/sakurakosan/

 
 
キャスト
 
 
観月ありさ
 
藤ヶ谷太輔
 
高島政宏
 
新川優愛
 
細田善彦
 
近藤公園
 
田中聡元
 
鷲尾真知子
 
上川隆也
 
 

ネタバレ

 
 
櫻子(観月ありさ)は、入院中の叔父・設楽の家に行きました。
 
 
櫻子は、平成9年5月の事件のノートが、棚とは違うところに置かれていました。
 
 
それは、山路(高嶋政宏)の弟が担当した事件のノートでした。
 
 
その頃、山路は二葉(三浦透子)を殺害した一重(中村ゆりか)を取り調べていました。
 
 
一重が付き合っていた男がいるのではと思いましたが、一重は、話しませんでした。
 
 
二葉の遺体の側で見つかったもうひとつの遺体から蝶形骨が取られていました。
 
 
それは、山路の弟が調べていた、自殺で片付けられた事件に、似ていました。
 
 
 
 
翌日、復帰した磯崎(上川隆也)を、正太郎と志倉愛理(新川優愛)は、さりげなく励ましました。
 
 
櫻子は、叔父のノートを持ち、山路を訪ねました。
 
 
ノートには「山路の弟の死は事故だったのか?取り返しのつかない過ちを犯していたのかもしれない。」と。
 
 
正太郎と愛理は、三奈美(山谷花純)に会いに行きました。
 
 
三奈美は「なぜ一重は二葉を殺したのか?怖い。」と。
 
 
そして、「二葉が、死んでドロドロになったら生まれ変わると話していた。」と、言いました。
 
 
 
 
同じ頃、磯崎が面会した一重も、「二葉が望んだ通り肉をドロドロに溶かしただけで、何も悪いことはしていない。」と、言いました。
 
 
正太郎と愛理は、櫻子の家に、食事に呼ばれました。梅(鷲尾真知子)は、「今日は年に一度の記念日」と言いました。
 
 
デザートのプリンを食べた正太郎は「懐かしい」と。
 
 
そして「ガン」で、入院していた祖母の話をしました。
 
 
櫻子は、「正太郎の祖母は、ガンの痛みを正太郎に見せないため、遠くに売っているプリンを頼んでいたのだ。それが祖母の覚悟だ。」と、考えました。
 
 
正太郎は、櫻子は、どんな覚悟があるのだろうかと考えました。
 
 
 
 
一方、磯崎が櫻子を訪ねて来ました。
 
 
一重が「二葉を幸せにした。ドロドロになったら生まれ変わる。」と言う話を伝えました。
 
 
そこで、一重と、二葉が同じ男に関わっているのではと。
 
 
捜査本部で、二葉と一緒に見つかった遺体の身元がわかりました。
 
 
7年前に行方不明になった水谷るみと言う22歳の女性でした。
 
 
一重の家に行った山路と櫻子は、蝶の写真を見つけました。
 
 
また二葉と、水谷るみも同じ蝶の写真を持っていました。
 
 
櫻子と磯崎が一重に会いに行きました。
 
 
櫻子は「男は、蝶形骨が取れれば一重でも、二葉でも良かった。一重は二葉の死に利用された。」と言うと、一重は「家族は、自己中のくず」と。
 
 
櫻子は「男は、そんな一重の心のすき間に入り込んだ。男の言葉で利用された。」と。
 
 
磯崎は、「お前は、お前で良いんだ。したことから逃げるな。」と言いました。
 
 
櫻子は、山路に「男は、はなぶさと言う名前で、腕に蝶のタトゥーがあり、水谷るみが働いていた店にいた。」と伝えました。
 
 
山路は男のアパートに向かいましたが、男は既に服毒自殺していました。
 
 
夜、山路は櫻子の家に行き、「はなぶさ」の本名は、「みむらさとし」と言い、「犯人は他にいるのでは」と言いました。
 
 
 
 
ある日、三奈美は、磯崎と共に、一重に面会に行くことが出来ました。
 
 
そして、正太郎は櫻子の弟の死んだ記事を持って櫻子の家を訪ねました。
 
 
櫻子は「自分の嘘のせいで、弟は死んだ。」と。
 
 
正太郎は櫻子の時間は、その日から止まったままだと、感じました。
 
 
 
見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 
 

感想

 
 
★三人の女性の運命がひとりの男によって、めちゃくちゃにされてしまい、なんだか辛いです。生きている一重と、三奈美は、償いをしながら、新たな人生が開かれたら良いですね。そして、磯崎さんの気持ちも、辛いですよね。本当の犯人が捕まり、山路刑事の弟の事件が解明されれば良いですが。また、櫻子さんの悲しい過去、ずっと重くのし掛かっていたんでしょうね。
今回は、なんだか辛い回でした。
ふないちろう 54歳
 
 
★今回の内容で前回の同級生殺人事件の本当の犯人が分かるかと思ってたらまだ黒幕は登場しなかったのがちょっと引っかかる。
櫻子の過去の弟が死んだことに関係してるのか山路刑事の弟の事件に関係してるのかそれとも両方なのか今後の放送が楽しみです。

たまにある舘脇の心の声見たいのがちょっとシュールでこのドラマにはあってないのが気になる。

どちらにしても今後の櫻子の分析からの犯人捜しは今までにない感じで面白いので次回放送が楽しみです。
なぁ~ん 46歳
 
 

予想

 
 
★「呪い」と言うのが、キーワードのようですね。櫻子さんは、科学的に解明するのでしょうか。また、6話で逃がしてしまった男は、捕らえることができるのでしょうか?「蝶形骨」の謎は解明されるのでしょうか?そして、山路刑事の弟の死は、事故だったのでしょうか?

ふないちろう 54歳
 
 
★多分、予告からは新たな事件に話が移行してるような感じだったけど、同級生殺人の本当の黒幕の男が掴めてないので何かに繋がる事件であるとは思うので伏線を考えながらの展開だと思う。
今の所、まったく犯人が分からないし櫻子の弟が何故なくなったのかの理由も出てないのでそれによって櫻子が自分のせいで死んだと思ってる事が何かしらの因果関係になってる可能性もあるので次回少しでも話が進展したら面白いと思うので期待してます。

なぁ~ん 46歳
 
 
 

次回もお楽しみに!
 
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報