貴族探偵の8話のネタバレ・感想と予想や見どころについて!

      2017/06/27

画像引用元: https://www.google.co.jp/amp/s/s.rbbtoday.com/article/2017/03/26/150338.amp.html
 
 
「貴族探偵」の9話と8話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 
 

スポンサードリンク

 
 

事前情報と関連記事はこちら

 
 
貴族探偵のロケ地・ネタバレあらすじ・キャストや原作について
 
田中道子の彼氏や経歴プロフィール・過去の出演番組等仕事について!
 
 

見どころ予想

 
 
★母校の大学で、事件と遭遇した愛香は、推理を始めます。しかし、なぜか愛香が犯人として連行されます。もしかすると、貴族が、自分の正体を解明しようとしている愛香を逮捕するよう、警察に圧力をかけているのではないでしょうか。 
haru 26
 
 

あらすじ

 
 
7話ネタバレと感想はこちら
 
 

  
貴族探偵(相葉雅紀)は、特命秘書の鈴木(仲間由紀恵)に喜多見切子(井川遥)の殺害命令を下していた?
 高徳愛香(武井咲)は、切子の手帳から政宗是正という人物の名を見つける。切子はこの男を調べようとして殺害されたのだろうか? 政宗是正こそ貴族探偵の正体なのか? 
 愛香は事務所に鼻形雷雨(生瀬勝久)を呼んで、今まで自分が調べたことを話す。そして、切子の死に貴族探偵が絡んでいるのではないかと切り出し、鼻形に政宗是正について警察の力で調べてほしいと頼む。ちょうどその時、愛香の大学時代の先輩、韮山瞳(上原多香子)から電話が入った。

瞳は母校の准教授をしていたため、久しぶりに大学を訪ねた愛香。そこには、最近瞳と知り合った貴族探偵がいた。研究室で扱う光るキノコを見に来た貴族探偵に愛香の先輩であることが判った瞳を通して、見にこないかと誘われたのだ。そんな話の途中、貴族探偵は自分のことを調べるのは命がけになると愛香に忠告する。推理の無能ぶりまで指摘された愛香が怒ると、貴族探偵は席を外してしまった。
 憤る愛香に優しくお茶を供する田中(中山美穂)。愛香は貴族探偵に仕えた理由を尋ねるが、田中が答えることはなかった。そんな時、女性の悲鳴が! 愛香が駆けつけると、韮山研究室のゼミ幹、大場和典(松川尚瑠輝)が殺されていた。
 警察の捜査が始まると、貴族探偵はこの事件を愛香に依頼すると言う。だが、それは叶わなかった。なんと、愛香が重要容疑者として連行されてしまったのだ!
 
※番組HPより引用
http://www.fujitv.co.jp/kizoku/

 
 
キャスト
 
 
相葉雅紀
 
武井咲
 
生瀬勝久
 
木南晴夏
 
岡山天音
 
田中道子
 
井川遥
 
仲間由紀恵
 
滝藤賢一
 
中山美穂
 
松重豊
 
 

ネタバレ

 
 
【連行された愛香】
 
 
 愛香は雷雨を事務所に呼び、切子が貴族探偵と対決した後、白桜会の病院で亡くなったことを話しました。
 
 
愛香はgiriで政宗是正を検索しても、情報を得られないことを説明し、政宗是正について情報を集めて欲しいと頼みました。
 
 
 
 
その後、電話を受けた愛香は、母校である東都大学の理工学部生物環境学科の研究棟へとやって来ました。
 
 
ミステリーサークルの先輩で、今は准教授をしている瞳の部屋にやって来た愛香は、貴族が女子学生と話し込んでいるのを見て呆れます。
 
 
瞳とパーティーで知り合った貴族は、光るキノコを見るために、研究室に来ていたのでした。
 
 
自分の正体を探ろうとする愛香に、貴族は命懸けになると忠告します。
 
 
 
 
 女性の叫び声を聞き、駆けつけた愛香は、大場が倒れているのを目撃します。
 
 
すると後ろの水道から水が勢いよく出始めました。
 
 
本日の14時半から1時間、この棟は給水ルートを盛り替えるため、断水中。
 
 
時刻は15時20分…10分早く作業が終わった模様です。
 
 
 
 
 原木一昭、修善寺潤子、田京恵、三島純夫に加え、瞳と愛香も事情聴取されることになりました。
 
 
しかし愛香は、重要参考人として警察に呼ばれました。
 
 
外にかかる『使用中』のプレートに、愛香の指紋が付いていたこと、瞳からの情報で大場と過去にトラブルがあったことが原因だというのです。
 
 
 
 
 愛香は取り調べ室で、大場から軽くストーカーを受けていたことを告白しました。
 
 
しかし切子が忠告したことで、大場のストーカーは収まりました。
 
 
愛香に頼まれた雷雨は、学生たちに聞き込みを始めます。
 
 
泉は、鈍器で殴った後に首を絞めた、窒息死だと想定しました。
 
 
さらに6人ともアリバイがないことも分かります。
 
 
 
 
 そこへやって来た使用人たちが、捜査の情報を提供し始めました。
 
 
給湯室には5色のティーカップが2つずつあり、それぞれ使う人が決まっていました。
 
 
水色、ピンク、黒の3色のカップが残っていたことから、純夫と恵、そして愛香のものとなります。
 
 
また派手な女性遍歴を持っていた大場は、純夫から潤子を奪い、純夫から恨みを買っていました。
 
 
さらに最近は、恵を捨てた後に、一昭と交際していた恵を無理やり奪い、恵と一昭からも恨みを買っています。
 
 
 
 
 しかし大場が上下関係に厳しいことを知っていた瞳は、大場が下座に座って死んでいたことを告白します。
 
 
ところが、4人の学生は全員大場より年下です。雷雨は犯人を確信し、愛香を含めた全員を集めました。
 
 
 
 
 雷雨は、ティーカップと大場の性格から、犯人が絞ることができると断言しました。
 
 
しかし女性を見下していた大場が、愛香を上座に座らせることは考えにくいと判断した雷雨は、貴族が犯人だと宣言しました。
 
 
しかし田中は「御前様は、見知らぬ誰かから淹れられた紅茶を飲むことはない」と言い、推理を始めました。
 
 
 
 
 断水前に殺害し、水の出るうちにティーカップを洗った犯人は、恵を犯人にするためにあえてピンクのカップを机に置きました。
 
 
第一発見者の恵は、自分が疑われるのを恐れてカップを洗おうとしました。
 
 
しかし断水で洗えないことに気づいた恵は、水色と黒のカップもシンクに置きました。
 
 
上座に座っていた大場を殺す際、自分が飲んでいた緑のカップを割ってしまった犯人は、大場を割れたカップのある下座に移動させ、大場の指紋を付けました。
 
 
大場と同じ、緑のカップを使っているのは一昭です。
 
 
 
 
 指導教官として責任を感じる瞳を、貴族は「恋愛は自己責任」だと庇いました。
 
 
推理を外し、肩を落とす雷雨に、使用人たちは紅茶を差し出します。
 
 
一方愛は、貴族が初めから真相に辿り着いていたのではないかと問いただします。
 
 
さらに大場の遺体をあらかじめ見つけていた貴族が、わざと愛香を呼び出し、罠にはめたのではないかと話します。
 
 
自分への警告だったのではと言う愛香に、貴族は「切子さんの死についてはもう触れないことをお勧めする」と言って去って行きました。
 
 
 
 
 事務所で愛香が整理をしていると、慌てた様子の雷雨がやって来ました。
 
 
雷雨は、貴族の年齢、国籍、家族構成が全て謎で、顔写真すらなかったことを説明します。
 
 
唯一分かったのは、シンガポールを拠点に黒い活動をしていたことだけです。
 
 
 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 
 

感想

 
 

★愛香が連行され、どうなってしまうのかと心配しましたが、無事真実が解き明かされました。貴族が愛香をハメたのかとも思ってしまいますが、結局は使用人の推理で愛香を救ったので、偶然なのか必然だったのか…真実は分かりません! 
haru 26
 
 

予想

 
 
★次回は、女優、ミュージシャン、歌手、小説家という様々なジャンルの人物たちが、事件と絡んでくるようです。事件の推理に立ち向かいながらも、愛香がやはり気になるのは、切子の死と貴族探偵との関係性…少しずつ少しずつ、解明されていくのではないかと思います。 haru 26

 
 
 
 
次回もお楽しみに!
 
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報