デッドストックのロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて

      2017/08/05

 
 
 テレビ東京の新社屋移転の際に発見された大量の「デットストック」となっていたビデオテープが発端となって展開される新感覚オリジナルホラードラマ「デッドストック-未知への挑戦-」の放送がスタートします。
 
 
 東京にもXファイルは存在した!
 
 
 そうプロデューサーが語るドラマ「デッドストック-未知への挑戦-」について原作はあるのか基本情報や見どころ、あらすじネタバレにキャスト情報、そしてロケ地についてをまとめました。
 
 

スポンサードリンク

 
 

基本情報や原作について

 
 
ドラマ「デッドストック-未知への挑戦-」は、テレビ東京で7月21日より毎週金曜日深夜0時52分から放送されます。
 
 
原作はありませんが、三宅隆太氏と加藤淳也氏のオリジナル脚本でドラマは作成されます。
 
 
 見どころは、実際にテレビ東京が2016年に神谷町から六本木に社屋を移転した際に大量に見つかった開局当時の廃棄テープをヒントにドラマが筋立てされているところです。
 
 
 そのテープの内容は過激すぎて今では放送できない内容のものばかり、開局当初のスタッフの意気込みの強さを象徴するテープでした。
 
 
 一緒に見つかった衣装や道具はそのまま使うシーンもあるようですが、問題のそのテープをドラマのなかでどのように生かしてゆくのか、楽しみにしています。
 
 


 
 

キャスト

 
 
 テレ東の新人AD常田大陸役で主演するのは村上虹郎
 
俳優の村上淳と歌手のUAの間にできた子で両親の離婚後、UAと共に沖縄で育ち高校時代カナダ留学をへて芸能界入りした20歳の俳優。
2014年に「2つ目の窓」で映画主演デビューを果たし、第29回高崎映画祭で最優秀新人男優賞を受賞。最近では2016年にTBSドラマ「仰げば尊し」に青島裕人役で出演している。
 
 

早見あかり早見あかり
 
田中哲司
 
 

キャストの関連記事
 
 
村上虹郎の彼女・結婚・両親について!かっこいいイケメン二世俳優
 
早見あかりは元ももクロで髪型がかわいい!彼氏の噂や経歴について!
 
 

ロケ地

 
 
 ドラマ「デッドストック-未知への挑戦-」のロケ地は公表されていませんが、ドラマの舞台がテレビ東京の社屋なので、神谷町の旧テレ東本社屋や六本木の新社屋がメインのロケ地ということになるのでしょう。
 
 

あらすじ

 
 
2016年テレビ東京の本社屋移転が実施され、新人ADの常田大陸は社屋移転で発見された大量の番組素材を整理する部署「未確認素材センター」に配属されます。
 
 
 そこは、VTRを整理する部署で、所属するのは先輩ADの二階堂早織とプロヂューサー佐山暁のふたり。
 
 
彼らも廃棄テープの整理に嫌気がさしていたのでした。
 
 
 ある日、常田は映っていてはならない怪奇現象をテープの中で発見してしまいます。
 
 
 それを見た二階堂早織は、その怪奇現象に強い興味を持ち始めて、勝手にこの続きを撮影して番組を作ろうとします。
 
 
 そして、常田もその先には世にも不思議で恐ろしい出来事が待っているとは知らず、先輩AD早織の脅迫によって怪奇現象の世界へ迷い込んでゆくのでした。
(番組HPより)
 
 

まとめ

 
 
ドラマや番組が新しく制作されるたびに、終了した番組の素材テープや小道具などはどうなってしまうのだろう?という疑問は前から私にはありました。
 
 
 その一部は、再放送や懐かしの名場面などで使われるために保管されているのでしょうが、テレビ局の都合で放送されなかった番組のテープも歴史を重ねるうちに大量の「デットストック」になって廃棄されてゆくのだろうなあと漠然と考えていたのです。
 
 
 ところが今回、それをモチーフにし、その上、怪奇現象という演出までしてドラマを作ってしまったテレビ東京には驚きと賞賛をしたい気持ちでいっぱいです。
 
 
 それから、東京12ch開局当時の番組素材も使われると聞いて、それにもとても興味があります。
 
 
独自のアイデアで数々の名物番組を作ってきたテレ東魂の源がそこから伺い知ることが出来るのを楽しみにしています。
 
 
見逃し放送や過去のドラマを見るならHuluがオススメ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
YouTubeやPandora、FC2などの無料動画はウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!
 

 
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報