ブランケット・キャッツ4話ネタバレ感想!中学生コウジ役は込江海翔

      2017/08/01

 
 
中学生のコウジ役は込江海翔さんです。
 
 
なかなか演技力のある子役でかわいいですよね!
 
 
ヒラタオフィス所属のようです。
 
 
では、「ブランケット・キャッツ」の5話と4話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 
 

スポンサードリンク

 
 

事前情報と関連記事はこちら

 
 
ブランケット・キャッツのロケ地・ネタバレあらすじ原作・キャストはこちら
 
島崎遥香の彼氏やジャニヲタ(ジャニーズ好き)の噂や病気について!
 
 

見どころ予想

 
 
★いままでは結局猫をあげなかったのがここへきて初めて里子に出したので、今後はきちんと猫が貰われて行き話になっていくのかなと思います。
週に一度こういった心に優しいドラマを見ると心が現れるような気がして、金曜の夜はゆっくりとこのドラマを見るのが楽しみです。
あき 33歳
 
 

あらすじ

 
 
3話ネタバレと感想はこちら
 
 

 
中学1年生のコウジ(込江海翔)の父親・高志(利重剛)は、息子が学校でいじめられていないかと心配していた。コウジは秀亮(西島秀俊)の店に毎日のように通い猫を見ていた。コウジは学校に行くふりをして、時間を潰していたのだ。コウジは尻尾が曲がった猫に自分を重ね合わせ、父親に頼み込んで猫を飼うことを許してもらう。ところが、コウジの家に学校から連絡が入り、コウジが学校に行っていないことが父親にバレてしまう…。
 
※番組HPより引用
http://www.nhk.or.jp/drama10/blanketcats/
 

 
 


 
 
キャスト
 
 
西島秀俊
 
吉瀬美智子
 
島崎遥香
 
唐田えりか
 
美保純
 
酒井美紀
 
蓮佛美沙子
 
 

ネタバレ

 
 
今日も猫はグラスを割ったり家中でイタズラばかり。
 
 
『猫は悪くない。こんなとこに置いた俺が悪いんだ』
 
 
秀亮(西島秀俊)は落ち込みながらもそう言い聞かせていた。
 
 
 
 
一方、美咲(吉瀬美智子)は動物病院でスタッフに秀亮と観た映画の話をしていた。
 
 
「ホラーなんて観たんですか?」
 
 
そんな話をしていると、病院の外に出している猫の里親探しの看板を見つめる中学生の姿が。
 
 
「あの子、また来てる」
 
 
そう言って外に出た。
 
 
猫が欲しいなら、近くの工房にいっぱいいるからと勧める美咲。
 
 
すると、「コウジ、学校サボるのかよ」と数人の中学生が呼びに来た。
 
 
少年は去っていく。
 
 
「逃げるなよ」
 
 
コウジと呼ばれる少年は、他の少年たちにそう言われていた。
 
 
 
 
中学1年生のコウジ(込江海翔)のスマホに例の少年たちからメッセージが入る。
 
 
『お前のせいだからな』
 
 
コウジが悩んでいると、父親・高志(利重剛)がやってくる。
 
 
息子の様子に学校でいじめられていないかと心配するが、コウジは「なんでもない」と答えた。
 
 
 
 
ある日、道でコウジを見かけたスタッフは猫がいるよと工房に誘う。
 
 
すると、1時間以上もじっと見ていた。
 
 
コウジは尻尾が曲がった猫を気にする。
 
 
すると、スタッフは「これは鍵尻尾」って言うんだよと教えてあげた。
 
 
コウジが尻尾を触ろうとすると、その猫に引っかかれてしまった。
 
 
秀亮はコウジの手当をする。
 
 
未成年の猫の引き取りには保護者の許可がいると話し、コウジは帰っていった。
 
 
 
 
コウジは翌日も秀亮の店に通い猫を見ていた。
 
 
また、その翌日も、コウジは秀亮の店に通った。
 
 
学校に行くふりをして、時間を潰していたのだ。
 
 
そのうち秀亮と話をするようになったが、コウジは今まで全てを父親が決めて来たから、自分から何かをしたいとかを伝えたことがないという。
 
 
 
 
帰宅したコウジは、父親に頼み込んで猫を飼うことを許してもらう。
 
 
しかし「父さん、お前のことはなんだってわかってるんだ」という言葉を受けて、悩んでいた。
 
 
 
 
翌日、コウジは父親を連れて工房に行く。
 
 
しかし、父親は「ペットショップの方が血統書も付いてるし赤ちゃん猫がいるからいい」という。
 
 
コウジは「この猫がいい」と言うと、父親は「なんだ?尻尾が曲がってるじゃないか。こんな不良品やめろ」と言い出した。
 
 
秀亮は「おたくにキーは渡せない。いや、キーじゃなく、どの猫も渡せない」と怒り出した。
 
 
すると父親は「貰ってやるんだ、コウジ、どの猫にするんだ?」というが、コウジは答えない。
 
 
すると、秀亮はコウジに選べと言った。
 
 
コウジはキーを選んだ。
 
 
 
 
コウジはキーと自分を重ね合わせてキーの名前をコウジにした。
 
 
その時、家に学校から連絡が入り、コウジが3日間も学校に行っていなかったことが父親にバレてしまう。
 
 
「なんで学校を休んだんだ?もしかしていじめられてるのか?それなら学校なんて行かなくていい」と父親は一人で怒り完結してしまった。
 
 
 
 
しかし、真相は違かった。
 
 
コウジと仲良くしていた山本くん、ヤマシュウという友達をみんなで無視しようとコウジの友達が言い出した。
 
 
そして、コウジはいきなり無視されて「僕なにかしたかな?」とヤマシュウ聞かれるが、コウジは「うぜーんだよ」と言ってしまった。
 
 
学校で全てを聞いて来た父親は、「いじめの主犯は誰なんだ?口止めされてるんだな?誰に命令されてやったんだ?」と言われる。
 
 
するとコウジは「俺に命令したのは父さんだよ」と言う。
 
 
その時キーがやってくるが、父親は「こっちにくるな、お前なんかうちの猫じゃないんだよ」と追い出してしまった。
 
 
コウジはキーを追い出した父親の胸ぐらをつかみ叩き出す。
 
 
そしてキーを探しに行った。
 
 
 
 
父親に勝手なイメージをつけられ、実力以上に期待されたコウジはいつもプレッシャーに押しつぶされそうだった。
 
 
コウジは必死で猫を探した。
 
 
コウジが猫を見つけると山本くんの家の前で山本くんの両親に謝罪する父と母の姿を見る。
 
 
コウジも走り寄り一緒に土下座をした。
 
 
 
 
コウジは家に帰って猫を飼いたいと父親にお願いする。
 
 
すると「そんなに俺が気に入らなかったか?猫は好きなようにしていい」と言われる。
 
 
するとコウジは「僕は父さんの思ってるような優しいやつなんかじゃない。卑怯なダメな人間なんだ」と言う。
 
 
すると、父親は「そんなことはない。お前はダメな人間なんかじゃない。お前は俺の自慢の息子だ」と言って去っていった。
 
 
コウジは山本くんに「ごめん」とスマホでメッセージを送った。
 
 
猫を見ながら7匹もいたのになと改めて寂しさを感じた秀亮は「親の心子知らずか」と呟いた。
 
 
 
 
 
見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
YouTubeやPandora、FC2などの無料動画はウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!
 
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 
 

感想

 
 
★現代のいじめが良くかけていてよかったと思います。中学生の男の子の演技も上手でした。小学生の子供とみていましたが、子供でもわかりやすくて、実際にこんなことが起こるであろうという設定でした。美咲役の吉瀬美智子の演技を初めて見ましたが、CMと違い、役作りが良くされていてよかったと思います。私は4話から見ましたが、1話完結型のドラマなので、今回は猫が1匹男の子にもらわれていったので、次ももらわれていくのかなと思いました。佐伯奈緒子役の美保純が若いなと思いました。猫の話なので猫が登場しますが、猫が好きな私は違和感なく見られました。
丘里リル、48歳
 
 

予想

 
 
★悦子が連れてきた、捨て猫は秀亮のところで一時飼ってくれそうな気がします。権田には秘密があるそうだが、昔、猫を飼いたかったけど、猫を禁止しているマンションのために飼えなかったという秘密のような気がします。権田は猫をマンションで買うことを禁止していますが、秀亮が説得して、マンションで猫が飼えるのではないかと予想します。悦子も卓也と結婚してハッピーエンドで終わるような気がします。捨て猫も悦子のところに戻ると思います。権田も猫が飼いたくて、秀亮のところの猫が1匹、権田にもらわれていくと思います。そうすると、秀亮の猫が1匹減ると思います。
丘里リル、48歳
 
 
 
 
次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報