コード・ブルー3の5話ネタバレ感想!橘と三井の息子は歸山竜成

   

 
 
橘と三井の息子・橘優輔役の子役は歸山竜成くんです。
 
 
切ない表情がとても上手ですよね!
 
 
「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season」の6話と5話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 
 

スポンサードリンク

 
 

事前情報と関連記事はこちら

 
 
コード・ブルー3のロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて
 
成田凌の彼女の噂やかっこいいブレイク寸前若手俳優のプロフィール
 
新木優子の彼氏・結婚の噂やかわいい髪型・服に演技力は?経歴情報も
 
椎名桔平と山本未來の馴れ初めや子供・性格・身長等プロフィールは?
 
 

コード・ブルー3の5話見どころ予想

 
 
★コードブルー5話の予想は、4話では大きく描かれなかったフェローの名取颯馬(有岡大貴)が中心に描かれるだろう、ということ。
4話では、指導医である白石恵(新垣結衣)が彼の扱いや評価に困っている…という前フリのみに留まった。5話ではその存在が深く掘り下げられることになりそう。彼はこれまでは“そこそこでいい”、“最低限の医師であれば”、というスタンスで、何事にも熱くならない、そんな存在だった。5話では、名取のミスにより、患者が生死の境をさまよい、その事実にどう向き合うか、が描かれるのではないだろうか。“名医でなくていい、そこそこで”といった姿勢の名取のことだから、救命の“必ず助ける”という雰囲気に嫌気がさしてしまうのではないだろうか…??
はるか 26歳
 
 

コード・ブルー3の5話あらすじ

 
 
4話ネタバレと感想はこちら
 
 

 
藍沢耕作(山下智久)は天野奏(田鍋梨々花)の緊急オペと別の患者の急変への対応に夜通し追われ珍しく医局でぐったりしてしまう。そこに藤川一男(浅利陽介)がトマトの箱を腕一杯に抱えて出勤して来た。妊娠中の冴島はるか(比嘉愛未)が今唯一食べられるのがトマト。藤川は、冴島が他の食べ物は受け付けないのでトマトがないと機嫌が悪い…と愚痴を言ってはいるが幸せそう。緋山美帆子(戸田恵梨香)は友達の話しとして、気になる男性に妻がいた場合について白石恵(新垣結衣)に相談。しかし、白石に不倫はいけないと大声で返されてしまい、緋山は相談する相手を間違えたと後悔する。
そんな時、翔北救命センターに下水道工事中の作業員が増水のため流され、救助に当たっていたレスキュー隊員1人も負傷しているとドクターヘリの要請が入った。白石、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)がヘリに乗り込む。現場に着くと、名取はレスキュー隊員で意識のあるベテランの倉田正敏(大谷亮介)らの処置にあたり、白石と雪村は溺水で意識不明の作業員、吉崎孝司(長谷川慎也)をヘリで救命センターに搬送した。
初療室で吉崎の治療をしていると、雪村が冴島の様子がおかしいことに気づく。と、次の瞬間、冴島は倒れ込んでしまった。
一方、別の病院に受け入れてもらった倉田の容態が急変し翔北救命センターに戻された。倉田の状態を判断した名取は動揺するのだが…。
 
※番組HPより引用
http://www.fujitv.co.jp/codeblue/
 

 
 
キャスト
 
 
藍沢耕作(山下智久)
 
白石恵(新垣結衣)
 
緋山美帆子(戸田恵梨香)
 
冴島はるか(比嘉愛未)
 
藤川一男(浅利陽介)
 
名取颯馬(有岡大貴)
 
灰谷俊平(成田凌)
 
横峯あかり(新木優子)
 
雪村双葉(馬場ふみか)
 
新海広紀(安藤政信)
 
橘啓輔(椎名桔平)
 
 

コード・ブルー3の5話ネタバレ

 
 
翔北救命センターに、下水道工事中の作業員が増水のため流され、救助にあたっていたレスキュー隊員1名も負傷している、とドクターヘリの要請が入った。
 
 
ヘリに乗ると、再度ドクターヘリの要請が。
 
 
最初の現場で負傷しているレスキュー隊員は骨折、その現場から1km先の川に溺れた作業員の男性がいるとのこと。
 
 
名取(有岡大貴)は骨折のレスキュー隊員の処置にあたり、白石(新垣結衣)と雪村(馬場ふみか)が溺れた男性の救助に当たることになったが、ヘリの中での名取の態度を見た雪村は不安そうな表情を浮かべていた…。
 
 
 
 
白石が処置した、作業員・吉崎孝司(長谷川慎也)は救命センターに運び込まれたものの、意識不明で厳しそうな状況だった。
 
 
そんなとき、冴島(比嘉愛未)が卒倒。
 
 
下腹部から血を流している。
 
 
産科医の緋山(戸田恵梨香)は冴島を処置室に運び込む。
 
 
処置室では、緋山と夫である藤川(浅利陽介)が処置にあたっていた。
 
 
妊娠13週の冴島の胎児は危険な状態にあった。
 
 
緋山の懸命な処置をするも、破水が始まってしまい、子供を失うこととなってしまうのだった。
 
 
 
 
一方、作業員・吉崎の処置は終わっていた。
 
 
溺れた時間が長過ぎた吉崎は、今後植物状態になってしまう可能性があった。
 
 
そんなとき、レスキュー隊員・倉田の処置にあたっていた名取が戻ってきて、現場近くの救命病院に受け入れてもらったと報告。
 
 
しかし…受け入れられた病院から、倉田がショック状態だと連絡が入り、白石はヘリで倉田を迎えに行くことに。
 
 
搬送されてきた倉田は、骨盤骨折だった。
 
 
骨盤骨折を見落とすなんてことがあるか、と橘(椎名桔平)は名取にレントゲン画像を見せた。
 
 
それに答えられない名取のかわりに、藍沢は「見落としです」と答えた。
 
 
 
 
骨盤骨折に気づけなかった名取を「名取先生なら気づけそうなのに」と、不思議そうに灰谷(成田凌)に話しかける横峯(新木優子)。
 
 
その言葉に、名取は笑顔で「結果、大丈夫だったからいいでしょ?俺も落ち着いていつも通りやれば良かったんだよな。次からはそうするよ」と言い放った。
 
 
そのやりとりを聞いていた白石は「次はないのよ」と割って入った。
 
 
「医者には次があるけど、患者さんは命を落としたら次はないの」と。
 
 
 
 
藤川は冴島の病室を訪れていた。
 
 
食事をしていた冴島は「ごはんがすごくおいしい。早くおいしくご飯が食べたいなってずっと思ってたのに」と、食事を食べながら涙を流し始める。
 
 
つわりで何を食べてもまずかったのに、今はどれもおいしい。
 
 
自分の体から子供がいなくなってしまったことを、改めて実感するのだった…。
 
 
 
 
一方、吉崎のことばかり気にかける倉田に、名取はそんなに自分を責めるな、と言う。
 
 
あの状況で助けられなくても誰も責められない、と続けた。
 
 
その言葉に、倉田は、レスキューの現場に条件のいい時なんてない、だから言い訳をしようと思えばいくらでもできる、でもそんな言い訳をする人間に命を預けたいとは思わないだろう?と。
 
 
「人は“起きたことはすべて自分の責任だ”と言い切れる人間に命を預けたいと思うものだ」という、倉田の言葉に、名取は無言のまま立ち去った。
 
 
 
 
医局では、藍沢と橘が、藤川の様子について話している。
 
 
藤川がなんと冴島に言葉をかければいいのかわからない様子だ、と橘に伝えると、橘は、夫婦とはいえ所詮他人、相手の悲しみの深さまでわからない、と言う。
 
 
そして静かに「一番知りたいことなのにな」とつぶやいた。
 
 
 
 
一方、冴島の病室では、緋山が退院の説明をしていた。
 
 
そこに、まるで何事もなかったかのように、白石が現れる。
 
 
「名取先生、あれ落ち込んでるの?落ち込んでないの」と白石が言うと、白石の魂胆を感じとった緋山が、白石の話にのってくる。
 
 
冴島は「なにかあったの?」と、いつものような声で問い返した。
 
 
緋山はここぞとばかりに、白石が名取にキレた、と暴露。
 
 
そして白石が、冴島の後輩である雪村にはどんな指導をしているのか、と冴島に尋ねると、冴島もその問いに答え、そして白石と緋山は言い争をはじめ…ここがまるでいつもの雑談の場であるかのような、穏やかな時間が流れ始めていた…。
 
 
 
 
そして、脳腫瘍の手術を終えたピアニストの奏。
 
 
とうとう検査の日がやってきた。
 
 
静かに腕を動かした奏を見て、新海広紀(安藤政信)と藍沢は安堵の表情を浮かべた。
 
 
しかし、一瞬ののち、奏の手は、ぶるぶると震えはじめてーーーー。
 
 
 
見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
YouTubeやPandora、FC2などの無料動画はウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!
 
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 
 

コード・ブルー3の5話感想

 
 
★コード・ブルー5話の感想は、サードシーズン史上1と言っても過言ではないくらい、号泣の回!でした。そして、さまざまな人間関係を描きながらも、若いフェローたちの動きや姿を、藍沢(山下智久)たち大人が見守る回。
冴島(比嘉愛未)がやっと生むことを決心し、結婚もして穏やかな日常に見えたのも束の間、冴島と藤川は赤ちゃんを失ってしまいます。それは誰のせいでもないけど、母親である冴島は自分を責めてしまいます。この急展開に心が痛まないはずはありません。
そして冴島の赤ちゃんを救えなかった緋山(戸田恵梨香)も、深い傷を負ってしまったに違いありません。
そして、無事に生きて戻ってきたレスキュー隊員と、目を覚まさないかもいれない若者の作業員。どちらも苦しい立場ですが、こちらも助けられなかった者としては、自己嫌悪の連続でしょう。
“ひとの痛みの深さはわからない”。まさにその通りで、助けられなかった者、助けてもらえなかった者、どちらがどれだけ苦しいのかは誰にも分かりませんが、その痛みや苦しみに寄り添ってくれる人がいるだけで、その先の未来は明るいんだとも思えました。
ヒガ 30歳
 
 

コード・ブルー3の6話予想

 
 
★コード・ブルー6話の予想は、今度こそフェローが自立する回!?
早々に藍沢の洗礼を受けた横峯、そして5話でなにか殻を破ったような名取、次こそとうとう灰谷にスポットが当たります!医者には向いてなさそうな(でもきっと頭は良いんだろうけど…)な灰谷は、これまでも大きな活躍&進歩を見せていません。オドオドした感じで、いつもなんだか横峯の影に隠れているみたいな感じ…。
ドクターヘリで出動した灰谷は、何かのきっかけで横峯と冷凍室らしきところに閉じ込められてしまい、怯えながらも電話を通じて、藍沢や白石から指示を受け、困難に立ち向かっていくのでしょう。
コード・ブルーは藍沢たち中心のストーリーですが、彼らフェローを育てていく姿も見応えがありますね!6話からも目が離せそうにありません!
まなぶ 32歳
 
 
 
 
次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報