僕たちがやりましたの8話ネタバレ感想と見どころ予想のまとめ

      2017/09/07

 
 
「僕たちがやりました」の9話と8話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 
 

スポンサードリンク

 
 

事前情報と関連記事はこちら

 
 
僕たちがやりましたのロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストは?
 
間宮祥太朗の彼女・結婚の噂や本名学歴は?演技力や性格についても
 
 
葉山奨之の学歴経歴やプロフィールは?彼女や演技力の噂について
 
 
三浦翔平の彼女・結婚の噂は?演技力やかっこいい髪型・服についても
 
 
永野芽郁の彼氏の噂や演技力の評価は?髪型・服も可愛いし綺麗
 
 

僕たちがやりました8話見どころ予想

 
 
★蓮子と付き合うようになり、

幸せの絶頂なトビオ。

 

でも、

またしても幸せが続かない気します。

 

今宵ちゃんの妊娠。

 

伊佐美、トビオ

どちらの子なのか気になります。

 

ようやく父と出会うことが出来、

息子だと告げるパイセン。

 

そこに待ち受ける残酷な事実。

 

輪島は極悪非道な人間なので、

愛されていない事実を突きつけられるのかな?

 

それを聞いたパイセンの反応は?

 

そして、

市橋に待ち受ける過酷な現実。

 

祖母の訃報、

自身の足の完治は絶望的と宣告。

 

この上、

蓮子がトビオと付き合っている事実を知ったら、

どうなってしまうのか?

 

トビオと市橋。

 

爆破事件よりもっと早く

友情を深められていたら良かったのに。

 

トビオに告げた市橋の

言葉の意味が気になります。

 
 

あおい 40歳

 

 

★僕たちがやりました8話の予想は、

市橋が真実を知ったとき、

果たしてどうなるのか…

ということです。

 

新しい自分になろう

と思っているトビオですが、

さすがに市橋のことを

どうでもいいと思っているとは思えません。

 

蓮子と自分の関係を

市橋に告げようするのだと思いますが、

それもなかなかうまくいかず、

最悪の状況で

市橋にばれてしまうのではないでしょうか?

 

一方、

事件の犠牲者たちの弔いを終えた伊佐美。

 

彼女である今宵は妊娠しているようですが…

それは本当に伊佐美の子供なのでしょうか?

 

蓮子と付き合う前とはいえ、

トビオは今宵と関係をもってしまっています。

 

そして

伊佐美はそれを知りません。

 

恋と友情、

入り乱れてきた8話からも

目が離せません!

 

 

(いざわ30歳)
 

 

僕たちがやりました8話あらすじ

 
 
7話ネタバレと感想はこちら
 
 

 
ついに蓮子(永野芽郁)とつき合うことになったトビオ(窪田正孝)。飯室(三浦翔平)の「一生苦しめ」という言葉を思い出しても以前のような苦しみには襲われなくなり、幸せの絶頂に浸るが、気がかりなのは蓮子に思いを寄せる市橋(新田真剣佑)のこと。2人の仲を打ち明けようと病院を訪ねるが、市橋の唯一の身内だった祖母が亡くなったと知り、言いそびれてしまう。
一方、伊佐美(間宮祥太朗)は事件の被害者たちへの弔いを終え、意気揚々と今宵(川栄李奈)のアパートへ。ところが、伊佐美の子を妊娠したと告白する今宵に、なぜか別れを切り出されあ然としてしまう。
マル(葉山奨之)は自分を襲った覆面の男の正体を察し、報復に息巻いていた。

パイセン(今野浩喜)は飯室から教えられた情報をもとに、ようやく輪島(古田新太)の居所を突き止める。そこに向かうとパイセンの異母弟・原野玲夢(山田裕貴)が輪島の指示を受け、無防備な男を暴力で痛めつけていた。勇気を振り絞って輪島の前に飛び出し、息子だと名乗るパイセン。だが、輪島から告げられた残酷な事実にがく然とする。

同じ頃、トビオは、市橋が足の完治は絶望的だと医者に宣告されたことを知る。そもそも、全ての原因は自分にあると思い悩みながらも、市橋を支えたいと思い、仲を深めるトビオ。少しの希望を見出すが、蓮子との仲を打ち明けられず、複雑な思いを抱えていた。もんもんとするその様子に気づいた市橋は「言いたいことあんじゃねえのか?」とトビオに声をかけた…。
自分たちの起こした事件に、それぞれの決着をつけようとするトビオたち4人。
そんな彼らを待ち受けているのは、希望か、それとも…。
 
※番組HPより引用
https://www.ktv.jp/bokuyari/index.html
 

 
 
キャスト
 
 
増渕トビオ(窪田正孝)
 
丸山友貴(葉山奨之)
 
伊佐美翔(間宮祥太朗)
 
小坂秀郎(今野浩喜)
 
蒼川蓮子(永野芽郁)
 
市橋哲人(新田真剣佑)
 
新里今宵(川栄李奈)
 
飯室成男(三浦翔平)
 
板尾創路
 
古田新太
 
立花菜摘(水川あさみ)
 
 

僕たちがやりました8話ネタバレ

 
 
市橋(新田真剣佑)は

自分の体が、

これ以上よくなることはない、

と医師から聞かされる。

 

そんな絶望を聞かされたあと、

唯一の肉親である祖母も

失ってしまうことに…。

 

 

トビオ(窪田正孝)は、

蓮子(永野芽郁)とつき合うことになったことを

市橋に話せずにいた。

 

さらに、

市橋に

「ばあちゃんが死んだ」

と言われ、

市橋の境遇を思って、

もっと話せなくなってしまうのだった。

 

 

一方、

伊佐美(間宮祥太朗)は、

爆破事件の犠牲者の弔いを終え、

今宵(川栄李奈)の家にやってきていた。

 

そこに同時に来たのは、

今宵の父(竹内力)。

 

今宵は

「お父さんがおじいちゃんで、

翔くんがお父さんになるの。

…お腹にいるこの子の…」

と言った。

 

病院でも検査済みの今宵は、

妊娠は間違いないと言い、

さらにはタイミング的に

伊佐美の子供であることを告げる。

 

今宵の父は、

生むと言い張る娘に、

お前とはもう他人だと言って、

出て行ってしまう。

 

そして

部屋に残った伊佐美には

「翔くんとは別れる。

てかもう別れた。

だから二度と私の前に現れないでください」

と告げるのだった。

 

 

小坂秀郎(今野浩喜)は、

刑事の飯室(三浦翔平)の助言もあって、

父・輪島(古田新太)を

やっと見つけた。

 

輪島の前に名乗り出ると、

自分のことを愛しているか、

と尋ねる。

 

しかし、

小坂の存在も大して知らなかった輪島は、

小坂にもう二度と会う事もないから、

何故小坂の名前が“秀郎”なのか教えてやる、

と言う。

 

それはなんと、

小坂が生まれた時、

小坂の顔が“ひでーかお”だったから、

という衝撃の内容だった。

 

 

市橋は、

病室で

「他に言いたいことあんじゃねぇの?」

とトビオに訊く。

 

そう聞かれてやっと、

トビオは蓮子とつき合っていることを

話せたのだった。

 

その事実を聞いた市橋は、

怒るどころか、

トビオたちのことを

祝福してくれている様子だった。

 

 

トビオが市橋の病室をあとにすると、

市橋から動画が届く。

 

それは、

トビオが市橋に送ったものと同じように

“面と向かって言えないことを言う”

動画だった。

 

お前と友達になれて良かった、

といった内容の動画。

 

最後には

「蓮子のことを幸せにしろよ」

という市橋の言葉。

 

そしてちょうどその言葉の時、

トビオの背後でドスンと大きな音がして…?

振り返ったトビオが見たものとは?!

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
YouTubeやPandora、FC2などの無料動画はウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!
 
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 
 

僕たちがやりました8話感想

 
 
★今回は

4人それぞれに

分岐点となる出来事が。

 

蓮子と付き合い始め、

幸せの絶頂にいるトビオ。

 

しかし、

親友の市橋の置かれている状況を察し、

なかなか告げられず。

 

ある決意を固めた市橋は

トビオを誘いだす。

 

二人の様子はとても楽しそうで

本当の親友になれたと思ったのに。

 

思い出作りだったのでしょうか。

 

トビオから送られたビデオメッセージで、

事件の犯人はトビオたちだと気付いたのかな?

 

それでも親友として許そうと決意したのか。

 

自分が過去にしてきたことの報いと、

人生の幕を下ろす決断をする。

 

しかし、

それはトビオにとって

あまりにも辛い現実で。

 

どんという鈍い音。

衝撃のラストで

しばらく放心状態になりました。

 
 

あおい 40歳

 

★僕たちがやりました8話 9/5の感想は、

ラスト数分の衝撃の展開がヤバすぎる!

ということです。

 

自分のせいで

体が不自由になってしまった市橋を見ながら、

トビオは何を思っていたのでしょう?

 

トビオは動画の中で

「こんな事件がなかったら

市橋とは仲良くなれなかった」

的なことを話しますが、

それって…どういう真理なんでしょうか。

 

もちろんトビオは

「犯人はクソみたいなやつだ」

と自身をディスっているわけですが、

それはもちろん市橋は知らないことで…。

 

市橋が真実を知ったら、

どうするんだろう…

と思っていたら、

なんと市橋が…

自殺してしまいました。

 

もちろんそれも衝撃的でしたが、

登場人物それぞれの絶望を知った顔が印象的で、

とても昏い気持ちになった8話でした。

 
 

(あさみ 35歳)
 
 

僕たちがやりました9話予想

 
 
★市橋の自殺により動揺し、

罪悪感があふれ出すトビオ。

 

そばにいて、

トビオをみてきた蓮子は

トビオの心の変化も敏感に

感じ取ることでしょう。

 

これからどうなっていくのかわかりませんが、

トビオを支えてあげて欲しいです。

 

輪島への復讐に失敗した菜摘に

「後は俺に任せて」

と告げるパイセン。

 

菜摘に変わって、

自分なりの方法で

父親に復讐しようと決意したのかな?

 

事件から逃げてきた4人が

事件を受け止め、

向き合うことを決意。

 

ライブ会場に突入し、

大勢の観客の前で自首するのかな?

 

ラストに向かって

ますます加速していく展開に

目が離せません。

 
 

あおい 40歳

 

★僕たちがやりました9話の予想は、

とうとう自首するのか?

でもどうやって?!

という感じです。

 

それぞれの絶望を知った4人ですが、

やはり4人で犯した罪ですから、

また集まって

なんとか罪を自分たちなりのやりかたで

告白しようとするのでしょう。

 

そのとき、

トビオは蓮子に

何て言うのでしょうか?

 

やっと心が通じ合った彼女、

彼女もトビオをとても好きです。

 

蓮子にまで

絶望を味わわせてしまうのかと思うと、

こちらも心が痛いですよね…。

 

市橋の死をもって、

トビオの心境がどう変化するのか

気になります。

 

また、

蓮子の気持ち、

今宵の気持ちも

どう変化するのでしょうか?

 

あと数回でちゃんと終われるか、

本当に心配です。

 

おそらく衝撃の展開となる

9話からも目が話せません!

 
 

(とけい 28歳)

 
 
 
次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報