僕たちがやりましたの4話ネタバレ感想!パイセンの父は古田新太?

      2017/08/12

 
 
大金をばら撒きまくりのパイセン。
 
 
なんであんなにお金持ちなのか謎でしたが、もしかして父親が古田新太さん演じる輪島なのか?
 
 
だったらあれだけ大盤振る舞いなのもわかります。
 
 
板尾創路さん演じる弁護士となにやら怪しいやり取りをしていましたが、最後に出てきた真犯人を名乗る男も自分の息子を助けるためにしたことだったとしたら辻褄が合いそうですね。
 
 
では「僕たちがやりました」の5話と4話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 
 

スポンサードリンク

 
 

事前情報と関連記事はこちら

 
 
僕たちがやりましたのロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストは?
 
間宮祥太朗の彼女・結婚の噂や本名学歴は?演技力や性格についても
 
 
葉山奨之の学歴経歴やプロフィールは?彼女や演技力の噂について
 
 
三浦翔平の彼女・結婚の噂は?演技力やかっこいい髪型・服についても
 
 
永野芽郁の彼氏の噂や演技力の評価は?髪型・服も可愛いし綺麗
 
 

僕たちがやりました4話見どころ予想

 
 
★トビオは蓮子からのメッセージが届いていることに気付き、真犯人が他にいるのではないかと伝えに向かう。けれど、そこには警察の姿が。蓮子ちゃんはトビオを裏切ったのか。トビオのことを心配し、蓮子ちゃんなりの考え方があるんだと信じたいです。お金のないトビオはホームレスの人と仲良くなるが、その人はあっち系の人で、パンツを脱がされる大ピンチに(笑)無事に逃げてくれることを祈ります。その後、トビオは伊佐美と合流。熊野の犯行の証拠をみつけようと、自宅に侵入する。犯行を裏付ける証拠が見つかるのか。疑わしいですが、個人的には熊野は犯人ではない気がします。
あおい40歳
 
 

僕たちがやりました4話あらすじ

 
 
3話ネタバレと感想はこちら
 
 

 

 
※番組HPより引用
https://www.ktv.jp/bokuyari/index.html
 

 
 
キャスト
 
 
増渕トビオ(窪田正孝)
 
丸山友貴(葉山奨之)
 
伊佐美翔(間宮祥太朗)
 
小坂秀郎(今野浩喜)
 
蒼川蓮子(永野芽郁)
 
市橋哲人(新田真剣佑)
 
新里今宵(川栄李奈)
 
飯室成男(三浦翔平)
 
板尾創路
 
古田新太
 
立花菜摘(水川あさみ)
 
 

僕たちがやりました4話ネタバレ

 
 
今宵(川栄李奈)のアパートに伊佐美(間宮祥太朗)と身を隠し、矢波高校の教師・熊野(森田甘路)こそが真犯人だと疑惑を持ち始めたトビオ(窪田正孝)。
 
 
しかし、爆破事件がもとで大けがを追ってしまった市橋(新田真剣佑)とその仲間に捕まってしまう。
 
 
市橋の手から逃れたトビオは、刑事の飯室(三浦翔平)と行動を共にしていた蓮子(永野芽郁)に呼び出されて、街中に姿を現した。
 
 
しかし、目の前で蓮子と飯室が話す姿を目の当たりにし、その場を立ち去らざるを得なくなった。
 
 
 
 
蓮子から話を聞いた教師の菜摘(水川あさみ)は「生徒を捜査に利用するなんて最低」と警察に乗り込むものの、またにしてください、とあしらわれそうになる。
 
 
菜摘は、小坂(今野浩喜)の両親は何か言ってきているのか。海外にいると聞いているが、逮捕されたことで何か言ってきてはいないのか、と質問をした。
 
 
しかし飯室に、小坂は戸籍上は母親しかいない、しかもその母親も他界している。何か気になることがあるのか?と逆に質問をされてしまった。
 
 
菜摘はそれ以上、何も言えなくなってしまうのだった。
 
 
 
 
そして、警察には弁護士(板尾創路)が現れる。
 
 
なんと小坂の弁護をしようと言うのだ。
 
 
警察はまだ決定的な証拠を持っていない、“あの爆発は自分がやりました”という自白がなければ、小坂は釈放される…と言う。
 
 
その弁護士の言葉を受けて、取り調べ中もだんまりを決め込んでいた小坂だったが、飯室に、逃走用に用意した金はどうした、お前は何者だ?と問い詰められ「ただの金持ちですけど」と答える。
 
 
 
 
伊佐美と合流したトビオは、矢波高の熊野が犯人だという証拠を見つけるために、熊野が出勤したのを見計らって、部屋に入りこむ。
 
 
そこで見つけたパソコンを開いてみると、そこには大量の動画が…。
 
 
 
 
その頃、高校では熊野が飯室らに事件当時の状況を聞かれていた。
 
 
授業がはじまるので、と立ち去ろうとしたところで、飯室に腕をつかまれ、この腕のキズはどうしたのか、生徒から暴力を受けていたのではないのか、と問い詰められる。
 
 
しかも、熊野は化学の教師なのだから爆弾くらいなら作れるはず、生徒を憎んでいた、だから生徒を殺すためにやったのではないか、と。
 
 
すると熊野は、今まで自分がやったことはすべてパソコンの中に保存してある、感情が押さえきれなくて、とんでもないことをしてしまった…と話し始めた。
 
 
 
 
トビオたちが熊野の動画を見ていた。それはなんと熊野が盗撮した、校内の動画だっだのだ。
 
 
しかし、その動画の中のひとつに事件当時の映像が映されているものを発見、なんとその動画では、パイセンが自ら爆弾をプロパンガスの前に蹴ってしまっている様子が映されていたのだ…。
 
 
夢中になって動画を見ていたトビオたちだが、そこで玄関の鍵の開く音が。
 
 
熊野が刑事を連れて帰ってきたのだ。
 
 
すんでのところで2人は部屋から飛び出した。
 
 
そして、たった今見た小坂の映像のことでモメ始める。
 
 
あれは熊野の犯行じゃなかったのか、結局自分たちが犯人なのか…と。
 
 
言い争いをしていると巡回中の警察官に見咎められる。
 
 
思わずトビオを置いて先に走り出した伊佐美、そしてはぐれたトビオは警官に追いかけられる。
 
 
辛くも警官から逃れられたトビオだったが、靴もボトムもはぎとられ、パンツ一丁で街をさまようことになってしまった。
 
 
 
 
そして、トビオに逃げられた市橋は、仲間のマサキを使って、マサキの彼女の由佳(岡崎紗絵)と蓮子を呼び出した。
 
 
蓮子以外を帰らせると、市橋は、あの4人を殺してやる、あいつはどこに居る?、と問い詰めるが、蓮子は自分も知らない、知ってても言わない、と突き放した。
 
 
立ち去ろうとした蓮子を追いかけるために、市橋は車椅子を操ろうとするが、勢いあまって倒れてしまう。
 
 
その姿を見た蓮子は「トビオには言いたいことがいっぱいあるし。だから一緒にトビオを探さない?あんたは殺すため、私はコクるため。わたしトビオのことが好きみたいだからさ」と笑って市橋を助け起こした。
 
 
 
 
一方、取り調べ中の小坂は熊野のパソコンの中にあった動画を見せられていた。
 
 
その動画を見て「証拠ない…って言うたやん…」とつぶやく。
 
 
刑事から犯行を認めるのか、と詰められ「ぼくが…や、やり」と話し出す小坂。
 
 
 
 
トビオは殺人犯確定となってしまった失望を抱えながら、パンツ姿のまま裏路地に隠れ、眠っていた。
 
 
目をさましたトビオは、ひとりのホームレス・ヤング(桐山蓮)と出会う。ヤングはトビオを見ると、ズボンと靴を与える。
 
 
「食いたいとき食って、寝たいとき寝る、それでいい」とヤングに言われ“カッコイイ!ホームレス生活のニューパイセン…”とトビオが思った矢先「よしやるか」と突如として襲われてしまう。
 
 
なんとヤングはゲイだったのだ…。
 
 
 
 
そして、持ち逃げした金で熱海で遊びほうけるマル(葉山奨之)。
 
 
店で知り合ったホステス・うららに入れこみ、夜の熱海で豪遊をしていた。
 
 
しかし、とうとう資金が底をついてしまい、店から追い出されてしまう。
 
 
金がないことを悔いるマルオは「また盗めばいいんだ…」と不適な笑みを浮かべるのだった。
 
 
 
 
そして、とあるは派出所。
 
 
「こないだの矢波高のあの犯人、本当はオラなんです」と似顔絵を持って現れたのは、似顔絵そっくりの人物だった…!
 
 
 
 
 
見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
YouTubeやPandora、FC2などの無料動画はウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!
 
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 
 

僕たちがやりました4話感想

 
 
★僕たちがやりました4話の感想は、何か隠し事をしてる人がいっぱいいる…!!という感じ。菜摘(水川あさみ)もパイセンについてなにか隠していそうだし、おバカなフリ(?)をする今宵(川栄李奈)も何かがありそう。そして、パイセンもあの大金のバラまきぶりには、ウラはありそうな気がします。
今回はひたすら逃げるトビオ(窪田正孝)。伊佐美とも別れてしまったトビオはなんとゴミ箱のドーナツまで食べ始めてしまいます。それを見た時にはトビオがたびたび言っていた「そこそこでいい」という言葉が響いてきます。そこそこでいい、と聞くとやる気のない言葉にも聞こえるけど、そこそこ普通の日常を生きていくことだって、結構大変なことなんだなぁ、と思いました。
(しばた 32歳)
 
 
★市橋から警察から、ホームレスからと今回はトビオの逃亡シーンが多めでした。トビオくん足が早く、走るフォームがとってもキレイ。ゴミ箱をあさって食べるシーンはとっても切なくなりました。食べるシーンをあんなに苦しく、せつなく演じられるって改めてすごいなと思いました。他に犯人がいるって信じて、熊野の犯行の証拠をつかもうと自宅に潜入しましたが、まさか自分達の犯行の証拠を見つけてしまうなんて。有罪確定?辛すぎます。そして、頼りになりそうなホームレスがまさかのそっち系。ぷりんとしたお尻に見とれてしまいましたが、はたして逃げ切れるのか。トビオが無事逃げ切れますように。
あおい 40歳
 
 

僕たちがやりました5話予想

 
 
★僕たちがやりました5話の予想は、何かひとつくらいは謎が解けるかも!?という印象です。とりあえず、今回最後に現れた“自分が犯人です”という人物は、弁護士(板尾創路)の何らかの息がかかった人物で、どうしてパイセンを弁護したのか等が判明するような気がします。弁護士は、輪島(古田新太)と結託して何か悪さをしているようなので、飯室(三浦翔平)との関係も、もう少し見えてくるかもしれませんね。そして、ゲイから逃げたトビオは、また今宵(川栄李奈)に救われるのでしょうか?友達の彼女と、もしかするとまたしてもいい感じになっていってしまうのかも…。一応その友達・伊佐美(間宮祥太朗)も公認みたいなのでいいのかもしれませんが…原作が男性誌なので、ちょっと色っぽいシーンの多い5話かもしれません!
(ちさと 20歳)
 
 
★先週、最後に登場した爆破事件は自分がやったと自首してきた男。似顔絵といまいち似てない気がしますが(笑)、彼は弁護士さんが用意した替え玉なのかな?今にも自供しそうだったパイセンは間一髪で保釈されるのでしょうか?傷心のトビオと今宵ちゃんの関係が気になります。今宵ちゃん、軽そうにみえていい子だし。市橋も今の状況は可愛そうですが、元気だった時は同情の余地がないくらいクズだったのでその報いかな?とも思います。蓮子ちゃんがピンチになりそうで心配です。そしてマル。今度は伊佐美からお金を盗もうと考えているのでしょうか?いつか天罰がくだりますように。
あおい 40歳
 
 
 
 
 
次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報