パパ活のロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについて!

      2017/11/03

画像引用元: https://pc.video.dmkt-sp.jp/ft/s0005201
 
 
 最近、「パパ活」というキーワードが巷(ちまた)で密かに流行しているのを、あなたはご存知ですか?
 
 
年の離れた大人の男性と若い女性との体の関係を前提としない交際を指したワードです。
 
 
その「パパ活」を扱ったドラマが始まります。
 
 
 ドラマ「パパ活」の原作はあるのか基本情報や見どころ、あらすじネタバレにキャスト情報、そしてロケ地についてをまとめてみました。
 
 

スポンサードリンク

 
 

基本情報や原作について

 
 
 ドラマ「パパ活」は、インターネットテレビdTVで6月26日から配信されます。
 
 
原作はありませんが、野島伸司氏が書いたオリジナル脚本でドラマは制作されました。
 
 
野島氏は「101回目のプロポーズ」や「ひとつ屋根の下」などの作品でドラマの一時代を築いたとも言われる脚本家ですが、異色作「高校教師」では教師と女子生徒の禁断の性を描写した作品も手掛けていて、かなり不健全な男女の恋愛も得意分野としている脚本家です。
 
 
 今回の「パパ活」では、地上波では扱えないストーリーや内容も含まれているようですので、野島氏がかなり力を入れて筆を振るったのではないでしょうか?その辺りが見どころです。
 
 

キャスト

 
 


 
 
 主演は大学教授栗山航役(45)の渡部篤郎(49)
 
東京都新宿区出身。代表作はフジテレビ「銭の戦争」、最新作は東海テレビ「犯罪症候群」
 
犯罪症候群のネタバレ最終回あらすじ・ロケ地・原作・キャストについてはこちら
 
 
 ヒロインは女子大生赤間杏里役(20)の飯豊まりえ(19)
 
千葉県千葉市出身。代表作はフジテレビ「嫌われる勇気」、最新作TBS「マジで航海してます」
 
嫌われる勇気ネタバレ最終回結末・ロケ地・原作あらすじ・キャストについてはこちら
 
マジで航海してますロケ地・ネタバレあらすじ原作・キャストについてはこちら
 
 
 航の妻栗山菜摘役(44)は霧島れいか(44)
 
新潟県出身。代表作は映画「運命じゃない人」、最新作「残酷な観客達」 
 
 
 コック見習いの柿澤実役(23)は健太郎(19)
 
東京都出身。代表作はフジテレビ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」、最新作はTBS「レンタルの恋」
 
レンタルの恋のロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについてはこちら
 
 
 オーナー入江芳樹(44)は橋本さとし(51)
 
大阪府枚方市出身。代表作はTBS「下町ロケット」、最新作はNHK大河ファンタジー「精霊の守り人II 悲しき破壊神」
 
精霊の守り人ネタバレ最終回結末・ロケ地・原作あらすじ・キャストについてはこちら
 
 
キャストの関連記事
 
 
飯豊まりえの彼氏・結婚や出演作品は?服・髪型もかわいい若手女優
 
健太郎の彼女・結婚や演技力は?かっこいい髪型の塩顔イケメン俳優
 
 

ロケ地

 
 
ドラマ「パパ活」のロケ地については公表されていませんが、ツイッターなどに撮影現場の目撃情報が寄せられています。
 
 
 4月6日に渋谷駅近くの宮下公園で飯豊まりえが撮影中とのツイッター投稿がいくつかあります。
 
 
 5月25日にJR武蔵野線北府中駅近くの東京農工大学で渡部篤郎が撮影していたという投稿があります。
 
 
 5月21日にはJR根岸線山手駅近くの横浜本牧市民公園で渡部篤郎が撮影しているところが目撃されています。
 
 
 5月20日には横浜みなとみらい線元町・中華街駅近くのドン・キホーテ 山下公園店跡で渡部篤郎が撮影していたという情報があります。
 
 

※追記です。

東京タワーが見えるマンションは8Q7XMP5Q+2Hだそうです。

情報提供ありがとうございました!

 

あらすじ

 
 
母親に恋人ができたことがきっかけで、どこにでもいるごく普通の女子大生赤間杏里は、家から追い出されてしまいます。
 
 
そのうえ付き合っていた彼氏にも冷たく見放されて、帰る家もなくネットカフェを転々としながら大学に通う日々を送っていましたが、あるとき、友人から「パパ活」の存在を聞くのでした。
 
 
 
 
最初は消極的な杏里だったが、生活費を稼ぐために登録したパパ活サイトを通じて、25才も年の離れた栗山航という男性と出会い、その日は彼が契約するマンションの一室で、1人で眠ることになったのです。
 
 
 
 
数日ぶりの眠りに安堵した杏里でしたが、翌朝、思わぬ形で航と再会することになります。
 
 
そして杏里は航を取り巻く隠された真実に直面していくことになります。
 
 
引用:番組HPより
 
 

まとめ

 
 
 数年前までは別の表現方法を用いていた大人をパートナーとする特殊な交際は、いま「パパ活」というキーワードに変化したようですが、サイトで見る限り現実に存在していることは間違いありません。
 
 
 2年前、国連特別報告者のブーア・ブキッキオ氏が「日本の13%の女子生徒がこのようなことを行っている」と記者会見で述べて議論を巻き起こしたのは記憶に新しいですが、実態をほぼ正確に表わしているという意見もあります。
 
 
 社会的に「パパ活」の善悪はともかく、目を反らさずその実態を知るべきではないでしょうか。
 
 
元前川事務次官にもこのドラマ「パパ活」みて欲しかった!
 
 
見逃し放送や過去のドラマを見るならHuluがオススメ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
YouTubeやPandora、FC2などの無料動画はウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!
 

 
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報