過保護のカホコの7話ネタバレ感想や見どころと予想のまとめ

   

 
 
「過保護のカホコ」の8話と7話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 
 

スポンサードリンク

 
 

事前情報と関連記事はこちら

 
 
過保護のカホコのロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら
 
竹内涼真の経歴や彼女・結婚、兄弟は?髪型もかっこいいしかわいい!
 
久保田紗友の彼氏の噂や経歴プロフィールについて!今現在CM出演中!
 
佐藤二朗の嫁(妻・奥さん・結婚相手)に子供は?演技力がおもしろい!
 
 

過保護のカホコ7話見どころ予想

 
 
★せっかく付き合うことになったカホコと初だが早速危機が訪れてしまうのか?!ひ孫を見せたいから結婚しようってカホコが言い出したのだろうか?きっと祖母が死んでしまうかもなんて話を聞いてしまったからそんなことを言い出したのだろう。しかし初にそれはちゃんと伝わらないようだ。カホコ、ちゃんと説明するのだろうか。そして母娘のバトルは一体どうなってしまうのだろうか?
もずく 30歳
 
 

過保護のカホコ7話あらすじ

 
 
6話ネタバレと感想はこちら
 
 

 
 過保護を卒業し自立するために努力するカホコ(高畑充希)と、手助けしたくなる気持ちをこらえ敢えて突き放した態度をとる泉いずみ(黒木瞳)に、正高まさたか(時任三郎)は根本家が少しずつ変わろうとしている空気を感じる。
 そんな中、カホコは初代はつよ(三田佳子)が重い心臓の病気を隠していることを知ってしまう。今まで通りの暮らしを続けたいので家族に黙っていて欲しいと頼まれたカホコは初はじめ(竹内涼真)にだけ相談するものの、泉たちに話さないことが正しいことなのか確信が持てずに苦しむ。

 毎年恒例の家族イベントであるイト(久保田紗友)の誕生日会の日が近づく。初代のために親戚一同を集めて楽しい会にしたいカホコだったが、チェロが弾けなくなって以来心を閉ざしているイトが出席するはずがないと、節せつ(西尾まり)が今年の会は中止にしたいと言い出す。なんとかしたいカホコは付き合いだしたばかりの初とのデートも犠牲にし、イトを待ち伏せて説得しようと試みる。しかしイトからは家族だと思っていない、とキツい言葉をかけられてしまう。
 さらに、衛まもる(佐藤二朗)と環たまき(中島ひろ子)からも欠席の連絡が。二人のもとに駆けつけたカホコは、実は環がある秘密を持っていて、自己嫌悪から親戚に会いたくないのだと秘密を打ち明けられる。
 次々に深刻な問題が露呈するカホコの親戚の話を聞いた初は、家族は無理に一緒にいるよりも別れている方が幸せなこともあると話す。初は辛い気持ちを我慢して無理に笑うカホコを心配するが…。

 そして、追い打ちをかけるように正高の実家では、家出をしていた教子きょうこ(濱田マリ)が身元のわからない小さな男の子を連れて帰って来る。現実から目を逸らし解決を「明日」に先送りにする正興まさおき(平泉成)についにカホコは「明日がない人もいる!」と声を荒げる。
家族のために奔走するカホコと、それを心配する初との関係にも微妙な変化が…
 
※番組HPより引用
http://www.ntv.co.jp/kahogo-kahoko/
 

 
 
キャスト
 
 
根本カホコ(高畑充希)
 
母・泉(黒木瞳)
 
父・正高(時任三郎)
 
三田佳子
 
西岡徳馬
 
夙川アトム
 
イトの母・節(西尾まり)
 
叔母の環(中島ひろ子)
 
佐藤二朗
 
麦野初(竹内涼真)
 
イト(久保田紗友)
 
平泉成
 
濱田マリ
 
梅沢昌代
 
 

過保護のカホコ7話ネタバレ

 
 
カホコは毎朝恒例の洋服選びを母親に聞こうとするが、独立すると宣言したことを思い出し報告だといい直した。
 
 
祖母が死んでしまうと言う話は、町内会でのお芝居の練習だと言われたことを思い出していた。
 
 
カホコは祖母の話をしようとするが、そこに祖母から今日会えないかと連絡がきた。
 
 
 
 
カホコは祖母の家を訪ねた。
 
 
祖母は昨日嘘をついた、心筋症という病気でいつ死んでもおかしくない病気だと話した。
 
 
移植か心臓の筋肉を切る手術しか方法はないという。
 
 
そして2つお願いがあると言った。
 
 
1つ目のお願いはハグをしてくれというもの、2つ目のお願いは誰にも話さないで欲しいというものだった。
 
 
祖母は死ぬならこの家で死にたい、ワガママ聞いてくれないかなと言われたカホコはわかったと答えた。
 
 
初は会話の端々にカホコという言葉を無理に入れていた。
 
 
照れ屋だから急に頼まれた時のために練習だと話した。
 
 
カホコは祖母のことをどうしたらいいか聞くと、初は好きにさせてあげたらいいと言った。
 
 
 
 
そしてカホコは祖母に頼まれたからと初を連れて病院に向かった。
 
 
3人で家に帰ると、祖母はカホコのことが本当に好きなのか聞かれると初ははいと答えた。
 
 
カホコと付き合うのは大変よと言われると、こっちが想像している以上のことがあって面白いと答えた。
 
 
カホコはセカンドオピニオンしてもらったらと言うが、診断結果はどこも同じだった。
 
 
祖母は今まで通りワイワイやって、そっと死にたいからカホコも今まで通りの生活をしてくれと言われた。
 
 
そして祖母はカホコは自分が思っている以上に強い人だ、誰よりも人を幸せにできる人だと言った。
 
 
 
 
そこに祖父が帰ってきた。
 
 
初は祖父の詩吟を聞くことになった。
 
 
 
 
夜、母親は1人でカホコのDVDを見ていた。
 
 
父親が帰ってくると慌ててテレビを消した。
 
 
家に帰ってきたカホコは、ご飯はいらないと言うがお腹が鳴ってしまった。
 
 
するとそこにセツコから糸の誕生日会をすると祖母から電話があったと電話があった。
 
 
母親に中止にしようと頼んでくれと言われ、祖母に電話をかけようとするがカホコは中止にしないでくれとお願いした。
 
 
 
 
翌日、カホコは糸のことをなんとかすると初に話した。
 
 
初は付き合い始めたばかりだし、どこか行きたいところはないのかと聞くとカホコは糸の家に初を連れてきた。
 
 
しかしカホコは糸が帰ってきたときに一緒にいたらムカついて話を聞いてくれないかもしれないからと初に帰ってくれと言った。
 
 
 
 
夜遅く、糸が友達の車で帰ってきた。
 
 
カホコは誕生日会に来て欲しいと言うが、糸は親戚が嫌いだと言っているのわかってるでしょと答えた。
 
 
カホコは必死にお願いするが、糸は家族と思っていないからと家に入って行ってしまった。
 
 
家に帰るとカホコは糸の好きなチョコチップクッキーを作ろうと思うと話すと、祖母から今年は中止にすると電話があったと母親に言われた。
 
 
カホコは入院したタマキの元に駆け付けた。
 
 
タマキは自分は嫌な人間だと言い、カホコには知っててもらったほうがいいかもとカバンの中身を見せてくれた。
 
 
それは万引きしたものだった。
 
 
タマキは昔から発作が起きるたびになんで私だけと万引きを繰り返していた。
 
 
そして初めてバレたのが守だったと言った。
 
 
お互いダメで弱い人間で支え合っていかないといけないから結婚したんだ、でももう自信がないと布団をかぶった。
 
 
カホコは不自然な笑顔で大丈夫だと初に言うが、やめたほうがいいんじゃないかと言われた。
 
 
初は別れたほうがお互いに幸せな場合もあると言うと、カホコはせっかくの機会だから母親を探そうと言うが初にやめろと怒られてしまった。
 
 
家に帰ると父親が実家で良くないことが起きたと話した。
 
 
カホコも一緒に実家に行くと、妹がどこの子か知らない子供を連れて帰ってきてしまっていた。
 
 
 
 
翌日、カホコは祖母の家に行き話をすると祖母は今年は中止にしようと話した。
 
 
しかしご馳走の準備をしていた祖母にカホコは頑張るからと再び糸のところへ向かった。
 
 
バッティングセンターにいる糸にお願いすると、ホームランを打ってぬいぐるみを取ってくれたら誕生日会に行くと糸は言った。
 
 
帰ろうとする糸のところに初が明日デートしようと声を掛けた。
 
 
家にいる父親のところにカホコから2つお願いがあると連絡があった。
 
 
カホコは1つ目のお願いは貯金を小銭で持ってきてほしいと言うもの、2つ目のお願いは野球を教えてほしいというものだった。
 
 
 
 
誕生日会当日、祖母はたくさんの料理を作っていた。
 
 
そこに母親がやってきて、チョコチップクッキーを作ると言った。
 
 
続いてセツコ夫婦、タマキ夫婦もやってきた。
 
 
 
 
その頃初はフラフラと糸を祖母の家に連れてきた。
 
 
寄ってくか聞くとバカじゃないと言う糸に初は、自分の誕生日を祝ってもらえるなんて贅沢だ、お前過保護と同じだと声を荒げた。
 
 
そこへカホコがヒットだったからこれだけどとカエルのぬいぐるみを持ってやってきた。
 
 
カホコには根負けした糸は誕生日会に行くことにした。
 
 
みんなで食事を始めると、母親は初に色々と質問を始めた。
 
 
タマキたちもケンカを始めてしまったので、カホコはなだめ、祖父たちから留学資金として貯金していた通帳をプレゼントした。
 
 
辛い時こそ家族の力を信じてと祖母に言われると、糸は1人で生きて行くからと出て行こうとした。
 
 
すると母親が私も糸のことが好きじゃない、心の底でカホコのことをバカにしているのがわかっていたからと言った。
 
 
父親が仲裁に入ると逆に反感を買ってしまった。
 
 
そしてみんなはカホコのことを責め始めてしまうと、カホコはこんなの初めてみんなの顔も見たくない、こんなんじゃばぁばがかわいそうと家を出て行ってしまった。
 
 
祖母は話があるとカホコがあんなに頑張ってくれたのは私のせいだと言い、みんなにもうすぐ死にますと話した。
 
 
初はカホコを追いかけ、みんなの悩みや苦しみを全部引き受けるなんて無理なんだからと諭すが無理に笑って大丈夫だと言った。
 
 
どうしたらいいのかと言われ初は、今カホコにできることをすればいいんじゃないかと言った。
 
 
するとカホコは良いことが思いついたと子供作ろうと言い出した。
 
 
しかし初はばぁばにひ孫を見せたいからと結婚するのは本末転倒だと言った。
 
 
カホコはなんで母親が死んだと嘘をついたんだ、初は家族がいないからカホコの気持ちがわからないんだと言った。
 
 
すると初は結局生きる世界が違うんだ、付き合うのやめようと言った。
 
 
それに対してカホコは目を潤ませながらわかったと言い、その場を離れた。
 
 
 
 
 
見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
YouTubeやPandora、FC2などの無料動画はウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!
 
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 
 

過保護のカホコ7話感想

 
 
★ばぁばにもうすぐ死んでしまうと打ち明けられたカホコ。みんなと今まで通りワイワイやってこの家で死にたいというばぁばの願いを叶えるためにカホコは奮闘する。
糸の誕生日会をなんとか開こうと、糸の説得に走り回る。バッティングセンターでホームランを打ったら行くからなんて無茶振りをされても純粋なカホコはそれを信じて必死にバッティングセンターで頑張る。結果、ヒットしか打てなかったがカホコの優しさに気付いたのか糸は誕生日会に行くことに。しかしそこではみんながケンカを始めてしまい、終いにはカホコはみんなの顔も見たくないと出て行ってしまう。そしてせっかく付き合い出した初にひどいことを言ってしまい付き合うのはやめにしようと。とにかくカホコの一生懸命さや純粋さの伝わる回だった。初もわかっているはずなのに、別れようなんてつい口から出てしまったと言う感じだろうか。前半の母親とのやりとりもお互いに頑張って我慢しているのが面白かった。
もずく 30歳
 
 

過保護のカホコ8話予想

 
 
★最後に初と家族への愛ですれ違い、別れることになってしまった2人だが8話の予告では結婚させてくださいと頭を下げているシーンが。結局、初もカホコも自分たちの考えが違っても一緒にいようという道を選んだのだろうか。しかし、母親がこの結婚を許す気がしない。初に対していい印象を持っていないし、なにより口出しをしないと言っても結局は過保護な母親だろうから。そしてカホコ大好きな父親も許さないだろう。もし2人が許してくれるなんてことがあったら、2人は学生結婚することになるのだろうか?!今すぐじゃなくて、後々結婚させてくださいということなのだろうか。予告が短すぎて想像が掻き立てられる。
もずく 30歳
 
 
 
 
次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報