ウチの夫は仕事ができない最終回10話のネタバレや感想と予想

      2017/09/21

 
 

「ウチの夫は仕事ができない」

の最終回10話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

 

スポンサードリンク

 
 

事前情報と関連記事はこちら

 
 
ウチの夫は仕事ができないロケ地・ネタバレあらすじ原作とキャスト!
 
松岡茉優の髪型や腹筋が凄い!性格や彼氏の噂・出身高校について!
 
江口のりこの彼氏や性格・家族の噂は?安藤サクラに似てるが姉妹?
 
 

ウチの夫は仕事ができない最終回10話見どころ予想

 
 
★ついに最終回。

司には大仕事が舞い込んで来て、

 

沙也加は出産が近付いて…

両親学級に司も参加してくれていたようなので

無事出産に挑めるのかと思いきや?!

 

沙也加が破水したと連絡したときはもしかして、

大仕事のなにか大事な会議とかの最中だったのではないか?

 

そして司はそれを抜け出すのではないだろうか?

 

やっぱり家族の幸せが自分の幸せである司は、

仕事が出来ない夫なのかな?

 

その分、優しくて家族思いの夫だけれども。

 

無事赤ちゃんが生まれて来たらいいな。

 
 

もずく 30歳

 
 
 

ウチの夫は仕事ができない最終回10話あらすじ

 
 
9話ネタバレと感想はこちら
 
 

 
沙也加(松岡茉優)の出産予定日が迫り、立ち会いを楽しみにする司(錦戸亮)。会社では大手自動車会社の社内イベントであるシイタケ狩りを担当し、小さな仕事にも全力で向き合う姿に土方(佐藤隆太)は感心する。

休日にあかり(イモトアヤコ)夫婦と両親学級に参加した司は熱心に子育てを勉強し、父親になることを徐々に実感。翌日、シイタケ狩りが大好評だった自動車会社から大規模なモーターショーも担当して欲しいと指名が入り、司の快挙に部内は盛り上がる。出産が大事な仕事と重なった場合は仕事を優先して欲しいという沙也加だったが、プレゼン当日に沙也加が破水してしまい…。心配を隠し仕事を優先する司だが、事情を知った土方から「大事な時は人に仕事を振れ」と送り出され、出産と同時に病院に駆けつける!さらに司の息子「歩」の誕生に感動した田所(薮宏太)はその場でみどり(江口のりこ)にプロポーズ。

一方、仕事では司の代打でプレゼンをした部員が先方に気に入られ、引き続き担当をすることに。担当を降りた司を見て、土方は家庭を優先させた判断が正しかったのか悩む。さらに、疲れていても育児に手を抜かない司の姿に、沙也加はもっと仕事をしたいのに無理をしているのではないかと心配していて…。男性が仕事と育児を両立させるとはどういうことなのか?小林司が考えていたある意外な企画とは!?
 
※番組HPより引用
http://www.ntv.co.jp/shigotogadekinai/
 

 
 
キャスト
 
 
小林司(関ジャニ∞・錦戸亮)
 
小林沙也加(松岡茉優)
 
土方(佐藤隆太)
 
黒川(壇蜜)
 
田所(Hey!Say!JUMP・薮宏太)
 
あかり(イモトアヤコ)
 
司の姉・みどり(江口のりこ)
 
遠藤智花(柳生みゆ)
 
尾田まり代(屋敷紘子)
 
渡瀬理緒(吉本実憂)
 
三好一平(阿部翔平)
 
柳田圭一(笠松将)
 
 

ウチの夫は仕事ができない最終回10話ネタバレ

 

 

3月、いよいよ予定日が3週間に迫った。

 

 

司は、四谷自動車の社内イベントの

シイタケ狩りの仕事を取ってきた。

 

 

沙也加との会話の中で、

シイタケの保存方法やレシピの冊子を

オマケに付けることを思い付いた。

 

 

シイタケ狩り当日、

司は持っている知識を子供達に伝え

たくさんのシイタケを持って帰ってきた。

 

 

 

 

翌日、司と沙也加は

両親学級の前にお弁当を持って公園にやってきた。

 

 

デートだと言う司、

沙也加は子育てが落ち着いたら

またこの公園に来ようと言った。

 

 

あかりにシイタケをおすそ分けし、

両親学級に参加した。

 

 

両親学級が終わると、突然あかりに陣痛が来た。

 

 

6時間後、沙也加の元にあかりから

赤ちゃんが生まれたとの連絡が入った。

 

 

翌日、司は会社に行くと

四谷自動車がアジアモーターショーを発注したいと訪ねて来た。

 

 

社内イベントのシイタケ狩りを頑張ってくれたのが大きかったという。

 

 

土方からは

顔合わせである程度のプレゼンが出来るように

準備しておけと言われた。

 

 

 

 

夜、

沙也加は、

万が一出産が大事な仕事と重なった場合は

仕事を優先してほしいと言った。

 

 

司は四谷自動車との顔合わせの日を迎えた。

 

 

土方に資料の最終確認を頼んだ。

 

 

 

 

沙也加は出産準備をしていた。

 

 

すると突然お腹に違和感を感じた、

陣痛が来たのだ。

 

 

田所のところに、みどりから

沙也加が破水して病院に運ばれたとの連絡が来た。

 

 

司にも沙也加から連絡が来ていた。

 

 

土方たちは沙也加のことを聞き、

今すぐ病院に行け、こういう時は人に振れ、

うちの部にはお前を心配している仲間がこんなにいる

と司を病院へと送り出した。

 

 

 

 

司が病院に着くと、

元気な男の子が生まれていた。

 

 

司は一番大変なときに側にいられなくて

ごめんと泣きながら謝った。

 

 

司は赤ちゃんの顔を見ると、

元気に生まれて来てくれてありがとうと言い、

君の名前は歩くんだよと言った。

 

 

 

 

夜、

みどりと田所が赤ちゃんを見に来た。

 

 

そこで田所は、

突然みどりにプロポーズをした。

 

 

 

 

後日、

会社に行くと四谷自動車の案件は

三好と柳田が代わりに行ってくれたという。

 

 

先方が2人を気に入ってくれたので

そのまま仕事を引き継ぐことになった。

 

 

司は第一制作部のみんなから出産祝いをもらった。

 

 

土方は、

お前に子供が生まれるとき行けと言ってよかったんだよなと聞くと、

司は僕は今出来る仕事を頑張りますと答えた。

 

 

そして土方も

恩田との間に子供が出来たと話してくれた。

 

 

 

 

沙也加と歩が退院してくると、

家の中は綺麗に整理されていた。

 

 

司は積極的に育児に参加してくれた。

 

 

1ヶ月が経つと、

司は家事を手伝ったり

仕事の合間に帰って来て沐浴をしたりしてくれた。

 

 

沙也加は育児を頑張ってくれている司に

もっと仕事したいんじゃないかなと心配になっていた。

 

 

夜中、

沙也加が目を覚ますと

司はキッチンで仕事をしていた。

 

 

朝方キッチンで寝てしまっていた司のそばには、

男ってつらいよと書かれた紙があり

沙也加は無理させているんだと思ってしまった。

 

 

 

 

沙也加の家にマタ友が集まっていた。

 

 

沙也加はもっと仕事をしたいんじゃないか

という心配をみんなに話した。

 

 

みんなからは一度腹を割って話し合ったらと言われ。

 

 

司は男ってつらいよとタイトルのついた企画を土方に見せると、

進めてみろと言われた。

 

 

早く帰って来た司に、

やりたい仕事を我慢してまでやらなくていいよ

と沙也加は言った。

 

 

そして企画書を見たことを話すと、

今度その講座を開くことになったと言われ

託児サービスもあるから来てくれてと言われた。

 

 

 

 

講座当日、

沙也加は歩を託児サービスに預け参加した。

 

 

準備をしていた司の元に、

先生が飛行機のエンジントラブルで

新千歳空港に引き返してしまったと連絡が入った。

 

 

それを聞いた土方は、

うまく話せなくても自分の言葉で全てを話してこいと言った。

 

 

 

 

司は講座の壇上に上がった。

 

 

先生が来ないと聞き、

帰ろうとする人たちに司は語りかけた。

 

 

うまく伝えられるかわからないが、

僕に少し時間をくださいと言い話し始めた。

 

 

司は自分にも子供が生まれたことを話し、

お父さんたちのいろんな悩みを知ったことを言った。

 

 

みんな仕事と家庭の板挟みで大変な思いをしている、

そんなことを先生と話しているうちに

先生が話そうとしていることを覚えてしまったと言った。

 

 

10年後にはある程度の子育てを終わっているだろうが、

僕たちの膝の上には小さなあの子はいません。

 

 

どこまでもまとわりついて来て、

なんでも邪魔するあの子はいません。

 

 

仕事で外回りに出る、

あの頃一緒に遊んだ青空を思い出して

過ぎてしまったあの頃を愛おしく思うでしょう。

 

 

日常こそが大切なんです、

その日常のほんの数年に忘れられない思い出が散りばめられている。

 

 

僕たちはこれからずっと子を思い続けるが、

腕の中にいる時間は短い。

 

 

そして司は、

仕事は大切ですが

私たちは親になって自分の命よりも大切な存在が

この世にあることを知ったはずです。

 

 

子供を育てるということは、

未来を育てることなのですと言った。

 

 

そして、沙也加が心配していることを話し始めた。

 

 

1年前、

仕事が出来ないと話した僕に

妻は頑張ろうと言ってくれた。

 

 

妻がいたから頑張って来れた、

そして気付いてしまった。

 

 

どうしても仕事ではなく家族が一番になってしまう。

 

 

社会人として誰かの役に立ちたいのも本音だが、

家族が一番なのも本音だ。

 

 

仕事を一番に考えられない人間は

社会では出来ない人と呼ばれてしまうかもしれません。

 

 

だとしたら、

僕は胸を張って妻に言います、

僕は仕事が出来ませんと。

 

 

司の話を聞いて会場からは拍手が湧いた。

 

 

 

 

その年の夏、

みどりと田所の結婚式が行われた。

 

 

その式ではMAXのみんなが踊って祝福をした。

 

 

沙也加と司は、

歩も将来結婚するのかなと話していた。

 

 

司は沙也加みたいな人と結婚してほしいなと言うと、

沙也加は司と結婚できて一番幸せと伝えた。

 

 

 
見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
YouTubeやPandora、FC2などの無料動画はウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!
 
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 
 

ウチの夫は仕事ができない最終回10話感想

 
 
★1話からずっと気になっていたが、

最終回ではミュージカルシーンが全員になっていて少し笑った。

 

司と沙也加の子供が生まれ、

名前は歩と決まった。

 

名前の由来が司らしいなとほっこりした。

 

育児に懸命に参加してくれる司は、

世で言うイクメンだった。

 

私自身まだ結婚はしていないが、

ぜひイクメンと呼べるような人と結婚したいと思う(笑)

 

しかし、そんな司の姿に沙也加は不安を抱いていた。

 

もっと仕事がしたいのではないかと。

 

しかし、その不安は司の企画である男ってつらいよで解決した。

 

司らしい言葉で、

司らしく話している姿は1話よりも頼もしく見えた。

 

きっと小林家は暖かい家庭になるだろう。

 
 

もずく 30歳

 

 
 
次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報