ハロー張りネズミ7話ネタバレ・感想と予想・見どころのまとめ

   

 
 
「ハロー張りネズミ」の8話と7話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 
 

スポンサードリンク

 
 

事前情報と関連記事はこちら

 
 
ハロー張りネズミロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて
 
リリー・フランキーの年収や彼女・結婚の噂は?今現在の経歴について
 
ムロツヨシの彼女・結婚や生い立ちの噂・本名や所属事務所について
 
 

ハロー張りネズミ7話見どころ予想

 
 
★7話のタイトルは下赤塚ロマンス。次の依頼は、純情男の恋愛模様が絡んでいるようだ。非モテ男が惚れたのは、二股三股当たり前、パパ活もしているような超ビッチなモテ女。釣り合わないように見えたが、実はその女にも事情があって…超ビッチ女がどんな事情があってパパ活までしているのだろうか。実家の母親が病気で仕送りをしているとか、実はシングルマザーでとかそういう事情なのだろうか。さらには五郎と蘭子にもなにか進展があるのかないのか?!この2人の結末が気になる。
もずく 30歳
 
 

ハロー張りネズミ7話あらすじ

 
 
6話ネタバレと感想はこちら
 
 

 
ある日、「あかつか探偵事務所」の近所にある八百屋の店員・星野(宇野祥平)が訪ねてくると、ある女性について調べてほしいと調査の依頼をする。その女性は時々、閉店間際にやってきては必ずネギを買って帰るという。「その彼女を調べてどうしたいのか?」と蘭子(深田恭子)が聞くと、「デートに誘いたい」と答える星野。
その女性の写真を見せられたゴロー(瑛太)とグレ(森田剛)は、星野の願いは叶わないと確信するも、かほる(山口智子)は依頼を承諾。カップルを装って調査する方が都合がいいだろうと、ゴローと蘭子を担当に当てる。
ほどなく、調査対象の女性は外資系企業でOLをしている中村七菜子(橋本マナミ)だと判明。また、複数の男性と交際し、デートを繰り返しては身体の関係を持ち、貢がせていることを突き止める。そんな七菜子に苛立ちを覚えるゴローだが、一方の蘭子は……。
 
※番組HPより引用
http://www.tbs.co.jp/hello-harinezumi/
 

 
 
キャスト
 
 
七瀬五郎(瑛太)
 
四俵蘭子(深田恭子)
 
グレ(V6・森田剛)
 
スナック「輝(キララ)」のマスター(ロッチ・中岡創一)
 
萌美(スナック『輝(キララ)』のアルバイト店員)(片岡萌美)
 
河合節子(霊媒師)(蒼井優)
 
南 (『サンライズ出版』社長) (リリー・フランキー)
 
風かほる(山口智子)
 
川田(『川田運送』社長)(伊藤淳史)
 
仲井(『サンダー貿易』元秘書課長)(吹越満)
 
伊佐川良二(県議会議員候補) (ムロツヨシ)
 
栗田精二(中華料理店の調理人)(國村隼)
 
 

ハロー張りネズミ7話ネタバレ

 
 
五郎とグレは所長に頼まれ酒を買いに行っていた。
 
 
事務所の近くまで帰ると今度はネギを買って来てくれと頼まれる。
 
 
八百屋に行くとラスト1本のネギを取ろうとすると、取り置きのネギだから売れないと言われる。
 
 
その頃所長は蘭子に五郎のことをどう思っているのか聞いていた。
 
 
五郎とグレは八百屋の星野を連れて帰って来た。
 
 
名前も知らない、いつも閉店間際にネギを買って来る女性を探して欲しいと言う。
 
 
星野は自分のネギの話を聞いてくれたときの笑顔が心から離れないので、彼女のことをもっと知りたいと言う。
 
 
蘭子が彼女のことを知ってどうしたいのかと聞くとデートに誘いたいと言った。
 
 
星野はその女性のことを隠し撮りしていた。
 
 
星野が帰った後、みんなでこの仕事を受けるかどうか話していると所長は五郎と蘭子に任せると言った。
 
 
 
 
後日、五郎と蘭子はその女性の尾行をすることになった。
 
 
駅で待ち伏せをしていると、その女性が現れた。
 
 
蘭子曰く、そんなに高級なものを身に付けている感じではないと言う。
 
 
会社は外資系のOLのようだったが、ランチは公園で質素なお弁当を食べていた。
 
 
仕事終わり付いていくと男性と高級そうなバックを選び、高級フレンチレストランに入って行った。
 
 
男性と2人でホテルに入って行くがしばらくすると1人で出て来てタクシーに乗り、ボロアパートへと帰って行った。
 
 
 
 
翌日も五郎たちは尾行を続けると昨日と違う男性と待ち合わせをしていた。
 
 
高級アクセサリーを買い、高級寿司屋に入って行き、またホテルへと入って行った。
 
 
その翌日も違う男性と待ち合わせをし、ふぐ料理屋へと入って行った。
 
 
するとホステス時代のお客さんが蘭子に声をかけてきた。
 
 
2人は尾行の報告し、蘭子は購入した高級品を身に付けている様子はないと話した。
 
 
五郎は何股まで掛けているか調べると熱くなっていると、蘭子にあの人は星野と付き合っているわけでもないので気持ちは踏み躙っていないと言われた。
 
 
その晩も女性が男性と待ち合わせをしているところを待っていると、男性が近寄りすぎたのかビンタをして帰って行った。
 
 
その男性は南だった。
 
 
五郎と蘭子は南にパパ活サイトで知り合ったと話された。
 
 
 
 
後日、星野に五股以上しているかもしれない、男をクレジットカードとしか思っていないと報告をした。
 
 
それを聞いて星野は、今の所土曜日曜は空いてるなら僕にもチャンスがあると前向きだった。
 
 
しかし事務所を出ると星野は声を上げて泣いていた。
 
 
調べたことを全て伝えることが探偵の仕事だと五郎が言うと、本当にすべて調べたのでしょうかと蘭子に言われた。
 
 
そしてなにか別の事情があるのではないかと言った。
 
 
 
 
その頃星野のところへナナコがネギを買いに来た。
 
 
ナナコは元気のない星野に元気出してくださいねと言い帰って行った。
 
 
星野はナナコを呼び止めたが、なんでもないと店に入って行ってしまった。
 
 
その様子を見ていた蘭子はナナコのことを尾行し、家を訪ねた。
 
 
蘭子はパパ活をしている理由を聞きたいとナナコに話した。
 
 
ナナコはおかしな探偵さんねと笑い、全て話すと言った。
 
 
五郎は星野と飲みに行っていた。
 
 
何股もしているしょうがない女だと五郎が言うと、星野はネギの話を笑って聞いてくれた姿が本当の姿だ、見失いましたと怒った。
 
 
そしてネギの花言葉は笑顔だと言った。
 
 
ナナコは、ネギ農家の実家に戻ると話した。
 
 
父親の借金の返済の為に男性から買ってもらったものもお金に換えていた、でも楽しんでいなかったかと言うといい思いもさせてもらっていたと話した。
 
 
でも男性が求めているものはやっぱり体なんだと思う、この前会ってすぐにホテルに連れていかれそうになって反射的に叩いてしまった。
 
 
そのとき今やっていることが嫌になって、契約も解除し会社も辞めて実家の手伝いをすることを決めたと言う。
 
 
しかしひとつ心残りがあり、それは商店街の八百屋のお兄さんのことを好きになりかけていると言う。
 
 
あの人と話したくて1本だけネギを買っていた、私の気持ちに気付いて欲しかったなと言った。
 
 
 
 
翌朝、蘭子が出社すると二日酔いの五郎がいた。
 
 
五郎は尾行をしていたら蘭子もこういうことをしていたんじゃないかと思った、ごめんなさいと謝ると蘭子もグーで殴るほどではなかったごめんなさいと謝った。
 
 
蘭子は五郎にナナコの家に行ったことを話し、2人は星野の店に向かった。
 
 
2人はナナコも星野のことが好きだったと話し、ネギの花言葉は笑顔ともうひとつ、くじけない心だと話した。
 
 
ナナコが実家の手伝いをしていると、花の咲いてしまったネギを持って星野が訪ねて来た。
 
 
星野は探偵に依頼したのは自分だ、話も全て聞いた、でも僕はネギのようなくじけない男だ、ナナコさんのこと全て背負わせてください、ナナコさんの笑顔僕にくださいと言った。
 
 
するとナナコはネギを取り、星野に抱きついた。
 
 
泣いているナナコに星野は大好きですと叫んだ。
 
 
星野を送り届けた五郎と蘭子が帰ろうとすると五郎は、自分はバカでダサい男だと話し始めた。
 
 
そして、蘭子に好きですと告白すると蘭子も大好きと答えた。
 
 
 
 
 
見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
YouTubeやPandora、FC2などの無料動画はウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!
 
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 
 

ハロー張りネズミ7話感想

 
 
★7話は、冴えない八百屋のにいちゃんの恋愛相談。いつもネギだけを買いに来る女性のことを調べて欲しいというものだった。所長の命令により、五郎と蘭子がその女性のことを調べることになる。するとその女性は、世でいうパパ活というものをしており何人もの男性に貢がせていた。元ホステスだった蘭子は見ただけで洋服やバックの値段を言い当てたり、レストランを言い当てたり、さすが!というシーンが多かったがそのことが五郎のことをイラつかせてもいた。蘭子は探偵なのにナナコを直接訪ねると、ナナコには事情がありパパ活をしていたことや八百屋のにいちゃんのことが好きだということがわかった。すぐに星野をナナコの元に向かわせ、2人はハッピーエンド。そして、それを見ていた五郎も感化されたのか、蘭子に告白。こちらもハッピーエンド。これまでとはちょっと違ったほっこりするような回だった。
もずく 30歳
 
 

ハロー張りネズミ8話予想

 
 
★8話のタイトルは、残された時間。蘭子とラブラブでいたら体調を崩してしまう五郎。その五郎の代わりに依頼を受けることになったグレ。中年男性から受けた依頼内容は、生き別れた子供に会いたいというものだった。タイトルが残された時間と言うだけあって、依頼者の男性はもしかして余命何ヶ月とかそういう事情があるのだろうか?そして生き別れた子供というのは離婚なのだろうか?なにより泣き虫なグレがどこまでこの依頼に耐えられるのだろうか(笑)最後に泣かせます!と言ってたように次回は今までとも7話とも違って、ヒューマンドラマのような展開になるのではないだろうか?無事に男性が子供を出会えるといいなと楽しみにしている。
もずく 30歳
 
 
 
 
次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報