先に生まれただけの僕2話1話ネタバレ感想と見どころ予想

   

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」

の2話と1話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

スポンサードリンク

 

先に生まれただけの僕の事前情報と関連記事はこちら

 

先に生まれただけの僕のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

 

森川葵の演技力や彼氏の噂や経歴について!髪型や服もかわいい!

 

瀬戸康史の彼女・好きなタイプや性格について!経歴も気になる!

 

先に生まれただけの僕1話あらすじ

 

 

総合商社・樫松かしまつ物産に勤める鳴海涼介(櫻井翔)は、抜群の営業力で青森にある子会社の赤字経営を立て直した。ある日、彼は、東京に戻ってくるようにと上司に命じられる。次の役職はなんと、高校の『校長』。いわば左遷であった。
会社が経営する私立京明館高校が毎年赤字で、鳴海はその京明館高校の経営再建を任されたのであった。鳴海は戸惑うものの、サラリーマンとして会社の決定に従うしかなった。

校長に就任した鳴海は副校長の柏木文夫(風間杜夫)とともに、教員たちと面談するが、彼らは誰ひとり危機感を持っていない様子。一方、真柴ちひろ(蒼井優)をはじめとした教員たちは、教育の現場を全く知らない鳴海に不信感を抱く。鳴海はこれまで経験してきたビジネスの論理で学校改革を目指すものの、さまざまな壁が立ちはだかり…。

 

※番組HPより引用

http://www.ntv.co.jp/sakiboku/

 

 

キャスト

 

櫻井翔

高嶋政伸

多部未華子

平山浩行

松本まりか

風間杜夫

森川葵

木南晴夏

木下ほうか

瀬戸康史

蒼井優

池田鉄洋

荒川良々

秋山菜津子

井川遥

 

先に生まれただけの僕1話ネタバレ

 

鳴海(櫻井翔)は、

自身の勤める総合商社樫松物産と取引がある

私立京明館高等学校の校長をすることになる。

 

父親の影響により、

大学では数学の免許を取ったものの、

結局は就職活動の滑り止めとして

教職を候補に入れていただけだったので、

学校経営の難しさに混乱する。

 

私立と聞けば、

きちんと授業を生徒が聞いているイメージはあるのに、

先生の話や授業をきちんと聞かず、

自分の会社や業績をよくするためにも

学校を良くしようと考える。

 

 

全校生徒の前で挨拶をするが、

簡単に言葉を述べた後、

「自分が生徒だった時、校長の話が長かったので、これでおしまい」

とすぐに挨拶を終わりにする。

 

生徒は逆に喜ぶが、

真柴先生(蒼井優)をはじめとする先生たちは

鳴海のやり方が気に入らず、その都度当たってくる。

 

副校長(風間杜夫)は元会社員だったこともあり、

鳴海が会社用語を使ったり、

会社ようなやり方で経営をしていこうとしてしまう

そんな気持ちが分からなくもないが、

先生たちと同じで

結局は自分たちの仕事が合って忙しいと丸めこんでしまう。

 

 

生徒数をまずは増やさないと高校自体、

鳴海の会社から見放され、学校は潰れてしまう。

 

まずは、

思い当たる中学校や塾を真柴先生と鳴海は訪問し、

入学者を増やして貰うように頼み込むが、

「進学クラスはあるのに、私立校で系列大学がないから難しい」

といった理由で断られてしまう。

 

空き教室も増え、補習を行うにも先生が足りないし、

専務(高嶋政伸)に問題は起こすなと言われて落ち込む。

 

そんな中、

大学進学を目指していた真柴の生徒〔新川五朗〕が

クラスメイトと喧嘩する。

 

病気で入院している父親の心配をされたことに腹を立てたからで、

1年間入院する為、大学に行くことが困難なのが、

悩みだと言うことが分かった。

 

鳴海は自身も父親がおらず、

経済的に余裕がなかった時に

奨学金のおかげで大学に行けたことを思い出し、

その生徒に

「奨学金を利用すればいい。

だけど、

返すことを考えるときちんと就職しなければ難しいし、大変だ。

それを乗り越えられるかどうかだ。

だけど、大学には行って欲しい」

と伝える。

 

生徒は分かってくれたと思いきや、

「そんな難しいことを言われても、混乱してしまう」

と逃げ出し、

鳴海は真柴に

「生徒は子供なんだから、言動を考えなさい」

と怒る。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

先に生まれただけの僕1話感想

 

★先生たちの言う通り、

学校では使わない業界用語を使われたり、

学校は会社経営と同じだというのは、

第三者から見ても納得できました。

 

一方、私も教員免許を持っているので、

鳴海の言う通り、私立は個人経営みたいなものなので

公立とは違って、お金があれば

より個性的な学校をつくることが出来ることは可能だが、

うまくやらないと破産する可能性があるところが、

会社を運営することと同じだと言う

鳴海の意見にも納得出来たりしました。

 

真柴先生は、一番、鳴海の敵みたいな人物だけど、

最終回までにはお互いの存在があるからこそ、

考え方が変わってくるのかなと思いました。

 
 

栗モンブラン 32歳

 

先に生まれただけの僕2話予想

 

★鳴海は、生徒に学力があるのだから

奨学金で大学に行きなさいと言ったことが、

何故生徒を傷つけたのか、

原因が分からずに悩むと思います。

 

みんなはどういう考えで大学に行ったのか、

恋人である松原(多部未華子)などに助言を求めたりして、

生徒の気持ちになって考えようとするでしょう。

 
 

栗モンブラン 32歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報