警視庁いきもの係5話ネタバレ感想!五反田役・鈴之助がかっこいい

      2017/08/13

 
 
五反田役は俳優の鈴之助さんです。
 
 
シュッとした鼻と一重の目がかっこいいですよね!
 
 
「警視庁いきもの係」の6話と5話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 
 

スポンサードリンク

 
 

事前情報と関連記事はこちら

 
 
警視庁いきもの係のロケ地・ネタバレあらすじ原作・キャストについて
 
三浦翔平の彼女・結婚の噂は?演技力やかっこいい髪型・服についても
 
石川恋の彼氏の噂や今現在の活動は?プロフィール経歴についても!
 
寺島進の結婚した嫁・子供や年収について!奥さん若いが初婚?再婚?
 
 

警視庁いきもの係5話見どころ予想

 
 
★次回は今回の最後に発覚した須藤の記憶喪失について少し話が進むのではないでしょうか?須藤が打たれる瞬間のたい焼きが吹き飛ぶシーンがよく映りますが、あのあたりが少しわかるのではないかと思います。また、次回の第一発見者は薄のようなのでそちらも少しおもしろそうです。
あき 33歳
 
 

警視庁いきもの係5話あらすじ

 
 
4話ネタバレと感想はこちら
 
 

 

 須藤(渡部篤郎)は、過去の記憶があいまいなことを圭子(橋本環奈)に指摘されショックを受ける。やがては、警察中の人間の知るところとなり、そうなれば刑事を続けることは難しいだろうと悲観し、辞職を決意する。
 そんな折、石松(三浦翔平)から、圭子が殺人事件の第一発見者になっていると連絡が入った。現場に駆け付けた須藤に圭子は、知人の五反田(鈴之助)からリスザルのことで相談を受け、様子を見に五反田のマンションに寄ったところ、五反田の恋人の名子(渡辺瞳子)が死んでいるのを見つけた、と証言。鉄アレイで後頭部を殴打されたのが死因だった。
 現場を捜査した日塔(長谷川朝晴)は、暑い部屋の温度を下げようとリモコンを探し、床に落ちていたものを拾う。すると、そこに血痕が付いていた。

 捜査の結果、鉄アレイから五反田の指紋が出たこと、五反田と名子は別れ話でもめていたことから五反田が容疑者となった。
 翌日、動植物管理係、通称「いきもの係」に日塔から、五反田の部屋でリスザルが大暴れしていると報告が入る。須藤と圭子が到着すると、サルと格闘した警官が数名ヘトヘトになっていた。四十万(横山だいすけ)は、サルに噛まれ病院へ向かったという。サルは興奮して部屋を飛び回っていたが、圭子がつかまえてあやすと、落ち着きを取り戻す。さらに、圭子がエサは何がいいかと聞くと、鳴いて答えた。圭子は、サルのケージの扉のストッパーがゆるんでいたことが気にかかる。
 
※番組HPより引用
http://www.fujitv.co.jp/ikimono/
 

 
 
キャスト
 
 
渡部篤郎(須藤友三)
 
橋本環奈(薄圭子)
 
三浦翔平(石松和夫)
 
横山だいすけ(四十万拓郎)
 
長谷川朝晴(日塔始)
 
石川恋(三笠弥生)
 
でんでん(二出川昭吉)
 
清原翔(桜井薫)
 
寺島進(鬼頭勉)
 
浅野温子(田丸弘子)
 
 

警視庁いきもの係5話ネタバレ

 
 
 
 
薄圭子(橋本環奈)に過去の記憶がない、つまり記憶喪失ですよね?と指摘されてしまった須藤(渡部篤郎)。
 
 
今まで何とかうまくやり過ごせていたと思っていたが、動物の専門家には通用しなかったのだろうと考えずショックを受ける須藤。
 
 
自分の記憶喪失の話は今頃、鬼頭をはじめとする警察中の人間みんなに知れ渡っているだろう。
 
 
記憶が曖昧なまま続けられるほど刑事の仕事は甘くないだろうと辞職を決意し、退職届を用意していきもの係へ向かった。
 
 
しかし、周りは須藤の記憶喪失を大して気にしてはいなかった。
 
 
 
 
ほっとしたのもつかの間、石松(三浦翔平)から須藤に殺人事件が起こったと電話が入った。
 
 
第一発見者はなんと薄だという。
 
 
すぐに現場に駆け付けた須藤は薄に事情を聞く。
 
 
薄は川崎のペットショップちんぺいの常連である知人の五反田(鈴之助)からリスザルのことで相談があると呼び出されたのだという。
 
 
カフェでリスザルについて話した後、五反田が飼っているリスザルのゴハンを実際に見て欲しいと五反田のマンションに向かった。
 
 
鍵が開いていて不審に思った五反田が部屋に入ると恋人の名子(渡辺瞳子)が血を流して死んでいたのを見つけたのだという。
 
 
名子の死因は鉄アレイで後頭部を殴打されたこと。
 
 
その後も調べを進める日塔(長谷川朝晴)だが、異常に暑い部屋の温度を下げようとエアコンのリモコンを探す。
 
 
すると、床に落ちていたリモコンが2つあり、1つのリモコンの裏に血痕が付いていた。
 
 
 
 
薄も事情聴取を受けた翌日、凶器の鉄アレイから五反田の指紋が出たことや、五反田と名子は交際していたが、五反田は別れたがっていて別れ話でもめていたことが名子の友人の証言からわかり、五反田が逮捕された。
 
 
 すると、五反田の部屋でゴハンが大暴れしているからなんとかして欲しいと日塔からいきもの係へ要請がかかる。
 
 
須藤と薄が到着する頃には、日塔はサルと格闘し鼻を引っ掛かれ、四十万(横山だいすけ)は、ゴハンに噛まれ病院へ向かい…とみんなヘトヘトになっていた。
 
 
最初は興奮して部屋を飛び回っていたゴハンだが、薄があやすと落ち着きを取り戻した。
 
 
どうやらお腹が空いていたらしいゴハン。
 
 
ケージの中にあるキウイを取り出し葉っぱを食べさせた。
 
 
その時、薄はケージの扉のストッパーが壊れていたことに気づく。
 
 
たくさん遊具が置かれた部屋の様子をみた薄は、五反田さんはかなりゴハンをかわいがっていたはず、他が完璧なのにケージが壊れているのを放っておくのは変だと疑問を抱き始めた。
 
 
 
 
その後も2人は捜査を進めると、五反田が名子の親友と二股をかけていたことがわかる。
 
 
そして、ペットショップちんぺいのオーナー・矢吹に聞いた内容から、五反田を困らせようとした名子がゴハンを奪おうとしたが失敗しゴハンが脱走。
 
 
キッチンに逃げたゴハンを追いかけた名子だが、スマホを落とし割れてしまう。
 
 
そのスマホに名子が気を取られていた間に逃げたゴハンが鉄アレイの乗った段ボールにゴハンが逃げ、弾みで鉄アレイが落下し名子に劇中してしまったのだと推理する。
 
 
矢吹はゴハンが人を殺してしまったなら殺処分になってしまうのではないかと思い名子を寝室へ移動させたのだった。
 
 
これで事件は解決かと思いきや、矢吹が言った「最後に腐ったキウイを新しいエサに変えてやれなかった」という一言を聞いた薄は、五反田さんはいつもきちんとゴハンの餌をあげていたはずなのに腐っていたのはおかしいことに気づく。
 
 
そしてキウイを調べると中からイヤリングが出てくる。
 
 
 
 
五反田は別れを告げた名子がこのまま簡単に引き下がる女ではないと思っていた。
 
 
そんな中、名子の復讐計画をたまたま知った。
 
 
矢吹のことも含めて利用し、ゴハンに罪を着せて名子を殺害することを計画した。
 
 
薄と一緒にカフェにいる間に矢吹が名子の遺体を発見し警察に連絡すると予想していた五反田だが、矢吹が予想外に逃げてしまった。
 
 
痺れを切らした五反田は薄を部屋に誘ったが、放しておいたはずのゴハンはケージに入っており、遺体はキッチンから移動していたことから動揺する。
 
 
ゴハンが放れていたことを不思議に思わなかったことから、自身の証言に矛盾が起きる。
 
 
さらに名子があの日もイヤリングをしていたと証言してしまった五反田。
 
 
しかし、光る物を集めるというサルの習性からゴハンは名子の遺体からイヤリングを外しキウイの中に隠してしまっていた。
 
 
つまり、あの時遺体を初めて見たとしたらイヤリングをしていたと証言するのはおかしいことから五反田の嘘が発覚し、一件落着。
 
 
 
 
 
見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
YouTubeやPandora、FC2などの無料動画はウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!
 
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 
 

警視庁いきもの係5話感想

 
 
★このドラマは動物がからんでいることもあり、その動物の習性から事件解決のヒントが生まれるところがおもしろいです。ということは、動物にかなり詳しくなければ真相を推理することは難しいのですが・・・まぁ、それはさておき動物のことも学べるので、子供も楽しめるといったところですね。もちろん大人も動物の知識として身につきます。今回も猿が光るものを集めるということは知らなかったので勉強になりました。
あき 33歳
 
 

警視庁いきもの係6話予想

 
 
★来週はオウム・・・?ではなくヨウムという鳥がお話のメインになるようです。なかなか身近な生き物は取り扱いませんが、それがまたおもしろいところなのかもしれません。毎回カット割りが変わっているエンディングのダンスにも注目。いつもはエンディングを見なかったりとかありますが、このドラマは毎回エンディングが違うので最後まで楽しいです。
あき 33歳
 
 
 
 
次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報