監獄のお姫様2話1話ネタバレ感想!乙葉の息子・勇介は子役の前田虎徹

      2017/10/25

 

ドラマ「監獄のお姫様」

の2話と1話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

誘拐された伊勢谷友介さん演じる板橋吾郎と

乙葉さん演じる晴海の息子・勇介役は

子役の前田虎徹さんです。

 

女優は完全になめられていましたね^^;

 

スポンサードリンク

 

監獄のお姫様の事前情報と関連記事はこちら

 

監獄のお姫様のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

 

夏帆の彼氏・新井浩文との結婚はもうすぐ?本名や双子の弟についても

 

坂井真紀の結婚相手の旦那・子供や演技力は?今現在もかわいいしきれい

 

監獄のお姫様1話あらすじ

 

 

年の瀬も押し迫ったクリスマスイブ、カリスマ経済アナリストとして有名な 勝田千夏 (菅野美穂) とイケメン社長として人気を集める 板橋吾郎 (伊勢谷友介) は、テレビ番組にゲスト出演していた。久しぶりに再会した千夏と吾郎は、何やら親密な様子。そんな中、収録中に AD が出したカンペに “息子が誘拐された” と書いてあり驚く吾郎。実は、スタジオに入り込んだ 馬場カヨ (小泉今日子) がすり替えたものだった。
一体何が起こったのか !?

その後、朝から吾郎とその家族の動向を見張っていたカヨは、大門洋子 (坂井真紀)、足立明美 (森下愛子) と連絡を取り合って郊外のアウトレットへ向かった。
あることがきっかけで、吾郎の息子を誘拐しようとするカヨたちだが、洋子が違う子を連れてきてしまい大混乱。皆で計画を立てた復讐ノートを見て、どうにか立て直そうとするカヨたち。どうすればいいかわからず 若井ふたば (満島ひかり) に泣き付くが…。

 

※番組HPより引用

http://www.tbs.co.jp/pripri-TBS/

 

 

キャスト

 

馬場カヨ(小泉今日子)

先生こと若井ふたば (満島ひかり)

板橋吾郎 (伊勢谷友介)

江戸川しのぶ(夏帆)

塚本高史

猫背椿

池田成志

女優こと大門洋子(坂井真紀)

姉御こと足立明美(森下愛子)

財テクこと勝田千夏 (菅野美穂)

妻・晴海(乙葉)

息子・勇介(前田虎徹)

横田ユキ(雛形あきこ)

 

監獄のお姫様1話ネタバレ

 

今日はクリスマスイブ。

生放送のサンデージャポンに

カリスマ経済アナリストの勝田千夏 (菅野美穂) と

イケメン社長として人気の板橋吾郎 (伊勢谷友介) が

ゲストコメンテーターとして出演していた。

 

千夏と吾郎は

以前関係を持っていたかのような親密な様子で

久しぶりの再会を喜んだ。

 

 

番組が順調に進む中、AD が五郎に向けて出したカンペに

『息子さんが誘拐されました』

と書かれているのを見て驚愕する…。

 

 

クリスマスイブ。

 

五郎にある恨みを持つ

馬場カヨ(小泉今日子)、通称・姉御の足立明美(森下愛子)、

通称・財テクの勝田千夏、通称・女優の大門洋子(坂井真紀)、

の4人は、板橋吾郎の息子・勇介(前田虎徹)の誘拐を企て

朝から動いていた。

 

スマホやパソコンを使いながら

連絡を取り合う5人。

 

馬場カヨは、

吾郎と勇介・妻の晴海(乙葉)の動向を見張っていた。

 

秘書の若井ふたば(満島ひかり)と

タクシーで生放送へと向かう五郎。

 

姉御の車がうまく道路を塞ぎ、進路妨害で時間稼ぎをする。

 

その間に晴海と勇介が向かったショッピングモールで

二人が来るのを、いまかいまかと女優は待ちかまえていた。

 

勇介を近くに待たせ、トイレに向かう妻。

 

女優は勇介の元へと向かう・・。

 

 

一方その頃、スタジオに到着した五郎は

財テクとの久しぶりの再会に何か期待をしながら

生放送『サンデー・ジャポン』のスタートを迎えていた。

 

少しテンションの上がっている五郎に

『息子さんが誘拐されました』

というカンペが出される。

 

スタッフとして紛れた馬場カヨが

ADの持つカンペをすり替えたのだった。

 

驚きのあまり

生放送どころではなくなる五郎。

 

すぐに妻に電話するが、

妻からは勇介とショーを見ているとの返当で安堵する。

 

 

馬場カヨから勇介の服の特徴を聞いていた女優だが、

勇介と似たような服を着た子供と間違えて

誘拐してしまっていたのである。

 

計画は失敗し、4人は大混乱。

 

機転を利かせた財テクが五郎を誘い出し、

時間稼ぎをしている間に

事前に作った復讐ノートを見て、

どうにか立て直そうとするカヨたち。

 

しかし、

どうすればいいかわからず

通称『先生』という5人目のメンバーに泣きつくと

妻が美容院に予約を入れたことがわかる。

 

そこで、

妻がシャンプーをしている間に

勇介には完全に舐められつつも

無事誘拐することに成功する。

 

 

妻から連絡を受けた五郎は、

やはり勇介が誘拐されたことを知り

焦りだし、必死に金を集め始める。

 

しかし、犯人の要求は

金ではなく、

今日の夜に行われる吾郎が出演する

クリスマスイベントで

『真実を話すこと』

というのが条件だった。

 

 

現在、五郎が社長を務めるEDOミルクは

以前は江戸川乳業という名前の会社だった。

 

長年同族経営を続けてきた江戸川乳業だが、

次期社長の候補として上がったのが

当時、副社長だった五郎と、

社長令嬢である通称・姫こと江戸川しのぶ(夏帆)。

 

しかし五郎は社長の座を確かなものにするため、

恋人の横田ユキ(雛形あきこ)がいながら姫に近づき

交際し始め結婚を申し込んだのだ。

 

そして邪魔になった横田ユキを殺害し、

姫にその罪をきせることに成功する。

 

何も知らない姫は五郎と楽しく婚前旅行をしていたが

その旅行の最中に、吾郎の恋人を殺した容疑で逮捕されてしまい

吾郎は計画通り社長の座を手し社名変更する。

 

現在は懲役12年の刑に服している姫だが、

当時、ニュースなどで繰り返し流された映像が

姫が爆笑していた映像だったことから

世間から姫ことしのぶは、自社の製品と合わせ

『爆笑ヨーグルト姫』と呼ばれ

この事件は『爆笑ヨーグルト事件』と呼ばれていたのだ。

 

 

4人はそれぞれ前科があり、同じ監獄で出会っていた。

 

その中には姫こと江戸川しのぶがいたのだった。

 

濡れ衣を着せられた姫の復讐として

4人は五郎の息子の勇介を誘拐したのだった。

 

 

あの事件のことが

いまだ随所でフラッシュバックする五郎だが、

クリスマスイベントでは結局本当のことを話せなかった。

 

その後、犯人から再度連絡があり

今度は金を要求してきた。

 

五郎は金を用立ててもらうため

知人である姉御とバーで会う。

 

そこで姉御のネイルに

姫を含めた5人の顔写真が

貼り付けられていることに気づいた五郎は

何かを感じ取る。

 

急いで乗り込んだエレベーターに

財テクと馬場カヨが乗り込んでいた。

 

2人は五郎に襲いかかるが

それに失敗。

 

駐車場で待ち受けていた

秘書の若井ふたばに助けを求める五郎だが、

ふたばは五郎に襲いかかる。

 

4人の仲間である『先生』は元刑務官だった

若井ふたばだったのだ。

 

スタンガンで気絶させた五郎を連れ去り

結束バンドやガムテープで五郎を拘束し

勇介は開放される。

 

そして、目覚めた五郎に

『爆笑ヨーグルト事件』の

真犯人であることを追求される。

 

また、ネットで動画を流し

板橋吾郎が誘拐されたことが流され

『爆笑ヨーグルト事件』の再審を要求する。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

監獄のお姫様1話感想

 

★さすが、クドカン!

随所に笑える場面があり

誘拐や殺人などという重い内容だが

それを感じさせない面白さだった。

 

ただ、時間軸がなかなか難しく、

また、人物紹介があまりないなかで

物語が進んでいくため

理解するまでに時間がかかり、

1話を最後まで見ないと理解できないような作りだった。

 

途中で離脱してしまった人も多いのではないかと思い

少し残念に思う。

 
 

あき 33歳

 

監獄のお姫様2話予想

 

★次回は6年前に時間が飛んで、

刑務所内での出来事が描かれるようです。

 

やっと人物紹介というか

背景がわかってきて面白くなってくるような気もします。

 
 

あき 33歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報