あいの結婚相談所2話ネタバレ感想!柏原収史(奥崎)がかっこいい

   

 
 
柏原収史さん(奥崎)がかっこいいと話題になりましたね!
 
 
「あいの結婚相談所」の3話と2話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!
 
 

スポンサードリンク

 
 

事前情報と関連記事はこちら

 
 
あいの結婚相談所ロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて
 
山崎育三郎の経歴や演技力・歌唱力は?髪型・服もかっこいいイケメン
 
高梨臨の経歴や彼氏・結婚の噂に演技力は?かわいい髪型・服について
 
 

あいの結婚相談所2話見どころ予想

 
 
★次回は「運命の人はストーカー」ってタイトルついてる上に、山崎さんが「言葉を選ばずいえばあなたは単なるストーカー野郎だ」って笑顔でいってますが、成婚率は100%なのでたぶんうまくいくんでしょう。シスターと腕を組んで楽しそうに踊ってましたしね。釈由美子さんと柏原収二さんですか。釈由美子さん、結婚の条件「私を守ってくれる人」はストーカーから守ってくれる人という意味なんだと思いますが、ストーカーが柏原さんで実は釈さんを守っているつもりだった、というオチでしょうか?かなりベタな展開とは思いますが、山崎さんが怪しいのである意味とてもバランスとれてますよね(笑)今後、回を重ねるごとに山崎さんの怪しさが増していくことを期待しています。ただドアから出でくるだけでもうおかしいですもんね。怪しいといえばオーナーの加賀さん、1話目のラストは悪い顔してましたよね。オーナーには裏の顔があるんでしょうかね。
mmm40歳
 
 
★次回はストーカーにおびえる釈由美子、結婚の条件は「私を守ってくれる人」。どうやら保育士の役のようです。一体だれが彼女のストーカーしているのでしょうか?!予告では結構なエスカレートしたストーキングのようだったので、心配になりますね。きっと、紹介された男性が守ってくれるのでしょう。でも何だかそのお相手の男性も、意味深な目をしていた…のが印象的でした。そのあたりが2話の重要なポイントとなってきそうです。
そんなキーマン・釈由美子さんのお相手役のイケメンは柏原収史。またしてもシスターは実らぬ一目惚れをしてしまうのでしょう。
そして次回も動物行動学の准教授らしく、トンチンカンな例えをする藍野が、歌い&踊る藍野を見るのが楽しみですね!一風かわった新たな毒舌ヒーローは、次も成婚率100%を守れるのでしょうか?
しげちゃん 40歳
 
 

あいの結婚相談所2話あらすじ

 
 
あいの結婚相談所1話ネタバレと感想はこちら
 
 

 
 今回の相談者は、自宅マンションで託児所を経営する有希(釈由美子)。ストーカー被害に悩まされており、「私を守ってくれる人」がお相手に求める条件だという。藍野(山崎育三郎)は、無事にお見合いを進めるため、シスター・エリザベス(高梨臨)に有希を守るよう指示。さらには、真壁(中尾暢樹)と麻理子(山賀琴子)に、有希のマンションを監視するよう命じる。すると、数名の“ストーカー容疑者”が浮かび上がり…!?

 一方、藍野は奥崎(柏原収史)という男性を有希に紹介するが、実は奥崎は有希が託児所を始めるときに物件を紹介した不動産会社の男性だった。パソコンを使ってのお見合いをスタート、いい雰囲気になるのだが…。

 シスターは真壁らから、「マンションの周りをウロウロしている」容疑者として、なんと奥崎の写真を見せられる。例によって奥崎に一目ぼれしていたシスターは言下に否定するが…。

 そんな折、マンションでボヤ騒ぎが発生!あわてて駆けつけたシスターはその現場で奥崎の姿を目撃してしまう!まさか、奥崎が有希のストーカー…!?
 
※番組HPより引用
http://www.tv-asahi.co.jp/aino/#/?category=drama
 

 
 
キャスト
 
 
藍野真伍(山崎育三郎)
 
シスター・エリザベス/猪田花子 (高梨臨)
 
都築賢一郎(鹿賀丈史)
 
土師野郁江(前田美波里)
 
真壁男夢(中尾暢樹)
 
橘シャーロット麻理子(山賀琴子)
 
 

あいの結婚相談所2話ネタバレ

 
 
とあるマンションで、シスター・エリザベス(高梨臨)は今日もせっせと「あいの結婚相談所」のチラシをポスティングしている。
 
 
そこに自宅マンションで託児所を経営する有希(釈由美子)が現れた。有希が自分のポストをあけると、新聞の文言を切り取って作られた気味悪い手紙が…。そんな有希のかたまった表情に気づかず、シスターは有希に相談所を手渡した。
 
 
 
 
そのチラシを見た有希は「あいの結婚相談所」にあらわれる。
 
 
話を聞くと、彼女hはストーカー被害に悩まされており、「私を守ってくれる人」がお相手に求める条件だという。
所長の藍野(山崎育三郎)はシスターに有希を守るよう指示し、さらには真壁(中尾暢樹)と麻理子(山賀琴子)には、向かいのマンションから有希のマンションを出入りする不審な人物を監視するように指示した。
 
 
 
 
藍野は奥崎(柏原収史)という男性を有希に紹介することを決めた。
 
 
有希はその人物の資料を見て、託児所を始めるときに物件を紹介してくれた不動産会社の従業員だということに気づいた。“婚約するまでは恋愛禁止”のこの相談所の決まりにのっとり、有希と奥崎はパソコンを使ってのお見合いをはじめた。
 
 
 
 
シスターが有希のマンションを監視している真壁たちの部屋を訪れた。そこで何人かの怪しい人物を見せられるが、その中のうちのひとり、マンション周辺をウロウロしていてかなり怪しい…と言われた人物として奥崎の写真を見せられた。
 
 
そして有希への嫌がらせはエスカレートしていく。託児所の玄関に、気味の悪い人形が置かれていたり、菊の花が置かれていたり、託児所のホームページへの気持ち悪いコメントが続いている。
 
 
マンションで避難訓練が行われ、住民が外に集まっていると、あろうことかあるマンションの部屋から煙が上がり始めた。なんとその部屋は有希の託児所の前で雑誌が燃やされていたのだった。
 
 
 
 
有希の託児所に集まった藍野とシスター、そして奥崎。
 
 
藍野はそこで、本当の嫌がらせ行為をしていたのは隣の老夫婦だったことを告げた。実は、老夫婦はマンションの部屋を売ろうと考えていたが、託児所の騒音などから部屋の価格が下がってしまうのではないかと、有希に部屋から出ていってほしい一心で嫌がらせをしていたのだ。
 
 
そして奥野はと言うと…部屋を紹介したときから有希を好きになってしまっていたと言う。ある時、託児所のホームページを見たとき、嫌がらせの投稿メッセージを見て心配になり、マンションの前をウロウロして“見守って”いたのだ。
 
 
 
 
藍野は次のお見合い相手の資料を有希に渡した。有希はその数名の資料を目を通すが、ある人物のところで手が止まった。藍野は、間違えて混ざってしまった人物がいますね…と意味ありげに言う。なんとその人物は奥野だったのだ—-。
 
 
 
見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 
YouTubeやPandora、FC2などの無料動画はウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!
 
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!
 
 

あいの結婚相談所2話感想

 
 
★あいの結婚相談所2話の感想は、“私を守ってくれる人”って大事だなぁ、ということです。マンションで託児所を経営する有希(釈由美子)はストーカー被害にあっていて、それを踏まえての守ってくれる人なわけだけど、結果として紹介された奥崎(柏原収史)は有希のことをずっと見ていて、それだけ聞くとかなり気持ち悪い。まぁストーキングにもレベルがあって、郵便物あけたり、無言電話したり…そこまでじゃないストーキングで良かったと思う。でもそれが奥崎だったから許されたものの、本当に気持ちの悪い人物だったらこの展開にはならなかったかも…とも思う。
それにしても藍野は相変わらず毒舌満載、だけどエキセントリック。そのキレイな歌声で場を盛り上げる。ちょっと空気は読めないけど、ストーカー問題を解決し、最重要である相談者同士をくっつけさせる、まさに新たな形のヒーローですね。
あいのさん 35歳
 
 

あいの結婚相談所3話予想

 
 
★あいの結婚相談所3話の予想は、“自分がアイドルだったことを知らない人”、つまり“自分の過去一切を知らない人”ということがテーマ。多くの人の前に出る元アイドルで、現在は女優として活動していれば、周囲の目が気になってしまいますよね。自分の過去を気にする依頼者に、今回も藍野所長が素敵な格言で“そんな過去のことはどうだっていいことだ”と教えてくれそうな気がします。視聴者は芸能人ではないけれど、過去とのうまい決別の仕方に共感できるのでは?と思います。
そして例によってシスターは、イケメンの男性会員に目の色をかえてしまいそう。2話で私服をさらしたシスターですが、3話はアイドルコスプレとかして、自分アピールしちゃう展開もあり得るかも?!
みずき38歳
 
 
 
 
次回もお楽しみに!
 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報