新宿セブンのロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて

      2017/10/22

 

新宿歌舞伎町の“質屋“を舞台にした

連続ドラマ「新宿セブン」が10月スタートします。

 

抜群の鑑定眼を持った店主七瀬が

”質ネタ”として持ち込まれる品物の真贋を見極め、

依頼人の悩みや事件を解決してゆくドラマです。

 

ドラマ「新宿セブン」の原作はあるのか

基本情報や見どころ、最終話(結末)までの視聴率や

あらすじネタバレにキャスト情報、

そしてロケ地について調べ、まとめました!

 

スポンサードリンク

 

前後のドラマ関連記事はこちら

 

※追記します。

 

前に放送していたドラマ

下北沢ダイハードのロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストについてはこちら

 

次に放送のドラマ

 

新宿セブンの基本情報や原作について

 

 ドラマ「新宿セブン」は、

テレビ東京で10月13日から毎週金曜日

24時12分より放送がスタートします。

 

 原作は、

観月昴(作)と奥道則(画)の漫画「新宿セブン」です。

 

 観月昴は宮崎まさるさんのペンネームで、

「ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜」

で「この漫画がスゴイ2012」でオトコ編1位に選ばれています。

 

 宮崎まさるさんは他にも

写楽麿や金田正太郎など沢山のペンネームを持っていて、

観月昴名義では「カブキの不動」「Dr.カブキ」の作品があります。

 

 見どころは、「物」の鑑定はもちろん、

「人」に関しても偽物を認めず、

本物しか信じない主人公七瀬の妥協しないところです。

 

 「物」を通して天才鑑定士七瀬が”真実“を鑑定する

痛快なミステリードラマ仕立てとなっているのがポイントです。

 

 

新宿セブンのキャスト

 

 ・新宿歌舞伎町で「七瀬質屋」を営む

主人公七瀬(35)役は、上田竜也さん(KAT-TUN)です。

 

 コメント:「七瀬の鑑定するときの想いだったり、

性格も似ている部分があるので、

勉強し甲斐があるなと思っています」

 

 

 ・七瀬質店で鑑定士見習いの大野健太役は、中村倫也さんです。

 

 健太は七瀬のバディ的な役割の人物で

いつも七瀬と一緒にいます。

 

コメント:「七瀬が主人公ですけど、横の二本軸になれたらいいなと。

そういう意味で、混ざりすぎず離れすぎずというか、

楽しいやりとりだな、と横にいて思います。」

 

 

 ・謎の女水月華役は、大野いとです。

 

コメント:「 このドラマを通じて、

記憶の大切さ、想い出の大切さとかを

改めて知ってもらえたらと思います」

 

 

 ・コリアンバー・エルドラドのママ宝上エリカ役は、

野波麻帆さんです。

 

 コメント:「七瀬のすごくよき理解者であることが、

まず第一のポイントで、

心のつながりをうまく見せられたらいいなと」

 

 

 ・新宿西署犯罪対策課刑事近藤昭人役は、田中哲司です。

 

コメント:「質屋に持ち込まれる品物を

鑑定するときの骨董的な要素も入っていて、

そこがいいんですよ」

 

 

 ・歌舞伎町の餃子屋の店主シノブ役は、夏木マリさんです。

 

 歌舞伎町で長い間商売している

かなり根性が座っている女性店主。

 

コメント:「いいテンポで進んでいくと思いますので、

上田さん中心にした面白いドラマです。」

 

 

 ・餃子屋のアルバイト店員栞(22)は、

ドラマ初出演の家入レオさんです。

 

 コメント:「ドラマ初出演ですが、

ちゃんと作品に馴染んだ「栞」をお届けできるように頑張りますので、

楽しみにしてもらえると嬉しいです」

 

 

キャストの関連記事

 

中村倫也の彼女や結婚の噂について!髪型もかっこいいと話題の俳優

 

野波麻帆の髪型や服がかわいい!演技力や旦那と今現在について!

 

夏木マリの昔は可愛かった?旦那・子供、身長等プロフィールについて

 

新宿セブンのロケ地

 

 ドラマ「新宿セブン」のロケ地については、

1件目撃情報がありました。

 

新宿・歌舞伎町の「ヤシオ会館前」で

8月28日に上田竜也が撮影しているところが目撃されています。

 

住所は歌舞伎町2丁目38-8 バー「G-ark」付近だそうです。

 

 特別な情報として、

深夜ドラマでは珍しい海外ロケがあった

と番組公式HPにあります。

 

 どこだったのかはまだ分かりませんが、

七瀬の鑑定修行時代と関連がある場所なのかも知れません。

 

新宿セブンのあらすじ

 

 新宿歌舞伎町で

質屋を経営する凄腕の鑑定士がいました。

 

名前は「七ツ屋の七瀬」。

 

その店には、ブランドの時計やバックから拳銃、

クスリ、臓器までなんでも持ち込まれ、

「人」も「物」も偽物は認めず

本物だけを信じる鑑定眼をもつ男七瀬が、

依頼者に関わる事件を解決してゆきます。

 

 しかし、

七瀬がここ歌舞伎町で質屋を開いているのかには

ある隠されたワケがあったのです。

 

 

新宿セブンの最終話までの視聴率

 

※放送後に追記します。

 

1話 視聴率2.1%

 

2話 視聴率%

 

3話 視聴率%

 

4話 視聴率%

 

5話 視聴率%

 

6話 視聴率%

 

7話 視聴率%

 

8話 視聴率%

 

9話 視聴率%

 

10話 視聴率%

 

新宿セブンのまとめ

 

主人公七瀬の人物設定で

「幼少期、

アジアを放浪し様々な修羅場を潜り抜け、

鑑定眼を身につけた」

と番組公式HPにあります。

 

 そこが、七瀬が歌舞伎町で

質屋をやり始めた理由と

関係がありそうです。

 

謎が解けるのは

ドラマの最終話を観てみないと判りませんが、

海外ロケも行われたようなのでそう思いますね。

 

 それから、24時間眠らない街、

歌舞伎町が舞台ですからきっと驚くような

イワク付の質ネタが持ち込まれるのでしょうね。

 

その辺も楽しみにしています。

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならHuluがオススメ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報