明日の約束のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて

      2017/12/13

 

2017年10月スタートのドラマ「明日の約束」。

 

主演は、大河ドラマ「花燃ゆ」以来、

約2年ぶりのドラマ出演となる井上真央さん。

 

他のキャストには、仲間由紀恵さん、及川光博さんら、

今注目の俳優さんたちが顔を揃えています。

 

そんな「明日の約束」について、原作はあるのか、

放送局や、時間などの基本情報、

あらすじネタバレや、ロケ地、

最終話(結末)までの視聴率やキャスト、

見どころなどをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

前後のドラマ関連記事はこちら

 

※追記します。

 

前に放送していたドラマ

僕たちがやりましたのロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストは?

 

次に放送のドラマ

 

明日の約束の基本情報や原作について

 

放送日 10月17日スタート 毎週火曜21時~

原作 福田ますみ『モンスターマザー 長野丸子実業
  「いじめの自殺事件」教師たちの闘い』(新潮社)

脚本 古家和尚「任侠ヘルパー」

演出 土方政人「謎解きはディナーのあとで」

制作 関西テレビ

[みどころ]

この作品は、

ノンフィクション小説を映像化した作品。

 

井上真央さんが演じるのは、

ある男子高校生の母親から、

高校生の自殺の責任を取るよう迫られる

スクールカウンセラーという難しい役どころ。

 

それだけに、

約2年ぶりに女優復帰する井上真央さんにとっては、

自身の演技力を発揮する絶好の機会でもあります。

 

ズバリ、

井上真央さんの演技力が

このドラマの最大の見ところになると思います。

 

また、

主人公を追い詰めるモンスターペアレント役には、

国民的女優の仲間由紀恵さんが決定しています。

 

2代女優が繰り広げる

壮絶なバトルにも注目していきたいです。

 

 

明日の約束のキャスト

 

藍澤日向ー井上真央

椿が丘高校で、スクールカウンセラーを務める。

 

「親でもない教師でもない、

最後に味方になってあげられる大人」

として、

様々な問題に悩む生徒たちの心のケアにあたる。

 

日向自信も、

過干渉な母親に育てられた経験がある。 

 

ある日、男子生徒が

「ヒナタ先生のことが好きです」と言った後、自殺。

 

謎の死の真相を追い求めて行くことに。

 

 

吉岡真紀子ー仲間由紀恵

謎の死を遂げた男子生徒・吉岡圭吾の母親。

 

息子を溺愛しすぎて、過干渉に。

 

不登校の圭吾のために尽力する日向に

強烈な不信感を抱いている。

 

 

本庄和彦ー工藤阿須加

ブライダル会社に勤務する日向の恋人。

 

一見、穏やかな好青年だが、

自身も複雑な家庭環境で育っており、

家族について、悩みを抱えている。

 

 

北見雄一郎ー白洲迅

椿が丘高校2年A組の担任教師。

 

 

霧島直樹ー及川光博

圭吾の担任教師。

 

実直な性格で、生徒や保護者から信頼されている。

 

日向の最大の理解者で、

相棒的な存在となる。

 

 

藍沢尚子ー手塚理美

日向の母親。

 

感情の起伏が激しく、

ヒステリックな言動で、

日向を苦しめてきた。

 

 

小嶋脩平ー青柳翔

ジャーナリストで、

圭吾の事件を追っている。

 

 

吉岡圭吾ー遠藤健慎

日向がスクールカウンセラーを務める学校の生徒。

 

不登校で、ある日突然、謎の死を遂げる。

 

 

吉岡英美里ー竹内愛紗

圭吾の妹で中学1年生。

 

甘やかされて育ったことにストレスを感じている。

 

 

大宮奈緒ー新川優愛

椿が丘高校の臨時教師。

 

日向のところに何かと相談を持ち込む。

 

 

白井香澄ー佐久間由衣

圭吾と同じ高校を2年前に中退し、

現在はダンスサークルに通いながら、

スーパーでアルバイトをしている。

 

誰も知らない圭吾の秘密を知っているキーパーソン。

 

 

上野由衣ー夏子

椿が丘高校の生徒。

 

 

渡辺純也ー堀家一希

椿が丘高校の生徒。

 

 

澤井勝ー渡辺剣

椿が丘高校の生徒。

 

 

田所那美ー井頭愛海

圭吾と同じクラスの学級委員。

 

 

他に

山口まゆ

金子大地

神尾佑

馬渕英里何

中林大樹

近江谷太朗

羽場裕一

 

キャストの関連記事

 

工藤阿須加の彼女の噂や演技力について!髪型もかっこいいと話題

 

白洲迅がいいともで検索される理由とは?彼女の噂・本名についても

 

新川優愛が小顔すぎる?身長や彼氏・大学の噂、今現在の年収について

 

山口まゆがかわいい!彼氏の噂や演技力について!明日の約束に出演

 

明日の約束のロケ地

 

[神奈川県鎌倉三角公園]

9月20日、この場所で、

井上真央さんが撮影していたとの目撃情報が

twitterにあげられています。

 

鎌倉駅前での撮影。

 

撮影された時間が夜ということで、

帰宅途中の人なら、

撮影現場に立ち会えたかもしれません。

 

その他のロケ地は、

茨城県の土浦、鎌倉駅西口

神奈川県藤沢など、鎌倉を中心に、

撮影が進んでいるようです。

 

明日の約束のあらすじ

 

 

主人公、藍澤日向は、

高校でスクールカウンセラーをしている。

 

親でも教師でもない、

最後に味方となってあげる大人として、

学校や家庭の問題に悩む生徒たちの心のケアに、

一生懸命になっていた。

 

日向がそこまでするのには、

自身も毒親といえる過干渉な母親との関係に

悩んできた経験があったからだった。

 

 

そんなある日、

気にかけていた不登校の男子生徒・吉岡圭吾から

「日向先生が好きです」と告白される。

 

しかしその翌日に、

圭吾は不審な死を遂げてしまう。

 

果たして、誰が圭吾を追いつめたのか?

 

圭吾の死の真相を探っていく日向。

 

すると、

圭吾が抱えていた闇が次々に明らかになり、

日向の前に立ちはだかる。

 

学校での陰湿ないじめ。

 

母、真紀子による過干渉、

非行歴と不穏な交友関係、

さらに、真紀子からの言いがかりを受け、

自分の母・尚子からの抑圧、

恋人・和彦とのトラブルなど、

次から次へと日向を追い込むトラブルが起こる。

 

それでも日向は、

圭吾の死の原因を究明したい一心で、

前向きな性格を武器に、

様々な問題に立ち向かっていく。

 

日向が見つけた「生きる上で大切なこと」。

 

「家族のカタチ」とは?

 

明日の約束の最終話までの視聴率

 

※放送後に追記します。

 

1話 視聴率8.2%

明日の約束の1話ネタバレ感想はこちら!

 

2話 視聴率6.2%

明日の約束の2話ネタバレ感想はこちら!

 

3話 視聴率5.4%

明日の約束の3話ネタバレ感想はこちら!

 

4話 視聴率5.8%

明日の約束の4話ネタバレ感想はこちら!

 

5話 視聴率5.1%

明日の約束の5話ネタバレ感想はこちら!

 

6話 視聴率4.6%

明日の約束の6話ネタバレ感想はこちら!

 

7話 視聴率4.3%

明日の約束の7話ネタバレ感想はこちら!

 

8話 視聴率6.0%

明日の約束の8話ネタバレ感想はこちら!

 

9話 視聴率5.1%

明日の約束の9話ネタバレ感想はこちら!

 

10話 視聴率%

明日の約束の10話ネタバレ感想はこちら!

 

明日の約束1話ネタバレ

 

藍沢日向(井上真央)は、

高校のカウンセラーである。

 

不登校が続く1年生の吉岡圭吾(遠藤健慎)が

不登校しているのが気になってしょうがない。

 

クラス担任の霧島直樹(及川光博)と一緒に

吉岡圭吾の所に家庭訪問する。

 

 

吉岡圭吾の母親・真紀子(仲間由紀恵)は

圭吾を溺愛していて、

圭吾を家から出る事も出来ない様な状態にしている。

 

家庭訪問した藍沢と霧島を居間に招き圭吾と面談させるが、

少し話をしているうちに

圭吾はうつ病で有り疲れているからと言って圭吾を自室に返す。

 

母親に断って日向も圭吾の部屋に入る、

部屋の色が男の部屋とは思われなかった。

 

日向はうつ病の圭吾が

笑顔で対応していたのが気になって居た。

 

母親は

学校のクラス・クラブでの虐めが有ってのうつ病と責め、

学校で調べる事にする。

 

 

ある日、

圭吾が家出したという事で大騒ぎになる。

 

学校を中退し

スーパーで働いて居る圭吾の女友達を探し出し

圭吾との話の内容を聞く。

 

圭吾は散歩している、幼稚園、小学校、中学校と回っている

と言った事をヒントに高校へ帰ってみると

暗い圭吾のクラスに圭吾が1人暗い顔をして座っていた。

 

日向は普通の顔に戻ったじゃないと圭吾に言う。

 

その後、

相談室で話している内に圭吾は体育館に行きたいと言う。

 

体育館で、日向は圭吾の好きな色は何色と聞く。

 

黒は頑強、男らしい・・・半面問題を抱えている、

隠し事が‥と話す日向。

 

圭吾は日向を好きだ、先生も僕を好きになってと言う。

 

そこに母親が、他の先生と一緒に体育館へ来る。

 

圭吾は別れ際に「黒色が・・」と答える。

 

 

明日また行こうと思って居た日向。

 

しかし、次の日学校へ行ったら、

圭吾が自殺したという事を聞く。

 

 

バスケットのマネージャー増田季実香(山口まゆ)は

万引き騒ぎを起こす。

 

母親の麗美(青山倫子)は離婚後、

男を作り返る母の行動に困惑していた。

 

 

ある日、季実香は日向に言われたように

母親と真正面に向かって

思って居る事を一気に言って喧嘩になる。

 

母親は大けが、私、母親を殺してしまった

と日向に電話が入る。

 

病院の待合室で季実香は、

私如何して良いか分からないと日向に相談する。

 

日向は元の生活に戻るのは簡単だけど、

母親を突き放すのも1つの方法と答える。

 

母の病室で季実香は

叔父さんの家で暮らすことに決めたと母親に言う。

 

 

明日の約束2話ネタバレ

 

日向(井上真央)と霧島先生(及川光博)と

校長(羽場祐一)が圭吾(遠藤健慎)の

悔やみに伺う場面で始まる。

 

圭吾の父親が出て来て、玄関前で悔やみを断る。

 

 

圭吾の死は学校としては隠していたいが、

SNSで広まり既に生徒たちは知って居た。

 

圭吾の葬儀で弔問に行ったが、

母・真紀子(仲間由紀恵)に

圭吾の遺体に土下座しろと言われ帰ろうとした時、

元同級生の女友達を見る。

 

元同級生の女友達とお茶を飲んでいる時に、

自分が虐めに会って居た時、

助けてくれたのは圭吾だけだったという事を聞く。

 

圭吾の自殺の原因は何か?

 

同級生なのか色々な噂が立つ。

 

同級生の学級委員長(井頭愛海)?が

クラスに虐めが有ったと言い出す。

 

それは、圭吾を無視していた何人かで有った。

 

学級委員長も小学校の頃虐められている時、

圭吾に助けられた話を日向に話す。

 

 

そんな時に増田希美香(山口まゆ)が学校へ出て来る。

 

バスケ部のマネージャーである希美香は

体育館の別室で選手2人で圭吾の事を話ししているのを聞き、

バスケ部に圭吾の自殺原因の生徒が居るかもしれないと日向に話す。

 

 

日向が家に帰ったら、恋人の本庄(工藤阿須加)が居た。

 

母親・尚子(手塚理美)と一緒に話していたが、

本庄が帰ってからヒステリックな言葉で日向を貶し始める。

 

 

高校では、校長が圭吾の死についての記者会見を行っていた。

 

記者会見が終わってから、日向と霧島先生が話す。

 

霧島先生が

「ミステリーは好き?」

「これからは記者達が犯人捜しで躍起に成るだろう」

と話した。

 

 

明日の約束3話ネタバレ

 

日向(井上真央)は出勤前、

家で圭吾(遠藤健慎)の母・真紀子(仲間由紀恵)が

テレビのインタビューに答えているのを観る。

 

 

学校へ行くとバスケ部・マネージャー増田希美香(山口まゆ)が

キャプテン長谷部大翔(金子大地)と沢井勝(渡邉剣)が

話して居た場面を観てバスケ部が怪しいという。

 

その日の帰りに、

日向は圭吾の元同級生香澄(佐久間由衣)と会い

ネットで事件が拡散している事を知らされる。

 

事件の矛先はバスケ部に集中する。

 

 

顧問の辻(神尾佑)は部員に

何かあったら自分に言ってくれと言う。

 

辻は過去に事件(5年前)を起こし、

職場を退職していた経緯があった。

 

辻は過去の事を知れた以上

このままでは居れないかと思ったか

退職願いを校長に出す。

 

日向は辻に、何故退職願いを出しかか聞くと

「過去の事は消せない,一生負っていかなければ成らない」

と答える。

 

 

ある日、校長へ真紀子から電話が入る。

 

真紀子の家へ校長、クラス担任・霧島(及川光博)、

そして日向が伺うと、

真紀子はわざわざ来なくても書面でよかったのにと言うが、

霧島は未決の事なのでと答える。

 

真紀子が圭吾の部屋へ案内する、

部屋は真っ黒に塗られ、

机にハロウィンのカボチャのスタンドが有った。

 

真紀子は

「ハロウィンの行事は死人が家に帰ってくる意味が有るから、

私が居ないと何もできない圭吾を止めておく為」

と言う。

 

 

日向は母・尚子の過干渉に悩んでいた。

 

恋人の和彦(工藤阿須賀)が

内緒で母に会って居た事を知り、

今後、絶対尚子に会って貰いたくないと言う。

 

 

明日の約束4話ネタバレ

 

藍沢日向(井上真央)は、

恋人の・和彦(工藤阿須賀)母に会わないでくれという。

 

内容は、母親・尚子(手塚理美)が子供の頃から、

支配欲が強く何でも嫌でも母親が言う通りしなければ

癇癪を起こし怒られて来た事を話す。

 

其れで母親から離れるために

一生懸命勉強をして地元で無い大学へ行ったと。

 

 

そこへ桐島先生(及川光博)から電話が入る。

 

バスケ部の顧問・辻(神尾佑)が誰かに襲われ怪我をした、

犯人が居るかもしれないから早く帰ったほうが良いと言われる。

 

ネットで長谷部・(金子大地)が

圭吾(遠藤健慎)の自殺はバスケ部が関わっていると言われて

喧嘩に成った場面であった。

 

報道陣は学校に来ては学生に聞き込みをしようとする。

 

圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)は

「鎌倉からいじめを根絶する会」の人を連れて学校へ来る。

 

校長と日向と長谷部の担任がネットで報道したところに行って

報道の中止を申し込むが断られる。

 

長谷部は周りに人が居ると

元気にバスケの練習を遣って居たが、本当は腐っていた。

 

学校の帰りベンチに吸って居たら

警察が来るのを見てわざとタバコを出して吸い始める。

 

警察がが来て高校生だろうと言って補導する。

 

長谷部は警察で辻を襲って怪我をさせたのは自分だと証言する。

 

沢井(渡辺剣)と美香(山口まゆ)は、

その日バスケの練習していたのを知って居て練習場へ行く。

 

練習場には知らない人達が練習しようとしていた、

その人達に証拠の動画を見せて貰い

警察に一緒に行って長谷部を保釈してもらう。

 

日向に長谷部がカウンセラー室で

圭吾は日向と話した事が有る?と聞く

日向は圭吾は黒が好きだって、

ムシャクシャして自分が全部悪い事背負って

スッキリさせようとする人が居るんだよな~と答える。

 

長谷部がタバコを吸って居たのを先生に言うと

圭吾に脅されいた事を日向に告白する・・・・

 

 

明日の約束5話ネタバレ

 

「藍沢日向(井上真央)は長谷部大翔(金子大地)と話す。

 

大翔は吉岡圭吾(遠藤健慎)に

圭吾の部屋で喫煙して居る時の話を

録音しているからと言って脅されてた居た事を話す。

 

脅迫後、大翔は圭吾を無視して居たら、

他の部員も無視する様に成り、

夏休みの練習に来なくなった。

 

大翔は夏休み中、圭吾とLINEで

この侭ではダメと連絡を取っていたが、

2学期から休むようになった。

 

最後のLINEは

「僕は先輩のせいで死にます」と書かれていた。

 

学校は大翔の処分について話し合いをする、

停学か休学かである。

 

日向は「僕は先輩のせいで死にます」と書かれたメッセージは

圭吾の物で無いのでは?と言うが、先生方はそれは無いでしょうと言う。

 

圭吾のクラスでは大翔の言い合いの動画を

誰が撮ったかの話になる。

 

自分が撮られたら立つ瀬がないと生徒達が言う。

 

圭吾の母親・真紀子は「鎌倉からイジメを根絶する会」に出席、

同じ経験を持った人に会う。

 

理事会は早く大翔の処分を決め

事件の解決を急ぐように校長へ言いに来る。

 

「鎌倉からイジメを根絶する会」が記者会見、

日向と桐島先生(及川光博)が出席。

 

 

帰り、記者小島修平(青柳翔)と会う、

圭吾が自殺した時間は深夜2~5時である事を日向は知らされる。

 

大翔が母親と学校へ来る。

 

日向は大翔へ圭吾の「僕は先輩のせいで死にます」は

圭吾のメッセージは圭吾からでは無いと言うと大翔は泣き崩れる。

 

動画を撮ったのは渡辺純也(堀家一希)である事が判明。

 

部員に責められているのを見た大翔は

「そんな事を遣って居たらバスケ部が無くなるぞ」と言って止めさせる。

 

日向は恋人・本庄和彦(工藤阿須賀)に婚約をしようと言われるが、

母親の事を思うと中々受けられなかったが、一応受ける。

 

 

明日の約束6話ネタバレ

 

校門の前で日向(井上真央)を待ってた真紀子(仲間由紀恵)が

あなたと一度2人で話したかったと誘う。

 

真紀子は日向に圭吾(遠藤健慎)が

自殺の前の日体育館で圭吾と何を遣って居たかを追及する。

 

日向は携帯の「僕は先輩のせいで死にます」という発信の

時間のズレが有ると言ったのに対し真紀子は私が打ったと言う。

 

 

また、

大翔(金子大地)が襲われたと聞き日向は急いで病院へ。

 

一緒に居た増田(山口まゆ)は逃げた犯人は瘠せて、

背の高い女だったと警察に証言したと日向に言う。

 

 

田所(井頭愛海)はウサギを殺したのは圭吾だと言ったのは、

その後、家出したからと言う。

 

中学校の圭吾の担任に聞きにいくと

母・真紀子が圭吾の世話を焼き過ぎで真紀子を持て余していた事を聞く。

 

すると、妹・英美理(竹内愛沙)に声を掛けられる。

 

圭吾はウサギを自由にしたかったから殺した?と言う。

 

 

日向は宮崎先生(馬淵英理香)に呼び止められる。

 

白井香澄(佐久間由衣)が訪ねて来た、

2年の時2か月だけ担任であったと言う。

 

宮崎先生は歩道橋から落ちた事故が有った事を言い、

犠牲者はこの学校の生徒・望月樹里だったという事を知らせる。

 

事故の有った日、

望月樹里からの虐めを受けていた香澄が疑われたが

その時間はバイトをしてたので犯人ではなかったと言う。

 

 

香澄に電話した日向、歩道橋に居るのを見つける。

 

香澄は日向に、

バイトしている時に虐めをしてきた人達を殺して

自分も死のうと思ってたと言う。

 

ある日たまたま出くわした圭吾は

「香澄姉さんそれ僕がやるよ、姉さんは汚れ役する必要ないよ」と言って、

望月樹里を歩道橋から落としたと言う。

 

今度は、香澄が汚れ役を遣って

辻顧問(神尾佑)と大翔にダメージを与えたと言い、

後もう一人と言うと走り去ってしまう。

 

日向は香澄が居たところまで行ったが香澄は居なかった。

 

 

日向は婚約者・和彦(工藤阿須賀)の家へ訪問。

 

日向は和彦の両親に気に居られるが、

帰りの和彦との会話の中に和彦の複雑な気持ちが有る事に気づく。

 

日向も母親の手首の傷、

母親と離れるため遣った事は言わなかった。

 

 

明日の約束7話ネタバレ

 

日向(井上真央)は2年前学校を止めた香澄(佐久間由衣)と会い、

バスケ顧問・辻(神尾佑)と圭吾(遠藤健慎)の先輩・大翔(金子大地)を襲ったのは

香澄である事を知る。

 

香澄はまだやる事が有ると言って姿を消す。

 

 

一年前、圭吾は中学の時に香澄を虐めていた望月樹里を

香澄が殺すと言う話を聞いて、

代わりに樹里を陸橋から突き落とした事件を起こして居た。

 

 

バスケのマネージャー希美香(山口まゆ)は

バスケ部の連中と食堂に入った時に

一人が圭吾の妹・英美理(竹内愛沙)が居ると言う。

 

英美理は見知らぬ男と何やら話していた。

 

絡まれそうになっていた英美理を

希美香は友達の妹と言って引き離す。

 

 

轟木校長先生(羽場裕一)は日向に

香澄の件は警察に任せよう今は誰にも言わない事にしようと言う。

 

圭吾の報告書です。

先生方の意見を聞いてから遺族に渡すと言う。

 

 

希美香が日向の部屋に来て食堂で会った話をし、

自分もそういう気(援助交際)に成った事が有ると言う。

 

また大翔の動画流失の件で

教室にいた日向と霧島先生(及川光博)が疑われていると言う。

 

英美理が学校へ行くと言っても

パソコンしながら振り向きもしない真紀子(仲間由紀恵)。

 

真紀子は自分が「鬼親」である事がネットで広がって居るのを知る。

 

日向の家に来た恋人・和彦(工藤阿須賀)が帰ってから

母・尚子(手塚理美)は和彦が何度も来てるが鼻に付くようになったと言う。

 

日向は小さい頃から家を出たいと思って居た頃を思い出す。

 

 

日向は宮崎先生(馬淵英理香)にチョットと呼ばれる。

 

コピー室で香澄の話をする日向。

 

宮崎先生は知り合いを当たっても分からない、

日向も何度電話しての連絡付かないと言う。

 

そこへ霧島先生が来る。

 

コピー室を離れた二人、

宮崎先生は日向に

霧島先生をどう思う?

冷静と言えば冷静だが何だか他人事っぽいと言う。

 

 

記者の小嶋が日向の前に現れ、吉岡家の調べた事を話す。

 

父親が浮気している為に真紀子が圭吾を異常に可愛がっていた。

 

「毒親」の真紀子が原因で圭吾が自殺したのでは?と言う。

 

 

真紀子は学校の報告書を前にして

弁護士に責任逃れの内容なのですぐ訴訟の準備をと言い、

日向と霧島先生も訴訟したいと言う。

 

弁護士は忙しいので時間をくださいと言う。

 

 

日向と母親、和彦の両親で会食をする日。

 

希美香が圭吾の友達二人と線香を上げに行ったら、

英美理は母は居ない、私も出かけるからと言う。

 

希美香が英美理の後を追うと言ったら二人も付いて来た。

 

日向は有る場所で二人に会い事情を聴くと英美理を見失ったと言う。

 

日向は英美理を車に乗せようとしている男を

必死にを止めている希美香を見つける。

 

警察を呼ぶと言ったら男は逃げて行った。

 

時間が経っても会食に行けなかった日向に母から電話が入る。

 

結局、会食は中止になった。

誰のせい?アンタのせいじゃない!私恥かいたわと罵られるのだった。

 

 

明日の約束8話ネタバレ

 

和彦(工藤明日香)の部屋で日向(井上真央)が

母親・尚子(手塚理美)の悪口を言うと、

突然、和彦は人が変わった様に日向に迫って来た。

 

「親の悪口言うな!」

 

和彦は我に返り、日向に謝るが、

耐え切れず日向は外へ出る。

 

 

日向が外を歩いていると

後ろから霧島先生(及川光博)に声を掛けられ学校へ行く。

 

2人で話して居ると、香澄(佐久間由衣)から電話が入る。

 

校門前にいると言われたので、

2人で校門前まで行ったが誰も居なかった。

 

2人が出て行った部屋に香澄が現れ

椅子の上にあった霧島のカバンからパソコンを盗む。

 

 

日向が家に帰ると、尚子は昨日怒った事を日向に謝る。

 

 

次の日、

和彦が日向に急変して暴力を働こうとした事を謝りに来る。

 

それを聞いた母親は、突然、和彦を貶し始める。

 

日向の部屋で、和彦は小さい頃の両親の待遇を話す。

 

両親は兄を可愛がり、

そのうち兄は家庭内暴力を働くようになった。

 

毎日あざをつくりながらも

今は反抗期なんだろう・・・

と両親は兄を可愛がり続けることをやめなかった。

 

兄が亡くなった後、医大の試験に落ちた和彦に

両親は何も求めなかった。

 

和彦は冷遇されていたと言うのである。

 

そんな境遇から、日向の言葉が許せなかったのだと話した。

 

 

一方、週刊誌記者の小嶋(青柳翔)に

圭吾の妹・英美理(竹内愛沙)から電話が入る。

 

圭吾(遠藤健慎)の自殺の理由を話したいと言うのである。

 

そして英美理は小嶋に証拠を渡した。

 

 

その頃、学校では、

ネットで広まった圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)の「毒母」が噂されていた。

 

そして、真紀子の弁護士が学校へやってきて

告訴を取り下げるという。

 

理由を聞くと

夕方には明らかになるが

真紀子が圭吾の部屋を盗聴していたことがマスコミに流れたのだという。

 

 

しばらくして、

日向の部屋にバスケ部マネージャー・希美香(山口まゆ)が来る。

英美理から着たメールは自殺をほのめかしていたと聞く。

 

日向たちは急いで英美理の元へ向かう。

 

 

その頃、

英美理は家で真紀子のパソコンに入って居る圭吾の声を

世間に流し、パソコンから全て消した。

 

帰宅した真紀子にそれを伝えるが

それでも英美理に目を向けてはくれなかった。

 

最後に殺してくれてもいいから、私を見てほしかったという英美理。

 

そして、

私だけじゃない、お兄ちゃんの言葉も聞こうとしなかった。

お母さんが聞いているのはお兄ちゃんに言った自分の言葉だけだといい

施設に入るからと言って家を出る。

 

タクシーで駆けつけた日向と希美香は英美理に会う事が出来た。

 

日向と希美香は英美理の無事を喜んだ。

 

 

その頃、圭吾の声がテレビに映し出されていた。

 

喫煙していた音声を使って

先輩を脅し、バスケ部のベンチ入りさせようとしていたのだ。

 

そこには、

お母さんの言うとおりにしなさい。

という真紀子の音声がはっきりと録音されていた。

 

 

日向のもとに香澄から連絡が来る。

 

待ち合わせ場所に向かうと、かつて香澄をいじめていた望月が待っていた。

 

香澄にしたことをずっと後悔していたといい、

香澄の為に代理できたのだという。

 

そして、望月から香澄から渡してと言われたと

霧島のパソコンを渡される。

 

 

その夜

日向は霧島を学校に呼び出した。

 

霧島にパソコンを渡しながら、

3年前と同じ事が1年B組で起きていたという事を

香澄は確信していたと霧島に言う。

 

日向が「圭吾を孤立させて居たのは霧島先生ですね」

と言うと霧島は「ええそうです」と答える。

 

 

明日の約束9話ネタバレ

 

日向(井上真央)は霧島先生(及川光博)を呼び

香澄(佐久間由衣)が盗んだパソコンを返しに来る。

 

パソコンの中には生徒の個人情報が一杯入って居た。

 

例えば、個人情報を利用して渡辺(堀塚一希)の浅はかで短絡しやすいのを利用して

渡辺に耳打ちし圭吾(遠藤健慎)を仲違いさせ圭吾を孤立させた。

 

霧島は大翔(金子大地)の暴力動画を流したのも自分だと言う。

 

その上で霧島は教師の立場無力だ、生徒に何かあると保護者がすぐ騒ぎ立てる、

やっている事は教師の意義を考えているだけだと言う。

 

日向は圭吾の自殺の理由は自分にもあるかも知れないと言って、

自殺の前日、圭吾の付き合ってと言われたことを話す。

 

 

朝、出かける前、日向は圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)の

1年にも及ぶ子供の部屋に盗聴器仕掛けた毒親のニュースを聞く。

 

日向は望月から電話を受ける香澄が居なくなり、電話も通じないと言うのである。

 

日向は香澄(佐久間由衣)が最後の一人と言って居た霧島探すが帰ったと言う。

 

日向は自転車で霧島を追いかけて行く途中で香澄と会う。

 

香澄は霧島を追いかけ襲うと思ったが、自分にも圭吾の自殺の原因があるようで辞めたと言い、

日向にパソコンデータのコピーを渡し、一緒に警察に行ってくれと頼む。

 

 

週刊誌記者・小嶋(青柳翔)に芸能ネタ、タレントの今迫由香が殺人で逮捕のニュースが伝えられる。

 

 

日向は小嶋を訪れ話をする。

 

小嶋は圭吾の事件は今迫由香が殺人の事件で

そのうち噂されなくなると言って真紀子の音声データを渡す。

 

 

霧島が日向に圭吾を孤立させた理由は、

真紀子が新任の霧島に挨拶に来た時の事だと言う。

 

霧島の前歴・仙台で性的暴力に拘わって退職した事を知って

居て脅しみたいに聞こえた為だと言う。

 

 

校長室で轟校長(羽場裕一)と日向が待って居る。

 

霧島が入って来る。

 

轟は霧島の前にパソコンデータのコピーを置き依願退職してくれと言う。

 

霧島は承諾し、「日向にも」と言いかけると「はい」と言い日向は轟に退職願を差し出す。

 

 

明日の約束のまとめ

 

いじめや、自殺など、

シリアスなテーマを扱った

ドラマ「明日の約束」。

 

井上真央さんが

どんな演技を見せてくれるのか?

 

2年ぶりのドラマ復帰作ということで、

注目が集まっています。

 

仲間由紀恵さん演じる

モンスターペアレントとのやり取りも、

見どころの1つとなっています。

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならHuluがオススメ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報