奥様は、取り扱い注意4話・3話ネタバレ!りさ役女優は小野ゆり子

      2017/10/22

 

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」

の4話と3話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

いじめを受ける主婦のりさ役女優は小野ゆり子さんです。

 

スポンサードリンク

 

奥様は、取り扱い注意事前情報と関連記事はこちら

 

奥様は、取り扱い注意ロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

 

奥様は、取り扱い注意3話見どころ予想

 

★3話では町内でいじめにあっている女性の話のようだ。

 

いじめている女性vs菜美、優里、京子。

 

どんな戦いが繰り広げられるのだろうか。

 

いじめられている女性は、

自転車に乗っているところを倒されたりと

結構ひどい目に遭っているようだ。

 

きっと菜美がいじめのボス女性を

打ちのめしてしまうのだろう。

 

菜美の正体がバレずに

ことが収集することを祈るが…

バレちゃうのかな?

 
 

もずく 30歳

 

奥様は、取り扱い注意3話あらすじ

 

奥様は、取り扱い注意2話ネタバレと感想はこちら

 

 

ある日、カツアゲの現場を通りかかった菜美(綾瀬はるか)は、いつものようにコッソリ事件を解決。しかし、居合わせた主婦・理沙(小野ゆり子)にその様子を動画で撮影されてしまう。菜美がタダ者でないことを確信した理沙は数日後、動画を手に菜美の前に現れ幼稚園のママ友からいじめを受けていることを告白。元女子プロレスラーのボスママ・貴子(青木さやか)に立ち向かう“強さ”を手に入れるために、ケンカの作法を教わりたいと菜美に頼み込む。

働きに出たいという願いを夫から瞬殺されてしまった優里(広末涼子)。毎日帰りが遅い夫への不信感と、姑の嫌味にキレそうになる京子(本田翼)。2人が不満を募らせる中、菜美は貴子が仕切っている公園の偵察へ。貴子のやり方に反感を抱き、勇輝(西島秀俊)からも「力になってあげたら」と助言を受けた菜美は、“ケンカをしないこと”を条件に理沙とトレーニングを開始することになった。

菜美のスパルタな指導によって、少しずつ体と心の強さと柔軟さを手に入れていく理沙。「ストレス発散にピッタリ!」とトレーニングに参加することになった優里と京子のお陰で賑やかさを増した“レッスン”には、いつしか貴子の取り巻きたちも加わり始め、貴子は孤独感を増していく。

そんな貴子が誰にも言えない悩みを抱えていることを直感した菜美は、彼女のことも救おうと心に決めるのだが!?

 

※番組HPより引用
http://www.ntv.co.jp/okusama/

 

 

キャスト

 

伊佐山菜美(綾瀬はるか)

優里(広末涼子)

京子(本田翼)

勇輝(西島秀俊)

知花(倉科カナ)

中尾明慶

銀粉蝶

石黒賢

受講生・夏希(高岡早紀)

 

奥様は、取り扱い注意3話ネタバレ

 

菜美は、

京子と優里と一緒に映画を観に来ていた。

 

トイレに向かった菜美は

学生がカツアゲをしているところに遭遇した。

 

ばばあと言われ腹が立った菜美は

カツアゲをしていた学生達を次々に倒した。

 

その様子を通りかかったに清水理沙(小野ゆり子)に録画されていた。

 

 

翌日、

理沙は菜美の後をつけていた。

 

しかし

菜美はつけられていることに気付いていた。

 

理沙は、

昨日ショッピングモールで

学生を倒したところを見たと

動画を見せてきた。

 

理沙は、菜美に

ケンカのやり方を教えて欲しいとお願いした。

 

なんで強くなりないのか聞くと

ママ友からいじめにあっていると話した。

 

幼稚園のボス的な人から

サッカークラブで息子がポジションを取ったことで、

連絡網が回ってこなくなったり

近所の公園で遊べなくなったという。

 

ボスは元プロレスラーで

目の前にするとなにも話せなくなるという。

 

菜美はケンカが強くなっても解決しないと思う

と言うと、理沙は

強くなって自信を付けたいと言った。

 

 

その晩、

菜美は勇輝に

今日優里の家で寅さんシリーズを見たことを話した。

 

そしていじめの相談を受けたことも話した。

 

勇輝はできるだけ相談に乗って

気持ちを軽くしてあげなよと言ってくれた。

 

 

京子は義母から早く子供を作らないと、

人の気持ちは変わるものだからと言われていた。

 

帰りの遅い旦那に電話をするが繋がらなかった。

 

優里はなにか資格を取ろうかと思うと旦那に話すが、

まだ早いのではないかと言われていた。

 

そして子供の将来よりも

自分の将来のほうが大事なのかと言われた。

 

そこに主婦友達から合コンの誘いが来たが、

忙しいからと断った。

 

 

翌朝、

理沙の家の前には分別がされていない

と書かれたゴミが置かれていた。

 

ボスと取り巻きは

公園でなにか話をしているところに

菜美がやって来た。

 

ボスの指示で菜美は声を掛けられた。

 

子供が生まれたら遊ばせる公園を探していたが、

ここは嫌なにおいがするからやめておく

と公園を後にした。

 

帰り道菜美は清水に会うと、

気持ちが変わっていないか確認をした。

 

ケンカをしないことを条件に

強くなる方法を教えると言った。

 

 

翌日から

近所の競技場でトレーニングが始まった。

 

ゆっくり走ることから始めるが、

心臓がゴリラに叩かれているようだ、

心がパキっと折れる音がしたと理沙は言った。

 

菜美に後押しされトレーニングは続いた。

 

ランニングの他に腕立て、

シャドーボクシングも行なった。

 

15回目のトレーニングでだいぶ走れるようになり、

腕立ても出来るようになってきた。

 

クールダウンをしていると、

理沙にどうしてそんなに強いのか聞かれた。

 

菜美は複雑な環境で育っていたので、

世界中が敵に見え強くならないと生きていけなかった

と答えた。

 

今はどうかと聞かれると、

運命の人に出会えて世界も優しく見えると答えた。

 

 

夜、

帰宅した勇輝に

少し引き締まったかと聞かれたが

そんなことないと思うとはぐらかした。

 

 

翌日、

トレーニングに向かおうとすると

家の前に京子と優里がいた。

 

最近ストレスがたまっていて

体を動かしたかったという2人も

トレーニングに参加することになった。

 

菜美は受付嬢になる前は

フィットネスジムでボクシングを

教えていたことになっているからよろしくね

と理沙に頼んだ。

 

 

ボスである相良のところに

旦那が荷物を取りに戻ってきた。

 

この家を渡さないという相良に

旦那はこの家はあげる、

車だけ貰っていくと言った。

 

そして君はいつも正しくて強い人間だが、

君と暮らした10年はいつも息苦しかったと話した。

 

家を守る人間が必要でしょという相良に

旦那は、みんなで守ればよかったと言った。

 

旦那は息子と少し話してから出ていく

と寝室を出て行った。

 

 

翌日、

相良たちに会った清水は

笑顔でこんにちはと挨拶ができた。

 

その日のトレーニングで

理沙は腕立てが20回出来るようになった。

 

みんなでトレーニングをしている様子を

相良の取り巻きの2人が見ていた。

 

スーパーで菜美は相良に声を掛けられた。

 

私に勝てるとでも思っているのか

と言う相良のことを無視し

その場を離れた。

 

相良は最近手ぬるかったから

毎日仕掛けようと取り巻きに話した。

 

するとこれ以上なにかすると

良くないことが起きる気がする、

そもそも理沙さんはなにもしていない、

子供が誇れる親になりたいと

2人がその場を離れた。

 

取り巻きを離れた2人は

菜美たちのところにやってきて、

理沙にこれまでのことを謝り

仲間に入れて欲しいと言った。

 

こうしてトレーニングに

2人も参加することになった。

 

日を追うごとに相良の取り巻きは減り、

菜美たちのトレーニングには人が増えていった。

 

結局相良の取り巻きは誰も居なくなってしまい、

相良の怒りは頂点に達していた。

 

 

その晩相良は離婚届を渡され、

旦那は家を出て行った。

 

 

翌日、

自転車に乗っていた理沙は

相良に押し倒され意識を失ってしまった。

 

菜美たちには

不注意で転んでしまったと話した。

 

腕にはヒビが入っていた。

 

お茶を出すとキッチンに向かった理沙に

手伝うと言って菜美が後を追った。

 

紅茶の葉を落としてしまった理沙は、

怒りとか憎しみの連鎖に巻き込まれたくないから

どうにか堪えてみせると言った。

 

そんな理沙に菜美は

今パキって音が聞こえた、

たまには折れてもいいんだよと言った。

 

それを聞くと理沙は泣いた。

 

 

その晩、

菜美は相良の家を訪ねた。

 

公園に呼び出すと

なにか辛いことがあるんでしょ、

私が助けてあげると言った。

 

ふざけるなと殴りかかってきた相良の腕を取ると、

なんで理沙を標的にしたのか聞いた。

 

相良は保護者会の帰りに

旦那が理沙を見て優しそうで可愛らしい人だ

と言ったことで大喧嘩になり家を出ていった、

それがなくても終わっていたかもしれないが

許せなかったと言った。

 

私はどうすればいいのと言う相良に、

菜美は今まで私が戦った中で一番弱かった、

自分の弱さを認め、肩の力を抜いて

みんなの力を借りて生きていけばいいと言った。

 

相良はその場に泣き崩れた。

 

 

翌日、

理沙が買い物から帰ると

家の前に相良がいた。

 

荷物を取ると、

本当にごめんなさいと理沙に謝った。

 

その後

理沙と相良は親友になった。

 

 

菜美が夕飯の支度をしていると

勇輝が、やはり引き締まっていると腰を抱いた。

 

そして

ボクシングのインストラクターをしていた

と噂で聞いたと話した。

 

菜美が黙っていたことを謝ると、

少しぐらい秘密があったほうがいいと勇輝は言った。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

奥様は、取り扱い注意3話感想

 

★3話は奥様同士のいじめの話。

 

幼稚園のボス的な相良からいじめを受けていた清水。

 

清水は偶然街中で不良を倒す波を見かけ、

ケンカが強くなるようにしてほしいとお願いした。

 

そのことがキッカケで2人は

トレーニングを始めることに。

 

小さな世界でボスを気取っていた相良は、

旦那との関係が悪くなっていくと

ますますいじめをエスカレートさせようとするが

取り巻きたちは離れていくだけだった。

 

こういうボスいそう!

という相良を青木さやかさんが熱演していた。

 

見ていてイライラさせてくれる表情も

なかなかのものだった。

 

最後は菜美に諭され、

清水に謝り親友になった相良と清水。

 

弱い人間は周りに頼って、

支えあいながら生きていけばいいのだと

教えてくれる内容だったかな?

 
 

もずく 30歳

 

奥様は、取り扱い注意4話予想

 

★町内で誘拐事件が発生してしまう。

 

菜美はいつもと変わらず

私がなんとかしてあげるからと誘拐事件に挑むようだ。

 

予告の最初に出てきた女性は

なにか菜美の過去を知っている女性なのだろうか?

 

と、いうことはパソコンをいぢって

なにかを菜美に頼まれていたこの女性も

特殊工作員をしていた女性なのだろうか。

 

菜美の過去が少しずつわかっていくような気がする。

 
 

もずく 30歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報