奥様は、取り扱い注意8話・7話ネタバレ!主婦・友恵は霧島れいか

      2017/11/27

 

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」

の8話と7話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

主婦仲間・友恵役は霧島れいかさんです^^

 

スポンサードリンク

 

奥様は、取り扱い注意事前情報と関連記事はこちら

 

奥様は、取り扱い注意ロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

 

奥様は、取り扱い注意7話見どころ予想

 

★菜美の旦那勇輝がしばらく出張に行くことになるようだ。

 

その間に菜美は人探し。

この人探しはなにか昔のことと繋がるのだろうか。

 

京子の旦那は浮気していることが判明。

これは見ている側からしたら分かりきっていたことなので

京子がどんな風に問い詰めるのだろうか。

 

優里はずっと誘われていた合コンに参加してしまうようだ。

 

菜美はこっそり事件を解決していたものの、

平穏だった主婦たちの生活が少しずつ動き始めるのだろうか。

 
 

もずく 30歳

 

奥様は、取り扱い注意7話あらすじ

 

奥様は、取り扱い注意6話ネタバレと感想はこちら

 

 

ある日、菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)、京子(本田翼)は、主婦仲間の友恵(霧島れいか)から人を探してほしいと頼まれた。3人が探偵のような仕事をしているというウワサを聞きつけたのだという。余命半年を宣告された友恵の望みは、死ぬ前に大学時代の恋人にひと目会うこと。「妻」ではなく「女」としての自分を取り戻したい、そんな友恵の思いに共感した優里と京子に背中を押され、菜美はかつての仕事仲間・小雪(西尾まり)に調査を依頼することに。

そんな中、京子の夫・渉(中尾明慶)が浮気をしている可能性が浮上!渉と正面から話し合うのも怖いけれど、このままの状態も耐えられない…。京子は悩むが、結局、見て見ぬフリをしてしまう。一方、啓輔(石黒賢)の態度に耐えかねた優里は、ママ友に誘われた合コンに行くことを決意。罪悪感にさいなまれながら、合コンの店へ向かうのだが…!?

同じ頃、勇輝(西島秀俊)の出張中に束の間の一人暮らしを楽しんでいた菜美の元に、友恵の元恋人・幸平(渋川清彦)の居場所が判明したという連絡が入った。幸平が前科持ちだと知った菜美は、まずは一人で幸平と会うことに。夢を追い求めた結果成功とは程遠い場所に来てしまった自分を自嘲気味に話す幸平だったが、菜美から友恵が余命いくばくもないと知らされ…。

 

※番組HPより引用
http://www.ntv.co.jp/okusama/

 

 

キャスト

 

伊佐山菜美(綾瀬はるか)

優里(広末涼子)

京子(本田翼)

勇輝(西島秀俊)

知花(倉科カナ)

中尾明慶

銀粉蝶

石黒賢

受講生・夏希(高岡早紀)

 

奥様は、取り扱い注意7話ネタバレ

 

菜美たちは友恵の家で

チェロの演奏を聴きながらお茶会をしていた。

 

友恵は菜美たちに料金を出すので

ある人を探し出してほしいと頼んだ。

 

友恵は菜美たちが探偵みたいなことをしている

と聞いたからと言った。

 

菜美はある人に昔探偵事務所で働いてたことがある

と話したことがあったからであった。

 

友恵の聞いた噂では、

家計の足しにするために浮気調査などをしていることになっていた。

 

菜美は探偵事務所の事務員のとして働いていたので

人探しのノウハウ程度はわかると言った。

 

なぜ興信所に頼まないのかと聞くと、

それほどのことでもないからと言われた。

 

友恵は重い病気にかかり余命半年と言われ、

大学時代の恋人を探してほしいとのことだった。

 

菜美は絶対見つけられるという保証はないが

頑張ると返事をした。

 

そしてその人の情報をまとめたものを渡してほしいと言った。

 

友恵はその人の写真は結婚を機に全て捨ててしまったと言い、

最後に会ったのは20年以上前だと言った。

 

 

京子と優里は出来る限り手伝うと言ってくれた。

 

京子は家に帰ると、義母から座るようにと促された。

 

義母は妻がよそを向き始めると夫は隙を見逃さない、

いざとなったらこの家を追い出されるのはあなたなんだから、

頑張りなさいと話した。

 

優里は夕飯の支度を始めようとすると、

今週の金曜日に合コンが決まったと河野から連絡が来た。

 

菜美は勇輝と食事をしながら友恵のチェロを聴いたことを話すと、

今度一緒にコンサートに行こうと誘われた。

 

昔の恋人に会いたいと思ったことはあるかと聞くと、

菜美と一緒いるのに他の女性のことなんて考える暇もないと言われた。

 

勇輝は明日から5日間福岡に出張だと伝え、

毎晩電話をする約束をした。

 

友恵は旦那から体調は大丈夫かと聞かれ、

チェロを弾いてくれと頼まれていた。

 

京子は旦那が寝ている間に

指紋認証で携帯のロックを解除し、中を見た。

 

 

菜美は友恵から昔の恋人の生年月日や、

当時住んでいたアパートの情報をもらった。

 

その人は就職をしなかったことも別れた原因だと話した。

 

時間がかかるかもしれないと伝えると

1週間後に病気の治療を始めるので、

それまで探すという約束をした。

 

菜美は小雪の元を訪ねた。

 

小雪に友恵の上原幸平という昔の恋人の情報を渡し、

探してほしいと頼んだ。

 

小雪は本当に主婦をやってるのかと聞くと、

菜美は普通の生活がしてみたかったと答えた。

 

そして小雪は昔より人間らしい顔付きになったと言った。

 

しかし昔特殊工作員のような仕事をしていた人間は、

普通の生活をしていてもスリルを求めまた戻ってくると話した。

 

情報が少なかったので、

あちこちの役所の情報を覗かないといけないから時間がかかると言われたが、

なるべく早めにとお願いした。

 

 

京子と優里には知り合いの探偵に頼んだと話した。

 

わかりやすく落ち込んでいた京子は、

うたの旦那たぶん浮気してますと話し始めた。

 

スマホの中身を見たら寺西という人とだけ

やたらと残業についての連絡を取り合っていた、

寺西は同じ会社にいる女性だった。

 

どうしても気になるなら

ちゃんと証拠を掴んで話し合ったらどうかと菜美は言い、

優里は最近残業多いわね、

とジャブを打ってみたら浮気がやむかもしれないと言った。

 

優里は旦那にお隣さんたちと

いつも出歩いてなにをしているのかと聞かれた。

 

そして出歩くのは構わないがお行儀よく遊んでくれと言われた。

 

耐えられなくなった優里は合コンに参加すると返事をしてしまった。

 

翌朝、菜美は小雪からの電話で目を覚ました。

 

小雪は上原を見つけたと報告した。

 

そしてこの20年で13回住所を変えているという。

 

上原は前科持ちで似たようなことをして暮らしているだろう、

一応気をつけてねと言われた。

 

 

菜美は上原の元を訪ねた。

 

上原とファミレスに行き、友恵のことを覚えているか聞いた。

 

覚えてないと答えたが、嘘だと菜美は見破った。

 

そして会いたがっていることを伝えた。

 

上原は自分が捕まったことは大学時代の人間に知れ渡っているから、

友恵の耳にも入ってないわけがないと言った。

 

菜美は何者かと聞かれ主婦と答えるが、

迫力があるからヤクザ関係の人かと思ったと言われた。

 

そしていい話がある、

海水を真水に変えることができるプランクトンを

知り合いの科学者が見つけたと話し始めた。

 

菜美は友恵が余命半年だから会いたがっていると言い、

2日後の同じ時間に迎えに来ると言って帰って行った。

 

 

菜美は上原が見つかったことを友恵に伝えた。

 

会うことに意味があるのか恨みでもあるのかと聞くと、

恨んでいるのは彼の方だと思うと答えた。

 

友恵は旦那と普段どんな会話をしているか、

食事の時に何を話しているかと聞いた。

 

くだらないと思えることでもたくさん話しておいたほうがいい、

そういうことの積み重ねが財産になっていくからと言った。

 

そして本当はクラッシックよりロックが好きで、

チェロよりエレキギターが弾けるようになりたかったと話した。

 

 

その晩、勇輝から電話があった。

 

菜美は昼間は優里たちとお茶をし、

夕方は買い物に行き、夜は電話を待っていた、

朝は怠けて寝坊してしまったと話すと

今度の休みは一緒に朝寝坊しようと言われた。

 

夜何を食べたのか聞くと鶏鍋を食べたと言い、

美味しかったから今度一緒に食べに来ようと言われた。

 

それから菜美は好きな音楽は何かと聞いた。

 

勇輝は古いジャズが好きだと答え、

菜美が家で聞かないね言うとと遠慮していたと答えた。

 

菜美はこれからは遠慮しないで、

嫌いなら嫌いと答えるからと言った。

 

しかし、この電話をしていた

勇輝のいるホテルは福岡ではなく都内だった。

 

 

金曜日、

悩んでいたが優里は合コンへと向かった。

 

優里は隣に座った安西という男にエスコートされた。

 

その裏では怪しい男たちがなにかを企んでいた。

 

帰り際、優里は安西とメールアドレスの交換をした。

 

 

その頃菜美は上原の元を訪ねると、

取り立て屋に連れて行かれそうになっていた。

 

菜美は今日一日だけ上原を貸してくれないかと頼むが、

無理だったので争奪戦となった。

 

男2人を倒し上原を友恵の元へ連れて行った。

 

友恵と一緒に待っていた優里と京子が席を外そうとすると、

あなたたちにも聞いて欲しいからと近くに座らせた。

 

友恵は上原に実家から借りたお金のことを覚えてるか聞いた。

 

上原は忘れてないと答え、

この20年友恵を見返そうと頑張ってきたが、

別れた時言われた通り身の程知らずのくせに

でかいことばかり追いかけているダメな男だと話した。

 

そしてなんで会いたかったのか、

自分の幸せを確認したかったのかと言った。

 

友恵は、いい家に住んでお金にも困らない生活が幸せなら

そうかもしれないが、自分が求めていたものは違う。

 

上辺だけを取り繕って20年生活してきたせいで、

怖いのにどうやって泣いたらいいのかもわからないと言った。

 

そして上原に、

よくケンカをして仲直りをするのが本当に楽しかった。

 

余命を宣告されてからそのことばかりを思い出していた。

 

まだ死にたくない、だからわたしに生きる目的をちょうだい、

わたしにあなたの心配をさせて、ハラハラドキドキさせてくれと頼んだ。

 

上原は海水を真水に変えるプランクトンの話を聞きたいかと尋ねた。

 

友恵は泣きながら聞きたいと答えた。

 

友恵は離婚し、上原と生活をするため街を出た。

 

京子は後悔するはずだと言い、

優里は自分も同じ選択をするかもしれないと言い、

菜美は友恵の言葉を思い返していた。

 

 

そして、勇輝が帰宅した。

 

菜美は古いジャズを流し勇輝に抱き着き寂しかったと伝えた。

 

勇輝もまた寂しかったと答えた。

 

菜美はその言葉から、初めて勇輝に嘘の匂いを感じた。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

奥様は、取り扱い注意7話感想

 

★7話は余命宣告をされた友恵から昔の恋人を探して欲しいという内容だった。

 

大学時代に別れた上原は、事業に失敗し前科持ちになっていた。

 

しかしそんな上原に再会した友恵は、生きる希望を彼に望んだ。

 

人が死を目の前にした時に望むものは、昔の思い出なのだろうか。

 

喧嘩をし仲直りをするのが楽しかった恋人に生きる希望を求め、

離婚までした友恵は余命を幸せに過ごすことができたのだろうか。

 

自分の感情を押し殺して生きてきた20年を取り戻すべく

昔の恋人の元へ行ったのだから、幸せになっていて欲しい。

 

福岡出張に行ったはずの勇輝からはなにやら怪しいにおいが。

 

そのことに菜美も気付いてしまったようだ。

 
 

もずく 30歳

 

奥様は、取り扱い注意8話予想

 

★勇輝から初めて嘘を感じた菜美。

 

合コンで知り合った安西と連絡を取り始めた優里。

 

旦那の浮気に気付いてしまった京子。

 

3人の幸せな生活の歯車が少しずつ狂い始めるようだ。

 

菜美は幸せではあるものの、昔の仲間である小雪に言われたように

特殊工作員という元の仕事のスリルを求めてしまうのだろうか。

 

優里は若い安西と浮気関係になってしまうのだろうか、

それとも河野の後ろにいる怪しい男たちの餌食にされてしまうのだろうか。

 

京子は旦那に浮気を問い詰めるのだろうか。

 

菜美以外にも謎が多く散らばっていそうだ。

 
 

もずく 30歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報