奥様は、取り扱い注意の最終話ネタバレ!綾瀬はるかは死んだのか?

      2017/12/13

 

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」

の最終話10話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

綾瀬はるかさん演じる菜美を

マークしていた公安の勇輝こと西島秀俊さん。

 

最初こそ任務で近づいたものの菜美を本気で愛してしまった勇輝は

普通の主婦として暮らすため、優里(広末涼子)の事件に関与しないように忠告しますが

それを聞き入れない菜美。

 

最後は銃声で終わりましたが、菜美は果たして本当に死んだのか?気になりますね!

 

と思いましたが違いましたね^^;

スポンサードリンク

 

奥様は、取り扱い注意事前情報と関連記事はこちら

 

奥様は、取り扱い注意ロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

 

奥様は、取り扱い注意10話見どころ予想

 

★小雪から菜美は勇輝の正体を知らされる。

 

それは菜美が所属していた国と敵対していた国の諜報員で有った。

 

勇輝のドイツで普通の主婦として暮らそうと言う提案を

見せかけは嫌だと菜美は断る。

 

優里は横溝に恐喝されていたが

勇気を振り絞って横溝に対抗、重傷を負わされてしまう。

 

菜美は優里の敵討ちを考えていた。

 

しかし、勇輝は強烈に反対した。

 

しかし、菜美は横溝とその仲間を倒す。

 

勇輝は何故か家から出て行った。

 

横溝とその仲間は、

勇輝の組織の中のチンピラグループで有ったのである。

 
 

Kazu464

 

奥様は、取り扱い注意10話あらすじ

 

奥様は、取り扱い注意9話ネタバレと感想はこちら

 

 

菜美(綾瀬はるか)が、愛する旦那・勇輝(西島秀俊)の本当の姿を小雪(西尾まり)から知らされた夜、史上最大の“夫婦喧嘩”が勃発した!!自分のすべてを尽くした死闘の中でお互いへの愛を再確認した菜美と勇輝は、一時“休戦”。任務のために菜美に近づきながら本気で菜美を愛してしまった苦悩を打ち明けた勇輝は、“普通の主婦”としてドイツで暮らすことを提案する。しかし、お行儀の良い、見せかけだけの“未来”を菜美は受け入れることはできない。

そんな中、優里(広末涼子)は久々に啓輔(石黒賢)の思いやりに触れ、横溝(玉山鉄二)との対決を決意。しかし横溝は自分に服従している主婦たちへの見せしめに優里に暴力をふるい、優里は重傷を負って入院してしまう。勇輝は菜美に、これからも2人が夫婦でいるために優里の事件を“黙殺”するように忠告。しかし京子(本田翼)から優里が佳子(宮下今日子)と接触していたと聞いた菜美は、事件の真相を明らかにするために動き出す…。

優里は、自分の過ちをふくむすべてを菜美に告白。親友の“幸せ”を守るために、菜美は横溝への復讐を決意する。しかしそれは、菜美と勇輝の“幸せ”の終わりをも意味していて…!?

 

※番組HPより引用
http://www.ntv.co.jp/okusama/

 

 

キャスト

 

伊佐山菜美(綾瀬はるか)

優里(広末涼子)

京子(本田翼)

勇輝(西島秀俊)

知花(倉科カナ)

中尾明慶

銀粉蝶

石黒賢

受講生・夏希(高岡早紀)

 

奥様は、取り扱い注意10話ネタバレ

 

菜美(綾瀬はるか)は小雪(西尾マリ)から勇輝(西島秀俊)は公安の人間であると言われる。

 

戸籍経歴は完璧に偽装、会社の資金の流れを見ても、怪しいと思える物は無かった。

 

ただ、家の売買記録の紅葉不動産?は麹町の不動産で

仲介業者、店舗の存在しない、ペーパーカンパニーだった事を知らされる。

 

 

菜美は夕ご飯の支度を理由に勇輝の帰る時間を聞く。

 

勇輝が帰ってきたら、夕ご飯の支度してた菜美が持って居る包丁を勇輝に投げつける。

 

2人は格闘をするが、2人の記念写真が棚から落ち割れた機会に格闘を終える。

 

 

2人はコーヒーを飲みながらはなす。

 

菜美は勇輝から

「中国で戸籍を買ったブローカーから足がついた。テロ対策で網を張って間もないころ偶然君が引っ掛かった、

菜美がSクラスだと知って仲間は湧いた、俺たちの世界で有名であった。」と言うのを聞く。

 

勇輝は「不可解な行動を探れと命令が下り片山菜美を追いかけていたが、

菜美と顔を合わせた瞬間、任務が抜け落ち一目惚れしてしまった。」と言う。

 

勇輝は日本の監視を逃れるためドイツへ行くこと菜美に提案するが、

それでも、監視を死ぬまでされるのは嫌だと言う。

 

 

優里(広末涼子)は横溝(玉山鉄二)とその仲間にあって居た。

 

優里は横溝の絶対言いなりにはならないと言うと、

見せしめとして、横溝は暴力を加えろと仲間に指示、優里は大怪我をしてしまう。

 

横溝は階段から落ちたと言えと言う。

 

 

菜美は京子(本田翼)と優里を見舞う。

 

帰りに京子から優里は桂子(宮下京子)と付き合っていて合コンへ行っていたと聞く。

 

 

後日、菜美は一人で花を持って優里を見舞いする。

 

優里は菜美に今迄の事を全部告白し旦那にも言おうかと言うが、

「ちょっと隠し事があった方が良いよ」と言う。

 

菜美は桂子を捕まえ、横溝の居場所を聞く。

 

菜美は小雪と横溝の居場所へ行って、映像を全部取返しパソコンも全部壊してしまう。

 

 

横溝の仲間は桂子と一緒に京子の家へ行って京子を攫ってしまう。

 

横溝は優里の家へ来る。

 

優里は京子の攫れたと言う電話を聞きながら、横溝の倉庫へ来いと言うのを聞く。

 

菜美は勇輝の勧めた格闘技を着て倉庫に行って一気に子分どもを倒し京子を取り戻す。

 

家に帰った菜美、待って居たのは夫・勇輝。

 

勇輝はピストルを持ち菜美の額を狙って居た・・・

 

そして、バ~~~ンとピストルの発射音が響く・・・

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

奥様は、取り扱い注意10話感想

 

★勇輝は公安の人間で有った、諜報人の菜美を中国で戸籍を買った頃から知って居て上からの不可解な行動を探れと命令が下り片山菜美を追いかけていた居たのである。
しかし、一目惚れをしてしまい愛情が生まれた時から菜美が起こした事件の尻拭いしていた。
2人は相対する立場で有った、普通の夫婦の様な幸せな生活をしたかったが愛情と猜疑心の有る2人にはかなわぬ夢であった。
一般人である事は幸せで有ると言う事を教えているようで有った。

Kazu464(70歳)

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報