コウノドリ2の10話9話ネタバレ感想!不育症患者・沙月役に野波麻帆

      2017/12/13

 

ドラマ「コウノドリ」

の10話と9話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

不育症患者・沙月役に野波麻帆さんが出演します。

 

実力派の妊婦役はさらに感動ものになりそうですね!

 

スポンサードリンク

 

コウノドリ2の事前情報と関連記事はこちら

 

コウノドリ2のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて

 

コウノドリ2の9話見どころ予想

 

★9話では、不育症のお母さんが出てくるようだ。

 

どんな症状なのかわからないが、

赤ちゃんがちゃんと育ってくれないということだろうか?

 

ちゃんと育たないということは、きちんと出産できるのか、

さらには生まれたとしてもなにかの障害のリスクがあるのだろうか。

 

無事に元気に赤ちゃんが生まれてきてくれることが一番だが、どうなるのだろうか。

 

四宮の父親が倒れたとの連絡があったが、こちらもどうなるのか。

 

さらに四宮の大学の研究室での話もなかなか切り出せないでいそうだ。

 
 

もずく 30歳

 

コウノドリ2の9話あらすじ

 

コウノドリ2の8話ネタバレと感想はこちら

 

 

過去2回流産をしている妊婦の篠原沙月がサクラ(綾野 剛)の元を訪れた。
不安そうに診察を受ける沙月。診断の結果、今回もエコーに映った胎児に心拍はなかった…。
3回目となった流産に不育症を自ら疑う沙月。現代医学でも、まだまだわからないことが多いこの病にサクラはどう向き合うのか。
一方、父・晃志郎(塩見三省)が再び倒れたと聞いた四宮(星野 源)。石川県能登に帰省した矢先、晃志郎が診察をしていた妊婦に早剥の疑いが。
一刻を争う事態の中、自らが執刀するしかないと言う晃志郎を見かねた四宮が、父に代わり緊急カイザーをする。
その頃、下屋(松岡茉優)は、救命の忙しない現場で患者の症状に対応できず、悔しい思いをしていた。
そんな中、36週の妊婦が緊急搬送される。下屋は産科時代の知識を活用し、緊急カイザーを提案するが…。
ペルソナ総合医療センターのサクラ、下屋、小松(吉田羊)、白川(坂口健太郎)、四宮、今橋(大森南朋)がそれぞれの思いを抱え、動き出す第9話─。

 

※番組HPより引用

http://www.tbs.co.jp/kounodori/

 

 

キャスト

 

綾野剛

松岡茉優

吉田羊

坂口健太郎

星野源

大森南朋

佐々木蔵之介

古畑星夏

江口のりこ

平山祐介

清野菜名

浅野和之

宮沢氷魚

松本若菜

志田未来

泉澤祐希

高橋メアリージュン

ナオト・インティライミ

土村芳

福士誠治

 

コウノドリ2の9話ネタバレ

 

2度の流産を経験していた沙月は

3度目の妊娠も流産してしまった。

 

サクラは初期の流産は母親のせいではないと説明した。

 

沙月は不育症か聞いた。

 

 

会議で、沙月が不育症の検査を希望している

との話が出た。

 

不育症は判断の基準が難しく、

死産や生後1週間での死亡も不育症と判断される。

 

流産も珍しくなく6,7人に1人はあり得ることだ

と知ってもらうべきではないかとの話になった。

 

沙月の手術は翌日に予定されていた。

 

 

四宮はカルテをサクラに預けると

実家へと帰って行った。

 

 

翌日、

赤西は救命の研修医としてやってきた。

 

沙月の手術が行われた。

 

沙月は3年前の母子手帳を手にし、

当時を思い出していた。

 

 

岸田は沙月に不育症の検査の説明を行った。

 

検査をしても原因がわからないこともあるが、

だからといって落ち込まなくていいと話すが、

沙月は原因が知りたいと言う。

 

岸田はストレスを溜めないことが一番の薬だと話した。

 

 

小松はロビーで沙月に声を掛けた。

 

沙月は1人目の子のことが未だに忘れられていない、

母子手帳も捨てられずにいると話した。

 

小松は無理に忘れることはないんじゃないかと言った。

 

四宮の父親のところに早期剥離かもしれないと

看護師が駆け込んで来た。

 

すぐに行くと言う父親に四宮は俺がやると言った。

 

四宮が手術に向かうと

妊婦の夫から四宮先生が手術するんじゃないんですかと聞かれる。

 

そこへ父親がやってきて私の息子です、

信じてやってくださいと話した。

 

準備をし、四宮の緊急帝王切開が始まった。

 

四宮の適切な指示により無事女の子が生まれた。

 

 

今橋は小松を飲みに誘った。

 

今橋は沙月の心配をしている小松の心配もしていた。

 

今橋はいつペルソナを辞めてもいいと思っていると話した。

 

精神的にも肉体的にも辛いが

まだここにいるのは自分がいたいと思っているからだと言った。

 

 

四宮は父親に妊婦の状態を話すと、

妊婦も上の子も自分が取り上げた、

お腹の子も取り上げたかったと話した。

 

四宮はよくここで仕事を続けてきたなと言うと、

ここが好きだからと答えた。

 

父親は帰ろうとする四宮を呼び止めると

ありがとうなと手を差し出した。

 

沙月の夫が家に帰ると、部屋は真っ暗で

沙月は寝室のベットでBABYの動画を見ながら横になっていた。

 

夫は子供がいなくてもいいと励ますが、

沙月には励ましになっていないと言われてしまった。

 

 

夜、お土産を持って四宮が帰ってきた。

 

 

翌日、

沙月の夫がサクラを訪ねてきた。

 

どうすれば妻を笑顔にしてあげられるか、

何もしてあげられないことが辛いと話した。

 

僕にできることは

今までのことを忘れさせてあげることなんでしょうと言ったが、

サクラは忘れなくていいんですと言った。

 

そして奥さんに寄り添って笑顔にしてあげたいとしている姿が

一番の治療になると思いますと言った。

 

 

白川は今橋にどこか小児循環器科を紹介してもらえないかと聞いたが、

自分の目で見てみたらいいと言った。

 

そして思う存分勉強してきてと言い、

またここに戻ってきて欲しいと言った。

 

 

救命に36週の妊婦が搬送されてきた。

 

下屋は分娩を最優先するべきだと思うと話した。

 

妊娠高血圧症候群の可能性も考え、

下屋の指示の元、緊急帝王切開が行われた。

いって

サクラは仙道の元を訪ねると、

命を助けることはできるが赤ちゃんのことは苦手なので

下屋がいてくれてよかったと話してくれた。

 

 

沙月が目を覚ますと、夫が買ってきたピアノで

BABYの曲を練習していた。

 

その姿を見た沙月は寝室に戻ると涙をこぼした。

 

 

後日、

沙月の不育症の結果が出た。

 

どれも正常の範囲内だった。

 

不育症の原因がわかり治療をした人の出産率は85%、

不育症の原因がわからず治療をしなかった人の出産率も85%

とサクラは言った。

 

そしてサクラは次の妊娠に進めるということがわかったと話した。

 

不安ですよね、怖いですよねと言うと

沙月は泣き出し子供がほしくて諦めきれなくてここに来ているが、

妊娠していないとわかると少しホッとしている自分がいる、

一瞬でも赤ちゃんがお腹の中に宿ることが怖いと言った。

 

こんなんじゃ母親になる資格ないですよねと言うが、

小松はそんなこと言わなくていいんだよと諭した。

 

夫が子供が好きなことを知っているのに、

子供を抱かせてあげられなくてごめんねと沙月が言うと、

俺も何もしてやれなくてごめんと言った。

 

サクラは流産を繰り返すということは心に大きな傷を負います、

気持ちを整理するには時間も必要ですと言い、

でも次はきっと大丈夫と力強く言った。

 

 

それからしばらくして沙月がやってきた。

 

サクラはエコーを見ると

赤ちゃんの心拍が確認できましたと伝えた。

 

エコーを見た沙月は声を上げて泣き出した。

 

沙月は嬉しそうにエコー写真を夫に見せた。

 

担当した妊婦さんの様子を見に行った帰り、

下屋が医局にやってきた。

 

サクラは頑張れよと声を掛けると、

下屋は絶対サクラと四宮を超えますからと言って戻って行った。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

コウノドリ2の9話感想

 

★不育症という名前は初めて聞いた。流産を繰り返すことで心のストレスが原因なのだろう。私の母も、友人も流産を経験しているのできっと私が思っている以上に悲しかったんだろうな、辛かったんだろうなと思ってみていた。友人から今手術してきたと連絡をもらった時は私も辛かった記憶があるので…沙月は最後3回の流産を乗り越え4度目の妊娠をすることができた。無事十月十日赤ちゃんが無事に成長してくれたらいいなと願うばかりだ。今回は救命にいった下屋の活躍も見れてよかった。

もずく 30歳

 

コウノドリ2の10話予想

 

★10話では、出生前診断が取り上げられるようだ。この診断を選択することは前回のシリーズでやっていた羊水検査とはどこが違うのか気になる。生まれる前に病気や障害がわかった場合、家族はどんな決断を下すのだろうか。全て承知の上で出産に踏み切るのか、または赤ちゃんを諦めるのか。自分が妊娠した場合診断を受けるのか、いろいろなことを考える回になりそうだ。

もずく 30歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報