先に生まれただけの僕10話9話ネタバレ感想と見どころ予想

      2017/12/10

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」

の10話と9話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

スポンサードリンク

 

先に生まれただけの僕の事前情報と関連記事はこちら

 

先に生まれただけの僕のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

 

森川葵の演技力や彼氏の噂や経歴について!髪型や服もかわいい!

 

瀬戸康史の彼女・好きなタイプや性格について!経歴も気になる!

 

先に生まれただけの僕9話見どころ予想

 

★バスケ部の保護者からのクレームが出る。

 

遠征試合を勝手に組んだコーチの熱川は、

負担経費を保護者の出して貰おうとしていたのである。

 

鳴海は遠征試合を止めるよう説得したが

熱川は選手を強くするためと言って聞いて呉れない。

 

高校全額負担で遠征させるには金額が大きすぎる、

悩んだ鳴海は樫松物産を訪れる。

 

宿泊場所を樫松物産の保養所を使わせて貰うことにし、

移動手段を樫松物産の持っている展示会用に使っているバスを借りることとする。

 

 

入学試験の目標数を確保には1000人程度の受験生に

個別相談に来て貰わないと達成ができないと言われ、

鳴海は受験生にアイディア発表のイベントを開く事にする。

 

なんでも思った居ることを言って呉れれば

可能な限り実行するということである。

 

中学生の時の不満を言えると有って

これが好評直ぐ1000人以上が来たのである。

 
 

Kazu464(70歳)

 

先に生まれただけの僕9話あらすじ

 

先に生まれただけの僕8話ネタバレと感想はこちら

 

 

バスケ部に所属する生徒の保護者たちが怒っていると顧問である河原崎(池田鉄洋)から聞かされた鳴海(櫻井翔)。
その理由は、部活強化のために雇ったバスケ部コーチ・熱川(松田悟志)が遠征試合を組み、保護者の負担する費用があまりに高額だった為であった。熱川から遠征試合について何も聞かされていなかった河原崎は、彼に怒りをぶつけ、それに対し熱川は、遠征はバスケ部を強くするために必要だと主張。板挟みになった鳴海は困惑する。

職員会議では、来年度の入学試験のことが議題に挙がる。来年度の生徒を目標数獲得するには、1000人程度の受験生に個別相談に来てもらう必要があることを知り、鳴海は驚愕。“すべり止め”校である京明館が、どうすれば受験生を増やし、目標の入学者数を確保できるか、教師たちはアイデアを出し合う。
一方、鳴海と聡子の関係はさらにすれ違いを生み、二人の関係に悩む聡子(多部未華子)は、仕事でミスを犯してしまう。また、聡子の思いに気付かない鳴海は、ちひろ(蒼井優)に対し、聡子に指輪をどのようにして渡せばいいかを相談。相談を受けたちひろは複雑な思いを抱く。

 

※番組HPより引用

http://www.ntv.co.jp/sakiboku/

 

 

キャスト

 

櫻井翔

高嶋政伸

多部未華子

平山浩行

松本まりか

風間杜夫

森川葵

木南晴夏

木下ほうか

瀬戸康史

蒼井優

池田鉄洋

荒川良々

秋山菜津子

井川遥

 

先に生まれただけの僕9話ネタバレ

 

河原崎先生(池田鉄洋)が校長室に来てバスケ部にクレームが来ていると言う。
遠征をすると言うのである、費用が一人当たり54,000円掛ると言うのである。
バスケ部コーチ熱川(松田悟志)は弱いバスケ部を強くする為、長野、石川、三重の遠征を考えていると言うのである。
バスケ部の父兄が来て言うには、子供達は「コーチが新しく成ってからバスケの練習が面白く成って来た、遠征に行きたい」と言って居ると説明する。
「是非、遠征を遣ってもらいたい、14,000円位は負担しても良い」と言うのである。
鳴海校長(櫻井翔)は柏木副校長(風間杜夫)と経費を試算すると60万円を学校側で負担しなければ成らない事が分かる。
鳴海はバスケ部の所に行き「バスケ部の部員に60万円借金を与える、ただし、1勝したら1万円返した物とする、60勝すれば借金は無くなる」と説明する。

職員会議では来年度の生徒獲得の話が有り、目標人数を達成する為には1,000人位の個別相談をしなければ成らないと島津先生(瀬戸康史)が説明する。
後日の会議、鳴海はチラシ配りを提案、綾野(井川遥)はブログ発信を提案ホームページからリンク出来る様にすると言う、また、イブニング個別相談(午後5時から9時迄)の話も出る。
これらの働きの効果が出て途中経過として500人までは確保出来る。

聡子(多部未華子)はロンドン出張でプレミアサッカーのチケット手配を忘れるミスをおかす。
後藤田(平山浩行)は上司の私の責任と加賀谷専務(高嶋政伸)に謝る。
加賀谷専務は誰にでもある事と言って許す。
鳴海は聡子に渡す婚約指輪を買って居た物の渡せないでいた。
聡子が夕食を作りに来た時渡そうと思ってもその機会を逃していた。
聡子は鳴海と別れる事を考えていた。

加賀谷専務は娘を鳴海の学校に預ける事は耐えられない気持ちであった。
鳴海を会社に呼び学校に転籍するか校長を辞めて会社に戻るか考えろと言う。

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

先に生まれただけの僕9話感想

 

★鳴海校長の学校に対する思いは段々強く成って行って今は面白くてしょうがない様子で有る。
チラシ配り、ブログ発信、イブニング個別相談ら反対していた先生方も協力するようになった。
バスケ部の借金を部員払わせる発想は鳴海校長のプラス思考が現れていた。
問題は何時も有るが鳴海校長のプラス思考で解決する場面が多かった様に思える。

Kazu464(70歳)

 

先に生まれただけの僕10話予想

 

★鳴海は加賀谷専務に校長を続けたいなら高校に転籍しろと言われ事を機に「樫松物産」に戻る事とに成った。
しかし、高校に居た時の同僚と生徒の顔が思い出されてしょうがない。
「樫松物産」の仕事が手に付かないのである。
鳴海は加賀谷専務に「樫松物産」を辞めても、高校に戻りたいと言う・・・

Kazu464(70歳)

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報