陸王4話3話ネタバレ感想!竹内涼真(茂木)が遂に陸王に足を入れる

      2017/11/06

 

ドラマ「陸王」

の4話と3話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

竹内涼真さん演じる茂木が遂に陸王に足を入れるようです。

 

しかし、ソールの薄さゆえに安定感がなく・・・

 

安定感を出していくことが今後の課題になりそうですね!

 

スポンサードリンク

 

陸王の事前情報と関連記事はこちら

 

陸王のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャスト・視聴率についてはこちら

 

山崎賢人の彼女の噂や学歴が気になる!髪型もかっこいいと話題!

 

上白石萌音の彼氏の噂はある?妹は上白石萌歌!陸王出演で話題

 

寺尾聰の奥さん・子供や年収について!実は二世俳優?父はあの人!

 

竹内涼真の髪型がかっこいいしかわいいと話題!兄弟・彼女について

 

和田正人と彼女・吉木りさの結婚はいつ?身長・プロフィールについて

 

佐野岳がかっこいい!演技力や彼女の噂、小林豊との仲について!

 

馬場徹の彼女やかっこいいイケメン兄の噂について!演技力の評価は?

 

小籔千豊の嫁(奥さん)・子供について!宗教でベジタリアンの噂の真相

 

陸王の3話見どころ予想

 

★宮沢はランニングシューズのプロジェクトに加わり、

本格的なソールを開発しようとしていたが、

経理担当の富島専務が如何して

宮沢は会社を倒産させたのか疑いだす。

 

一方、茂木は

「こはぜ屋」から贈られた足袋型のシューズを履いてみる。

 

足袋型のシューズのソールの不安定さの為に

走るスピードが極端に落ちてしまう?

 
 

Kazu464(70歳)

 

陸王3話あらすじ

 

陸王2話ネタバレと感想はこちら

 

 

宮沢(役所広司)の懸命な説得によって、「陸王」開発にかかせない素材「シルクレイ」を使用できることになったこはぜ屋。飯山(寺尾聰)は特許使用の条件として、自分自身も陸王の開発チームに加わりたいと申し出る。こうして陸王の本格的なソール作りが始まろうとしていた。しかし富島(志賀廣太郎)は、一度は会社をつぶした飯山という人間が果たして信用できるのか懐疑的な目を向けていた。
一方、アトランティスからスポンサード契約を打ち切られた茂木(竹内涼真)は、怪我を治すため藁をも掴む思いで宮沢が送った陸王に足を入れた。その履き心地に驚きを隠せない茂木だったが、走るうちにソールの不安定さが露呈して…。

 

※番組HPより引用

http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/

 

 

キャスト

 

役所広司

山崎賢人

檀ふみ

上白石萌音

寺尾聰

キムラ緑子

竹内涼真

志賀廉太郎

内村遥

阿川佐和子

吉谷彩子

春やすこ

上村依子

天野義久

和田正人

宇野けんたろう

佐野岳

桂雀々

風間俊介

馬場徹

光石研

ピエール瀧

小藪千豊

 

陸王3話ネタバレ

 

足袋製造会社「こはぜ屋」の息子・大地(山崎賢人)は、

会社の就職に困難を極めていた。

 

 

社長・宮沢(役所広司)も資金繰りで銀行と掛け合うものの

実体のない「陸王」の開発費2000万円の融資を断れていた。

 

 

飯山(寺尾聡)も「シルクレイ」の

靴底の適切硬度(50~70)が出ない事で悩んでいた。

 

 

専務の富島(志賀廣太郎)は、先代の社長が

スポーツシューズの開発の失敗の例を出し

宮沢社長へ開発を辞めるように進言していた。

 

大地は飯山の開発している所に来て一寸だけ手伝いをする。

 

就職の失敗を繰り返していた大地は、時々開発場所に来ていた。

 

開発の手伝いを大地にさせたらと言う

従業員の勧めが有ったが、宮沢社長は反対していた。

 

しかし、飯山の推薦も有り大地を手伝わせることにする。

 

 

ある日、スポーツ用品店の有村(光石研)に会いに行った宮沢社長は

偶々来ていた元融資担当の坂本(風間俊介)と会う。

 

2000万円の融資を借りる事が出来なかったら、

宮沢社長の定期預金解約の手が有るとアドバイスする。

 

飯山と大地の開発は困難を極めていた。

 

大地は飯山が不可能な事を知って居ながら・・と疑いだす。

 

飯山と大地は開発の事で口喧嘩をする。

 

 

不貞腐れて家に帰った大地。

 

その夜、宮沢社長と大地は飯山の所にコーヒーを持っていく、

工場は真っ暗で人の気配が無かったが、

倉庫の方で微かな音を聞いた宮沢社長、倉庫に居る飯山を発見する。

 

3人はコーヒーを飲んで休む。

 

 

次の日、

冷めたコーヒーを飲んだ飯山昨日と味が違う事に気が付いた。

 

係長の安田(内村遥)が実家がコーヒー店をしていて、

コーヒーの味の違いは温度にある事を言う。

 

飯山と大地は眉を溶かす温度を変える事にする。

 

 

宮沢社長は定期預金を解約することを銀行に伝える。

 

 

実業ランナー茂木(竹内涼真)フォームを変えた後スランプに陥っていた。

 

「陸王」は走りやすかった。

 

しかし、練習用では良いが、

耐久性の問題で実用は無理で有る事に気が付いていた。

 

坂本の計らいで、茂木に会う事が出来た宮沢社長は

「陸王」は「まだ開発途中です協力してください」と言う。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

陸王3話感想

 

★コーヒーの味が温度で変わる事は知らなかったし、

サラリーマンで通した私にとって会社の経営者は

身元保障のため定期預金をしている事も知らなかった。

 

飯山が大地に言った

「酒を飲んできたろう!不味かったよな!

不貞腐れて飲む酒は美味い訳が無い、成功させて美味い酒を飲もうよ!」

と言ったのが印象的であった。

 

最後の温度試験が成功した場面では涙が・・・

 
 

Kazu464(70歳)

 

陸王4話予想

 

★宮沢社長は居酒屋「そらまめ」で

「陸王」目途が付いたので従業員を労る。

 

茂木は怪我と年齢を理由に社業専念を勧められる。

 

茂木は行く末を考えていた所へ、

スポーツの大会社の茂木を推しているコーチ?が、

茂木を推すなら会社を辞めろと言われたのを機会に会社を辞めてしまい、

茂木と徹底的にフォーム、シューズらを検討し始める。

 

茂木が「こはぜ屋」社長を思い出し、

茂木を推しているコーチ?に紹介、

三者共同で茂木の再起に掛ける。

 
 

Kazu464(70歳)

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報