陸王7話6話ネタバレ感想!飯山を襲った黒ずくめの男は何者か?

      2017/11/27

 

ドラマ「陸王」

の7話と6話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

前回、飯山を襲った黒ずくめの男は

結局何者か?ってところが気になりますが、

そこの説明ってありましたっけ?

 

踏み倒された借金取りとか?

また狙われることはないのでしょうかね?

 

スポンサードリンク

 

陸王の事前情報と関連記事はこちら

 

陸王のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャスト・視聴率についてはこちら

 

山崎賢人の彼女の噂や学歴が気になる!髪型もかっこいいと話題!

 

上白石萌音の彼氏の噂はある?妹は上白石萌歌!陸王出演で話題

 

寺尾聰の奥さん・子供や年収について!実は二世俳優?父はあの人!

 

竹内涼真の髪型がかっこいいしかわいいと話題!兄弟・彼女について

 

和田正人と彼女・吉木りさの結婚はいつ?身長・プロフィールについて

 

佐野岳がかっこいい!演技力や彼女の噂、小林豊との仲について!

 

馬場徹の彼女やかっこいいイケメン兄の噂について!演技力の評価は?

 

小籔千豊の嫁(奥さん)・子供について!宗教でベジタリアンの噂の真相

 

陸王の6話見どころ予想

 

★茂木は4代目「陸王」を履いて走る事に成った。

 

3区では茂木の属する「ダイワ食品」は3位で有った、

しかし、4区を走るエース立原が

日頃の疲れからか順位を落としていった。

 

6区を走る茂木へタスキが渡され、茂木は最初慎重に走る、

4代目「陸王」に慣れる為である。

 

「こはぜ屋」の応援者は皆しょげ返る。

しかし、区間の中間地点から速度が増していく。

 

茂木には怪我の後遺症が出るか心配で

中間地点まで抑えようと最初から思って居たのである・・・

 
 

Kazu464(70歳)

 

陸王6話あらすじ

 

陸王5話ネタバレと感想はこちら

 

 

いよいよ始まったニューイヤー駅伝。怪我から復帰し、メンバーに選考された茂木(竹内涼真)が選んだシューズは、アトランティス社の「RⅡ」ではなく、こはぜ屋の「陸王」だった。決意を新たに自分の出番を待つ茂木。レースがスタートしてから順調にタスキをつなぐダイワ食品は、3位という絶好のポジションで、4区を走るエース・立原(宇野けんたろう)がスタート。
みんなの期待を一身に背負い走り始めた立原だったが、連戦の疲れからか、ほどなく失速してしまうと次々と順位を落としてしまった。先頭から大きく差をつけたられたダイワ食品チームだが、いよいよ6区を走る茂木へタスキがつながれる。同じ区間を走る毛塚(佐野岳)と静かに火花を散らす茂木。そんな茂木の力走に、声をふりしぼって声援をおくる宮沢(役所広司)らこはぜ屋のメンバーたち…果たして勝負の行方は!?

 

※番組HPより引用

http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/

 

 

キャスト

 

役所広司

山崎賢人

檀ふみ

上白石萌音

寺尾聰

キムラ緑子

竹内涼真

志賀廉太郎

内村遥

阿川佐和子

吉谷彩子

春やすこ

上村依子

天野義久

和田正人

宇野けんたろう

佐野岳

桂雀々

風間俊介

馬場徹

光石研

ピエール瀧

小藪千豊

 

陸王6話ネタバレ

 

2018年上州路?ニューイヤー駅伝が始まる。

 

「こはぜ屋」の面々は皆応援に来ている。

 

 

ダイワ食品は3区までは3位、

4区はダイワ食品のエース立原(宇野けんたろう)である。

 

タスキを受けた立原は連戦の疲れからか

ドンドン順位を下げていく。

 

6区は「陸王」で走る茂木(竹内涼真)である。

 

8位でタスキを受けた茂木は順調に走り

3人抜きの5位に成って居た。

 

6区にはライバルのアジア工業・毛塚(佐野岳)も居た。

 

茂木は何時の間にか毛塚の後ろに付いていた。

 

茂木と毛塚は追つ追われつのデットヒートの争いである。

 

一旦、茂木は毛塚を追い越す、

しかし、直ぐ毛塚の後ろに付く。

 

「こはぜ屋」の社長・宮沢(役所広司)に

シューフィッターの村野(市川右團次)は

風が強く成ったのを読み茂木に有利に成って来たと言う。

 

茂木は機を見て一気に毛塚を追い越す。

 

 

試合後、茂木は最高のシューズだと言い、

「陸王」を履いて勝ち続けたい、そして今度は俺が

「こはぜ屋」さんの力成りますと言ってくれる。

 

宮沢は「陸王」を商品化するかどうか迷って居たが、

村野の茂木のサポートを続けるべきと言ったのを機に商品化を図る。

 

しかし、売れ行きは良くなかった。

 

宮沢は商品売り場の責任者と話したが、

シューズ売り場では無理、足袋売り場なら・・と言われる。

 

 

宮沢は「陸王」を此の侭続けて行くかどうか悩む。

 

村野は「陸王」を履いて走りたいと言う選手が

2人(阿部?・彦太?)居ると話す。

 

大地(山崎賢人)も「陸王」の素晴らしさを

選手達に知って貰うべきだと言う。

 

 

タチバナラッセルの社長・橘が

アトランティスの小原部長(ピエール・瀧)と佐山(小藪千豊)の接待を受けていた。

 

「陸王」のアッパーが優れた素材である事を知ったからである。

 

「こはぜ屋」の10倍、100倍の金を出しても

R2のアッパー素材に独占で使いたいと言う申し込みで有った。

 

社長・橘は資金繰りで苦労していたので受ける事にする。

 

この話を銀行の大橋(馬場徹)から聞いた宮沢は

大地とタチバナラッセルに乗り込む。

 

橘社長の家族と社員の為という話を聞いた宮沢は

納得し帰ろうとした時に小原部長と佐山に会う。

 

宮沢は小原部長と佐山へ

「橘のアッパー素材を使って世界一のシューズを造ってください、

そうでないと開発した彼らにあまりにも失礼である。」と言う。

 

橘社長は宮沢社長と大地の後ろ姿に頭を下げる。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

陸王6話感想

 

★大会社のアトランティスは金で何でも処理しようとしている、

最高の設備でシューズを造っているにも拘らず、

デジタル機械では出来ない縫製ではと言う場面が有った。

 

今、デジタルの進歩は素晴らしいものである。

 

縫製は柔らかい素材を人の手で行う物で有るので

機械では無理と言う事であろう。

 

将来、人の手に変わる様な機械は出来るであろうか?

 

メンタル部分は如何であろうか?

 

茂木は最高のシューズと言ったが、

茂木専用で最高のシューズと思わせるシューズと考えられないだろうか?

 
 

kazu464(70歳)

 

陸王7話予想

 

★アッパー素材の使用を橘社長に断られ

大地は代わりに成る物を探していた。

 

そんな中、シルクレイ製造機が故障する。

 

絶体絶命の宮沢の前に現れたのは、

前の融資担当・坂本で有った。

 

坂本はアトランティスとタチバナラッセルが揉めていると言う。

 

それは、アトランティスが余りにも増産を要求する為、

従業員から不満がでて辞める従業員も出て来たという事であった。

 

宮沢は二度と行かないと言ったものの

タチバナラッセルへ足を向ける・・・

 
 

kazu464(70歳)

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報