オトナ高校の8話7話ネタバレ感想・見どころ予想!

      2017/12/05

 

ドラマ「オトナ高校」

の8話と7話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

スポンサードリンク

 

オトナ高校の事前情報と関連記事はこちら

 

オトナ高校のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

 

竜星涼の彼女の噂や演技力の評判について!髪型もかっこいいと話題

 

松井愛莉の彼氏の噂や演技力の評判について!髪型がかわいいと話題!

 

オトナ高校7話見どころ予想

 

★ついにオトナ高校も最終章に突入するようだ。

 

国家機密だったオトナ高校がバレてしまったことにより、

公表し積極的にアピールするということになっていたが

実際はマスコミやメディアが押し掛ける毎日になるようだ。

 

さらにはまさかの秀人と真希が同棲?!

なにがどうなってそうなったのだろうか?

山田を巡るヒミコとヤルデンテの戦いも目を離せないかもしれない(笑)

 
 

もずく 30歳

 

オトナ高校7話あらすじ

 

オトナ高校6話ネタバレと感想はこちら

 

 

 オトナ高校の校庭で永遠のスペア処女・園部真希(黒木メイサ)に人生初の愛の告白をしたエリート童貞・荒川英人(三浦春馬)。しかしこの男、何かにつけて間が悪いのが常…。あれこれ邪魔が入り、結局は真希の返事を聞けないまま、英人の告白は宙ぶらりんになってしまう。しかし、返事を待ちきれない英人は放課後、再び真希に突撃。すると「月曜まで待って」という、あんまりいい予感のしない言葉と、妙にとげとげしいリアクションを返されてしまい…!

 実は、英人にとって月曜はもうひとつの運命が懸かった日。55歳童貞部長・権田勘助(高橋克実)とともにニューヨーク出張へ旅立つ日だったのだ。一大プロジェクトのための出張ゆえ、どうしても参加したい英人だが、オトナ高校の生徒である限り、授業の欠席は絶対に認められない…。もう諦めるしかないのか…と、落ち込む英人。そこへ、どんな運命のいたずらか!? オトナ高校の教師・姫谷さくら(松井愛莉)と真希から同タイミングで、食事のお誘いメールが届く。しかも、2人とも日曜の夜を指定してきたのだ! うまく事が運べば、日曜中に童貞とオトナ高校を卒業し、出張に参加できるかもしれない――スケベ心が働いた英人は、あれほど真希に本気の告白をしておきながら、なんと2人とのデートをWブッキング! 仕事の電話がかかってきたなどと稚拙な言い訳をしては、それぞれとの食事を何度もハシゴし、完全に間違った方法でガツガツ口説き落とそうとするが…!? さらに、そんな英人が許せない権田は嫉妬に燃えて動き出す…!

 そんな中、急展開! 真希が英人に「同棲しましょう」と切り出し、自分の荷物を送りつけてきたのだ! 突如として始まる珍同棲生活。しかし重たすぎる思考の真希と、自分勝手で潔癖症な英人は、お互い一歩も譲らず、2人は「男と女が付き合うって一体何なんだ」という迷宮に迷い込むことに…。

 一方、オトナ高校の毒舌熱血教師・山田翔馬(竜星涼)に心を奪われてしまった処女・斑益美(山田真歩)と同性愛者の川本・カルロス・有(夕輝壽太)は、日々バトルを展開。ひたすら困惑する翔馬だが、国家から“ある責任”をなすりつけられ、窮地に陥ることに…!?

 

※番組HPより引用

http://www.tv-asahi.co.jp/otonakoukou/

 

 

キャスト

 

三浦春馬

高橋克実

竜星涼

松井愛莉

山田真歩

夕輝嘉太

正名僕蔵

杉本哲太

黒木メイサ

 

オトナ高校7話ネタバレ

 

秀人は真希に初めての告白をした。

 

真希が返事をしようとしていると、

そこにたくさんのマスコミが現れた。

 

教室に戻るとたくさんのカメラに囲まれ、

さらには政府関係者も来ていた。

 

ヒミコはマンガを、ヤルデンテはスポーツグッズを

子供のお土産にと山田に持って来ていた。

 

真希は月曜まで返事を待ってくれと言うが、

秀人は待てないと答えた。

 

月曜までに卒業しないとニューヨーク出張に同行できないと言うと、

ビジネスのために告白したのかと言われてしまった。

 

会社では秀人も権田も卒業できなければ

別の人間を出張に同行させると言われた。

 

 

日曜に食事に行かないかとさくらから連絡が来た。

 

すると真希からも同じく日曜に食事に行かないかとの連絡が来た。

 

秀人は両方に食事に行こうと返事をした。

 

 

日曜日、

秀人と真希はレストランで食事をしていた。

 

秀人は本気度を見せるために

通帳や将来購入予定のマンションのパンフレットを見せるが、

権田も同じ手口を見せて来たという。

 

さくらからいつまで待たせるのかと連絡が入ったので、

秀人はさくらのところへ向かった。

 

今度こそと通帳などを見せると

ダサいよと言われてしまった。

 

メインの料理が来てしまったとの連絡で

再び真希の元へ戻り食事をしていると、

さくらからもメインの料理が来たと連絡があり再び戻った。

 

さくらの元に戻り食事をしていると真希が現れた。

 

真希とさくらの板挟みになってしまい、

どちらと成長する気なのか聞かれた秀人はさくらに謝ると真希を選んだ。

 

秀人は脈があるならこれからどっか行かないかと誘うと、

秀人の部屋に行くことになった。

 

秀人の部屋に着くと、真希は今夜はしないから、

自分を変えたいと言い秀人の肩にもたれかかり眠ってしまった。

 

ワインの飲み過ぎで秀人もそのまま床で眠ってしまった。

 

 

目が覚めるとニューヨーク便の飛び立つ7時だった。

 

真希は約束の月曜だから返事をすると言うと、同棲しましょうと言った。

 

その日から真希と秀人の同棲が始まった。

 

外の服装のままベットに乗らないでくれ、

タオルは使ったら洗濯カゴに入れてくれ、

挙句の果てには料理にケチを付けた秀人。

 

それに怒った真希は気分が悪いからと先に寝てしまった。

 

 

翌日、

ケンカしたうえに隣同士で座っているのはつらいと思った秀人は

ノートにメモを書き真希に渡した。

 

お互い穏やかにとの話になり、

今夜食事にでも行かないかと誘うが

真希は会社の飲み会があると断った。

 

しかし秀人は白鳥も来ることが許せず、

飲み会での行動を連絡するようになど事細かに書いたノートを見せた。

 

それを見た真希はマジうざいねと言った。

 

さくらは権田に同棲なのにしてないなんて

ヤバくないですかと話していた。

 

そばにヒミコが隠れており、

さくらに山田の好みを教えてほしいと言った。

 

ヤルデンテも過去の交際歴を知りたいと言って来た。

 

秀人は山田に相談をしていた。

 

山田は亡くなった妻が自分のことを変えてくれたと話した。

 

そこにヒミコが人生初おにぎりですと持ってきた

ヤルデンテも店の弁当を持ってきた。

 

 

秀人は家に帰ると

二次会には行かなかった真希が帰ってきていた。

 

枕と毛布はソファーの上に置かれており、

結婚したらいくらでも一緒に寝れるでしょうと言われた。

 

秀人はなんで付き合っているんだろうとメリットとデメリットを書き出した。

 

起きてきた真希はそれを見てしまい、

さようならと家を出て行った。

 

真希は権田を呼び、

一緒にいると秀人の嫌なところばかり見えてきてと相談をしていた。

 

真希は一番でいるよりスペアでいた時の方が楽だったな、

秀人に彼女がいた方が本気になるんじゃないかと話した。

 

しかし権田はそれじゃダメだと背中を押すと、

真希は逃げてちゃダメだよねと帰って行った。

 

 

ヒミコとヤルデンテが店で料理をし言い合っていると、

酔っ払った山田が帰ってきた。

 

真希は勝負下着を身につけ秀人の前に現れた。

 

肩を押してほしいと言われるが、

秀人はSEXだけが目的だと思われたらいけないと手を出せずにいた。

 

しかし真希に女の私が覚悟を決めているのにと怒られてしまった。

 

いいのかと聞く秀人に、言わせないでよと答えた真希。

 

秀人が真希の洋服に手をかけようとするとインターホンが鳴った。

 

さくらと権田が訪ねてきた。

 

権田は真希に話があるといい、

告白しようとするとまたインターホンが鳴った。

 

今度はヒミコとヤルデンテが訪ねてきた。

 

山田が酔って帰ってきた、

オトナ高校を辞めさせられるらしいと言った。

 

国会議員が実績不足のため、

担任に責任を取らせろとの話らしい。

 

秀人は山田の元を訪ねると、

オトナ高校へ連れて行った。

 

 

そこには真希やヤルデンテたちが自転車に乗って待っていた。

 

盗んだバイクで走り出してみたかったという山田の夢を

自転車で走りだそうということだった。

 

そして窓ガラスは割れないがと夜の校舎に入り込んだ。

 

山田が教室のドアを開けるとクラスメイトが揃っていた。

 

みんなは山田にごめんなさいと頭を下げた。

 

山田は自分が不甲斐ないせいだと頭を下げた、

そしてみんなの優しさに触れることができて嬉しいと話した。

 

山田は来週いっぱいいると言うと、

ヤルデンテはみんなが卒業したらいいんですかと言った。

 

しかし山田はヒミコとヤルデンテに僕の心には妻がいると言い、

先に進むように言った。

 

 

秀人は権田と真希が体育館のほうに行くのを見かけてしまった。

 

さくらに真希のことやめちゃえばと言われるが、

秀人は放っておいてくれとその場を去った。

 

権田は真希に意識している、君に叩かれて病気から立ち直る兆候が見えた、

こんな俺でも君のことを好きになってもいいのかなと言った。

 

すると真希は

強引に奪うような気は無いのか、だからダメなんだと言った。

 

そこに秀人が好きになってくれたら誰でもいいのかと現れた。

 

真希はそういうのは重い、いちいち干渉しないでくれと言った。

 

私のことが好きなら、全部直して私に好かれるようにしてと言った。

 

それに対して秀人は、それはないでしょうと答えた。

 

だったらわたし達どうしたらいいのかと真希が言うと、

そこへさくらが現れ秀人にキスをした。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

オトナ高校7話感想

 

★奇妙な形で秀人と真希の同棲生活が始まった。

 

神経質なのか秀人は真希の行動に文句をつけるばかり。

 

それに嫌気がさす真希。

さらには真希に告白をする権田。

秀人にキスをするさくら。

 

最終回を目前にメインキャストの物語が次から次へと動き始めた。

 

真希に本気になっていく秀人を見ていて

さくらは秀人を奪いたくなってしまったのだろうか。

 

実はずっと秀人が好きだったのか?

なにかとちょっかいかけたり、邪魔したりしていたし…

 

秀人と真希が上手くいくのかは

さくらの行動にかかっているような気がする。

 
 

もずく 30歳

 

オトナ高校8話予想

 

★秀人たちは卒業する様子もなく最終回を迎えることに。

 

学校が突然閉校になってしまうようだ。

 

これは政府が実績不足という意見が反映されているのだろうか。

 

せっかく始まった第二義務教育は1期生だけで終わってしまうのだろうか。

 

しかし、なんとか閉校を逃れるために

卒業を目指そうと秀人たちは奮闘するようだ。

 

無事メインキャストを始め、

生徒たちは卒業することができるのだろうか。

 
 

もずく 30歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報