明日の約束の9話8話ネタバレ感想・見どころ予想!

      2017/12/06

 

ドラマ「明日の約束」

の9話と8話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

スポンサードリンク

 

明日の約束の事前情報と関連記事はこちら

 

明日の約束のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

 

工藤阿須加の彼女の噂や演技力について!髪型もかっこいいと話題

 

白洲迅がいいともで検索される理由とは?彼女の噂・本名についても

 

新川優愛が小顔すぎる?身長や彼氏・大学の噂、今現在の年収について

 

山口まゆがかわいい!彼氏の噂や演技力について!明日の約束に出演

 

明日の約束8話見どころ予想

 

★記者の小嶋に

「吉岡圭吾の死んだ理由を教えます」

と香澄から電話が入る。

 

以前、香澄は学校へ行き日向と霧島先生を呼び出していた。

 

香澄は隠れていて日向と霧島先生が香澄を探している間に

置いて行った霧島先生のカバンを開き

例の動画と圭吾の自殺の原因に関係ある書類を盗んで居たのである。

 

小嶋に会った香澄は、

圭吾も香澄も霧島先生の犠牲になっていた経緯を話し出す・・・

 
 

Kazu464(70才)

 

明日の約束8話あらすじ

 

明日の約束7話ネタバレと感想はこちら

 

 

1年生のバスケ部員・圭吾(遠藤健慎)が謎の死を遂げた。世間が部内のいじめによる自殺だと騒ぎ立てる中、まるで圭吾の復讐をするかのように、バスケ部の関係者が何者かに襲われる。圭吾はかつて、幼なじみの香澄(佐久間由衣)をいじめていた人間を仕返しのために襲っていて、バスケ部への襲撃事件は、恩を感じていた香澄による復讐だった。その香澄はさらに1人の襲撃を予告して姿をくらませた。

本庄(工藤阿須加)と婚約した日向(井上真央)は、両家の顔合わせに向かう途中、圭吾の妹・英美里(竹内愛紗)が援助交際をしている現場に遭遇。その結果、顔合わせに間に合わず、尚子(手塚理美)から「恥をかかされた」と物凄い剣幕で怒鳴られる。さらに、そんな母親の愚痴をもらす日向に本庄の態度が豹変。怒りをあらわにし、「親を悪く言うな」と日向に手をあげる。

逃げるように本庄の元を去った日向は、家にも帰れず、偶然通りかかった霧島(及川光博)と学校へ。するとそこへ、警察に追われている香澄から「学校にいる」と連絡が入る。2人は慌てて辺りを探し回るが、香澄の姿はどこにも見当たらない。その隙に、香澄は霧島の鞄からあるものを盗み出していた――。翌日、恋人からの暴力にショックを引きずる日向の自宅を、本庄が訪ねて来て、尚子にもその事実が知られることに…。
同じ頃、ジャーナリストの小嶋(青柳翔)の元には「吉岡圭吾が死んだ理由、教えます」と電話がかかってきて……。

一方、日向は、圭吾が自分と同じく、親の支配下で息苦しさを感じながら生きていたのではないかと考えていた。実際、ネット上では真紀子(仲間由紀恵)の“毒親”ぶりが次々に明かされ、誹謗中傷の的に。世論も一転し、真紀子が糾弾されていく…。
 

※番組HPより引用

https://www.ktv.jp/yakusoku/index.html

 

 

キャスト

 

井上真央

仲間由紀恵

工藤阿須加

白洲迅

及川光博

手塚理美

青柳翔

遠藤健慎

竹内愛紗

新川優愛

佐久間由衣

渡辺剣

井頭愛海

金子大地

山口まゆ

夏子

堀家一希

神尾佑

馬渕英里何

中林大樹

近江谷太朗

羽場裕一

 

明日の約束8話ネタバレ

 

和彦(工藤明日香)の部屋で日向(井上真央)が

母親・尚子(手塚理美)の悪口を言うと、

突然、和彦は人が変わった様に日向に迫って来た。

 

「親の悪口言うな!」

 

和彦は我に返り、日向に謝るが、

耐え切れず日向は外へ出る。

 

 

日向が外を歩いていると

後ろから霧島先生(及川光博)に声を掛けられ学校へ行く。

 

2人で話して居ると、香澄(佐久間由衣)から電話が入る。

 

校門前にいると言われたので、

2人で校門前まで行ったが誰も居なかった。

 

2人が出て行った部屋に香澄が現れ

椅子の上にあった霧島のカバンからパソコンを盗む。

 

 

日向が家に帰ると、尚子は昨日怒った事を日向に謝る。

 

 

次の日、

和彦が日向に急変して暴力を働こうとした事を謝りに来る。

 

それを聞いた母親は、突然、和彦を貶し始める。

 

日向の部屋で、和彦は小さい頃の両親の待遇を話す。

 

両親は兄を可愛がり、

そのうち兄は家庭内暴力を働くようになった。

 

毎日あざをつくりながらも

今は反抗期なんだろう・・・

と両親は兄を可愛がり続けることをやめなかった。

 

兄が亡くなった後、医大の試験に落ちた和彦に

両親は何も求めなかった。

 

和彦は冷遇されていたと言うのである。

 

そんな境遇から、日向の言葉が許せなかったのだと話した。

 

 

一方、週刊誌記者の小嶋(青柳翔)に

圭吾の妹・英美理(竹内愛沙)から電話が入る。

 

圭吾(遠藤健慎)の自殺の理由を話したいと言うのである。

 

そして英美理は小嶋に証拠を渡した。

 

 

その頃、学校では、

ネットで広まった圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)の「毒母」が噂されていた。

 

そして、真紀子の弁護士が学校へやってきて

告訴を取り下げるという。

 

理由を聞くと

夕方には明らかになるが

真紀子が圭吾の部屋を盗聴していたことがマスコミに流れたのだという。

 

 

しばらくして、

日向の部屋にバスケ部マネージャー・希美香(山口まゆ)が来る。

英美理から着たメールは自殺をほのめかしていたと聞く。

 

日向たちは急いで英美理の元へ向かう。

 

 

その頃、

英美理は家で真紀子のパソコンに入って居る圭吾の声を

世間に流し、パソコンから全て消した。

 

帰宅した真紀子にそれを伝えるが

それでも英美理に目を向けてはくれなかった。

 

最後に殺してくれてもいいから、私を見てほしかったという英美理。

 

そして、

私だけじゃない、お兄ちゃんの言葉も聞こうとしなかった。

お母さんが聞いているのはお兄ちゃんに言った自分の言葉だけだといい

施設に入るからと言って家を出る。

 

タクシーで駆けつけた日向と希美香は英美理に会う事が出来た。

 

日向と希美香は英美理の無事を喜んだ。

 

 

その頃、圭吾の声がテレビに映し出されていた。

 

喫煙していた音声を使って

先輩を脅し、バスケ部のベンチ入りさせようとしていたのだ。

 

そこには、

お母さんの言うとおりにしなさい。

という真紀子の音声がはっきりと録音されていた。

 

 

日向のもとに香澄から連絡が来る。

 

待ち合わせ場所に向かうと、かつて香澄をいじめていた望月が待っていた。

 

香澄にしたことをずっと後悔していたといい、

香澄の為に代理できたのだという。

 

そして、望月から香澄から渡してと言われたと

霧島のパソコンを渡される。

 

 

その夜

日向は霧島を学校に呼び出した。

 

霧島にパソコンを渡しながら、

3年前と同じ事が1年B組で起きていたという事を

香澄は確信していたと霧島に言う。

 

日向が「圭吾を孤立させて居たのは霧島先生ですね」

と言うと霧島は「ええそうです」と答える。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

明日の約束8話感想

 

★日向、和彦、英美理は形は違って居ても親の冷遇を受け、

親の血が混じっていてはこの先が不安で有ると思って居るのが良く分かった。

 

「毒親」とは何か?

 

子供への溺愛、依怙贔屓、強制的に親の考えを押し付ける・・・

まだまだ有りそうである。

 

霧島は何故人を自殺する所まで追い込むのか?

 

霧島の場合も生い立ちが影響して居るのではないだろうか?

 
 

Kazu464(70歳)

 

明日の約束9話予想

 

★真紀子は娘の英美理が流した圭吾の声のお陰で

テレビやネットで騒がれ世間は真紀子を糾弾するように成った。

 

真紀子は、今まで遣って来た圭吾を守る為の行為を

真っ向から否定されたのである。

 

真紀子は精神的に参り行き所が無かった。

 

しかし、知り合いからある寺を紹介される、

精神科では治らない事も

そこのお坊さんと話すると治ると言うのである・・・

 
 

Kazu464(70歳)

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報