明日の約束の10話9話ネタバレ感想!毒親・真紀子は死を選ぶのか?

      2017/12/13

 

最愛の息子に先立たれ、娘も家を出た。

 

夫は愛人の元ヘ行き戻らない。

 

その上、世間にまで毒親と言われ

行き場のなくなった真紀子は死を選ぶのか?

 

重い内容ながらも現代の社会問題を描くドラマ「明日の約束」

 

続きが気になる!

 

10話と9話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

スポンサードリンク

 

明日の約束の事前情報と関連記事はこちら

 

明日の約束のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

 

工藤阿須加の彼女の噂や演技力について!髪型もかっこいいと話題

 

白洲迅がいいともで検索される理由とは?彼女の噂・本名についても

 

新川優愛が小顔すぎる?身長や彼氏・大学の噂、今現在の年収について

 

山口まゆがかわいい!彼氏の噂や演技力について!明日の約束に出演

 

明日の約束9話見どころ予想

 

★真紀子は娘の英美理が流した圭吾の声のお陰で

テレビやネットで騒がれ世間は真紀子を糾弾するように成った。

 

真紀子は、今まで遣って来た圭吾を守る為の行為を

真っ向から否定されたのである。

 

真紀子は精神的に参り行き所が無かった。

 

しかし、知り合いからある寺を紹介される、

精神科では治らない事も

そこのお坊さんと話すると治ると言うのである・・・

 
 

Kazu464(70歳)

 

明日の約束9話あらすじ

 

明日の約束8話ネタバレと感想はこちら

 

 

高校1年生のバスケ部員・圭吾(遠藤健慎)が謎の死を遂げた。自殺の原因とうわさされたバスケ部の関係者が立て続けに襲われ、犯人は圭吾の幼なじみの香澄(佐久間由衣)だと分かる。圭吾を死に追いやった人物への復讐(ふくしゅう)のためだった。香澄が「あと一人…」と言うターゲットは圭吾の担任教師・霧島(及川光博)。香澄は霧島を陥れるべく、ノートPCを盗み出し、日向(井上真央)に託す。中身を見た日向は、霧島が圭吾の死に大きく関わっていることを知りがくぜん。教師として、生徒を守るべき立場の霧島がとった驚きの行動について、その真意を問いただす。

一方で、恋人の本庄(工藤阿須加)から暴力を振るわれた日向は、そのせいで結婚に対して後ろ向きになる。「あの人のようになることが怖い」――長年、母・尚子(手塚理美)に支配されてきた日向は、まだ結婚して母親になる覚悟ができていないと分かったのだ。尚子もまた、娘に暴力を振るった本庄を決して許そうとはせず、早速、日向に見合い話を持ってくる。しかし日向は、毅然(きぜん)とした態度で「私はお母さんの所有物じゃない」と自分の気持ちを伝え、本庄との今後についても、ある結論を出す。

吉岡家では、圭吾の妹の英美里(竹内愛紗)が、母・真紀子(仲間由紀恵)が息子の部屋を盗聴していた証拠をマスコミに流していた。すぐさま、テレビやネットで真紀子の異様な行動が報じられ、一時は真紀子に同情的だったマスコミも、一転して真紀子を糾弾。圭吾を死に追いやったのは、精神的虐待を続けてきた“毒親”にほかならないと、非難する。最愛の息子を失い、自らの愛情を否定され、そのうえ家族にも見放された真紀子は…。

 

※番組HPより引用

https://www.ktv.jp/yakusoku/index.html

 

 

キャスト

 

井上真央

仲間由紀恵

工藤阿須加

白洲迅

及川光博

手塚理美

青柳翔

遠藤健慎

竹内愛紗

新川優愛

佐久間由衣

渡辺剣

井頭愛海

金子大地

山口まゆ

夏子

堀家一希

神尾佑

馬渕英里何

中林大樹

近江谷太朗

羽場裕一

 

明日の約束9話ネタバレ

 

日向(井上真央)は霧島先生(及川光博)を呼び

香澄(佐久間由衣)が盗んだパソコンを返しに来る。

 

パソコンの中には生徒の個人情報が一杯入って居た。

 

例えば、個人情報を利用して渡辺(堀塚一希)の浅はかで短絡しやすいのを利用して

渡辺に耳打ちし圭吾(遠藤健慎)を仲違いさせ圭吾を孤立させた。

 

霧島は大翔(金子大地)の暴力動画を流したのも自分だと言う。

 

その上で霧島は教師の立場無力だ、生徒に何かあると保護者がすぐ騒ぎ立てる、

やっている事は教師の意義を考えているだけだと言う。

 

日向は圭吾の自殺の理由は自分にもあるかも知れないと言って、

自殺の前日、圭吾の付き合ってと言われたことを話す。

 

 

朝、出かける前、日向は圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)の

1年にも及ぶ子供の部屋に盗聴器仕掛けた毒親のニュースを聞く。

 

日向は望月から電話を受ける香澄が居なくなり、電話も通じないと言うのである。

 

日向は香澄(佐久間由衣)が最後の一人と言って居た霧島探すが帰ったと言う。

 

日向は自転車で霧島を追いかけて行く途中で香澄と会う。

 

香澄は霧島を追いかけ襲うと思ったが、自分にも圭吾の自殺の原因があるようで辞めたと言い、

日向にパソコンデータのコピーを渡し、一緒に警察に行ってくれと頼む。

 

 

週刊誌記者・小嶋(青柳翔)に芸能ネタ、タレントの今迫由香が殺人で逮捕のニュースが伝えられる。

 

 

日向は小嶋を訪れ話をする。

 

小嶋は圭吾の事件は今迫由香が殺人の事件で

そのうち噂されなくなると言って真紀子の音声データを渡す。

 

 

霧島が日向に圭吾を孤立させた理由は、

真紀子が新任の霧島に挨拶に来た時の事だと言う。

 

霧島の前歴・仙台で性的暴力に拘わって退職した事を知って

居て脅しみたいに聞こえた為だと言う。

 

 

校長室で轟校長(羽場裕一)と日向が待って居る。

 

霧島が入って来る。

 

轟は霧島の前にパソコンデータのコピーを置き依願退職してくれと言う。

 

霧島は承諾し、「日向にも」と言いかけると「はい」と言い日向は轟に退職願を差し出す。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

明日の約束9話感想

 

★圭吾の自殺で自殺理由に成った犯人を探しをしていたが本当の自殺理由は分からなかった。
世間では、真紀子が「毒親」として一番の候補で有ったが、霧島、日向、学級、バスケ部・・圭吾を取り巻く全部が要因だったという事か?
死んだ圭吾に聞かないと分からないと言うのが結論であった。
また、小嶋の圭吾の事件は、新しい「今迫由香が殺人の事件」でそのうち噂されなくなると言って居た。
今の、「加計学園」「森友学園」問題もそのうち消える存在で有ろうと思う。

Kazu464(70歳)

 

明日の約束10話予想

 

★日向が真紀子の所に伺うと、真紀子は死んだ圭吾の気持ちが分からないと絶望していた。
日向は真紀子に「毒親」を自分も持って居ると話す。
真紀子は子供を支配するのが良いかどうかについて考え始める。
そして、英美理に対しての態度が変わり始める。
日向は「私がこの出来事の中で、今一番許せないと思って居る人が居ます」と切り出す。
日向は許せない人は自分自身であると言い、母親に支配されて来た事を話し、真正面に母親に立ち向かわなかった事と言う。
母親に支配されて来た事から逃れる為には、喧嘩してでも、家出してでも母親に分からせる事を実行しなかった、反省していると・・・

Kazu464(70歳)

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報