監獄のお姫様6話5話ネタバレ感想!姫出産!勇介出生の秘密が明らかに

      2017/11/16

 

ドラマ「監獄のお姫様」

の6話と5話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

姫出産!

いよいよ勇介出生の秘密が明らかになるのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

監獄のお姫様の事前情報と関連記事はこちら

 

監獄のお姫様のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

 

夏帆の彼氏・新井浩文との結婚はもうすぐ?本名や双子の弟についても

 

坂井真紀の結婚相手の旦那・子供や演技力は?今現在もかわいいしきれい

 

監獄のお姫様5話の見どころ予想

 

★いよいよ出産。

これからその赤ちゃんを監獄で育てていく様が見られるのではを楽しみです。

 

どんな現実離れしているんだろうとか

こんな事が出来るんだとか色々知れるのではないかと期待しています。

 

そして気になる現在の状況、犯人だとばれてしまうのに

検事を連れてきて一瞬見ているこちらが焦ってしまいましたが、

検事の前でイケメン社長に自白させるのか気になります。

 
 

(mugmog・38才)

 

監獄のお姫様5話あらすじ

 

監獄のお姫様4話ネタバレと感想はこちら

 

 

板橋吾郎 (伊勢谷友介) が行方不明になってから3時間が経過しようとしていた。そんな中、弁護士が動画サイトで吾郎の姿を発見する。それは、カヨ (小泉今日子) たちが “爆笑ヨーグルト姫事件” の裁判やり直しを要求するため、吾郎に文面を読ませたものだった。再審の難しさを訴える検事の 長谷川 (塚本高史) に 若井 (満島ひかり) は食って掛かる。

いっぽう2012年・女子刑務所では…
若井から、しのぶ (夏帆) の出産と 悠里 (猫背椿) の仮釈放決定の知らせを受け、カヨたちは喜びと寂しさを同時に味わっていた。
そんな中、美容資格取得のガイダンスが行われる。カヨは受刑期間が長いので可能だったが、受刑期間が短く受講を諦めた 洋子 (坂井真紀) と 明美 (森下愛子) は、しのぶの子供のため、ベビーシッターに興味をもつ。
また、担当は唯一美容免許を持つ若井が美容担当を兼務することに。カヨは、そこで若井が美容師の資格を取得したいきさつを知る。

そして、ついに刑務所に赤ちゃん (勇介) を連れたしのぶが戻ってくる。
所内で子育て、今までにないケースに迷う 護摩所長 (池田成志) …。
おばさんたちはしのぶと勇介を守れるのか… !?

 

※番組HPより引用

http://www.tbs.co.jp/pripri-TBS/

 

 

キャスト

 

馬場カヨ(小泉今日子)

先生こと若井ふたば (満島ひかり)

板橋吾郎 (伊勢谷友介)

江戸川しのぶ(夏帆)

塚本高史

猫背椿

池田成志

女優こと大門洋子(坂井真紀)

姉御こと足立明美(森下愛子)

財テクこと勝田千夏 (菅野美穂)

妻・晴海(乙葉)

息子・勇介(前田虎徹)

横田ユキ(雛形あきこ)

 

監獄のお姫様5話ネタバレ

 

一番の見どころはしのぶ(夏帆)が勇介が1歳6か月になった時の進路。

 

刑務所の勧めもあり、しのぶの母親に託すよう、手紙でお願いを。

 

それまで一度も接見にも、面会にも来なかった母親。

 

事態の重さに、すぐに飛んできた、母親。

 

しのぶは何度も

「あの男(板橋吾郎)にだけは渡さないで。あの男には注意して。」

と繰り返す。

 

その希望に納得した母親は勇介を迎えに。

 

しかし、希望を反したまさかの母親の裏切り。

 

迎えの車で一緒に現れたのは、なんと、まさかの板橋吾郎。

 

もっともな母親の裏切りに絶叫する、しのぶ。

 

そのまま勇介は板橋吾郎の手のもとに、連れられます。

 

 

第5話では、所内でとれる資格についてガイダンスをされています。

 

刑期が5年近くある馬場カヨ(小泉今日子)は2年かかる美容取得に願いでます。

 

この美容取得には、処遇の若井ふたば(満島ひかり)が担当。

 

 

思い起こせば、ふたばが幼い頃、

父の赴任していた刑務所の一角で美容院通い。

 

その美容院のお気に入りが受刑者のしーちゃん。

 

丁寧な仕事ぶり、優しいまなざしに

心奪われたふたばは父親の赴任先に面会の度に、

しーちゃんの美容院カットを受けます。

 

うすうす気づいていた、しーちゃんは受刑者であること。

 

それもおそらく、反社会勢力の一員か、薬物犯罪か。

 

それでもふたばは再犯で戻ってきたしーちゃんとの再会に喜びます。

 

なんとも複雑な気持ちですが、

その思いがあって取得した美容師。

 

だけどチャラいという理由で、

結局は安定第一の刑務官になったのだとか。

 

そんなふたばの真面目な気質の一面、

新潟にいるパティシエの彼氏に会いに行くという肉食系の一面もある。

 

あまり、刑務官としてのプライベートは露出していませんが、

すこしずつ若井ふたばの本性が見える作りになっていました。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

監獄のお姫様5話感想

 

★てっぱんですが、

どうしてしのぶの母親は板橋吾郎を出迎えに一緒にきたのか。

 

あまりに酷ではないか、

刑務所でなくても、違う場所で引き合わせて、

刑務所のしのぶには知られないようにすごしたらいいじゃない、

という気持です。

 

でも、きっと母親には

板橋吾郎には逆らえない、秘密や恩があるのでしょうね。

 

何しろ、世間では殺人の罪に着せらえた娘の母親です。

 

大っぴらに勇介を引き取って育てられるはずがない。

 

だからといって、なぜ板橋吾郎参上なのか、推理できない展開でした。

 

単純に深読みせず、

えどっこ乳業の跡継ぎ問題かな?と思ってます。

 
 

KUMO  35歳

 

監獄のお姫様6話予想

 

★第6話では、刑務所慰問らしきところにまさかの大物歌手、

紅白出場の男性歌手、前川清さんが登場。

 

まさかバラエティーネタのドラマにこの大物歌手さんが現れるとは、

びっくり、楽しみな回になりそうです。

 

それと勇介の行く末。

 

板橋吾郎は芸能界の晴海(乙葉)と結婚、

そして1歳6か月の子供がいるという設定。

 

あまりの出来レースにびっくりします。

 

よくこの状況、晴海さんは納得したのだな、と思いますが。

 

どう板橋吾郎がウソに嘘を重ねているのか、気になります。

 
 

KUMO  35歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報