民衆の敵7話6話ネタバレ感想!智子が市長に?犬崎の本心とは?

      2017/12/04

 

月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」

の7話と6話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

智子が市長に?犬崎の本心とは何なのかが気になる!

 

スポンサードリンク

 

民衆の敵の事前情報と関連記事はこちら

 

民衆の敵のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

 

高橋一生の彼女の噂や大学について!実家が凄い?実は子役出身だった

 

千葉雄大の彼女の噂や演技力の評判について!かっこいい髪型が話題

 

民衆の敵の6話見どころ予想

 

★市長が辞任し、市長選が行われることに。

 

犬崎から頼まれたからか、

それとも自分の意思で政治を変えたいと思ったからか

智子は市長選に出馬することに?!

 

元市長vs新人議員。

 

智子は知らないうちに犬崎の操り人形にされてしまっているのだろうか?

 

それに藤堂は気付いて犬崎を警戒し始めているのだろうか。

 

犬崎の後ろには藤堂の兄の姿があるようだし、

何がどうなっていくのだろうか。

 
 

もずく 30歳

 

民衆の敵の6話あらすじ

 

民衆の敵の5話ネタバレと感想はこちら

 

 

 佐藤智子(篠原涼子)が始めた、あおば市議会の汚職疑惑は河原田晶子市長(余貴美子)の身に及び、秘書の望月守(細田善彦)が自殺したことで、真相は闇に葬られようとしていた。河原田は市長の職を辞し、市長選で再選することで身の潔白を市民に信じてもらう道を選ぶ。
 市民の関心は河原田の対立候補、犬崎和久(古田新太)派が誰を推すか。平田和美(石田ゆり子)が犬崎派の智子に聞くと、あっさり自分が頼まれたと口にする。和美に犬崎の操り人形にされると忠告される智子だが、さすがに裏があると断ったと告げた。

 その頃、智子は市民の陳情を一つずつ解決しようと働いているが、はかどらずにいた。役所に頼んでも右から左に受け流されると悩む智子に、藤堂誠(高橋一生)は市長になれば良いと話す。智子は逆に誠が市長になって貸してほしいと頼む。だが、誠には智子の方が良いと思うと言われてしまう。
 智子は犬崎から担当職員より話が通りやすいと福祉課の部長・富田恭一(渡辺いっけい)を紹介される。早速、智子は富田と陳情元を回り出す。そんな時、前田康(大澄賢也)が市長選への出馬を表明。和美たち新聞社の面々や、小出未亜(前田敦子)ら、新人議員たちも疑問を隠しきれない。
 智子が富田と回った陳情は福祉課で素早くまとめられ、実行に移され始める。なぜここまでしてくれると尋ねる智子に、犬崎はまだ市長にすることを諦めてはいないと答える。智子には犬崎の本心が分からなかった…。

 

※番組HPより引用

http://www.fujitv.co.jp/minshuunoteki/

 

 

キャスト

 

佐藤智子(篠原涼子)

夫・公平(田中圭)

息子の駿平(鳥越壮真)

ママ友・平田和美(石田ゆり子)

藤堂誠(高橋一生)

犬崎和久(古田新太)

岡本遼(千葉雄大)

小出未亜(前田敦子)

磯部真蔵(笹野高史)

斎藤司

若旦那

市長の秘書・望月守(細田善彦)

今田美桜

河原田晶子市長(余貴美子)

ベテラン市議・前田康(大澄賢也)

 

民衆の敵の6話ネタバレ

 

4週間前、智子は農家を訪れていた。

 

そこに和美から電話があり、

市長選で犬崎が誰が推しているか聞いてるか聞かれた。

 

智子は自分がなって欲しいと言われていると言い、

またあとでと電話を切った。

 

智子は研修室で市民の声をまとめていた。

 

藤堂に犬崎くらい偉くなったら簡単に市民の声を叶えられるのかと言うと、

自分がなればいいじゃないかと言われた。

 

そして犬崎にも言われたことを言うと、いいんじゃないかと言われた。

 

 

智子は給食係しかやったことがないと、

藤堂は給食を食べたことがないと話した。

 

藤堂の元に兄がやって来た。

 

兄は莉子が出入りしていることを調べていた。

 

莉子は弟を大学に入れるために風俗を始めたんだ、偉いと思いませんか?

と言うと兄からはじゃあなんで堂々と付き合わないんだ、

お前自身が恥ずかしいと思っているんだろと言われてしまった。

 

 

翌日、智子は犬崎と福祉課の富田に呼ばれていた。

 

犬崎より役所を回っているより、

直接富田に話したほうが早くないかと言われた。

 

そして富田と一緒市民の声のあった場所を回った。

 

智子は犬崎に市長になる気にさせてこい

と言われているんでしょうと言った。

 

 

犬崎派からは前田が立候補することになっていた。

 

前田と河原田元市長は街頭演説を始めていた。

 

富田が先日の智子が話した市民の声をまとめたものを持ってやってきた、

智子はなんでこんことをしてくれるのかと犬崎に聞いた。

 

犬崎は市長になってくれと再び智子に言った。

 

智子は自分を操り人形にして自分はなにをしたいのか聞いた。

 

犬崎は初孫が生まれ、孫を見ているといい世の中にしたくなった、

一緒にいい世の中にしてくれないかと話した。

 

 

駿平からみんなを幸せにすることがママのお仕事だもんね

と言われ智子は考え込んだ。

 

そして再び市民の声をまとめたものを見ながら、

今までのことを思い返していた。

 

 

河原田は望月のことを思い出し泣きながら机を叩いていた。

 

 

前田、河原田共に支持率は10%程度で泥試合となっていた。

 

智子は犬崎のところへ向かった。

 

青空保育園の帰り道、

公平は智子が市長に立候補したのはどう思うかとマスコミに囲まれた。

 

智子は無所属で市長選に出馬することになった。

 

智子は家に帰ると公平にどういうことか聞かれた。

 

智子は覚悟が決まったら言おうと思っていたと話した。

 

公平は覚悟が決まる前に相談して欲しかったと言った。

 

そしてそもそも家族のために市議になったんじゃなかったっけと言われた。

 

智子のところに和美から電話があった。

 

和美からどこからどこまで知っていて立候補したのか、

今の状況はすべて犬崎が仕組んだことでしょと言うとうんと答えた。

 

犬崎のことを利用することでできることもたくさんある、

それくらいの覚悟は出来ていると言った。

 

智子は突拍子も無いことなんて起きないと話すと、

和美はあなたなら新しい風を起こしてくれると信じていたと帰って行った。

 

 

翌日、

智子は藤堂に付き合って欲しいところがあると言いバスに乗って出掛けた。

 

着いた場所はビルの屋上だった。

 

智子は、市議になっていろんな人に支えられて生きてきたんだとわかった、

でも今の時代全然そうじゃなくなってしまったと話し始めた。

 

市長に立候補した理由を話すと、

なんで僕に相談したんだと藤堂に言われた。

 

智子は誰に反対されても立候補したいと思っていると気合を入れた。

 

 

帰りのバスの中で泣いている赤ちゃんを抱いた母親に向かって

うるさい、降りろと言っている男の人を見た。

 

智子がその人に向かっていこうとすると、

前に座っていた女子高生が

赤ちゃんは泣くものだろ、あんたが降りろ

と男の人をバスから降ろした。

 

その様子を見ていた智子は涙が止まらなかった。

 

バスを降り泣き止んだ智子は、権力が欲しいと言った。

 

それを聞いて藤堂は面白い人だと呟き、

あなたらしい答えでいいと思いますと言って帰って行った。

 

 

和美は公平に智子のことはやっぱり応援できないと言うと、

それでもいい智子のことを見守っていてくださいと頼んだ。

 

ついに智子の街頭演説も始まった。

 

智子は市民の幸せを実現していくことが

政治家のやることでしょと訴えていた。

 

 

2週間後、智子は市長に就任した。

 

河原田から私はあなたの味方よと耳打ちされた。

 

岡本は会派変更届を書いていた。

 

犬崎から秘書は富田、副市長は前田と説明された。

 

市民を喜ばせてあげなさいと

青空保育園の案を見せられるが、それを見て智子は笑った。

 

智子が市長としての話を終え、帰ろうとすると

和美が手を挙げた。

 

犬崎会派の前田が副市長に就任するということは、

智子も犬崎派だということでいいんですよねと聞かれた。

 

そして市民を騙して市長になったということではないんですかと和美は続けた。

 

富田の制止もあり智子は何も答えずその場を去った。

 

 

その晩、藤堂は渡辺として

莉子を高級ホテルのレストランに呼んでいた。

 

そしてお金を渡すと、お店に電話してと言った。

 

藤堂と莉子は食事や夜景を楽しんだ。

 

帰り道、藤堂はもう会えなくなると告げた。

 

莉子は元気でね、遠くに行っちゃうんでしょと言うと

最後に写真いいと聞いた。

 

写真を撮るとじゃあねと別れた。

 

振り返った莉子は藤堂誠ありがとうと帰って行った。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

民衆の敵の6話感想

 

★何も知らない中卒の主婦であった智子が市議になり、

さらには市長にもなってしまった。

 

世の中何があるのかわからないものである。

 

しかしその裏では、犬崎の陰謀が渦巻いているようだ。

 

無所属で智子を市長選に立候補させ、

泥試合の選挙から勝ちをもぎ取るまでが犬崎のシナリオ。

 

この先にはきっと智子が思っていた以上の犬崎の陰謀が見えてくるのだろう。

 

最後の莉子と藤堂のシーンはちょっと切なかったな。

 

莉子は藤堂の本当の姿を知っていた、

藤堂は知られているとは思っていなかった。

 

もう会わないとなってしまったが、

きっと莉子は藤堂誠を応援していくのだろう。

 
 

もずく 30歳

 

民衆の敵の7話予想

 

★市長としての智子の活動が始まった。

 

しかしその裏には犬崎という大物議員の策略と罠が。

 

犬崎なにを考えているのか見当もつかないので恐怖でしかない。

 

智子はその罠には踊らされないと思っているようだが、

実際はどうなのか…さらには智子の支持率が上がっていくことで

智子も世の中のために、みんなの幸せのためにと暴走してしまうようだ。

 

新人議員の仲間たちからも責められてしまっていたが

なにが起きてしまうのだろうか。

 
 

もずく 30歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報