民衆の敵10話9話ネタバレ感想と見どころ予想!

      2017/12/21

 

月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」

の10話と9話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

スポンサードリンク

 

民衆の敵の事前情報と関連記事はこちら

 

民衆の敵のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

 

高橋一生の彼女の噂や大学について!実家が凄い?実は子役出身だった

 

千葉雄大の彼女の噂や演技力の評判について!かっこいい髪型が話題

 

民衆の敵の9話見どころ予想

 

★智子は藤堂の副市長を認めたが、まだ市議会の承認を得ていなかった。
あおば市のキャラクターの「あおバッタ君」がアミューズメント「あおばランド」建設のチラシをまいて居た。
前田は記者会見で「あおばランド」建設を発表する。
この件は、智子も誠も知らなかった。
しかし、誠の兄・明は地元の犬崎にしょっちゅう来て居たのである。
明は犬崎と接触し、あおば市にイベント場所が無い如何にかして確保してと言って居た。
明は智子と誠の説得は自分ですると言う。

Kazu464 70歳

 

民衆の敵の9話あらすじ

 

民衆の敵の8話ネタバレと感想はこちら

 

 

 佐藤智子(篠原涼子)が頼んでいた副市長就任を藤堂誠(高橋一生)は了承した。だが、まだ市議会の承認を得たわけではない。特に犬崎和久(古田新太)が認めるわけはなく、徹底抗戦の構えを見せ、市長リコールに向け動き出す。
 智子、小出未亜(前田敦子)、園田龍太郎(斎藤司)は居酒屋で誠の副市長就任承諾の祝杯をあげた。その席で、誠たちはもう一度、智子の政治姿勢を考える。目の前の一人を幸せにするために、多数の人々を犠牲にできるかどうかだ。智子は、一人ずつ幸せにしていくことで、徐々に数を増やすというのだが、果たしてそれで良いのか…。未亜と園田は難しいと水を差すが、誠はとりあえず進めてみようと言う。

 
 翌朝、智子は未亜から市のキャラクター、あおバッタ君がおかしなチラシを配っていると連絡を受ける。あおバッタ君が配っていたのはアミューズメントパーク『あおばランド』建設計画のチラシだった。
 一方、平田和美(石田ゆり子)は誠が副市長就任を了承したことに疑問を抱いていた。エリート政治一家の息子が議員を辞めてまで副市長になる意味があるのだろうか? また、誠の兄、明(山中崇史)が最近、頻繁に地元であるあおば市に戻ってきていることも気になっていた。
 そんな時、前田康(大澄賢也)が記者会見を開く。それはニューポート建設に伴う地区開発で『あおばランド』を作るというもの。それは、智子はもちろん、誠にとっても寝耳に水の話だった…。

 

※番組HPより引用

http://www.fujitv.co.jp/minshuunoteki/

 

 

キャスト

 

佐藤智子(篠原涼子)

夫・公平(田中圭)

息子の駿平(鳥越壮真)

ママ友・平田和美(石田ゆり子)

藤堂誠(高橋一生)

犬崎和久(古田新太)

岡本遼(千葉雄大)

小出未亜(前田敦子)

磯部真蔵(笹野高史)

斎藤司

若旦那

市長の秘書・望月守(細田善彦)

今田美桜

河原田晶子市長(余貴美子)

ベテラン市議・前田康(大澄賢也)

 

民衆の敵の9話ネタバレ

 

藤堂(高橋一生)は佐藤智子(篠原涼子)に副市長をやると申し込む。

 

藤堂は副市長前提としての記者会見で

「市長の言う(あなたは幸せですか?)の意義を考え市政を行うのは

副市長として当然の義務である。

政治は感情で無く理性で行うべきである」と言う。

 

テレビでこれを観ていた犬崎(古田新太)は怒り一派に発破をかける。

 

 

藤堂、智子、園田(斎藤司)、小出(前田敦子)が藤堂副市長?の前祝をする。

 

小出にニューポート開発は賛成か聞かれた智子は、全く反対とは言えないと言う。

 

藤堂は映画の話を持ち込み、1人の人を幸せにする為には

周りの人99人が犠牲になる場合があると言う。

 

藤堂は目の前に居る人を幸せにする事がどこまで出来るか見てみようと言う。

 

 

智子が家に居ると小出から電話があって

「あおばランド」のチラシが撒かれていると言う。

 

 

和美(石田ゆり子)は藤堂がなぜ副市長をやるのか分からなかった。

 

藤堂の一族の英一郎が犬崎と勧める産廃処理場のニューポート開発の発案者だからである。

 

それと長男・明(山中崇史)最近地元に頻繁に来ているのも気になっていた。

 

 

前田(大澄賢也)が記者会見でニューポート開発関連「あおばランド」を発表する。

 

「あおばランド」は一般客を集めるためのアミューズメント計画と言い

市民の税金を下げる事も可能と言う。

 

「あおばランド」はニューポート開発を勧める為の餌だと思った智子と

藤堂はニューポート開発に絶対反対の人・井上と会いに行くが

智子は何も出来ないと言われてしまう。

 

 

藤堂は犬崎の所に乗り込み「あおばランド」の稟議書が出て居ないと言うと、

「あおばランド」の完成図を見せられる。

 

その上、

付き合っていた莉子(今田美桜)と一緒の写真を見せつけられ

週刊誌に売るほどあると言われる。

 

 

和美が佐藤市長不正献金の新聞と証拠書類を持って市長室に来る。

 

テレビでは智子のパーティー券、後援会への不正献金が放映されていた。

 

智子は後援会は無いと言っても藤堂は書面上ではあると言う。

 

証拠書類を調べても何も出て来なかった。

 

住民が市役所に来て市政が止まっているとクレームを出す。

 

 

智子は河原田前市長(余貴美子)に会いに行く。

 

河原田前市長は青葉士郎を名乗って

前市長の汚職を暴く記事を出していた小野君を呼ぶ。

 

小野君は当時の上司の富田(渡辺いっけい)に

自殺した望月(細田善彦)が同性愛者である事を知っていて、

行って来いと言われて行ったと言う。

 

あとは、望月は小野君の言い通りに動いたと証言する。

 

民衆の前で証言すれば河原田前市長と望月の疑いは晴れると言うが

河原田は望月のプライバシーを守る為ダメだと言う。

 

 

智子は犬崎の所へ行き富田を訪ねるが

辞めさせた人がいる訳が無いと言われる。

 

犬崎に「俺に市長に成ったお礼は無いのか」と聞かれ、

智子は「私が市民の幸せのため働く事を教えてくれた、

その為に犬崎をぶっ潰す」と言う。

 

 

そんななか、

智子を指示する市民が少なくなり、リコール寸前であった。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

民衆の敵の9話感想

 

★犬崎派はニューポート開発の賛成者を増やすために「あおばランド」という新しい企画を立てる。
智子と藤堂は稟議書を調べてみても稟議書は上がって居なかった。
犬崎派のでっち上げと分かって居てもどうしようもなかった。
実際の社会では無い事であろうと思う。
其れとドラマの中で市議会が一回も行われては居ないのが不思議である。
藤堂は市議会の賛成無しで副市長に成って居るのか?
ニューポート開発の議題は市議会に罹って居るのか?
個人と個人の戦いであるからドラマは面白いのかもしれない。

Kazu464(70歳)

 

民衆の敵の10話予想

 

★犬崎は智子のリコール署名の不足分を金で解決をしろと言う。
富田は智子の前に現れ子供の教育資金が無いという。
智子は富田に河原田前市長の事実の証言を依頼するが悪い世の中を責めて呉れと言って立去る。
智子のリコール署名が規定人数に達し、住民投票の日が決まった。
智子はニューポート開発予定の土地を歩いている時に藤堂英一郎と犬崎がが何やら相談して居るのを見る。
和美を電話で呼び出し写真を撮ってもらう。
この写真が証拠に成り犬崎は市民に追い込まれる事と成る。

Kazu464(70歳)

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報