女子的生活の3話2話ネタバレ感想!同級生ミニーさん役は中島広稀

      2018/01/14

 

ドラマ「女子的生活」

の3話と2話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

同級生ミニーさん役は中島広稀さんです。

 

スポンサードリンク

 

女子的生活の事前情報と関連記事はこちら

 

女子的生活のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

小芝風花の学歴や彼氏・演技力について!今現在の経歴プロフィールは?

 

女子的生活2話見どころ予想

 

★奇妙な同居生活をする、みきと後藤。
後藤はミニーと呼ばれていたダサい男を連れて来る。
ミニーはみきの事をディスリ始める、敵愾心一杯のミニーに仲持をする後藤だったが受け入れてくれなかった。
みきは反撃に出る。
ミニーを持ち上げいかに頭が良くてミニーの今までやってきた功績を話す。
それには下心が有った。
頭に乗ったミニーのやる事は考えられない事であった

Kazu464(70歳)

 

女子的生活2話あらすじ

 

女子的生活1話ネタバレと感想はこちら

 

 

総合:2018年1月12日(金) よる10時
再放送:1月18日(木)午前0時10分(水曜深夜)

奇妙な同居生活を続けている、みき(志尊淳)と後藤(町田啓太)。ある日、後藤はみきに会わせたい人がいると言い出す。その人物はかつての同級生でミニーさん(中島広稀)と呼ばれていたダサい男。「リストラされニート状態で鬱っぽいミニーさんを助けたい」と後藤。その思いに負け、みきはまたまた渋々ながら了承する。ミニーさんと会うみきたち。みきは気遣いを見せるも、ミニーさんは反応しない。挙句の果てにはミニーさんはみきのことをディスりはじめる。敵愾心いっぱいのミニーさんに、仲を取り持とうとする後藤だったが、みきは「彼が病気なのではなく、ただ自分たちを見下げたいだけなのだ」と見抜き、反撃にでる。

 

※番組HPより引用

http://www.nhk.or.jp/drama10/joshiteki/

 

 

キャスト

 

小川みきー 志尊淳

後藤忠臣ー町田啓太

かおりー玉井詩織

仲村さんー玄理

ゆいー小芝風花

板倉 – 羽場裕一

夙川アトム

鈴木慶一

楠見薫

小松健悦

 

第2話ゲスト

中島広稀

西原さつき

 

第3話ゲスト

前田亜季

山村紅葉

鈴木裕樹

本田博太郎

 

第4話ゲスト

土村芳

山口翔悟

 

女子的生活2話ネタバレ

 

朝一番いつも大好きな曲を聞く。

 

曲は私を強くする。

 

 

後藤(町田啓太)がゲームを終え、居間を散らかしソファで眠っている。

 

みき(志尊淳)が後藤を起こしても中々起きない、

足で蹴って起こす。

 

後藤は部屋を整理し始める。

 

朝食は女らしい軽い食事をとる。

 

後藤はみきに「外で働く事あるの」と聞く。

 

みきは「ある、ディレクターに会うとか・・・」

「君男じゃないかと言われると男と答える」と言う。

 

みきはつまり「アウティング」と言うと

後藤は「アウティング???て何」と言う。

 

調べたらと言う。

 

調べると「性的問題(レズ、ゲイ・・・)本人の了解なく暴露する事」と書かれていた。

 

 

ある日、後藤は高校の同期の高山田?・ミニー(中島広稀)を連れて来ても良いかと聞く。

 

みきは「ダメ絶対ダメ」と言う。

 

会社では今日納期の頼んでいた編集が未だ出来ていないと大騒ぎ。

 

そこの会社の担当者が会社を辞めたという。

 

するとかおり(玉井詩織)が知って居る人がいると言う。

 

そして来たのは、後藤であった。

 

 

IT会社の後藤はさすがに仕事が早かった、直ぐ編集を終えたのである。

 

みきと後藤は一緒に帰る。

 

途中でみきは「ミニーを連れて来ても良いよ」と言う。

 

みきは鬱だというミニーの為、仲間から情報を取るが鬱の人と付き合うのは大変そうだった。

 

ゆい(小芝風花)は餃子を造るのが単純で顔合わせなくていいから鬱には良いんじゃないと言う。

 

みきは餃子を作りながらミニーと後藤の来るのを待つ。

 

 

ミニーは餃子は嫌いと言う。

 

みきは「ワンタンにしようか」と言うと、ミニーは「ワンタンべろんべろんキモイ」と言う。

 

結局3人はピザを取って食べる。

 

ミニーは自分は朝早くからまじめに働いて居るのに、

定時に帰って合コンをやっている人の方が出世が早いと愚痴る。

 

みきが様子を見ていると鬱のミニーの反応が早すぎる。

 

ミニーは正常だと気が付いたみき。

 

みきはミニーの頭の上から水をぶっかける。

 

驚いたミニーは「喧嘩打ってるの」と言う。

 

みきは「そう私の喧嘩かう?」と言い「もう来るな」と言って追い返す。

 

 

後日、みきは後藤に「ミニーまだいる?」と聞くと後藤は「ネカフェに居るはず」と答える。

 

みきは「とどめを刺す、連れてきて」と言う。

 

 

後藤はミニーを家に連れて来る。

 

みきは「私の服着る?」と言う。

 

最初は何だかんだ言っていたミニーが突然土下座して「きれいにしてください」と言う。

 

女性の姿になったミニーは外には出たがらなかったが

それでは女装になった意味が無いという勧めで3人で散歩する。

 

ミニーは「小川強い」と言う。

 

みきは「最初化け物だった」と言う。

 

 

しばらくして、みきは「ミニー何してる」と言う。

 

後藤は「田舎に帰った、楽しそうに不特定多数にいじられている」と答える。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

女子的生活2話感想

 

★ミニは自分の思いのまま女性の姿をして生活をしているみきを羨ましく思って居た、自分もそうなりたいと願っていたしかし勇気が無くて出来ないかった。
ミニの思いを知ったみきは強引にもミニを女装させてしまう。
女装したミニは明るくなる。
私も小さい頃女に成りたいと思って居た頃が有る。
しかし、母親はままごとするのもダメ、女の遊びは絶対ダメと言われた物である、今は、花の先生、美容院の先生・・・昔の女の仕事の分野に男性がずいぶん増えた物である。
若し生まれ変われるならお花の先生を遣ってみたいと思う。

Kazu464(70歳)

 

女子的生活3話予想

 

★みきは家族にカミングアウトをしている事を話て居なかった。
仕事のトラブルで故郷の香住に戻る。
トラブルは解消するがその相手家族にかつてのみきを重ね合わせ気持ちがブルーに成る。
心配した後藤は香住でみきに会う、みきはほっと気持ちに成りカミングアウトを両親に伝えるかどうか相談する。
後藤はカミングアウトを両親に話した方が良いと言い、セっテングは後藤が遣ると言う。
ある程度は後藤から聞いて居た両親は女に成ったみきを見てまるで映画の女優だだと言って喜ぶのであった。
女性に成ったみきはどうして女性の姿に成ったかを小さい頃からの思いを両親に初めて話す。

Kazu464(70歳)

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報