ファイナルカット(FINAL CUT)2話ネタバレ感想!嘘の戦争に似すぎ

      2018/06/28

 

ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」

の3話と2話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

放送前から不安視されていましたが、

やはり「嘘の戦争」に似すぎと話題です。

 

スポンサードリンク

 

ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」事前情報と関連記事はこちら

 

ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」ロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

林遣都の経歴や彼女・結婚や演技力の噂について!かっこいいと話題

水野美紀の彼氏・結婚の噂や干されてた理由は?演技力や出演作品も

 

ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」2話見どころ予想

 

★次回のターゲットは真崎になるようだ。
執拗な取材で、事件の容疑者を逃亡させてしまったが、その犯人から連絡がくるようだ。
慶介の運営するサイトに相談がきて・・・という流れが毎回続くのだろう。
祥太の現在についてや恭子の証言などがまた少しづつ明らかになるのかと思う。

あき 33歳

 

ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」2話あらすじ

 

ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」1話ネタバレと感想はこちら

 

 

中村慶介(亀梨和也)は、12年前に起きた女児殺害事件で、百々瀬塁(藤木直人)司会のワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』によって、母・恭子(裕木奈江)を犯人扱いされ、結果、母親を自殺で失った。そして現在、警察官となった慶介は、愛する母を奪ったメディア関係者への復讐(ふくしゅう)のために動き始める。最初のターゲットは番組プロデューサー・井出正弥(杉本哲太)。さらに、事件当時、捜査線上に浮かんだ男の家族である小河原雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)の姉妹に、慶介はそれぞれ別人を装って近づいていた。

そんな慶介が運営するメディア被害に関する通報サイトに、今度は、『ザ・プレミアワイド』のディレクター・真崎久美子(水野美紀)についての相談が寄せられる。スクープのためなら手段を選ばない真崎の取材によって、殺人事件の容疑者が逮捕直前に逃亡してしまったという。かつて、言葉巧みに恭子に近づき、インタビューを行った真崎に裏切られた過去がある慶介は、次なるターゲットとして真崎への制裁を決意する。そんな中、逃亡中の容疑者から真崎の元に一本の電話がかかってくる。そこで持ち掛けられた“ある条件”に真崎は…。はたして、慶介が激しい怒りとともに突き付ける公開されると真崎の人生を終わらせる映像…ファイナルカットとは?

 

※番組HPより引用

https://www.ktv.jp/finalcut/index.html

 

 

キャスト

 

中村慶介ー亀梨和也(KAT-TUN)

百々瀬塁ー藤木直人

小河原若葉ー 橋本環奈

小河原雪子ー 栗山千明

井出正弥ー杉本哲太

真崎久美子ー水野美紀

小池悠人ー林遣都

野田大地ー高木雄也(Hey! Say! JUMP)

皆川義和ーやついいちろう

高田清一郎ー佐々木蔵之介

早川 恭子〈享年40〉 – 裕木奈江

小河原 達夫 – 升毅

小河原 夏美 – 長野里美

鶴見辰吾

 

 

ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」2話ネタバレ

 

12年前、高校生の頃に起きた女児殺害事件で、

人気司会者・百々瀬塁(藤木直人)率いる番組「ザ・プレミアワイド」の報道をきっかけに

被害者の通っていた保育園の園長を務めていた母・恭子(裕木奈江)は犯人扱いされ、

結果、無実の罪で亡くした警察官の中村慶介(旧姓・早川)(亀梨和也)は、

母の命を奪ったメディア関係者への復讐のため今日も動いていた。

 

事件当日、捜査線上に浮かんだ男・小河原祥太の嘘のアリバイを証言したと思われる姉妹・小河原雪子(栗山千明)と妹の若葉(橋本環奈)に、

それぞれ別の偽名を使い近づいた慶介は、若葉から兄である祥太は海外にいることを聞き出していた。

 

 

その頃、慶介が幼なじみ・野田大地(髙木雄也)と運営するメディア被害に関する通報サイトに、

今度は、『ザ・プレミアワイド』のディレクター・真崎久美子(水野美紀)について相談のメールが届いていた。

 

犯人逮捕直前で、警察からも確実な証拠が出るまで取材は待って欲しいと言われていた、とある殺人事件の容疑者である住吉という男に

スクープのためなら手段を選ばない真崎が単独取材を行ったことにより

自分が疑われていると気づいた住吉はに逃亡してしまったという。

 

12年前、言葉巧みに恭子に近づきインタビューを行った真崎。

その放送は都合のいいところだけ編集され、真崎を信用した恭子の心はズタズタにされた。

 

その後の真崎の冷たい態度が今も忘れられない慶介は、2番目のターゲットを真崎に決め

 

監視カメラがついたボールペンを真崎のバッグのボールペンとすり替え、真崎を監視・尾行する。

 

 

そんな中、住吉から真崎の携帯に取材を受けてもいいと電話がかかってくる。

 

しかし、住吉はその代償として、現金を要求する。

 

いけないとは知りつつも、娘のためと住吉に自腹で現金を渡し、単独取材に成功する。

 

 

手柄を掴んだと喜んだのもつかの間、慶介に呼び止められた真崎。

 

慶介は、真崎が住吉にこっそり現金を渡している映像を含めた

真崎の人生を終わらせる映像『ファイナルカット』を見せ、

次に現れた時には協力してもらうと告げ去って行った。

 

 

翌日、真崎は会議中に先日の逃げた容疑者の独占インタビューはボツだと報告。

 

「私の行き過ぎた行動のせいでご遺族を傷つけてしまい申し訳ありません」と告げた。

 

また、その後、百々瀬(藤木直人)が電話で協力要請をしていた副署長の高田(佐々木蔵之介)によって、

住吉は無事逮捕された。

 

 

一方、慶介は、めんどくさい駆け引きをして連絡が途切れていた雪子に接触し、「もっと会いたい、話したい」と告げる。

 

また、警察署で12年前の事件の資料を見ながらデータ化の仕事をしていると高田がやってくる。

 

「やっぱりその事件が気になるか?仕事が早くて助かるよ。

中村くん・・・いや、早川慶介くん」

 

高田の言葉に驚きを隠せない慶介だった。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」2話感想

 

★やはり流れが読めてしまって、もう少しひねりが必要かなと思う。
このドラマは本当は草彅剛さんの仕事だったというのがもっぱらの噂だが、たしかにありえると思えて仕方がない。
同じ内容を草彅剛さんが演じていたら、もっとドキドキ感が増し、深みがあったのだろうと思うと残念で仕方がない。
やはり亀梨和也さんの演技は決して下手ではないのだが、あっさりと?淡々としすぎていて、草彅剛さんと比べると演技力が足りないと思えてしまう。

あき 33歳

 

ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」3話予想

 

★次回は12年前に番組ADだった現ディレクターの小池(林遣都)がターゲットとなるようだ。
当時、警察よりも早く恭子への犯人扱いを始めた「ザ・プレミアワイド」のせいで恭子の人生は狂っていったのだが、小池の仕業だったのだろうか?しかし、いちADにそんな権限はないと思うのだが・・・

あき 33

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報