高嶺の花1話ネタバレ感想・予想と見どころについて!

      2018/08/02

 

水曜ドラマ「高嶺の花」

の2話と1話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

スポンサードリンク

 

水曜ドラマ「高嶺の花」の事前情報と関連記事はこちら

 

水曜ドラマ「高嶺の花」のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

小日向文世の結婚相手の嫁(妻)・子供について!若い頃がかっこいい!

千葉雄大の彼女の噂や演技力の評判について!かっこいい髪型が話題

笛木優子(ユミン)の熱愛彼氏・結婚の噂や韓国語のレベルについて

高橋ひかるが高嶺の花の原田秋保で可愛い!彼氏の噂や性格について

 

水曜ドラマ「高嶺の花」の1話あらすじ

 

 

もも(石原さとみ)は、華道の名門「月島流」本家に生まれた令嬢。上流階級に育ち、美しく、華道家としての才能も圧倒的なももには、何一つ足りないものなどなかった。あとは愛する恋人・吉池(三浦貴大)との結婚で、パーフェクトな幸せを手にする、はずだった。
しかし、式当日に吉池が別の女性を妊娠させていたことがわかり、結婚は破談となる。以来、精神的に不安定になったももは、あろうことか、吉池の周辺をつきまとうまでに。月島流家元の父・市松(小日向文世)と妹のなな(芳根京子)は、深く傷ついて立ち直れないももを心配していた。この月島のピンチに乗じて、新興華道家・宇都宮龍一(千葉雄大)が、市松に接触を図ってきていた。

ある日、ももは、自転車で激しく転んでしまう。泥だらけで壊れた自転車を引きずり、小さな商店街に迷い込んだももは、古ぼけた自転車店で店主の風間直人(峯田和伸)と出会う。ももは「直して!」と直人に修理不能と思えるほど大破した自転車を押しつけ、汚れた服の着替えまで要求する。直人は、高飛車で奔放なももの態度にいら立ちもせず、にこやかに自転車を預かった。

直人は店を営む傍ら、長く病床にある母・節子(十朱幸代)の介護をしてきたが、ついに節子が息を引き取った。一人になった直人に、彼を心配する商店街の人々から見合い話が持ち込まれる。直人は生まれてこのかた、恋人ができたことがないのだった。
ももが借りた服を返すため自転車店を訪れると、ちょうど直人が見合いをしていた。ももは商店街の人々から、直人の人柄を知らされる。優しく穏やか、どこか不思議な魅力を持つ直人は、皆に“ぷーさん”と呼ばれて愛されていた。

直人と出会い、自分が生きてきた世界とはまったく違う下町の人々に触れて、最初は戸惑いを覚えるももだったが……。

 

※番組HPより引用

https://www.ntv.co.jp/takanenohana/

 

 

キャスト

月島ももー石原さとみ

風間直人ー峯田和伸

月島ななー芳根京子

宇都宮隆一ー千葉雄大

月島市松ー小日向文世

月島るり子ー戸田菜穂

高井雄一ー 升穀

風間節子ー十朱幸代

今村佳代子 – 笛木優子

田村幸平 – 袴田吉彦

原田太郎 – 吉田ウーロン太

原田秋保 – 高橋ひかる

今村芽衣 – 田畑志真

吉池拓真 – 三浦貴大

三宅吉行 – 城後光義

堀江宗太 – 舘秀々輝

吉池真由美 – 西原亜希

 

水曜ドラマ「高嶺の花」1話ネタバレ

 

華道家の名門である「月島流」本家の長女で、

天才華道家の・月島もも(石原さとみ)は、

自転車で土手を爆走し、

元婚約者の吉池拓真(三浦貴大)が

いる公園へ向かう。

 

しかし、拓真は、別の女性と

待ち合わせをしていた。

 

そこで、

ももは、突然、

警察に連れていかれる。

 

拓真から、ストーカー扱いを

受けていたのだった。

 

付き纏い禁止令が出ていたのだった。

 

実は、ももは拓真と婚約していて、

結婚式当日、

突然、拓真から破談を言いわたされたのだった。

 

ももは、自転車で考えながら走っていたところ

空き缶集めの男性とぶつかりそうになり、

避けた際に土手を転げ落ちて

自転車を大破させてしまう。

 

そこへ、たまたま見つけた

自転車屋に入り

風間直人(峯田和伸)に

直してほしいと頼む。

 

そして、着替えも貸してほしいと言い

汚れた足も、

洗ってもらおうと投げ出す。

 

直人には、介護中の母(十朱幸代)が

居たのだが、突如亡くなってしまう。

 

 

ももは、堕落した生活を送っていた。

 

異母妹のなな(芳根京子)から、

新しい華道家の

宇都宮龍一(千葉雄大)

のことについて

相談をうけるも、全く興味がない。

 

ももの父親、月島市松(小日向文世)は

ももを呼び出し

拓真を忘れて、

新しい恋をしてはどうだと提案する。

 

リハビリを兼ねて、誰でもいいから

恋愛をしてみてはどうだと。

 

そして、正気に戻れば、本気かどうか

気が付くのだと話す。

 

そしたら、その男は

捨ててしまえばいい、

芸術家とは、そうゆうものだ、と話す。

 

 

直人は、母を亡くし、

お葬式の席で、

お見合いをすすめられる。

 

相手は、バツ一で

5歳の子持ちだった。

 

 

後日、ももは、直人に

借りていた服を返しに

自転車屋へやってくる。

 

その時、ちょうど直人は

お見合い中だった。

 

佳代子(笛木優子)の店で、

ももは直人と、

直人の同級生たちと

お茶をすることになる。

 

 

龍一は、月島市松と

その妻、ルリ子(戸田菜穂)に

『月島流』と共存したいと話を

持ち掛けてきたのだった。

 

そして龍一は、協会理事の椅子がほしいがため、

名跡がほしい、つまり、娘がほしいとの

ことだった。

 

市松から、二人いるがどちらがほしいのか

と問われる。

 

 

ももとななは、二人で遊園地へ

出かけていた。

 

ななは、ももをほめちぎる。

 

次期家元の話になり、

二人は口論になるも、

ももは、自分は無理だと話す。

 

ももは、結婚破談の時から

自律神経がおかしくなり

においや味もわからなくなっていたのだった。

 

だから次期家元は無理だとななに諭す。

 

 

ももは、自転車屋に

治った自転車を受け取りに行く。

 

そして、佳代子の店で

直人の見合い話や、ももの話になる。

 

ももは、結婚破談になった話を語る。

 

破断の原因は

拓真が別の女性を妊娠させてしまったからだったのだ。

 

そして、付き纏い禁止の話や

おかしくなってしまった自分のことを

笑い話にしようと必死で話す。

 

それを聞いた直人は、

「いい女だ」と一言。

 

「だって、相手を憎めないんですよね。」

と言って、

ボードにこれを書いて話し出す。

 

『喜怒哀(愛)楽』

 

「自分が傷ついた時、怒る人と哀しむ人がいる。

怒る人は、憎む人、自分を棚に上げて。

哀しむ人は、愛の人、静かにただ時を止めて。

愛してたら、憎めない、あなたのように。

それはちゃんと愛のあるいい女なんです。」

 

それを聞いて、一同はもものことを

「いい女」だと褒めちぎり盛り上がった。

 

 

吉池家では、

拓真の妻、真由美(西原亜希)が

もものことをかばう拓真に

怒っていた。

 

 

ももは、直人の家で泊めてもらっていた。

 

一緒に朝食を食べているときに

直人が、お見合い相手に

断られたことを話す。

 

二人で笑って話しをするのだった。

 

 

月島流の華道の会で

ななは、緊張して

失敗してしまう。

 

その後、ももが現れる。

 

そこで、格の違いを見せつける。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

水曜ドラマ「高嶺の花」の1話感想

 

★初回は、話の導入で、まだ大枠は見えてこないといった感じでした。
ももが、高貴は月島流の家元としては、あっさりと自転車屋の直人とお茶をして
いろいろ話し出すところとかは、展開が早いけれど、すこし違和感がありました。
もう少し、近づくエピソードがほしかったなぁと思いました。

あおむし 40歳

 

水曜ドラマ「高嶺の花」の2話予想

 

★はやくも、ももと直人は付き合うことになります。
しかし、ももは、直人はリハビリとしての相手、ワンチャンの相手くらいにしか思っていません。
そこへ、月島流のもものことを見染めた龍一も出てきて、
ややこしい関係が勃発するのではないかと思います。

あおむし 40歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報