あなたには帰る家があるロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストは?

      2018/06/25

画像引用元: http://lanakila-web.com/anatanihakaeruiegaaru-2651

 

2018年4月13日スタートのドラマ「あなたには帰る家がある」。 

主演は、実力派女優の中谷美紀さん。他のキャストには、玉木宏さん、ユースケサンタマリアさん、木村多江さんら、実力と人気を兼ね備えた豪華な俳優陣が集結しています。

2組の夫婦のリアルな日常を描く、大人のラブコメディです。

そんな「あなたには帰る家がある」について、原作はあるか、放送局や放送時間などの基本情報、あらすじネタバレや最終話(結末)までの視聴率、ロケ地、キャスト、見どころなどをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

前後のドラマ関連記事はこちら

 

※追記します。

 

前に放送していたドラマ

アンナチュラルのロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて

 

次に放送のドラマ

 

金曜ドラマ「あなたには帰る家がある」の基本情報や原作について

 

放送開始日 4月13日

放送時間 毎週金曜22時から

原作 山本文緒

脚本 大島里美

放送局 TBS

 

〈みどころ〉

このドラマの原作は、直木賞作家の山本文緒さん。

1994年発表の同名小説です。

夫婦という、誰もが一度は考えたことのある普遍的なテーマをドラマチックに描き、反響を呼んだ作品です。

ドラマのスタッフが、100人を超える女性に、夫婦生活について、本音を取材し、リサーチして作っているので、「夫婦あるあるネタ」が満載で、楽しいドラマとなりそうです。

また、2組の夫婦の落ちてはいけない恋、いわゆる浮気や、不倫が描かれており、ハラハラドキドキが止まらなくなりそう。

それでいて、夫婦の再生物語でもあるので、ラストには、心温まる奇跡が待っているとのことで、いろいろな要素が詰まった、大人も楽しめるヒューマンラブストーリーとなっています。

中谷美紀さん主演ということで、2016年のドラマ「私、結婚 できないんじゃなくてしないんです」に似た雰囲気のドラマになるのではないかと、予想しています。

 

 

金曜ドラマ「あなたには帰る家がある」のキャスト

 

佐藤真弓ー中谷美紀

 

 

佐藤秀明ー玉木宏

 

 

三浦佳介ー駿河太郎

 

 

森永桃ー高橋メアリージュン

 

 

小島希望ートリンドル玲奈

 

 

武田邦彦ー藤本敏史

 

 

相川由紀ー笛木優子

 

 

茄子田太郎ーユースケサンタマリア

 

 

茄子田綾子ー木村多江

 

キャストの関連記事

 

木村多江の旦那や子供について!実家がお金持ち?父親についても

笛木優子(ユミン)の熱愛彼氏・結婚の噂や韓国語のレベルについて

駿河太郎の経歴や妻・子供に演技力は?髪型・服に性格についても

 

金曜ドラマ「あなたには帰る家がある」のロケ地

 

このドラマのロケ地は、埼玉県草加市の住宅展示場であることがわかりました。

エキストラ募集情報により、わかったことです。

3月19日のお昼に、撮影は行われ、幅広い年代の男性、女性、親子連れのエキストラを大募集したようです。

この展示場には、9つのモデルハウスがあるようですが、どこのモデルハウスが使われるのか?

放送を楽しみにしましょう。

また、駿河太郎さん演じる三浦は、鎌倉小町通りにあるカレー店の店主の設定なので、鎌倉の小町通りでも、撮影があるのではと、予想しています。

 

金曜ドラマ「あなたには帰る家がある」のあらすじ

 

 

主人公の佐藤真弓は、結婚して13年目の主婦。

ひとり娘の中学受験が終わって、子育てが一段落したため、家計を助けようと、十数年ぶりに、仕事復帰を決意する。

真弓の夫、秀明は、住宅販売会社に勤務するサラリーマンで、家族のために、真弓が頑張ろうとすればするほど、窮屈に感じていた。

その結果、秀明は、真弓とは対照的な性格の人妻と、いけない恋に落ちてしまう。

もう1組の夫婦の夫、茄子田太郎は、家庭的で美しい妻を持っているにもかかわらず、時代に逆行するほど、亭主関白のモラハラ夫だった。

太郎の職業は、中学の教師で、真弓と秀明とは、偶然、別々の場所で出会うことになる。

この2組の夫婦は、それぞれ、日常生活で不満や、すれ違いを抱えていた。

 

大人も楽しめるヒューマンラブストーリーが、この春、幕を開けます。

 

金曜ドラマ「あなたには帰る家がある」の最終話までの視聴率

 

※放送後に追記します。

 

1話 視聴率9.3%

あなたには帰る家がある1話ネタバレ感想はこちら

 

2話 視聴率8.1%

あなたには帰る家がある2話ネタバレ感想はこちら

 

3話 視聴率9.1%

あなたには帰る家がある3話ネタバレ感想はこちら

 

4話 視聴率6.5%

あなたには帰る家がある4話ネタバレ感想はこちら

 

5話 視聴率8.0%

あなたには帰る家がある5話ネタバレ感想はこちら

 

6話 視聴率7.9%

あなたには帰る家がある6話ネタバレ感想はこちら

 

7話 視聴率9.0%

あなたには帰る家がある7話ネタバレ感想はこちら

 

8話 視聴率7.7%

あなたには帰る家がある8話ネタバレ感想はこちら

 

9話 視聴率8.2%

あなたには帰る家がある9話ネタバレ感想はこちら

 

10話 視聴率9.7%

あなたには帰る家がある10話ネタバレ感想はこちら

 

11話最終回 視聴率9.3%

あなたには帰る家がある最終回11話ネタバレ感想はこちら
 

あなたには帰る家がある1話ネタバレ

 

佐藤真弓(中谷美紀)は、娘の麗奈の中学受験が終わり、子育てがひと段落。

 

夫の秀明(玉木宏)とも上手くいっておらず、人生が物足りなく感じていたころ、

かつての同僚、由紀(笛木優子)と再会します。

 

かつて営業トップの成績を誇っていた真弓は、由紀に勧められるまま、旅行会社への復帰を決めます。

 

しかし時代の流れは変わっており、パソコンも満足に使えない真弓は失敗ばかり。

 

ある日、顧客の個人情報に関わる大きなミスをしてしまいます。

 

落ち込んで帰った真弓が家に帰って直面したのは、何も手伝わず労わってもくれない夫と、自分に無関心な娘。

 

 

その頃、住宅メーカーで勤務している秀明は、顧客の妻である茄子田綾子(木村多江)と恋に落ちかけていたのです。

 

綾子は決して人柄がいいとはいえない夫、太郎(ユースケ・サンタマリア)と結婚し、

二世帯住宅でつつましく暮らしています。

 

真弓とケンカした夜、秀明は太郎に誘われて大酒を飲み、茄子田家で綾子に介抱されます。

 

決して幸せそうには見えない綾子に、秀明の恋心は加速し、二人はキスをしそうに。

 

 

真弓と秀明の夫婦は13回目の結婚記念日を迎え、二人は気持ちを新たに、

関係を修復するかのように見えたのですが、秀明は綾子と街で偶然会ってしまいます。

 

そしてそのまま二人はホテルへ。

 

結婚記念日を祝おうと、秀明の大好物であるメンチカツを揚げて帰りを待つ真弓。

 

秀明はその家に帰ることはなく、綾子と一線を越えてしまいます。

 

 

あなたには帰る家がある2話ネタバレ

 

佐藤真弓(中谷美紀)は、結婚記念日に夫の秀明(玉木宏)の好物であるメンチカツを揚げ、娘と帰りを待っていました。

 

しかし、17時には帰ると言った秀明が帰宅したのは19時過ぎ。

 

秀明はその日、茄子田綾子(木村多江)と初めての浮気をしていたのです。

 

家に帰ってからも上の空な秀明に、真弓は不信感を抱きます。

 

さらに会社の同僚、愛川由紀(笛木優子)からも指摘され、

真弓は秀明が会社の後輩、森永桃(高橋メアリージュン)と不倫しているのではないかと疑います。

 

浮気の罪悪感から、真弓にデートを申し出た秀明。

 

久々のデートに真弓は心を躍らせますが、待ち合わせの直前、綾子からの連絡が入り、

秀明は待ち合わせ場所には現れたもののドタキャンしてしまいます。

 

それ以降、再びギクシャクしてしまった二人。

 

 

一方、真弓は勤務先の旅行会社でセクハラ教師の担当となり、修学旅行のプランを決めることになります。

 

その教師というのが、綾子の夫、茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)でした。

 

茄子田は初め、もっと若い女性が担当することを希望していましたが、お酒の席での真弓の本音に興味を持ちます。

 

そんな中、真弓と秀明の娘は、中学に入学して初めての陸上大会の日を迎えます。

 

仕事で行けないと言っていた秀明は会場に現れ、これからはきちんとすると真弓に宣言。

 

しかし、本屋で偶然、綾子と再会してしまいます。

 

さらに真弓も、秀明のクレジットカードの利用履歴にホテルの宿泊代を見つけ、浮気を知ってしまうのでした。

 

 

あなたには帰る家がある3話ネタバレ

 

佐藤真弓(中谷美紀)はクレジットカードの使用履歴から、

夫の秀明(玉木宏)がホテルを利用したことを知ります。

 

不倫相手は秀明の後輩の森永(高橋メアリージュン)ではないかと疑っている真弓。

 

しかし同僚の由紀(笛木優子)の勧めで、「キャッチしないでリリース」作戦でいくことに。

 

 

一方、秀明と茄子田綾子(木村多江)の不倫は本格化していきます。

 

秀明が住宅リフォームの営業で茄子田家を訪れている間も、

二人は親密な様子でいたため、綾子の息子が勘づき始めます。

 

そんな中、真弓は仕事中に偶然、営業車に乗り込む秀明を目撃し追跡します。

 

秀明が向かった先は、綾子との待ち合わせ場所。

 

そこで綾子は、秀明に自分のことを愛しているかと問います。

 

秀明がそれに応え、二人がキスをしようとした瞬間に現れたのは真弓でした。

 

ぎりぎりのところで見つからずに済んだ秀明は、綾子と別れて逃げ出します。

 

綾子は真弓の姿を見て、秀明の妻であるとピンときた様子でした。

 

 

その後、修学旅行の営業をしている先の教師、

太郎(ユースケ・サンタマリア)に招かれて茄子田家に行った真弓。

 

そこには同じく呼び出された秀明の姿がありました。

 

太郎に言われるがまま、バーベキューをすることになった両夫婦。

 

 

当日、太郎に促され、秀明の不倫など気にしていないと宣言した真弓。

 

対抗心が燃え上がった綾子に挑発されたことで、不倫相手が綾子だと気付いた真弓。

 

その夜、もう帰ってこないでほしいと秀明に告げるのでした。

 

 

あなたには帰る家がある4話ネタバレ

 

夫・佐藤秀明(玉木宏)の浮気相手が

自分の会社の取引先担当者である茄子田太郎(ユースケ・サンタマリア)の妻・綾子(木村多江)だと

知ってしまった佐藤真弓(中谷美紀)。

 

しかし、娘である麗奈(桜田ひより)

真弓は、秀明に今日からソファーで寝るように言った。

 

 

翌朝から秀明は真弓に許してもらうために朝食作りをはじめ、

洗濯など、積極的に家事をこなしだす。

 

それをみた真弓は、

これを機会に今まで家事を全く手伝わなかった秀明を

思う存分コキ使ってやると考えていた。

 

真弓は会社の上司でもある友人の由紀(笛木優子)に

浮気相手が若い女性なら、一時的なものでしょうと諭されてしまい

何も言えなくなってしまったが、綾子は自分よりも年上なことから、

その言葉にかなりのショックを受ける。

 

 

その日、就学旅行の打ち合わせで茄子田と打ち合わせをする真弓。

 

秀明の浮気相手が実は綾子だと言うことを知らない茄子田は

いつものように偉そうに

「浮気される方にも原因がある」と真弓に言い放つ。

 

 

その頃、

秀明も森永桃(高橋メアリージュン)と新居建て替えの件で綾子と接見していた。

 

 

その後、茄子田に偶然出会った森永は、

秀明が会社の若い女性と浮気していると言う情報を聞き、

会社に女は自分しかいないことから不思議に思っていた。

 

 

その夜、秀明は綾子から電話の着信が入るが、とろうとしない。

 

しかし、真弓(中谷美紀)は今ここで綾子に電話をかけ直すように秀明に言った。

 

秀明はすぐに折電し、話をしてくると出て行ったが、

真弓は不安だったので、秀明の後ろをこっそりつけていった。

 

綾子に呼び出され、秀明ふが着いた先は初めて不倫をしたホテルだった。

 

秀明は真弓に着いて来られてることを知らないまま、

綾子に「もう会えない」と伝えようとしても、

作ってきた料理を出されたりとすっかり綾子のペースになってしまい

なかなか言い出せない状態だった。

 

空きを見て、「もう会えない」と言った秀明だが、

綾子は「二人で会っていた日々は幸せだった」と言い出す。

 

まだ綾子に想いが残る秀明は、後ろ髪を引かれる形で店を出て行った。

 

それをこっそり見ていた真弓は、イライラする。

 

苛立つ気持ちを抑えきれない真弓は、

愚痴を聞いてもらう為に由紀を呼び出すが、

なんと由紀も不倫しており、

真弓(中谷美紀)の行動が意味不明だと言われてしまう。

 

ストレスからずっと胃に違和感を持っていた真弓だが、

これをきっかけに更に気が滅入り、

急性胃腸炎になり倒れてしまう。

 

 

心配した母親が真弓の看病に来てくれた。

 

真弓は母親に秀明(玉木宏)が浮気していると事情を話す。

 

すると、自分も夫に不倫された経験のある母親に

もう負けた方が良いとアドバイスをもらい、

真弓はだいぶ気持ちが落ち着くのだった。

 

 

翌日、会社に出勤した真弓。

 

すると、綾子から手作りのメンチカツが差し入れられ

「秀明さんと麗奈ちゃん(桜田ひより)によろしく」とまで

伝言していったというのだ。

 

もう我慢がならない真弓は綾子に会いに行き、

「うちの家族に二度と近寄らないで」と言い放ったのだった。

 

 

あなたには帰る家がある5話ネタバレ

 

綾子(木村多江)に「うちの家族に関わるな」釘を刺し

茄子田宅を飛び出した真弓(中谷美紀)。

 

ちょうど帰宅した太郎(ユースケ・サンタマリア)と

出くわしてしまうが無言で去る真弓。

 

不審に思う太郎だが綾子は

真弓がお見舞いに来てくれたと話す。

 

 

秀明(玉木宏)は、仕事を定時で切り上げ

たけのこご飯を作ろうとしている。

 

家族のために料理をすることが幸せだと感じていた

その時、真弓(中谷美紀)が帰宅。

 

綾子(木村多江)が真弓の職場にやって来たこと

秀明の好物のメンチカツを持ってきて

宣戦布告してきたこと。

 

茄子田宅に乗り込んだら、散々なことを言われたことから

「ヤバいよ、あの女」

と、話すが秀明は半信半疑な様子。

 

 

翌朝、麗奈(桜田ひより)は

最近秀明ばかり家事をしていたりソファで寝ているのは

どうしてなのかと2人に尋ねる。

 

上手く言い訳をして乗りきったが

真弓はこのまま秀明ばかりに家事をさせ続けるわけには

いかないと感じていた。

 

 

一方、秀明は職場で綾子からの電話を拒否していた。

 

綾子は新しく担当になった森永桃(高橋メアリージュン)に電話をかけ、

秀明に取り次いでもらう。

 

不倫が真弓にバレてからいつもの傲慢な態度の秀明に

それなら太郎に全てを話すと言われ

結局会って話しをしてしまった。

 

すると、綾子から太郎にバレたかもしれないと告げられ

最後には「1分だけ」と、手を握られてしまう始末。

 

 

秀明が職場に戻ると、なぜか真弓の姿が。

 

実は太郎が真弓にも協力してもらい

また自分の担当を秀明に戻してほしいと

お願いしてきたのだ。

 

「失礼な態度をとってしまい本当に悪かった」

と頭まで下げられ、秀明も仕方なく了承した。

 

2人は太郎に蕎麦を食べに行こうと誘われる。

 

蕎麦屋のテレビにはW不倫の謝罪をしている俳優の姿。

 

「人の嫁を取っておいて泣いてんじゃねぇよ」

と、不倫に対し怒りを露にする太郎。

 

 

翌日、秀明は土日に茨城へ家族旅行をしないかと提案

麗奈は乗り気だったので真弓も了承する。

 

 

茄子田家との契約日。

 

「これから家族のために家を建てるぞ‼️」

意気込んで契約に捺印する太郎だった。

 

無事契約が終わり茄子田家宅を後にする

秀明と後輩の森永桃(高橋メアリージュン)だったが

家の前にいた太郎の母、千恵(梅沢昌代)から

綾子にこの家を乗っ取られと話し

「あの女は相当なもんだよ」と吐き捨てる。

 

桃も契約時の綾子の様子から

「一番手を出しちゃダメな人ですよね♪」

と言われてしまい、唖然とする秀明。

 

 

土曜日になり、家族3人で旅行を楽しんでいると

なんとそこには茄子田一家も。

 

麗奈がSNSで旅行についてつぶやいた内容を

太郎の息子・慎吾(萩原利久)を通じて知られていたのだ。

 

 

夜、露天風呂で綾子と遭遇する真弓。

 

綾子と秀明の思い出を話され、真弓は

「何ともない」

と、強がることしかできなかった。

 

 

翌朝、真弓はホテルの周りをランニングし

吹っ切ろうとしていたが、そこに太郎が現れる。

 

「妻はお前の旦那と寝たのか」

問い詰められ、涙を流して黙る真弓。

 

綾子と秀明の関係を確信した太郎は早足で

ホテルに行ってしまう。

 

真弓は何をするかわからない太郎を

慌てて追いかけ止めようとするが振り切られる。

 

ホテル前では真弓を探しに外に出た秀明が

そこに居合わせた綾子に話し掛けられてしまった。

 

ヤバいと感じた秀明。

 

千恵・桃、そして真弓の言葉が脳裏をよぎる。

 

間もなくして太郎が現れるが

太郎は秀明を睨み付けるとタクシーでどこかへ

行ってしまったのだった。

 

 

結局、綾子は息子と二人だけの帰宅になり

千恵は怪訝そうな態度に

真弓と秀明はぐったりだった。

 

麗奈はちょっと気になっていた慎吾と

旅行先で会えて嬉しい様子。

 

 

次の日、麗奈が下校していると、途中で綾子が現れて…。

 

次回へ続く

 

 

あなたには帰る家がある6話ネタバレ

 

真弓(中谷美紀)は娘の麗奈(桜田ひより)のためにも

秀明(玉木宏)とやり直す決意をします。

 

そんな時、学校から帰宅した麗奈が綾子(木村多江)に会い、

パンケーキをご馳走になったと言います。

 

その話を聞いた真弓は茄子田家に行きますが、

綾子も太郎(ユースケ・サンタマリア)も不在でした。

 

 

その頃、秀明は自分にできることはないかと綾子に連絡を取ります。

 

秀明からの連絡に喜ぶ綾子でしたが、

秀明は「あなたとのことは遊びでした。愛していません。」と言います。

 

ショックを受けた綾子はその場を去ります。

 

 

一件落着かと思いましたが、翌朝になって綾子が突然佐藤家に現れます。

 

秀明のことを諦められない綾子は麗奈に、

秀明と愛し合っていることを話し、

さらに自分のことをママと呼んで欲しいと言います。

 

ショックを受ける麗奈でしたが、

そこに太郎まで現れて秀明に殴りかかります。

 

真弓は助けなければと思うのですが体が動きません。

 

外に逃げた秀明は階段を踏み外して転落し、怪我をします。

 

 

秀明の入院中、真弓は自分の気持ちを整理していました。

 

子供のために離婚は避けようと思いましたが、

本当にそれで良いのか自問自答します。

 

 

そして秀明が退院してきた日に、

夕食を一緒に取りながら自分の今の気持ちを正直に話します。

 

離婚をしたいと言う真弓に、

やり直せると思っていた秀明はショックを受けます。

 

 

一方、茄子田家でも離婚話が出ていました。

 

綾子は太郎に今までのことを感謝しているが、

秀明のことを愛しているので離婚して欲しいと言います。

 

 

あなたには帰る家がある7話ネタバレ

 

真弓(中谷美紀)は、秀明(玉木宏)と別れると決めた。

 

圭介(駿河 太郎) の店へ行き、離婚に向けてのことを聞く。

 

 

秀明は、圭介に相談するも、女が決めた場合は、覆らない。

 

ここからの復縁は、400%無理だと。

 

 

真弓は、離婚までのtoDoリストを作成するが、離婚に向けて考えると

前向きになっていた。

 

 

真弓が離婚届けを取りに役所へいったとき、

綾子(木村多江)も、離婚届けを取りにいっていて、

真弓の姿を見かける。

 

 

真弓は、離婚届けにハンコを押していた。

 

秀明は、必死で離婚を阻止しようと、

チーズケーキを買ったり、物でなんとかしようとするも、

全く効果なく、真弓からも、麗奈(桜田ひより)からも無視される。

 

秀明は、落ち込む様子を見せるが、

真弓は、秀明に離婚に向けて

麗奈と私が、このマンションに住み、

パパは出ていく、

親権は、私に下さい。

 

養育費は学費込で月8万、と

現実的なことを、つらつら述べる。

 

 

真弓は、麗奈に離婚しようと思っていることを告げる。

 

麗奈は、あっさりと「いいんじゃない、わたしももうパパといたくない」と言う。

 

 

秀明は、離婚届を書き、ハンコを押す。

 

実家に報告したら、提出しておくからと真弓が話すと

勝手に出されるのは、ちょっとと秀明が言うと、

一緒に出しに行くことになる。

 

 

綾子は、太郎に離婚届にハンコを押してくださいと頼む。

 

太郎は、金を払え、今までにかかった全額という。

 

太郎は、慎吾(萩原利久)は、絶対に渡さないという。

 

綾子は、慎吾に一緒に出て、どこかで二人で暮らそうと言っても、

出ていかないと言い切る。

 

綾子は突然、朝食の最中に、通帳をもって出て行ってしまう。

 

 

真弓は、身辺整理をはじめ、結婚写真を捨て、

婚約指輪は、売りに出すことにする。

 

秀明は、アパートを借りる。

 

そこに、綾子が訪れる。

 

「これでやっと一緒にいられるね」と

「ここに来てもいい」と綾子は言う。

 

「あんなことになったのは、誰のせい?

私の家族がこうなったのは誰のせい?

私に帰る家がなくなったのは誰のせい?」と問い詰める。

 

終わりを決めるのは、秀明じゃないと話す。

 

秀明は、半分怯えつつ、追い返す。

 

 

真弓は、秀明と離婚届を出しに行くため、役所で待ち合わせる。

 

秀明は、真弓にランチをしようと誘う。

 

約束の海鮮丼を食べに行くのだった。

 

怒ってても、うまいものを食べたらすぐ笑顔になるところが

かわいいと思っていた秀明、

鎌倉の道を歩き、よくデートしたなと思い出にひたる真弓、

往生際が悪いという真弓に、もう一か所だけと懇願する。

 

真弓は、プロポーズされたときのことを思い出しながらも、

役所に足を向ける。

 

しかし、婚約指輪をなくしたことに気が付き、焦る。

 

実は、売ろうと思って、ポケットに入れていたことを話すと、

秀明も驚き、お互いいいあいになる。

 

砂浜で、指輪を必死で探す二人、

プロポーズの時も、必死で探していたことを思い出す。

 

真弓は、もう思い出と一緒に海に流したと思うことにする。

 

その時、砂浜で遊んでいた子供がおもちゃにしているのを

秀明が見つける。

 

 

麗奈は、友達から悩みがあるんじゃないかと聞かれる。

 

誰にも話さないでと話す。

 

 

秀明は、その晩、真弓に手を繋いでもいいかと問いかける。

 

真弓は、いやです、と一言。

 

 

次の日、秀明は、鍵を渡し、荷物をもって出て行った。

 

真弓は役所に離婚届を出しに行くも、何か忘れているのではないかと

躊躇してしまう。

 

 

秀明は、会社にも離婚することを告げ、

森永 桃(高橋 メアリージュン) と飲みに行く。

 

そして、酔っ払い、家に送ってもらい、

真弓と勘違いをし、桃に抱き着いてしまう。

 

そこに、綾子が現れる。

 

 

太郎は、真弓に、綾子の居場所を聞くも、知らないし、

真弓は離婚すると言い放つ。

 

太郎は、真弓に

「お前には感謝がない」と。

 

真弓は、太郎に

「先生も奥さんにも同じこといってたんじゃないですか?」

先生に比べたら、うちの旦那のほうが、と比較を始める。

 

そのとき、気が付いた真弓は秀明に、電話する。

 

秀明は、離婚届もう出したのかと聞く。

 

真弓は、

「今日、出せなかった。

言い忘れたことがあった。

パパ、ありがとう、

電球変えてくれて、毎日、ゴミ出してくれて、

ちょっと上の空だけど、話聞いてくれて、

ごきぶりやっつけてくれて、

家族のため、映画の仕事やめて働いてくれてありがとう。

ひとりでやるって決めたら、

すごくパパに守られていたんだなって。

麗奈と幸せになるように頑張る。

パパと結婚して良かったよ。

13年間ありがとう、さよなら。」

と言うのだった。

 

 

次の日、真弓は役所に離婚届を提出した。

 

しかし、麗奈は学校で友人に秘密で話したことが

部活の先輩たちにまで知れ渡っていたのだった。

 

 

あなたには帰る家がある8話ネタバレ

 

独身生活をそれぞれ謳歌する真弓(中谷美紀)と秀明(玉木宏)。

 

そんな中、麗奈(桜田ひより)が突然、学校を辞めたいと宣言。

 

秀明に相談しようと思うものの、1人で解決しようとする真弓。

 

麗奈の状況を圭介(駿河太郎)から聞いた秀明もまた、解決しようと動き始める。

 

 

麗奈の気持ちを探ろうとお互いにSNSでチェックする2人。

 

そこである異変に気付く秀明は、麗奈に話をしようと学校まで行くが、追い返されてしまう。

 

 

一方、綾子(木村多江)は雨の中、傘を持っていないと嘘をつき、秀明の家を訪れる。

 

それを断り切れず家に入れてしまう秀明。なかなか関係を断ち切れずにいた。

 

真弓は秀明の支えになりたいと定食屋でパートを始める。

 

そこへ茄子田(ユースケサンタマリア)が現れ、「過去から逃げられると思うなよ」と言い放つ。

 

そんな中、麗奈の大会の日を迎える。

 

当日の朝、真弓が「学校合わないなら、いっしょに考えよう」というと、

「言ってみただけ」と笑顔で答える麗奈にホッと胸をなでおろした真弓であったが、

大会前に、部員たちが麗奈の家庭の事を話しているのを聞いてしまう麗奈。

 

笑顔で挨拶しようとするものの、耐え切れず逃げ出してしまう。

 

それを知った真弓たちは麗奈を必死で探し、そこで初めて麗奈の複雑な気持ちを聞かされる。

 

そこで祖母が助け舟を出し、麗奈は祖母と帰る事に。

 

2人になった真弓と秀明。秀明は、1人で背負おうとしないで欲しいと真弓に伝える。

 

 

翌日、秀明が麗奈を迎えに行き、学校や友達のことを諦めないで欲しいと伝えるものの、

「二度と会いに来ないで」と言われ、麗奈は走って帰ってしまう。

 

しかし、諦め切れない秀明は、必死に麗奈を追いかけ、応援したいと伝える。

 

そんな2人の姿を見た真弓も同じように、応援したいと伝えた。

 

すると麗奈は初めて本音を口にする。

 

「3人がいい」。

 

そんな言葉を聞いた真弓は麗奈を抱きしめた。

 

 

その夜はマンションに戻り皆んなで食事をする事に。

 

久しぶりに3人で囲む食卓に喜ぶ秀明だった。

 

 

翌日、麗奈は友達と仲直りをし、一件落着。

 

・・・と思いきや、秀明の忘れ物を届けようとアパートに行くと、

先回りした綾子がまるで同棲しているように出てきて真弓は2人の関係が続いていると疑うのであった。

 

 

あなたには帰る家がある9話ネタバレ

 

真弓(中谷美紀)が秀明(玉木宏)の住むアパートへ荷物を届けに行く。

 

そこへちょうど帰宅してきた秀明とアパートの入口で話していると、

アパートから出てきたのは綾子(木村多江)だった。

 

綾子は秀明に向かい、お帰りなさいと言い、真弓にはお世話になっていますと会釈をする。

 

呆れた真弓はその場から少し怒りながら帰って行く。

 

 

後日、真弓と英明の友人である三浦(駿河太郎)のカレーショップで

10周年パーティーを行うために、真弓は準備の手伝いを始めていた。

 

パーティーも順調に始まり盛り上がっていた所に、秀明が訪れる。

 

綾子との誤解を解こうと真弓に話しかけるが、

真弓は目もくれず話を聞いてくれない。

 

そこへやって来たのが、綾子と茄子田(ユースケサンタマリア)だった。

 

店内に険悪なムードが漂う中、4人で話し合おうと茄子田が座らせる。

 

綾子が口を開き、今日は秀明さんとの事を了承してもらいに来ましたと真弓に話しかける。

 

真弓はもう離婚して関係ない事なのでご自由にどうぞ。

と言い、店を出る。

 

追いかける秀明は真弓をご飯に誘うが、そこへまた綾子がやって来る。

 

 

茄子田に一本の電話があり、出ると綾子の母親が危篤だという連絡だった。

 

綾子の手を引き、病院へ行こうと連れて行こうとするが、

綾子は手を振りほどき、秀明さんと行くと言って聞かない。

 

秀明は真弓に緊急事態だから行ってきてと秀明を見送る。

 

 

病院へ着いた時、母の最期には間に合わず

車へ戻ってきた綾子に秀明は、

今 僕が見ているのはあなたじゃないと言った。

 

綾子は肩を下ろし、何も言わなくなった。

 

 

この日は真弓の誕生日でもあった。

 

カレー店の片付けをしていると、

三浦に抱きしめられ、もう俺にしなよと言われた真弓。

 

はぐらかしながら、今日は飲みすぎだよと家に帰る。

 

 

夕食を娘の麗奈(桜田ひより)と約束をしていたが、

麗奈は茄子田の息子 慎吾(萩原利久)と会っていて家にいない。

 

真弓がふと家に1人になった時、寂しさを感じた。

 

気を紛らわそうと真弓はジョギングに行くと、

そこに1人佇んでいたのは茄子田だった。

 

真弓が話しかけ、夕食に誘い、予約していたレストランへ向かった。

 

2人で夕食を食べているとバースデーソングと共にテーブルにケーキが置かれた。

 

茄子田が大声でバースデーソングを歌ってくれた。

 

そんな茄子田を見て、真弓は

今自分が必要としている男の条件が茄子田に全て当てはまるのでは・・

と、少しだけ茄子田の事を意識した。

 

その様子を影で秀明が見ていた。

 

 

あなたには帰る家がある最終回11話ネタバレ

 

真弓(中谷美紀)が、

「この人は、あなたには、

もったいない、私が幸せにします。

麗奈(桜田ひより)と慎吾君(萩原利久)

と4人で幸せに暮らします。」と、

言った後、真弓と太郎(ユースケ・サンタマリア)、

秀明(玉木宏)、綾子(木村多江)は、

旅館に戻り、ロビーで話をする。

 

再び、秀明が真弓に確認するが、

本気ですと答える。

 

それを聞いた秀明は、

「いまでも、真弓を愛しています。」と、

土下座する。

 

真弓からは、

「わたしの待つ家は、

帰りたい家じゃなかった。

とっくに壊れてた。

一番つらかったとき、

話したくなったのは

茄子田先生だった。

先生の気持ちがわかるから。」

と言われる。

 

綾子は、ずっと黙っていたが、

秀明と幸せになります、と

言い切る。

 

真弓は、綾子に

茄子田夫婦の

離婚届の保証人になると言い出す。

 

6月22日、結婚記念日に、

太郎と一緒に離婚届と出しに行くが、いいか、

と、綾子に確認する。

 

綾子は、心中、真弓が自分を

謝らせ、太郎と再びやりなおさせようと

していることを見抜き、

絶対筋書きには乗らないと、決め、

「太郎さんをよろしくおねがいします。」

と言う。

 

真弓と綾子の最後の闘いがはじまった。

 

 

次の日、真弓は、圭介(駿河 太郎)の店で、

夫婦交換による計画を話す。

 

茄子田夫婦をどうにかしてあげたいと

思っているし、今までは追い詰められていたのに、

綾子を責めている状態だから、気分がいいことを

話す。

 

しかし、それを聞いた母 弥生(丘みつ子)から

「秀明さんと綾子が本当に上手くまとまっちゃったら?」、

そして、圭介からは、

「茄子田先生が、本気になったら?」

と言われた瞬間、

太郎から、真弓に

『明日、おひる一緒に食べよう。』と

ラインが入り、

穴だらけの作戦だと気が付く。

 

 

秀明は、後輩の桃(高橋メアリージュン)が

綾子と不倫をしたため、契約が白紙になったこと、

そして、セクハラを告発したため、

本社の倉庫に左遷となる。

 

家に帰り、綾子にそのことを話すも、

「だいじょうぶだよ、二人でがんばろう。」

と、穏やかに受け入れてくれる。

 

 

そして、夜、

綾子を抱くべきが抱かぬべきか、

秀明は、無理やり最初のころの

ときめきを思い出し、

流されるまま、そこでがんばろうとするも、

綾子から、やんわり拒否される。

 

 

次の日、真弓は、かつて

秀明ときた海鮮丼のお店で、

お昼に太郎とウニ丼と食べることになる。

 

真弓は、太郎に、正直に

作戦だったことを話そうとするが、

太郎から、うれしかったと言われ、

言い出せなくなるのだった。

 

そして、週末には、

白波海水浴場へ行こうと誘われる。

 

釣りして、サザエのつぼ焼きつついて、ビール飲んで、

麗奈と慎吾も一緒にと、のりのりで話す。

 

 

一方、秀明は、左遷された倉庫で

クーラーもない資料室で、

作業となる。

 

 

真弓は、綾子が働く食堂を訪ね、

メンチカツ定食を注文する。

 

そして、

太郎に白波海水浴場へ誘われたことを話す。

 

そこは、茄子田家が、毎年家族で

慎吾が赤ちゃんの頃からいっていた

思い出の場所だった。

 

しかし、綾子はその真弓の言動にも動じず、

私は、海が苦手だから、秀明と映画をみているほうが

いいわ、と切り返す。

 

秀明が、移動になったことも

左遷ではなく、栄転のように嘘をつき、

秀明との生活がすごく幸せだということを

アピールする。

 

 

週末、真弓と麗奈は、白波海水浴場へ向かう。

 

その途中、麗奈から、

「慎吾君のパパだけは

好きにならないで、慎吾君と姉弟になっちゃうから。」

とくぎを刺されるが、

真弓は、きっぱり否定する。

 

そして、慎吾と太郎が待つところへ向かうと、

太郎が、真弓と麗奈を呼び捨てにする。

 

真弓は、パンケーキを焼いて持っていき

具剤をまいて食べようと提案。

 

ツナは缶のままなのを見て、慎吾は驚き、

マヨネーズもそのまま持ってきた真弓に

太郎もびっくりだった。

 

その時、

白波海水浴場に

綾子と秀明が現れる。

 

太郎、真弓、慎吾、麗奈の

楽しそうな4人の姿を見た、

秀明と綾子は、

寂しそうな目をして

帰っていくのだった。

 

秀明と綾子が手とつないで去っていく姿を

切なそうに見つめる真弓だった。

 

太郎は、みんなが釣りをしている間に、

海のゴミ箱に、自分の手帳を

投げ捨てる。

 

真弓と太郎は、海の家で、話をする。

 

真弓は、本当に離婚届を出していいのか、と確認する。

 

太郎は、人は本当に変われると思うかと、聞いてくる。

 

真弓は、太郎が最初の頃とは全然違うと伝える。

 

太郎は、真弓といると変われる気がするし、

笑えてくるし、幸せだと、話す。

 

そして、真弓と一分間だけ、手をつなぐ。

 

片づけをし、ゴミをまとめて捨てに行った真弓が

太郎が捨てた手帳を見つけ、中身を見てしまう。

 

 

6月22日、

離婚届を出しに行く前に、

寄りたいところがあると真弓が言い出す。

 

綾子は、いつも通り

秀明の資料室へ、お弁当を届けにやってきていた。

 

秀明は、息が詰まって、

綾子に、もう茶番はやめようと告げる。

 

すると、綾子は

「相手が誰だって同じだ。」と言い放つ。

 

そこに、真弓と太郎が現れる。

そして、綾子に、太郎の手帳を見せるのだった。

 

手帳の中には、

太郎が、新しい家の構図が

いろいろ考えて書かれていた。

 

綾子が出て行った後も、

どうしたら戻ってくるか

考えていたのだった。

 

その家の図は、家族の顔が見える、

綾子が望んでいたとおりの

家だった。

 

その時、突然、

綾子は、

「筋書にはのらない!」と叫んで、

逃げ去ろうとする。

 

それを、真弓、秀明、太郎も追いかける。

 

そして、エレベーターに無理やり乗るも、

エレベーターが故障で止まってしまう。

 

業者に連絡するも、なかなか助けは来ず、

密閉された中で、脱水状態になりかかかる。

 

綾子が持っていた水筒に残ったお茶を

分けるのだが、秀明、

そして、太郎が真弓に渡そうとすると、

それをすかさず奪い取り、

全て、飲み干してしまう。

 

綾子は、真弓に

「余計なことをするな」と言うが、

真弓は

「もう、最後だし、このまま死んじゃうかもしれないし

ぶっちゃけ言っちゃいな。」と言う。

 

太郎は、二人が何回やったが気になり、

まず、そこを聞き出す。

 

しかし、秀明と綾子の答えは違っていた。

 

そこから、真弓と綾子の間で、

秀明の悪口大会になる。

 

すると、綾子は、秀明に

「先に、火をつけたのはそっちだ、

責任取りなさいよ!」と、ぶつける。

 

秀明は、綾子に

「その火を消したのは、あなただ。

おかしい行動、人の奥さんの職場に

メンチカツ持って来たり、

家族旅行に押しかけたり、

鍵盗むし、勝手に家はいるし、

怖いでしょ。」と言い出すと、

 

太郎が、

「綾子を責めるな、

世間を知らない女が純粋に

男を好きになった、それだけの話だ。

なんでわかってやれない、

受け止めてやれないんだ。」と

綾子をかばう。

 

そして、やっぱり、真弓は抱けないと

きっぱり言い切る。

 

そして、綾子に

「お前の作った、飯が食いたい。

愛してなくてもいい、相手が誰でも同じなら、

俺にしろ、

お前のために変わるから、

もう、お前を傷つない、

そして、もしいつか一瞬でも

たった一瞬でも、お前が俺を愛してくれたら、

それで俺の人生は満点なんだ。

綾子、帰ってこい、一緒にうちに帰ろう」

と告げる。

 

秀明は、真弓に

「夫婦になって、家族になって、

いつのまにか空気になってたけど

空気がなかったら、生きていけない。

何年かかっても、真弓のいる家に帰りたい。」と

話す。

 

しかし、真弓は

「わたしは、もうパパとは終わった。

正直まだ、ウニ丼食べたら、顔がちらつく。

そうゆうことが、これから少しずつなくなっていき

寂しいことだけど、ほっとする。

今は空気がなくなってあっぷあっぷしてるけど

少しずつ、パパがいないことにも慣れて、

息ができるようになる。

 

この夫婦に会わなかったら、

いまでもパパと結婚してて

不満いっぱいで、文句タラタラで、

ごまかして壊れてることに気がつかなくて、

 

そんな自分に戻りたくない。

 

生きてたら、うまくいくことばかりじゃないし、

いろんなことが起こるから、

そうゆうときに顔見たくなる人、

声聞きたくなる人、

おかえり、大丈夫って言ってくれる人、

場所じゃなく、そうゆう人が

帰る家なんじゃないかな。

 

だから、こんどは、壊れる前にちゃんと大事にしたい。」

と、復縁を断る。

 

そして、綾子に

自分の帰る家を決めなよ、と言うと、

綾子は、

くやしながらも、

「帰るわよ、帰ればいいんでしょ。」と、言う。

 

その時、エレベーターが動き出し、

4人は救出される。

 

エレベーターを出たら、

太郎と綾子は、抱き合い、

「本当にいいの」「俺変わるから」

とまったく、周りを気にしない様子だった。

 

真弓は、その茄子田劇場を見て、あきれ

さっさと帰ろうとする二人に

「何か言うことあるよね。5文字の言葉!」と

言うと、

「ありがとう」

と返されるのだった。

 

そこは、ごめんなさいだろと言うが、

真弓は、文字数を誤っていたのだった。

 

 

その後、真弓と秀明は、飲みに行く。

 

そして、真弓は、

「この距離がいい、近すぎるとまた見えなくなるから」と

秀明に伝える。

 

秀明は、
「もし、いつか努力していい男になったら、

10年後、20年後、、、100年後、近づきたくならないか?」と問うも

あっさりふられる。

 

そして、真弓が突然、秀明にキスをするも、

「うん、やっぱりなんとも思わない」と、

酔いつぶれてしまう。

 

 

後日、

茄子田家では、再び新しい家を建てるに向けて

話がされていた。

 

太郎の母に対しても、強気な綾子、

太郎も綾子の肩を持つようになった。

 

そして、綾子は、

「こんな綺麗なお家で、おいしいお料理を食べられるのは

誰のおかげ?」と、太郎に問うと

太郎は、

「綾子のおかげです。」と言って、

二人は微笑むのだった。

 

 

秀明と真弓は、二人の思い出の喫茶店で、映画の話をしていた。

 

お店を出たら、ちょうど麗奈と慎吾が

二人でデートをしている最中だった。

 

真弓と秀明は、隠れてこっそり見守る。

 

二人は、同じことを考えていた。

「もし、万が一、麗奈と慎吾君が

結婚したら、ボケナス夫婦と親戚に!?」

 

二人は首をふって、否定する。

 

そして、

「じゃ、また」と言って

別々の方向に去っていくのだった。

 

 

金曜ドラマ「あなたには帰る家がある」のまとめ

 

このドラマの原作は、夫婦という普遍的なテーマをドラマチックに描いた、直木賞作家の山本文緒さんの同名小説です。

大きな反響を呼んだ話題作でもあります。

それだけに、ドラマがどんな仕上がりになっているのか?注目が集まりそうです。

主演は、美人女優の中谷美紀さん。

中谷さんは、最近、「私、結婚できないんじゃなくてしないんです」などで、コミカルな役にも、挑戦されています。

中谷さんの主婦役、私は初めて見るので、今から、とても楽しみです。

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならHuluがオススメ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報