昼のセント酒のロケ地は?原作・あらすじにキャスト情報!戸次重幸主演ドラマ

      2016/04/21

4月スタートのテレビ東京系土曜ドラマ『昼のセント酒』がもうすぐ始まりますね!

主演はいま人気急上昇中の俳優・戸次重幸さんで、「明るいうちからの“銭湯”と“酒”」という大人の道楽ドラマなんだそうです!

ということで、今回は原作はあるのかや、あらすじネタバレにキャストやロケ地情報について書いてみました!

スポンサードリンク

基本情報や原作やみどころについて

『昼のセント酒』
放送日時:毎週土曜深夜24:20~24:50
初回放送:4/09(土)
放送局:テレビ東京ほか
主演:戸次重幸
脚本:田口佳宏
監督:Yuki Saito、井川尊史
番組HPより引用

基本情報はこんなところです。

【昼から銭湯×酒】大人の道楽ドラマ!

主役の内海孝之を演じるのは、今話題沸騰中の演劇ユニット・TEAM NACSの戸次重幸さん!

そして『昼のセント酒』の原作は、大人気グルメドラマ『孤独のグルメ』原作や『花のズボラ飯』などグルメ系の作品を多数手がける久住昌之氏の同タイトル

news_xlarge_sentozake_cover

脚本も「孤独のグルメ」の田口佳宏氏が担当ということで、期待が持てますね!

入浴シーンのこだわりとして「なるべくタオルで前を隠さない」んだそうで、ポロリしないように上手く角度や小道具で隠しているんだそうです!

リアルさを追求した結果なんでしょうかね?

その辺の演出も見どころですね!

キャストについて

内海孝之:戸次重幸

57f19ac860f654835dc0

広告会社勤務のサラリーマン。
営業職で成績は最下位。

堂園翔子:八木亜希子

20090401

内海の上司

大西大輔:柄本時生

内海の同僚

遠藤早苗:廣田あいか(私立恵比寿中学)

庶務のOL

ロケ地

気になるロケ地ですが、東京都内を中心に実在する銭湯と居酒屋で撮影しているんだそうです!

というわけで、撮影場所として使われそうな戦闘を調べてみました!

なんとなくイメージ的に近代的なオシャレ銭湯よりも昭和・・・レトロな感じの銭湯の方がしっくりきそうですよね!

広尾湯
東京都渋谷区広尾5丁目4−16 幸田ビル 1F
03-3473-0624

梅の湯
東京都足立区 41−11
03-3881-6310

薬師湯
東京都墨田区向島3丁目46−5 メゾンソレイユ 1F
03-3622-1545

麻布黒美水温泉 竹の湯
東京都港区南麻布1-15-12
03-3453-1446

世界湯
東京都中央区日本橋人形町2丁目17−2
03-3666-7663

なみのゆ
東京都杉並区高円寺北3丁目29−2
03-3337-1861

竹の湯
東京都葛飾区四つ木1丁目16−10
03-3697-5317

燕湯
東京都台東区上野3−14−5
03-3831-7305

なんだか銭湯紹介サイトみたいになってしまいましたがw

銭湯ってやっぱり風情があっていいですよね!

居酒屋はイメージ的に新橋とかの居酒屋とか使いそうですが、どうなんでしょうか?

※追記です。
1話で使われた居酒屋さんは北小岩に実際にある「はむら」です!
レバフライが美味しそうでしたね^^

はむら
03-3672-1594
江戸川区北小岩6-13-4

あらすじ

内海孝之の唯一の楽しみ、仕事をサボって平日の昼から銭湯に入り、その後に居酒屋でビールを飲むという様子が描かれるみたいですね!

まとめ

毎回違う銭湯に、違う居酒屋で『孤独のグルメ』みたいなかんじになるんでしょうか?

話題をよびそうですね!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報 , ,