高嶺の花4話ネタバレ感想・予想と見どころについて!

      2018/08/14

 

水曜ドラマ「高嶺の花」

の5話と4話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

スポンサードリンク

 

水曜ドラマ「高嶺の花」の事前情報と関連記事はこちら

 

水曜ドラマ「高嶺の花」のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

小日向文世の結婚相手の嫁(妻)・子供について!若い頃がかっこいい!

千葉雄大の彼女の噂や演技力の評判について!かっこいい髪型が話題

笛木優子(ユミン)の熱愛彼氏・結婚の噂や韓国語のレベルについて

高橋ひかるが高嶺の花の原田秋保で可愛い!彼氏の噂や性格について

 

水曜ドラマ「高嶺の花」の4話の見どころ予想

 

★直人とももは、お互いに意識し始めます。お互いがお互いを必要とし始めるのです。
しかし、月島流の家元としてももを育てていきたい市松は、ももの色恋をことごとく
邪魔をしようとします。また、ななは、龍一を運命の相手として、迎え入れるため、
ももを蹴落とし、自分が家元になるため、必死で稼働を学ぼうとするのです。

あおむし 40歳

 

水曜ドラマ「高嶺の花」の4話あらすじ

 

水曜ドラマ「高嶺の花」の3話ネタバレと感想はこちら

 

 

もも(石原さとみ)は直人(峯田和伸)を恋の相手と意識していたが、直人はももとキスしてからというもの、目も合わせられず挙動不審になる。

一方、なな(芳根京子)は龍一(千葉雄大)への思いから、市松(小日向文世)に、自分にも家元を継ぐチャンスが欲しいと訴える。市松はななの申し出を認めた。ななはももに、自分も家元候補になったと伝え、さらに、ももに対して長年抱えてきたコンプレックスを激しくぶつける。

そんな中、直人は幸平(袴田吉彦)、太郎(吉田ウーロン太)とともにキャバクラへ。幸平たちは、ももと直人に二度目のキスをさせようとはやし立てる。ももはノリでOKしたが、直人は飛び出していってしまう。その直後、ももは直人の自転車店を訪ね、再び直人にキスをして……。
そしてついに、華道家「月島もも」が特集された雑誌が発売された。

 

※番組HPより引用

https://www.ntv.co.jp/takanenohana/

 

 

キャスト

月島ももー石原さとみ

風間直人ー峯田和伸

月島ななー芳根京子

宇都宮隆一ー千葉雄大

月島市松ー小日向文世

月島るり子ー戸田菜穂

高井雄一ー 升穀

風間節子ー十朱幸代

今村佳代子 – 笛木優子

田村幸平 – 袴田吉彦

原田太郎 – 吉田ウーロン太

原田秋保 – 高橋ひかる

今村芽衣 – 田畑志真

吉池拓真 – 三浦貴大

三宅吉行 – 城後光義

堀江宗太 – 舘秀々輝

吉池真由美 – 西原亜希

 

水曜ドラマ「高嶺の花」4話ネタバレ

 

直人もも(石原さとみ)は、植物園で

直人(峯田和伸)とキスをした。

 

ももは、吉池(三浦貴大)の結婚が、

差し金だったことをはなす。

 

ももは、吉池に、終わりにしようと

はなす。

 

好きな人ができそうだからと

告げる。

 

 

ももは、いつもの

佳代子(笛木優子)の店で、

佳代子と幸平(袴田吉彦)が、

夫婦だったことを知る。

 

直人は、ももとキスしたため、

目をあわせることができない。

 

 

なな(芳根京子)は、

市松(小日向文世)に、

家元になるチャンスがほしいと

願い出る。

 

それは、

龍一(千葉雄大)が、

家元と結婚すると

告げたからだった。

 

市松は、その話を

うけいれる。

 

 

直人とももは、

ふたりで、

芸術家について、

語り合う。

 

ももは、機嫌が悪い理由が、

直人はわからなかった。

 

直人は、異性を意識したら

あまり話せないけど、ももは、

勝手に話してくれるから、

楽だなっとはなす。

 

直人は、あきこに、

ももを変に意識しちゃって

仕方がないことを告げる。

 

直人は、女子の裏側を

知り、びっくりする。

 

龍一に、

ルリ子(戸田菜穂)が

なながやる気になった

ことについて、お礼を

言いにあらわれる。

 

 

ななは、もものマンションにきていた。

 

そして、ももに対して、

家元になることについて、

宣戦布告する。

 

ななは、

お姉ちゃんにふりまわされたくない、

と、泣き叫び、

自分のコンプレックスを

ぶちまける。

 

キャバクラで、もものお客として

直人たちがあらわれる。

 

そこで、浮気の話になる。

 

直人は、俺はしない、相手に

されて嫌なことは、

俺はしない、と言い切る。

 

幸平たちに、2回目のキスを

せかされ、

ももも、調子にのるも、

直人は怒って帰ってしまう。

 

ももは、キャバクラを、早退し、

直人の家を訪ねる。

 

そして、2回目のキスをする。

 

 

ななは、鏡の蔵で、

華道の訓練をしていた。

 

ももは、市松に、

ななには、無理だと、告げる。

 

ももは、

家元になると、すべてを

見下したようになるなら、

わたしは、なりたくない、

ななを、家元にしてあげてくれ

と頭を下げる。

 

そして、わたしは、華道を

やめると、言いはなつ。

 

ももの頭に、直人の言葉が

よぎり、

もう一度、

信じてみることにすると話し、

その場をさる。

 

 

そんな時、月島ももとして、

掲載される雑誌が、

出版され、

直人や幸平たちの元に

わたる。

 

それを見た、直人は、

自分との格差を知り、

高嶺の花、とつぶやく。

 

 

一方、自転車で旅に出ていた

宗太(館秀々輝)が、山の中で、

すいれんを見つけ、

取ろうとしたところ、

足を踏み外してしまう。

 

ななは、龍一を訪ね、

ももにぶちまけたことを話す。

 

龍一は、ななに目隠しをし、

花を生けさせる。

 

 

直人は、

ももから電話をもらい、

雄一(升毅)に

連れられ、

もものマンションに向かう。

 

ももは、着物でみつゆびをついて、

直人を招き入れる。

 

ふたりは、

お互いに、

わらいあう。

 

 

雄一は、

市松に、直人のことを話し、

市松の元妻と同じモネの画集を

見ていたとつげる。

 

すると、市松が、名前で

呼んでもよい、

市松は、自分が父親だと

名乗れるか、と雄一に問うと、

これは、自分の罰だと、答える。

 

直人は、母親から、

奪う女、与える女、2ついる、

と、教えられていた。

 

ももは、直人に、

私は最初で最後の女になりたい、

とつげる。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

水曜ドラマ「高嶺の花」の4話感想

 

★ようやく、直人とももは、良い雰囲気になってきたのかなぁと思っていたら、格差があらわになり、
ギクシャクするのかと思ったら、一気に関係が発展し、
びっくりしました。

また、市松と雄一のやりとりも、少し気になります。
まだまだ、先が見えない展開だらけです。

あおむし 40歳
 

水曜ドラマ「高嶺の花」の5話予想

 

★次回、ももと直人は、結ばれ、ついに恋人らしくなる。

そして、ももは、市松の子供でなく、雄一と元妻の間の子供だったことがわかる。
浮気で、できたもも、
そして、ななとは、まったく血が繋がらない
ことがわかる。
ななは、市松の血をついでいない、ももに対して、
態度がかわり、自分こそ、家元になるべきだと
自信をつける。

あおむし 40歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報