透明なゆりかごの最終回10話ネタバレ感想・予想と見どころは?

      2018/09/25

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」

の最終回10話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

スポンサードリンク

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」の事前情報と関連記事はこちら

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

葉山奨之の学歴経歴やプロフィールは?彼女や演技力の噂について

瀬戸康史の彼女・好きなタイプや性格について!経歴も気になる!

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」の最終回10話の見どころ予想

 

★次回は、7日間の命という題材で、ダウン症の子供が由比産婦人科で
産まれます。
しかし、その子供は、ダウン症で、もって7日間の命と宣告されます。
アオイや由比産婦人科のみんなで、あかちゃんに何をしてあげられるかを考え、
7日間をお母さんに抱っこをさせたり、沐浴をさせたりして
最後のお別れをする。

あおむし 40歳

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」の最終回10話あらすじ

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」の9話ネタバレと感想はこちら

 

 

最終回「7日間の命」
総合:2018年9月21日(金)よる10時
※最終回は1分長い45分で放送します。
【再放送】総合 2018年9月26日(水)午前1時30分(火曜深夜)

由比(瀬戸康史)は初産の妊婦・辻村灯里(鈴木杏)のお腹の胎児に、重い病気があると気づく。産まれても長生きするのは難しいと知った灯里と夫・拓郎(金井勇太)は中絶をも考えるが、榊(原田美枝子)や紗也子(水川あさみ)らが見守る中、産むことを決意する。大学病院の協力も得て、誕生後の対応や積極的治療の準備が進められていく。だがある日、灯里はアオイ(清原果耶)に、それまで秘めていた悩みを打ち明ける…。

 

※番組HPより引用

https://www.nhk.or.jp/drama10/yurikago/

 

 

キャスト

青田アオイー清原果耶

由比朋廣ー瀬戸康史

青田史香ー酒井若菜

町田真知子ー マイコ

町田陽介ー 葉山奨之

望月紗也子ー水川あさみ

榊実江ー原田美枝子

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」の10最終回話ネタバレ

 

1998年夏。

 

 

辻村灯里(鈴木杏)は、

妊娠して、

由比産婦人科で健診にきていた。

 

由比(瀬戸康史)は、

灯里の赤ちゃんに

心臓の異常をみつける。

 

出産後、何もしないと

一週間しか生きられない、

手術しても

どれくらい生きられるのかも

わからないのだった。

 

夫の拓郎(金井勇太)は、

中絶という選択もあると

言い出す。

 

灯里と拓郎は、

そのことでもめる。

 

拓郎は由比院長に話を聞き

二人は、産むことを決意する。

 

 

アオイ(清原果耶)は、

灯里を見つけ、声をかける。

 

灯里は、幸せそうな子連れの家族を

見ていた。

 

おなかの赤ちゃんは、順調なのに

産まれたとたん、

保育器から出られない状態、

信じられない、

ずっと、おなかに居てくれたらいいのに

ともらす。

 

 

紗也子(水川あさみ)は、

灯里が本当の気持ちを話せないでいるような

気がすると、由比院長に話す。

 

いろいろ話を進めるも、

灯里は、上の空だった。

 

由比は、二人に

産まれたら、積極的治療を

すすめるのか、問う。

 

灯里は、戸惑い、

口を紡ぐも、

由比に思っていることを話して

ほしいと言われる。

 

灯里は、迷ってるといい、

苦しい治療をさせずに

静かにみとってあげるほうが

いいのか、と悩む。

 

由比は、治療をするべきだと

思うと話す。

 

 

灯里の母は、

灯里が物心ついたころから

入院していて、

無菌室で過ごしていたのだった。

 

 

拓郎は、

由比産婦人科で

最後まで分娩して

いいかと聞く。

 

由比は、看護師長の榊(原田美枝子)や

紗也子たちに負担が増えるが

大丈夫か、確認する。

 

 

灯里は、普通に分娩する。

 

灯里は、おっぱいをあげ、

拓郎と一緒に写真を撮ったりして

過ごす。

 

そこに、以前

由比産婦人科で

妻を亡くした陽介(葉山奨之)が

娘の美月を連れて訪れる。

 

そして、由比院長に

以前のことを謝る。

 

 

灯里の赤ちゃんは、

だんだん弱っていた。

 

由比院長は、

このまま呼吸する力が弱くなっていく、

と診察する。

 

灯里と拓郎は、

残された時間を

精一杯すごすことにする。

 

そして、息をひきとる。

 

灯里は、泣きながら

天国の母親に赤ちゃんを頼むのだった。

 

 

アオイは、卒業して、勤める病院へ出すため

由比に推薦状を

書いてもらっていた。

 

そして、そのまま由比に返し、

ここで働かせてくださいと

お願いする。

 

アオイは、

由比産婦人科で

看護婦として

働き始める。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」の最終回10話感想

 

★今回は、妊娠時に赤ちゃんに異常が見つかるという話でした。
普通に、妊娠し、無事に健康な赤ちゃんが産まれるというのは、奇蹟なんだな、と
しみじみ感じました。
おなかの中で元気に生きているのに、
産まれたら、すぐに死んでしまうという現実を受け入れられない、でも、選択もできない
あまりにも非情で、涙が出そうになりました。
二人は、治療をしない選択をし、最後まで、
一緒に普通に過ごさせてあげました。
きっと、数日間とはいえ、灯里も拓郎も、そして、ともやくんも
家族だったと思います。

あおむし 40歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報