透明なゆりかごの9話8話ネタバレ感想・予想と見どころについて!

      2018/09/09

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」

の9話と8話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

スポンサードリンク

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」の事前情報と関連記事はこちら

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

葉山奨之の学歴経歴やプロフィールは?彼女や演技力の噂について

瀬戸康史の彼女・好きなタイプや性格について!経歴も気になる!

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」の8話の見どころ予想

 

★次週は、紗也子が妊娠します。
しかし、紗也子は、妊娠を継続するためには、安静が必要とされます。
そこで、仕事を続けるかどうかの選択を迫られます。
迷い、産むことをやめようといいだす紗也子だが、それを婦長やアオイに止められ、
母親になる決心を受け入れるのです。

あおむし 40歳

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」の8話あらすじ

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」の7話ネタバレと感想はこちら

 

 

第8回「妊婦たちの不安」
総合:2018年9月7日(金)よる10時
【再放送】総合 2018年9月12日(水)午前1時30分(火曜深夜)

紗也子(水川あさみ)がついに妊娠した事が分かり、アオイ(清原果耶)はじめ産婦人科の人々は祝福する。休暇を最小限にとどめ、今まで通り全力で仕事すると強気だった紗也子だが、フタを開けてみると猛烈なつわりに襲われ、仕事が覚束なくなるほどに。夫・広紀(柄本時生)は優しい男だが鈍感で、紗也子の苦労を今ひとつ分かってやれない。そんな折り、キャリアウーマンの妊婦・弥生(滝沢沙織)を巡って、ある事件が起きる…。

 

※番組HPより引用

https://www.nhk.or.jp/drama10/yurikago/

 

 

キャスト

青田アオイー清原果耶

由比朋廣ー瀬戸康史

青田史香ー酒井若菜

町田真知子ー マイコ

町田陽介ー 葉山奨之

望月紗也子ー水川あさみ

榊実江ー原田美枝子

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」の8話ネタバレ

 

紗也子(水川あさみ)は妊娠がわかり、
別の病院で、事務員として診察を受けていた。

12月3日が予定日だった。

由比産婦人科には、
3人目の中絶手術を受けに、
来ている妊婦の宮本(異儀田夏葉)さんがいた。

その時、
妊婦の中森弥生(滝沢沙織)が
つわりもひどく、
苦しくて嘆いていた。

妊娠は不安を抱えることだと、
紗也子は弥生に説明する。

紗也子は、妊娠して、
食欲も落ちて
つわりが出始めていた。

紗也子は、由比産婦人科の
みんなに伝えると、
アオイ(清原果耶)たちも祝福する。

そして、臨月ぎりぎりまで働き、
産休中に助産師試験もうけると
はりきっていた。

しかし、つわりがひどく、
トイレにこもりっぱなし、
仕事中も居眠りしたくなるようだった。
アオイは、気を遣うも、
大丈夫といってきかない紗也子だった。

しかし、点滴を間違えたりと
自分が自分でなくなっていた。

紗也子は、暗い部屋で
ポテトチップスを食べまくり、
そんな時、帰宅した
夫の広紀(柄本時生)が
仕事をやめたらと言う。

紗也子は協力してよと言うも、
理解してもらえないため、
口論となる。

次の日、
榊師長(原田美枝子)から、
今後、夜勤は入らなくていい、
いずれにしても、子供がうまれたら
夜は入れなくなるでしょうと
伝える。

紗也子は、産科は24時間勤務なのに、
私は、用なしと言うことですかと言うも、
物理的に無理でしょう、しわ寄せが子供に行くのよ
と言われる。

しかし、紗也子は、
榊師長みたいになりたい、
24時間産科一筋、
由比院長(瀬戸康史)がいないときでも
お産をできるような、と話すと、
榊から
全部をほしがってはだめよ、
あなたは子供を産むことを
選んだんだから、
と言われる。

アオイは、注意欠陥多動性障害の薬を
やめてもいいと言われていた。

紗也子は、
仕事をするため、
由比に
張り止めの薬を増やすように
お願いしていた。

しかし、由比は
仕事と赤ちゃんどちらが大事という
選択はないんです。

赤ちゃんを産むと決めたのであれば
まずは、赤ちゃんと母体を優先です。
休んでください、と言う。

紗也子は、仕事しなくちゃいけなんです
と叫ぶと、
由比から、明日食べていくこともできないんですか
と怒鳴られる。
そして、休暇をとることを
勧められる。

帰り道、
紗也子は中森に会う。
その時、後ろにいた
宮本が中森を突き飛ばす。

そして、産めるのに
甘ったれたこと言ってるんじゃないわよ、
そんなに嫌なら産むのやめれば、
と言い放つ。

中森は、突き飛ばされた衝撃で
おなかを打ったのか、
激しい痛みを訴える。

緊急で由比産婦人科に搬送される。

エコーを見たら、
赤ちゃんは無事だった。

宮本は、
お姉ちゃんもいて、
下の男の子もいるから、
仕方ない、と納得していたのに、
中絶後、赤ちゃんや妊婦さんを見ると
後悔の念があるのだった。

その時紗也子は、突然倒れる。
そこへ、広紀が駆けつける。

病室で、紗也子と広紀は
話をする。
紗也子は、仕事好きだし、
諦めたくない、
贅沢なことを言っているのも
わかっているけど
やっぱり諦められない、
と嘆く。

広紀は由比に、
助けてやりたいけど、
何をしてやれば、
どうしてやればわからないと、
相談する。

由比も、医学的にはわかっても、
気持ちはわからないから、
わかろうとします。

そこへ、広紀が
うなりながら現れる。

出産と陣痛を体験するため、
下剤を一瓶のんで、
それを耐えながら、
アオイにバットで尻をたたくように
お願いする。

紗也子は、わかってほしいのは
そういうことでなく
私はただ、と言葉を詰まらせる。

アオイは、
その私はただ、の先を聞く。

紗也子は、ただ、あなたに
甘えたかっただけ、と語る。

次の日、紗也子は
休暇をください、夜勤も免除してください
と由比にお願いする。

由比から
女性が子供を産んでからも
働き続けられる一番いい方法は
何だと思うかと聞かれる。

紗也子は、保育園を増やすとか
と言うと、
由比は、いつでも、もどれる
職場をつくることでないかと思うと
伝える、
そして、紗也子が必要だと話す。

榊から、
この前のことを謝られる。
榊は、自分が子供を産まないといった
決断は間違ってないと思っている、
しかし、別の道を選んだ人をみると
良かったのかなと迷ってしまう、
どうして女同士って比べちゃうのかな、
と語る。

紗也子は、
気持ちがわかるからだと思う、
だから比べてるんじゃなく、
共感しているんだと思うと。

紗也子とアオイは帰り道をあるいていた。
そこへ広紀が追いかけてくる。

アオイは広紀に何をするのか、と
考える。

人一人育てるんだから、
一緒に悩んで
家族が幸せだったら、
それが正解だと、
広紀は語る。

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」の8話感想

 

★今回は、妊婦さんが抱える不安をテーマにした会でした。
何人出産をしても、毎回産まれてくるまで不安だし、
産まれたからも、永遠に不安はつきまとうのにすごく納得しました。
子供を産み育てるということは、
悩みを共有し、悩み続けることなんだなぁと実感しています。

あおむし 40歳

 

NHKドラマ「透明なゆりかご」の9話予想

 

★次週は、透明な子という題で、
さみしい女の子がいろんなある大人についていく。
その時に、
いたずらをされてしまい、
妊娠していないか
いろいろな検査のために、病院へ訪れる。
そして、その小学生が妊娠していることが
わかる。
そして、その子供を中絶する手術を行うのだった。

あおむし 40歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報