大恋愛のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて(ドラマ)

      2018/12/06

 

2018年10月スタートのドラマ 「大恋愛~僕を忘れる君と~」。

 

主演を務めるのは、人気女優の戸田恵梨香さん。

 

戸田さんの恋人役には、「勇者ヨシヒコシリーズ」など、

コメディタッチなドラマに数多く出演されているムロツヨシさんが抜擢されました。

 

その他のキャストには、TOKIOの松岡昌宏さん、草刈民代さん、

夏樹陽子さん、黒川智花さんらが決定しています。

 

そんなドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と~」について、

原作はあるか、放送局や、放送時間などの基本情報、

あらすじネタバレや最終話(結末)までの視聴率、

ロケ地、キャスト、見どころなどをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

前後のドラマ関連記事はこちら

 

※追記します。

 

前に放送していたドラマ

チアダン(ドラマ)のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストは?

 

次に放送のドラマ

 

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の基本情報や原作について

 

初回放送日 10月12日

放送時間 毎週金曜22時~

原作なしのオリジナルストーリー

脚本 大石静

放送局 TBS

 

[みどころ]

このドラマは、医師として忙しい日々を送っていた主人公、尚が、

結婚式を控えたある日、間宮という一人の男性と運命的な出会いをし、

恋に落ちるところから始まります。

 

しかし、やがて、尚が若年性アルツハイマー病になっていることがわかり、

病気をきっかけに、愛することの意味を知っていくという、

衝撃的かつ、ロマンティックなラブストーリーとなっています。

 

主演を務める戸田恵梨香さんが、この難しい役をどう演じるのが、一番の見どころです。

 

また、戸田恵梨香さんとムロツヨシさんという異色の組み合わせによるカップルが、

どんなラブストーリーを紡いでくれるのか、も見どころの一つとなりそうです。

 

常識や道徳の遥か向こうにある、「震えるような恋心」を描いているという本作。

 

どんなラブストーリーが展開していくのか、今から楽しみです。

 

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」のキャスト

 

北澤尚ー戸田恵梨香

 

 

間宮真司ームロツヨシ

 

 

井原侑市一松岡昌宏

 

 

北澤薫ー草刈民代

 

 

井原千賀子ー夏樹陽子

 

 

木村明男ー富澤たけし

 

 

小川翔太ー杉野遥亮

 

沢田柚香ー黒川智花

 

 

井原誠一郎ー橋爪淳

 

 

石田ミルー小篠恵奈

 

 

キャストの関連記事

 

ムロツヨシの彼女・結婚や生い立ちの噂・本名や所属事務所について

黒川智花の結婚した旦那・子供や妊娠について!演技力の評価は?

杉野遥亮の彼女や演技力は?高校・大学や身長・プロフィールについて

 

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」のロケ地

 

[あやめ橋]

予告動画で、戸田さんとムロツヨシさんの背景に写っているのは、

JR蒲田駅から徒歩5分、鎌田小学校近くにあるあやめ橋です。

 

 

[埼玉県立大学〕

埼玉県越谷市にある埼玉県立大学。

 

予告動画で、スーツ姿の松岡昌宏さんが写っているシーンのロケ地は、

埼玉県立大学のキャンパスです。

 

この場所は、「仮面ライダーエグゼイド」、「ドクター X」、

「ラプラスの魔女」など、多くのドラマのロケ地に使われています。

 

 

[千葉市美術館〕

この場所で、尚と侑市のお見合いシーンの撮影があったようです。

 

その他、エキストラの募集情報から、東京都内や、横浜市内にある緑山スタジオなどで、

撮影が行われたものと思われます。

 

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」のあらすじ

 

主人公の北澤尚は、レディースクリニックの医師として、忙しく働いていた。

 

プライベートでも、条件にぴったりの医師、井原との婚約が決まっていた。

 

 

結婚式まで1ヶ月となって、新居への引っ越しの日、

尚は、元小説家で、引っ越し屋のアルバイトをする男性、真司と運命的に出会い、恋に落ちる。

 

初めて本気の恋に突き進む尚と真司だった。

 

だが、そんな時、尚が若年性アルツハイマー病に侵されていることが分かる。

 

尚の病気をきっかけに、愛する意味を知っていく真司。

 

さらに、尚の存在が、真司の中の小説家としての才能を呼び起こしていく。

 

真司は、尚との日々を一冊の本に綴る。

 

なぜ、何のために、真司は本を書いたのか?

 

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の最終話までの視聴率

 

※放送後に追記します。

 

1話 視聴率10.4%

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」1話ネタバレと感想はこちら

 

2話 視聴率10.6%

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」2話ネタバレと感想はこちら

 

3話 視聴率10.9%

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」3話ネタバレと感想はこちら

 

4話 視聴率9.6%

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」4話ネタバレと感想はこちら

 

5話 視聴率10.4%

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」5話ネタバレと感想はこちら

 

6話 視聴率7.6%

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」6話ネタバレと感想はこちら

 

7話 視聴率9.0%

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」7話ネタバレと感想はこちら

 

8話 視聴率8.5%

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」8話ネタバレと感想はこちら

 

9話 視聴率%

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」9話ネタバレと感想はこちら

 

10話 視聴率%

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」10話ネタバレと感想はこちら

 

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」1話ネタバレ

 

2013年5月。

 

北澤尚(戸田恵梨香)は、

ウェディングドレスの試着をしていた。

 

井原侑市(松岡昌宏)と

一か月後に結婚することになっていた。

 

 

2013年2月。

 

尚と侑市は、お見合いをして

お互い、年齢や、出産適齢期を見越して、

適当な結婚相手を探していた。

 

二人は意気投合し、

お互いの意見、相性も合致することを

確認し、婚約することとなる。

 

 

そして、結婚式一か月後を控えて、

尚は二人の新居に引っ越しをする。

 

その時、引っ越し業者のアルバイトの

間宮真司(ムロツヨシ)が、

引っ越し完了後に、尚も大好きな黒酢りんごを飲んでいる

ところに遭遇する。

 

なんとなく不思議な出会いの二人だった。

 

 

数日後、

真司が段ボールの回収にくるも、

上の階の水漏れで、尚の家は水浸し、

真司は上の階へ注意しにいき、

尚もひと段落。

 

尚は、真司にお礼にごちそうするといって

一緒についてくる。

 

真司は、尚が結婚するくせに、

こんなふうにいつもたぶらかしているのか、

と不信に思う。

 

そして、二人は、飲み屋で

意気投合、尚は自分が好きな作家、

間宮真司の話を、本人とは知らず、

熱く語る。

 

二人は、ラインを交換して

別れるのだった。

 

尚は、ラインのシンジという名前を見ても、

全く気が付かない。

 

 

そして、次の日、また

ごはんへ行こうと

強引に誘いかけるのだった。

 

しかし、尚が待てど、

真司は現れなかった。

 

店を出ようとしたら、店の前で

真司は尚を待っていた。

 

尚は、なぜ店に入ってこないの?と問いただす。

 

すると、尚は

小説の一部を抜粋して話し出す。

 

そこで、間違いを

真司がただすと、尚は何で知ってるの?と

聞くと、

真司は、おれが書いたから、俺が間宮真司だから、

と告げる。

 

尚は、間宮真司本人とわかり、大興奮。

 

二人は、公園のベンチで朝まで話をする。

 

 

尚は、自分が真司のことが好きになって

しまったことを友人の沢田柚香(黒川智花)に

話す。

 

尚は、また真司をご飯に誘い出し、

真司に、結婚やめて、あなたの家に行きたいと

積極的に出る。

 

真司の部屋に行き、二人は、結ばれ、

尚は、確実に結婚をやめることを決める。

 

仕事があるから、今日は出勤するけれど、

尚は、またここに戻ってくると言って、

合鍵を作り、走っていく。

 

 

そして、すぐに佑市連絡をとり、

好きな人ができたと告げ、結婚をやめたいと

はなす。

 

佑市は、会って話をしたいと

すぐに帰国をしようとする。

 

 

尚は、その後、真司の家に急ぐも、

道に迷ってしまい、

交通事故にあってしまう。

 

病院でMRIやCTの検査を受けるも、

問題ないと言われ、

また急いで真司の家に向かう。

 

そして、真司の家の前で待っていた。

 

真司は、帰宅したら、

尚が合いかぎを持っているのに

何故外でまってるのか、訪ねる。

 

 

そして、帰国した佑市が

同期の友人渡部(長谷川朝春)に

あいさつをしに病院を訪問する。

 

渡部が見ていた脳のMRIは、

ちょうど交通事故で運ばれた

尚のものだった。

 

それを見た、佑市が

軽度認知障害じゃないのか、と

直感を話す。

 

しかし、大きな所見は見られなかった

そして、その画像は

尚のものだと気が付く。

 

 

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」2話ネタバレ

 

尚(戸田恵梨香)は、
真司(ムロツヨシ)の部屋へ向かい、
軽く、交通事故にあったことを話す。

そして、侑市(松岡昌宏)から
帰国したと電話が入り、
明日話がしたいと言われる。

次の日、侑市は、
尚のの脳のMRIの画像を見て、
話を始める。
最近、よく来ている患者の名前を忘れてしまったり、
同じ買い物をしたりということが
ないかと問われる。
画像からは、判断できないが、
直感で異変を感じていた。
軽度認知障害の疑いがあるため、
進行を進むのをとめることが
できるかもしれないと、伝え、
検査を受けることにする。

しかし、婚約解消については、
すすめてほしいと尚は話す。

その頃、
尚の母、薫(草刈民代)は、
真司のあぱーちを訪れ、
「娘と別れてほしい」と、
お金を渡し話すも、
真司は、
「娘さんが誘ってきた、説得するのは
俺じゃなくて、娘さんじゃないですか」と
返される。

尚は、検査を受け、
その結果がぜんぜんできず、
クリニックへ戻り、
薫に軽度認知障害の
疑いがあると話す。

MCIのうちに治療をすれば、
進行を止めることが
できるかもしれないと
話す。

尚は、真司に
ラインで今夜は行けないと
連絡する。

侑市の家族は、
結婚前にわかってよかったと話し、
新しい妻を探そうとしていた。

侑市から、
週末の検査入院を
勧められる。

そして、その時に、
尚は、式場のキャンセルや
両親へのあいさつについての旨を
伝えるのだった。

その時、真司から
食事の誘いを受ける。
真司は、らしくないお店を予約して
くれていた。
しかし、そこは、尚の常連のレストランだった。

そして、薫が真司の家に来て、
100万渡され、
これで別れてくれと
言われた、と話す。
そして、いろいろ考え
尚とちゃんとつきあいたいと
思ったと伝える。

しかし、尚は真司に
「やっぱり、結婚しようと思う、
気まぐれなの。」と嘘をつく。

尚は、あらゆる検査を受ける。
結果、アルツハイマー病の前段階であると
言われる。
確実な治療薬は存在せず、
適度な運動、バランスの良い食事、睡眠が
一番大事だと言われる。

尚は、婚約解消のため、
引っ越したばかりの荷物を引き取り、
実家に戻るのだった。

その時、
真司は、尚が結婚やめたことを
聞いてしまう。

真司から、尚に電話がかかり
受けようとした瞬間、
病気の予兆があらわれ、
尚は、場所がわからなくなる。

そして、真司に
「助けて」と電話をする。
いつもの店の近くで飲んでたが、
わからないと伝える。

真司は、走って尚を迎えに行く。
真司は、尚を見つけるが、
尚は、「私、病気なの、
そのうちアルツハイマーになる」と告げる。

真司は、尚が
病気なことを喜んでいる、
そして、尚がどんな病気でも
愛してると告げる。

 

 

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」3話ネタバレ

 

尚(戸田恵梨香)と
真司(ムロツヨシ)は、
一緒に暮らそうとする。

しかし、尚は真司のアパートから
新しいマンションへ引っ越そうと
提案する。

真司が
尚のすべてを知ったうえで一緒に
いると知り、
薫(草刈民代)は、
自宅近くのマンションを
探そうとする。

そして、その話の中で
尚の病気の主治医が
元婚約者の侑市(松岡昌宏)で
あると知る。

真司は、尚の金銭感覚の違いを知り
動揺し、落ち込むものの、
仕事に精を出す。

尚から、家賃20万のマンションを
見に行こうと言われる真司。

尚は、病気が進行し、
たった今診た患者すら
忘れてしまうようになってきた。

柚香(黒川智花)には、話、
患者さんには体調不良とでも
言っておくようにお願いする。

真司は、尚に内緒で
仕事を何件もこなそうとする。

尚は、マンションの
見学を行く約束を忘れてしまっていた。

真司は、侑市に
一人で会いに行く。
そして、尚の病気のことについて
話を聞きに行く。

侑市に、尚と一緒に生きていこうと
思っていると告げる。
最近、鍵をつけっぱなし、など
いろいろ進行が見られるので、
今後引っ越しなどすると
悪影響が起きないか知りたいと
話すも、
侑市は、家族でもないのに
お話はできないの一点張りで
教えてくれないのだった。

一方、侑市は、母が連れてくる
お見合い相手と
片っ端から見合いをするも、
尚の事ばかりを
思い出すのだった。

尚は、病院は行き、
アルツハイマー病の
おばあちゃんに出会う。

その後、侑市の診察を受ける尚は、
自分もあんな風になるのかと
気になってそれどころではない。
その不安を侑市に話、
こんなことなら、余命3ヶ月と
告げられたほうがましだと叫ぶ。

侑市は、アルツハイマー病前のMCIに
対応した薬の治療法も
あるから、
それも選択肢にいれて、
希望をもって治療しようと
励ます。

そして、尚が昔のように
ポジティブで前向きに過ごしてほしいと
つげ、
いつでも
携帯をならしてほしいと話す。

真司は、尚に内緒で
小説を書いているといって、
仕事をしていたが
急に腹痛を起こし
救急に診察を受ける。

尿管結石になり、
入院となるのだった。

同じ仕事仲間が
尚に、真司が入院したと
連絡し、
真司が仕事を頑張っていたと
伝える。

真司は、尚の
ヒモになっていくんじゃないかと
思い、がんばってきたけど、
体力にも自信なくなってきたと
はなす。

尚は、自分が真司を
悩ませていたことを気づいていなかったことを
せめる。

しかし、真司は、
きにしないように伝え、
それでも、がんばれる、
好きだから、と伝える。

そして、真司と
抱き合いながら、
尚は
「好き、侑市さん」と
つぶやいてしまう。

 

 

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」4話ネタバレ

 

尚(戸田恵梨香)は、真司(ムロツヨシ)に
抱きつき、誤って
侑市(松岡昌宏)の名前を呼んでしまう。

名前を間違えたことを気が付かない尚、
真司は、ショックを受けるも、
これが病気の始まり、おわりのはじまりなのかと
認識しつつ、
病気のせいだと言い聞かせるのだった。

そして、尚が一目散で
真司に向かってきたことさえも
病気のせいだと思えてきていた。

尚は、入院中の真司をおいて、
家に帰るも、
ヤカンをかけたことを忘れたり、
お風呂をはっていたことを忘れたり
日常生活でも、病気が進行していっていた。
そして、真司の名前を
侑市と思い込んでいたことに気づき、
間違えて読んでいないか不安になる。

その時、真司から
病院に着替えをもってきてほしいと
ラインが入る。

尚は、忘れないように、
玄関に紙にはって寝る。

尚は、真司に
名前を間違えなかったか聞く。
真司は、尚に心配をかけないため
とぼけたふりをする。

退院後、家に帰ると
真司の先輩の木村(富澤たけし)が
お見舞いに来る。

その時に、
真司が小説家だということが
木村にもしられてしまう。

一方、侑市の家では、
千賀子(夏樹陽子)が
新しい嫁さん候補を探してきては
侑市にすすめるのだった。

真司は、尚に
新しい小説について、
相談し始める。
尚のことを書いていいかと、
病気のことも含めて
大恋愛のてん末を書きたいと
尚に了承を得る。

レディースクリニックで
尚の患者を
薫(草刈民代)に引継ぎをしようとして
いたらが、文句が多いため
尚の病気のことを話そうかと
考えていた。
そんな時、
尚が診察を受けに病院へ
通っている姿を
その患者さんに
見られてしまう。

尚は、侑市に
頻繁に忘れることが増えいると
相談にいく。
そして、侑市から
早く籍をいれるよう
提案される。

薫と千賀子は
偶然、町で出会い、
尚が侑市に診てもらっていることを
話すと、
千賀子から
やめてもらえないかと
告げられる。

尚の病気のことが、
ネットに口コミに書かれ、
他の患者たちにも広まってしまう。
キャンセルが相次ぎ、
厚生労働省から
審査が入ることになる。

厚生労働省に出向き、
侑市も同席することとなる。
そこで
侑市から、
助言が入り、
審議対象から外されることになる。

真司は、尚のクリニックの
口コミにいいコメントを書きまくり
評判をあげようとする。

尚は、患者あてに、
手紙を出すのだった。
それには、
わからないことについては
侑市にメールをくださいとの
文面が記されていた。
それを見て、真司は、
侑市のことを頼りにしていると言い出し、
真司は、名前を間違えたこと、
いきなり自分に言い寄ってきたことも
病気のせいなんじゃないかと
言い放つのだった。

尚は、
話にならないといって、
アパートを出る。

その時、
侑市が
外で尚に会いたくなったから
待っていたと
言われる。

そして、侑市は
「ぼくに尚が必要なんだ」と
告げる。

しかし、尚は、
私が好きなのは、間宮真司なんです、
彼の存在が私に力をくれるんです、と
告げ、真司のアパートへ帰る。

しかし、
真司から別れようと告げられる。

 

 

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」5話ネタバレ

 

尚(戸田恵梨香)は、
真司(ムロツヨシ)にいきなり
別れを告げられる。

尚の様子がおかしいことを
心配した薫(草刈民代)は
真司に事情を聞きに
アパートの来る。

真司は、
侑市(松岡昌宏)のほうが
力になれるのではないか
と伝える。
薫は、
金輪際、娘と関わらないでほしいと
告げる。

真司は、尚に会いたくないため、
木村(富澤たけし)が教えてくれた
バイト先の倉庫に泊まることにする。

尚は、真司のバイト先に向かうも、
木村は、尚に
真司が尚の思いを受け止められなくなった
のかもしれないと
うまく追い返してしまう。

そして、尚は
いつもの居酒屋で
待っているとラインをおくり
真司を待つ。
しかし、真司は
来ないのだった。

そして、真司から尚宛の
宅配便が届き、
真司のアパートを訪ねると、
アパートからは、荷物が全て
撤去されていた。

真司は、小説を書き続けていた。

それから、9か月後、
尚は、自分の話している動画を見て、
質問テストをしていた。

動画の尚は、
真司についての3つの質問、
これに答えられなくなったら、
自ら死ぬことだ、と話していた。

侑市に診察をうけるも、
尚はぼーっとしている。

侑市とかつてワシントンで桜を見た
ことも、尚はすっかり覚えていなかった。

侑市は、新薬の治験に
チャレンジしてみようと
尚に提案する。

尚は、うつ傾向にあった。

買い物の帰り、
尚は本屋である小説を見かける。

そこには、真司が書いた
「脳みそとアップルパイ」が
10万部突破と、売られていた。

共に砂漠を歩こうとしてくれた
Nさんに捧ぐ、
と冒頭に記載されていた。

尚は、
「脳みそとアップルパイ」を
購入し、読むのだった。

そして、本屋で
真司のサイン会が開かれていた。

侑市は、実家で
真司の小説を見つける。

その本を読んで、
侑市は、尚が真司と別れたことを知る。
そして、尚は、
真司が別れようと言った
真意を知るのだった。

侑市は、真司の出版社に連絡し、
居酒屋で会うこととなる。

そこで、侑市は、
尚とは医者と患者の関係から
全く変化はなく、
尚はふさぎ込んでしまい、
暗いままだったと伝える。
真司は、侑市が尚をささえてあげてほしかった
と告げると、
侑市は、
僕は2度振られている、尚は、
間宮真司が好きなんだと
言われたと話す。

その時、居酒屋に尚が現れる。
そして、二人は話し始める。

真司は、尚に
「結婚しよう」と
プロポーズする。

尚が
「いつか、真司のこと
忘れちゃうけどいい」
と聞くと、
「いいよ」と
答える真司。

そして、二人で
薫に挨拶に行く。

薫は、この9か月
どうしようかと思ったと伝え
もう、悲しませないでよと
叫ぶ。

木村に牧師の役をお願いして、
尚と真司は結婚式を挙げる。

尚は、結婚式で
自分の病気のことについて
みんなに伝える。

 

 

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」8話ネタバレ

 

尚(戸田恵梨香)と、
真司(ムロツヨシ)は、
子作りに向けて、頑張っていた。
次の日、
尚は、目覚ましを、かけ忘れ
おにぎりには、梅をいれ忘れる。

侑市(松岡昌宏)は、
公平(小池徹平)に、
ハウリングをしたことを
訪ね、今後診察はできないと
はなす。

尚は、薫(草刈民代)に
子供をもつことを話す。

公平は、尚の後をつけ、
偶然を、装い近づく。
そして、財布を、わすれ
払ってもらい、
お茶につきあわされる。

侑市は、薫に、
公平が、ハウリングを
おこさせたことを、告げ、
注意するようにとはなす。

公平は、尚とお茶をしながら、
一瞬の喜びだけを大事にしていると
はなす。

尚が、帰宅すると、
水野(木南晴夏)が、
真司のスマホを、とりに
来ていた。

すると、スマホには、
侑市から電話がはいっていた。
侑市は、真司に公平のことに
ついて、話をしたのだった。

薫は、侑市とバーで話をする仲に
なり、ふたりで飲み屋に行く。

真司は、尚に、
今日1日の話を聞く。

そして、尚の、次の外来日、
真司は一緒に病院に向かう。

真司は、新聞連載の話がきていた。
そして、続編のタイトルを、
話しているのを聞き、尚は、最初に聞いたことを忘れていた。

尚は、公平と、たびたび会って愚痴っていた。
それを、尚の姿を見かけた木村(富澤たけし)たちが見かける。
真司に、そのことを話す。

真司は、尚に、そのことを
問いかける。
真司は、失神した日に、意識のない
尚にキスしてたこと、
失神した原因も、公平であることを
話す。

そこから、尚と真司は
口論になる。

尚は、真司とは対等でないと言って、
家を出ていく。
マンション前で、待ち伏せていた
公平が、尚の後をつける。
尚は、携帯を冷蔵庫にいれて
忘れていた。

公平は、尚に、
大量の睡眠薬をいれた
コーヒーを飲ませる。

そして、真司に電話をかけ、
呼び出す。

真司は、公平のところに向かい、
尚の居場所を聞き出そうとする。
そして、真司が公平に殴りかかろうとしたとき、
尚は、止めにはいる。
公平は、寝てない尚に驚く。
尚は、コーヒーを飲んだふりをしたと話す。

真司が尚のことを小説に書くことは、尚にとって生き甲斐だと語る。

公平に、全部忘れてください、と
話す。

公平は、忘れたくないことも
たくさんあるのにな、と言って
去っていく。

 

 

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」6話ネタバレ

 

2014年9月
尚(戸田恵梨香)と
真司(ムロツヨシ)は、
新居に引っ越しをしていた。

二人で引っ越しそばを食べ
幸せな日々をおくり始めていた。

真司と二人で
侑市の認知試験をすると、
回復しているという結果をうける。

そして、侑市の患者、
松尾公平(小池徹平)が次に
同じテストを受けに来る。
彼は、病気がわかってすぐ
妻に去られてしまうのだった。

公平は保育士として働いていて
子供の名前を多々忘れてしまうことが
あり、保育士の仕事を
取り上げられそうだった。

公平は、尚と真司のことを
気にかけているのだった。

二人の家には、
アップルパイがたくさん
贈られてきた。

尚は真司に続きの小説を
書かないのかと聞かれると
幸せは、書きにくいからと
告げる。

侑市には、
千賀子(夏樹陽子)から
どんどんお見合いをすすめられていた。

真司は、尚に
子供作ろうと提案する。
尚は、自分が子供の成長を
見届けられない、
母親のいない子供にしてしまう
ということを心配していた。

しかし、真司は、
二人分の愛情で子供を愛するしと
話す。

そして、侑市にも相談すると
子育てが生きがいになるかもしれないと
話す。
迷いがあるなら、やめたほうがいいと話す。

尚は、子どもが母親が記憶をなくすことについて
傷つかないのでしょうか?と聞くと
侑市は、
傷つくだろうが、
良い子に育つ可能性もあると話す。

尚は、新薬の治験の効果について
知りたいと話す。

そして、侑市から
医学部生へ、MCIになってからの
気持ちや経緯など話をしてほしいと
お願いされる。
それは、学生の教育に
力を貸してほしいし、
治療の一環としても良いのでと
言われる。

そこに、ちょうど公平が現れる。
侑市が、公平が去年
学生たちに話をしてくれたことを
話すと、公平は、すっかり忘れていた。

尚は、学生たちに話す内容を
考えていた。
そして、講演の練習を行っていた。
その時、真司が
仕事の取材が入ってしまう。

尚の講演会、開始時に
マイクがハウリングを起こし
尚は、いきなり気を失ってしまう。

公平は、それを
それを見ていて、不敵な笑みを浮かべる。

そして、失神した尚の目の前に
いき、
公平はキスをするのだった。
そこへ、失神した尚を心配して現れた
真司はそれを見て、驚き
押しのける。

公平は、鼻歌を歌いながら、
病院の階段を下りていくのだった。

 

 

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」7話ネタバレ

 

尚(戸田恵梨香)は、
講演の最初に突然倒れたのだった。

真司(ムロツヨシ)は、病院に駆けつけ、
侑市(松岡昌宏)に
問い詰める。

侑市は、なぜこんなことが起きたか
わからない、
反射性失神だと思うと
淡々と語る。

真司は、イライラを隠し切れず
侑市に対して、
怒鳴ってしまう。

薫(草刈民代)は
真司をなだめようとするのだった。

真司は、公平(小池徹平)が
尚にキスをしていたことが
気になっていた。

翌日、尚は、
公平がキスをしていたこと、
真司を認識できなかったこと、
全く覚えていなかった。

真司は、
「脳みそとアップルパイ」の
続編を書こうと思い始めていた。

病院で、公平を見かけ、
真司は尚にはもう近づくな、と
注意する。
公平は、
キミ、シンジ?っとあっさり
答える。

公平は、同じ病気になった者同士しか、
わからない、と答える。

真司は、尚にはもう近づくな!と
伝えるも、
公平は、
失うものはないし、今ほしいものは
今ほしい、尚がほしい、
シンジをぶっ殺してでも!と
言って立ち去る。

真司は、公平の言った言葉に
一理あるとおもっていた。

侑市は、公平が、外来の無い日にも
病院にやたらと来ていることを知り、
気になって話を聞こうとする。
しかし、職場にもいずらいため、
来ていると話す。
そして、尚と真司のことも、
気になって、
いずれ、真司が尚のことを
放り出したら
僕の出番だと語る。

尚と真司は、
家に帰り、二人で
楽しく話をしていた。
尚は、昼間に侑市と話していたことや、
真司の担当者のことも
ちょこちょこと忘れていた。

真司は、
引っ越しやの友達のところへ行き、
木村(富澤たけし)たちと
飲みに行く。

尚は実家に法事で戻り、
薫と未来について
話をしていた。

尚の外来診察の日、
真司が一緒についてきていた。
尚は検査を行っていたが
病気は、かなり進行していた。

侑市から、
新薬の治験を行おうと思っていたが
既にアルツハイマー病に
進行しているため
治験の対象外になってしまったと
話される。

病院の帰り、
尚と真司は
黒酢ドリンクを飲みながら
話をする。

侑市に、
誠一郎(橋爪淳)から
電話が入る。
薫が、尚のことを知り
飲んだくれていたのだった。
それを伝え、
なんとかするようにとの電話だったのだ。

真司は、尚と二人の思いでの場所を
帰り道に連れていく。

そして、いつもの飲み屋に行く。

そして、その晩、
侑市にある実習生から、
尚の講演会が始まる直前の動画が
パソコンに送られてきた。

それは、公平が講演が始まる前に
マイクがハウリングを起こすように
スピーカーにマイクを
当てていた行動だった。

実習生は、悪意ある行動なため、
侑市に相談したのだった。

尚は、真司と愛し合った証がほしいと
話、
二人の子供がほしいと話す。

 

 

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」8話ネタバレ

 

尚(戸田恵梨香)と、
真司(ムロツヨシ)は、
子作りに向けて、頑張っていた。
次の日、
尚は、目覚ましを、かけ忘れ
おにぎりには、梅をいれ忘れる。

侑市(松岡昌宏)は、
公平(小池徹平)に、
ハウリングをしたことを
訪ね、今後診察はできないと
はなす。

尚は、薫(草刈民代)に
子供をもつことを話す。

公平は、尚の後をつけ、
偶然を、装い近づく。
そして、財布を、わすれ
払ってもらい、
お茶につきあわされる。

侑市は、薫に、
公平が、ハウリングを
おこさせたことを、告げ、
注意するようにとはなす。

公平は、尚とお茶をしながら、
一瞬の喜びだけを大事にしていると
はなす。

尚が、帰宅すると、
水野(木南晴夏)が、
真司のスマホを、とりに
来ていた。

すると、スマホには、
侑市から電話がはいっていた。
侑市は、真司に公平のことに
ついて、話をしたのだった。

薫は、侑市とバーで話をする仲に
なり、ふたりで飲み屋に行く。

真司は、尚に、
今日1日の話を聞く。

そして、尚の、次の外来日、
真司は一緒に病院に向かう。

真司は、新聞連載の話がきていた。
そして、続編のタイトルを、
話しているのを聞き、尚は、最初に聞いたことを忘れていた。

尚は、公平と、たびたび会って愚痴っていた。
それを、尚の姿を見かけた木村(富澤たけし)たちが見かける。
真司に、そのことを話す。

真司は、尚に、そのことを
問いかける。
真司は、失神した日に、意識のない
尚にキスしてたこと、
失神した原因も、公平であることを
話す。

そこから、尚と真司は
口論になる。

尚は、真司とは対等でないと言って、
家を出ていく。
マンション前で、待ち伏せていた
公平が、尚の後をつける。
尚は、携帯を冷蔵庫にいれて
忘れていた。

公平は、尚に、
大量の睡眠薬をいれた
コーヒーを飲ませる。

そして、真司に電話をかけ、
呼び出す。

真司は、公平のところに向かい、
尚の居場所を聞き出そうとする。
そして、真司が公平に殴りかかろうとしたとき、
尚は、止めにはいる。
公平は、寝てない尚に驚く。
尚は、コーヒーを飲んだふりをしたと話す。

真司が尚のことを小説に書くことは、尚にとって生き甲斐だと語る。

公平に、全部忘れてください、と
話す。

公平は、忘れたくないことも
たくさんあるのにな、と言って
去っていく。

 

  

TBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」のまとめ

 

戸田恵梨香さんが主人公を務めるこのドラマ。

 

その恋人役を演じるのは、コミカルな印象の強い、ムロツヨシさんです。

 

この意外なカップルが、どんな素敵なラブストーリーを紡ぎ出してくれるのでしょうか?

 

異色のカップルのラブシーンにも注目しながら、

今までにないラブストーリーに、期待して見たいと思います。

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならHuluがオススメ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報