あなたには渡さない2話ネタバレ感想・予想と見どころは?

      2018/11/29

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」

の3話と2話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

スポンサードリンク

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」の事前情報と関連記事はこちら

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

水野美紀の結婚の噂や干されてた理由は?演技力や出演作品まとめ

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」2話の見どころ予想

 

★通子は、6000万円で多衣に婚姻届けを買わせ、
そのお金で料亭を立て直そうと奮闘する。
そんなとき、笠井が通子の様子を見に現れ
通子を温かく応援する。
その様子を見た旬平は、お門違いな嫉妬をするのだった。
そこに、多衣が現れる。
実は、多衣と笠井は知り合いなのだが、
お互い知らないふりをする。

あおむし 41歳

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」2話あらすじ

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」1話ネタバレと感想はこちら

 

 

2018年11月17日(土)よる11:45~放送
第2話

 金沢の多衣(水野美紀)の元を訪れ、旬平(萩原聖人)との婚姻届を6000万円で買ってほしいと告げた通子(木村佳乃)。通子がその6000万円で新しい料亭『花ずみ』を始めると聞いた多衣は、金を用意する明日まで金沢で待っていてほしいからと通子に旅館を紹介する。だが旅館の一室に入った通子は、多衣がどうしてこの宿に通子を泊まらせたのかに気付き怒りに震える。
 翌日、再び通子と対面した多衣は「担保はあなた自身。あなたに賭けてみたくなった」と6000万円を振り込むことを確約。さらにもう一つ担保があると言い、実は旬平の母親から預かっていたというある帯を手渡す。
 新生『花ずみ』に向けて動き出す中、笠井(田中哲司)が様子を伺いに訪問。軽口を叩きながらも通子を優しく激励する。そんな様子を意味深に見つめる旬平。さらにそこに多衣までが現れ、四角関係の当事者が一堂に会し一触即発の空気に!
 そうして、いよいよ通子が女将を務める新・『花ずみ』の開店日を迎え――。

 

※番組HPより引用

https://www.tv-asahi.co.jp/anawata/

 

 

キャスト

上島通子ー木村佳乃

矢萩多衣ー水野美紀

笠井芯太郎ー田中哲司

上島旬平ー萩原聖人

上島優美ー井本彩花

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」2話ネタバレ

 

通子(木村佳乃)は、金沢に行き、
多衣(水野美紀)に旬平(萩原聖人)との
婚姻届けを6000万円で
買ってほしいと話す。

通子は、離婚は借金のための
偽装だが、それを担保に
6000万円貸してほしいと頼む。

しかし、多衣は断る。

通子は、その6000万で
『花ずみ』を始めると話すと
多衣は、金を用意するから
明日まで金沢で待つよう伝え、
通子に旅館を紹介する。

しかし、旅館の部屋に入り、
出された茶碗の九谷焼、
そして、布団の模様を見て
多衣と旬平が泊まった部屋だと気づく。
そこに、多衣から電話が入り、
その部屋が二人が泊まった部屋と
告げられる。

次の日、
多衣は、6000万入り次第、口座に
振り込むと話し、利子はいらないし、
この6年の慰謝料とおもってくださいと
話す。
担保は、通子自身、もう一つは、
旬平の母親から預かっていた帯だった。

旬平は、昔の顧客名簿を
出してきて
常連客を呼ぼうとする。

多衣に金を貸してくれたのは、
笠井(田中哲司)だったのだ。

優美(井本彩花)と一希(山本直寛)には
偽装結婚と伝えるのだった。

新しい『花ずみ』を開店させるため、
通子は動き出す。
そこに、笠井も、様子をみに現れる。
その様子を複雑な気持ちで見つめる旬平
だった。

数週間後、
通子は、店の開店準備のため、
奔走していた。

そして、新生『花ずみ』開店の前日の夜、
旬平と通子は、
懐石料理を
下のお客にも出して
体験してもらうなどの話を
していた。

開店当日、
開店前に多衣、笠井が顔をだし、
4人が勢ぞろいする。
多衣と笠井が初対面ではないことに
通子は気が付いていなかった。

初日は
盛況で終え、
2日目は、さらに大盛況だった。

3日目は、旬平ひとりでは
限界が見えてきていたところ
矢場(青柳翔)が手伝いにきてくれる。

開店4日目、
無料サービス期間が終わり、
前田秀治(柴俊夫)が現れる。
花ずみの旬平の前の板長だった。

勝浪のマネをしていると
いきなりいちゃもんをつけ始める。

そこへ、無料サービス期間だと
思ってきた年寄りが
金はないと話す。
そして、さらに行きの電車で
財布を落としてしまったから
5万円ほど貸してほしいとはなす。

通子は、その年寄りに
5万円貸そうとする。

しかし、その年寄りは
恵んでもらうわけにはいかないと言い、
墨と筆と紙を用意しろと言い出す。

醤油と食紅と料理用のはけ、
そして、襖を外してくれと言い
襖に書を書きだす。

そのお年寄りは、
小切手がわりとして
書いて行った。
その年寄りは、
有名な日本画家だった。

先代のおかみより
肝が据わっていると告げる。
そして、絵のモデルにならないかと
言われる。

その六扇の文字のおかげか
花ずみは、順調に客足を伸ばしていた。

多衣は、あれから顔を出していなかった。
そして、通子は多衣にお金を返済するため
金沢に向かおうとしていたら
多衣は、東京に
マンションを借りていたのだった。

そして、多衣のマンションで
お金を返していると、
旬平がただいまと帰ってきたのだった。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」の2話感想

 

★通子の大物ぶりが目を見張る回でした。
なんといっても、無料サービス期間3日間を終えて、現れた老人客が
無銭飲食して、さらに5万円貸してほしいと言ってきて、
迷いもなく、レジへむかうその姿にびっくりでした。
わらしべ長者の話のようですが、相手を疑わず、信じ切る通子の今後のおかみぶりが
楽しみです。

あおむし 41歳

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」の3話予想

 

★次週は、花ずみをずっと支えてくれて来た、八重がじつは、他店のスパイである疑惑が
浮かび上がります。
しかし、通子は、いままで支えてきてくれた八重を信じ続けます。
一方、旬平は多衣との仲を深めていく。
そして、通子に少しずつ笠井が近づき始める。

あおむし 41歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報