あなたには渡さない5話ネタバレ感想・予想と見どころは?

      2018/12/17

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」

の6話と5話の予想や見どころ、

あらすじネタバレと感想です!

 

スポンサードリンク

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」の事前情報と関連記事はこちら

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについてはこちら

水野美紀の結婚の噂や干されてた理由は?演技力や出演作品まとめ

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」5話の見どころ予想

 

★通子と多衣は、二人で旅館へ向かいます。
通子は、多衣を脱がせ、多衣の武器をまざまざと目に焼き付けようとします。
一方、そんなとき、離婚したはずの笠井が妻と歩いているところを見かけます。
通子に離婚したと言っていたのは嘘で、実は、一晩だけした浮気相手が多衣であったこと、
そして、ひかれはじめていることを通子は知ってしまいます。

あおむし 41歳

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」5話あらすじ

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」4話ネタバレと感想はこちら

 

 

 多衣(水野美紀)への復讐のため、通子(木村佳乃)は彼女を薪能を観るための一泊旅行に誘い、二人で会場へ。途中で突然席を離れた多衣を探す通子は、少し離れた場所に、思いがけない人物を見つける。笠井(田中哲司)が、離婚したはずの妻といたのだ。それを見てさらなる怒りに震える通子。そして、旅館に向かうと、先に客室の中に入っていた多衣に向かって「脱ぎなさい」と告げ…!通子の思惑とは?多衣の反応は? そして、多衣が通子のために用意した6000万円の出どころが、初めて明らかになる――!
 全てを知った通子は、その足で笠井のもとへ。彼にも、どうしても確かめたいことがあったのだ。そして後日、自分の料亭『花ずみ』の今後の展開について通子は従業員たちに、驚きの報告をする。さらにその決断を聞いて驚がくの表情を浮かべる旬平(萩原聖人)が、ある行動に出て…!?

 

※番組HPより引用

https://www.tv-asahi.co.jp/anawata/

 

 

キャスト

上島通子ー木村佳乃

矢萩多衣ー水野美紀

笠井芯太郎ー田中哲司

上島旬平ー萩原聖人

上島優美ー井本彩花

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」5話ネタバレ

 

多衣(水野美紀)と旅行に出かけた通子(木村佳乃)だった。
しかし、途中で多衣は突然席を離れ、
先に旅館へ向かうといって去る。
多衣が逃げるのではないかと思い、
多衣をさがすために外に出た通子、
そこで、笠井(田中哲司)と離婚したという妻と
一緒に居たのだった。
また、騙されていたとおもった通子、
怒りが立ち込めていた。

旅館に行き、
通子は多衣に向かって、
「脱ぎなさい」と叫び、
早くに結婚していたことを
知ったと話す。

しかし、多衣は、
自分でつかみとったまでと言い切る。

通子は、襖を占め、
鬼になると決め、
多衣の体をすべて改めさせると言って
着物を脱がせようとする。

多衣は、了解し、通子に
自分で脱がせなさいと言って
やられるままに脱がされた。

しかし、多衣の体には
旬平(萩原聖人)の跡がなかった。

通子は、
5000万円を手にするため、
多衣に体を売ってほしいとお願いする。

しかし、多衣は断るといい、
以前に、
花ずみ再建のために用意した
6000万円のときも
体を犠牲にして
用意したのだからと説明する。

既に、あなたに勝っていたのだと
語る。

金沢に来る前日、旬平から電話があり、
通子を愛しているから、
多衣とは別れたいと言われたのだった。
だから、通子に恩を売っておきたかったのだ、
と話す。

多衣は、いいですよ、と言い出し
次は誰ですかと聞く。
すると、通子は、笠井だと告げると、
多衣から、通子を愛しているから
嫌だといい、以前の6000万円の時に
寝た相手だと話す。

笠井は、必死で嘘をつき、
多衣を誘惑して関係をもって、
旬平と別れさせようとしているのが
わかって、
通子のためならなんでもするのが、
こわいくらいだったと話す。

しかし、通子から借金の申し出をされたため、
考えが変わったのだった。
笠井には、本当はこんな自分じゃないと告げる。

通子に負けたくなかったからだと
話す。
そして、笠井は離婚になったことなど
事細かに話す。

通子は、笠井のところへむかい、
薪能の場で、妻と一緒のところを見かけたこと、
多衣との関係の事、もろもろを聞いたことを
話す。

通子は、なぜ私に直接誘わなかったのかと
問いただすと、
笠井は、誘ったけど断られたよと告げられる。

笠井にお金を借りなかったのは、
お金のために断れなくなる関係じゃなく、
けがれない関係でいたかったからだと
話す。

次の日、
通子は、何事もなかったように
旬平に接し、
銀座の勝浪を買い取り、
花ずみを大きくすることしか頭になかった。

通子は、多衣に花ずみを買ってほしいと
お願いする。
今までのことは忘れて、
花ずみを抵当にいれて銀行から5000万円借りて
そのお金を自分に課してほしいと頼む。

一希(山本直寛)は、旬平に
通子と元に戻れないのかと頼む。

花ずみを、通子、多衣、旬平の
3人の会社にしないかと提案する。
社長は、多衣か旬平でと。
しかし、多衣は、
通子とあの晩に、お互いをさらけ出すことで
お互いが手をつなぐことができたと
思ったと話す。
社長は、通子になりなさいと告げる。

旬平は、一希に捨てられたのは
俺のほうだと語る。

会社となった、花ずみは、銀座を支店として
あまりお金をかけずに新装開店とした。

旧花ずみは、多衣に任せ、
支店のほうは、通子と
八重(荻野目慶子)と前田(柴俊夫)に
働いてもらうと告げると、
旬平たちから反対をうけるも、
通子は私が決めたことだ、と
ゆるがない。

多衣も賛成し、銀座店のオープンとなる。
新しい銀座店は、客足も好調だった。
前田の料理にも満足して帰っていった。

そんな時、多衣から電話が入り、
「探さないでくれ」とメモを残し、
旬平が居なくなったのだった。

 

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならここ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」の5話感想

 

★笠井と多衣の関係や、離婚の経緯などが明らかになりましたね。
なんだか、通子を思っていた笠井だったのに、少しがっかりしました。
通子を守るため、と言いながら、逆に傷つけてしまった居ることに気が付いていない、残念な
人でした。
しかし、通子と多衣は、本当に、通じ合えたのか、そこがすごく気になります。

あおむし 41歳

 

朝日系ドラマ「あなたには渡さない」の6話予想

 

★旬平がいなくなり、一年半が過ぎていた。
通子は多衣が妊娠していることに気が付く。
しかし、旬平が居なくなった後だから、おなかの父親が誰か
それが問題となる。
新しい板長の矢場か、笠井なのか、
そんな時、ある女性と子供が現れ、旬平の子供だと、話す。

あおむし 41歳

 

 

次回もお楽しみに!

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報