盤上のアルファのロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストは?

      2019/03/01

 

2019年2月3日スタートのNHK・BSプレミアムドラマ「盤上のアルファ~約束の将棋~」。

 

今ブームになっている将棋界を舞台に復活を狙う二人の男性棋士と、

彼らを取り巻く人々との人間模様を描いたヒューマンドラマです。

 

主演は、イケメン俳優の玉木宏さん。

 

他のキャストには、比嘉愛未さん、上地雄輔さん、

近藤正臣さんなど、豪華な俳優さんたちが揃っています。

 

そんなNHK・BSプレミアムドラマ「盤上のアルファ~約束の将棋~」について、

原作はあるか、放送局や放送時間などの基本情報、

最終話(結末)までのあらすじネタバレ、

ロケ地、キャスト、見どころなどをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

前後のドラマ関連記事はこちら

 

※追記します。

 

前に放送していたドラマ

主婦カツ!のロケ地・ネタバレあらすじ・原作・キャストについて

 

次に放送のドラマ

 

NHK・BSプレミアムドラマ「盤上のアルファ~約束の将棋~」の基本情報や原作について

 

放送開始日 2月3日

放送時間 毎週日曜 22時から

原作 塩田武士

脚本 山岡潤平

放送局  NHK BS プレミアム

 

[みどころ〕

このドラマの原作は、塩田武志さんの同名小説です。

 

原作を初の映像化した作品。

 

玉木宏さん演じる新聞記者の秋葉は、

社会部から文化部の将棋担当に異動になり、

思いがけず、将棋の世界にのめり込んでいきます。

 

2人のプロを目指す男性棋士と、

それを取り巻く人々の心温まる、熱いヒューマンドラマとなっています。

 

 

一番の見どころは、

ゲスト出演する本物のプロ棋士たちが豪華なところです。

 

まず、秋葉のインタビューの相手として、

羽生善治さんと、加藤一二三さん、森下卓さんの3人が出演します。

 

羽生さんと加藤さんは、本人役で、森下さんは、水上九段の役で登場します。

 

また、堀井新太さん演じる若手天才棋士、伊達の対局相手として、

門倉啓太五段が、原八段役で出演。

 

さらに、上地雄輔さん演じる33歳でプロ棋士を目指す真田の三段リーグ編入試験の対局相手として、

竹俣紅さんが飯倉陽菜二段役で出演されます。

 

豪華なプロ棋士たちの熱演が見られるとあって、

将棋好きにはたまらない作品になると予想されます。

 

門倉五段は、本作で、将棋指導も務めておられます。

 

さらに、本作では、

朝ドラで父と息子を演じた玉木宏さんと、近藤正臣さんのコンビが復活。

 

今回は、親子役ではないですが、

二人の息の合った掛け合いが、本作でも見られるのではないかと今から期待が高まります。

 

また、15年ぶりとなる上地雄輔さんと玉木宏さんの共演も見どころの一つですね!

 

 

NHK・BSプレミアムドラマ「盤上のアルファ~約束の将棋~」のキャスト

 

秋葉隼介ー玉木宏

 

斉藤恵子ー比嘉愛未

 

真田信繁ー上地雄輔

 

千田正三ー近藤正臣

 

林鋭生ー石橋蓮司

 

伊達和寿ー堀井新太

 

静ー 野々すみ花

 

天野耕平ー加藤諒

 

天野奈美ー原日出子

 

千田加代子ー岡まゆみ

 

鶴巻吾郎ー安井順平 

 

久本佐奈江ー夏子

 

水上哲也ー森下大地

 

 

キャストの関連記事

 

加藤諒の演技力や経歴は?おもしろい髪型・服の子役出身オネエ俳優?!

 

NHK・BSプレミアムドラマ「盤上のアルファ~約束の将棋~」のロケ地

 

[鳩森八幡神社〕

 

東京都渋谷区千駄ヶ谷の将棋会館前にある鳩森神社。

 

将棋界では、有名な聖地となっています。

 

将棋を描いたドラマ、映画のロケ地として、数多く登場しています。

 

最近では、柏木由紀さん出演の「この恋はツミなのか?」のロケ地になっています。

 

2018年10月23日と、11月16日に、

この場所で、玉木宏さん、上地雄輔さんがロケをしていた

との目撃情報がツイッターに上がっています。

 

NHK・BSプレミアムドラマ「盤上のアルファ~約束の将棋~」のあらすじ

 

 

主人公の秋葉は、首都新聞社会部のエースだった。

 

だが、秋葉は、ある日、文化部の将棋担当へ移動になる。

 

自分しか信じない秋葉は、社会部で孤立していたのだ。

 

その上、恋人の恵子も、秋葉の自己中心的なところに嫌気がさし、別れを切り出す。

 

小料理屋でやけ酒を飲む秋葉。そんな秋葉に、真田という男が絡んでくる。

 

口論になる二人。

 

しかし、同じ部屋に住むことになる。

 

真田は、プロ棋士になれず、

師匠である千田の元を離れていたが、

33歳で再びプロ棋士への挑戦しようと戻ってきた。

 

最初は、真田を嫌がっていた秋葉だが、

真田の情熱を目の当たりにして、徐々に将棋の世界に引き込まれる。

 

NHK・BSプレミアムドラマ「盤上のアルファ~約束の将棋~」の最終話までのネタバレ

 

※放送後に追記します。

 

1話 

盤上のアルファ1話ネタバレ感想・予想と見どころについて

 

2話 

盤上のアルファ2話ネタバレ感想・予想と見どころについて

 

3話 

盤上のアルファ3話ネタバレ感想・予想と見どころについて

 

4話最終回 

盤上のアルファ4話ネタバレ感想・予想と見どころについて

 

 

NHK・BSプレミアムドラマ「盤上のアルファ~約束の将棋~」1話ネタバレ

 

秋葉(玉木宏)は、
首都新聞記者で
羽生善治の取材をしていた。

秋葉は、社会部から文化部将棋担当と
異動させられる。

そして、その愚痴を言って、
恋人の恵子(比嘉愛未)と
結婚の話をすると、
距離を置いたほうがいいと言われてしまう。

次の日、朝起きたら、
家に真田信繁(上地雄輔)が寝ている。

前の晩、
静(野々すみ花)の小料理屋で
やけ酒を飲んでいると、
真田が絡んで、将棋を
バカにするなと文句をつけたのだった。
しかし、なぜか泊めてやることになったのだった。

奨励会に入って、中で
戦って勝てば、昇級昇段して、
プロになれるのは、年間4人だけだという、
そして、26歳までという制限もある。

秋葉は、将棋会館へ行き、
千田(近藤正臣)の元を訪ね、
挨拶をするのだった。

弟子の天野(加藤諒)の
試合を見ているところだった。

秋葉は、最後までやったらだめなのか、
諦めるのが美学ということに
納得がいかない。

それを聞いた千田は、
面白いと言って、一緒に飲みに行く。

そして、天野も一緒に
お祝いをしていた。

真田は、かつて千田の弟子で
プロ棋士になれず、逃げだしたのだった。

アマチュアの大会に出て、
プロの試験を受ける資格を得ようとしていた。

千田は、推薦はしないと
言い切る。

編入試験を受かった人は
一人しかいないのだった。

真田は、秋葉のところに来て、
自分を住まわせてほしいと
お願いする。

真田は、将棋の勉強をするから
パソコンを貸してほしいといい、
必死で酒も断っていた。

秋葉は、伊達七段(堀井新太)の
取材に小学校へ向かう。
そこで、恵子にばったり出会う。
恵子は将棋倶楽部の顧問だった。

真田は、将棋のし過ぎで
出ていくことを忘れていた。

秋葉は、天野が心配で将棋会館を
訪ねる。
なんとか、天野は2勝し、残り
あと1局だった。

真田は中学卒業と同時に千田のところに
転がり込んできた。
母親は幼い時に出ていき、
親父は蒸発、親戚の家に預けられていたが、
そこから逃げ出してきたのだった。

千田は、真田のことが気になっていた。

秋葉は、家に帰り、真田の話を聞く。
最後に負けた時、頭が真っ白になり
どうやって生きてきたのかわからなくなったのだった。
しかし、やっぱり将棋が大好きなんやと
わかった、と語る。

天野のプロ昇格がきまる
最後の対局の日、
天野は負けてしまう。

真田は、タイトルをとって
やってきた。

天野は精一杯やりました、もう悔いはないと
言い放つのだった。

天野と秋葉は、
真田に推薦をしてあげてほしいと
千田にお願いする。

千田は、二人が頭を下げると、
そして、真田もいっしょに下げると、
頭を上げ、と言い、
承諾してくれる。

真田のプロ棋士を目指す試合が
始まった。

8局のうち6勝が合格ライン、
2敗までなのだ。
真田はあっさり、やられてしまうも、
楽しくてしょうがない顔をしていた。

2局目、真田は追い込まれるも、
形勢逆転し、勝利を得るのだった。

秋葉は、真田のことも大嫌いだったのに、
いつのまにか、夢中になっていた。

 

 

NHK・BSプレミアムドラマ「盤上のアルファ~約束の将棋~」2話ネタバレ

 

真田(上地雄輔)は、
プロになるに向けて再挑戦となる
三段リーグ編入試験が始まった。

秋葉(玉木宏)は、
イケメン棋士の伊達七段(堀井新太)を
取材するように言われる。

そして、伊達が子供たちに将棋を教えている
小学校へ向かう。

秋葉は、伊達が恵子(比嘉愛未)に
好意を寄せていることを知り、
それを逆手に伊達から取材を受けてもらう。

真田は、秋葉の家に居候し、
パソコンで将棋の稽古をしていた。

秋葉は、伊達七段の取材をしていて、
真田と二人が同じ門下だったことを知り、
そのことを踏まえて、
真田のことを記事にする。

千田(近藤正臣)からも、記事は好評だと
言われ、真田の弟子時代の話も
聞かせてもらう。

真田は、内弟子だったこと、
朝から晩まで将棋の手伝いなどをし、
夜から真面目に将棋の盤と
にらめっこしていた。

勝負勘はあるが、
勝負運がない、そうゆう男だと。

真田は二十歳になったころ、
自分で身を立てると言って、
一人で出て行ったのだった。
そのころ、伊達が頭角を現し始め、
逃げ出したくなったのだろうと
話すのだった。

しかし、千田の妻(岡まゆみ)は、
女の人にも慣れてなかったせいだと
語る。

そんな時、秋葉の新聞社に
真田の父親の借金取りの
林鋭生(石橋蓮)から
電話がかかる。
林は、真田に将棋を教えてやると
秋葉に話す。

このままでは、あいつは勝てない、と
話、この前の2局を見たら、
勝負勘がさび付いていると。

林は、真剣師だと語る。

秋葉は、佐奈江(夏子)から
林が裏社会の将棋名人と聞かさせる。

真田とは、小学生の時に知り合ったのだった。
父親の借金のかたに、なるものはないか
家探しに行ったら、
真田と将棋盤だけがあったのだった。

秋葉は、自宅に林を連れていく。
真田は林に会って、
懐かしさに喜び、お礼をいう。

二人は、夜中まで、
将棋を指し、
真田は、林にしごかれるのだった。

林は、真田に
相手が間違える前に、
己が絶対間違えないことだ、と語る。

それを見て、秋葉は
自分は人生に何をかけているのかと
自身に問いかけていく。

秋葉が家に帰ると、
真田が倒れており、
死んでいるのかと心配するも、
爆睡しているのだった。

林と初めて会った時の真田は、
将棋に勝ったら、父さんを返せと言って、
負けたら命を懸けると言って
将棋を指したのだった。

結局、真田は負けたのだが、
死んでも一銭もならんと言い、
林は、真田に飯を食わせ、
将棋を教え、
アルファ、絶対王者の狼に
なるんだと教え込んだのだった。

そして、林から、
真田が女ができて将棋をやめたと言われ、
その女のことをしらんかと尋ねられる。

秋葉は、小料理屋「水明」の静(野々すみ花)が
その女だと気が付く。

秋葉と林は、静の話を聞く。
静は、自分のせいで真田が
負けてしまったと話す。

しかし、林は、酔いしれるな、
あいつが負けたのは、あいつのせいだ、と
言い放つ。

秋葉は、それを聞き、
真田に嫉妬していた。

真田の編入試験、3局目
相手は、天才中学生で
12連勝中だった。

真田は、中学生から
1勝をとる。

そして、午後から4局目、
真田のことを研究されてしまって、
負けてしまう。

残り4局を残し、真田は
あと一つも落とせない状況となってしまう。

千田からも、踏ん張れと言われ、
家に帰ると、
林からは、
真田の癖を研究されていたこと、
林がさびついていたことを
謝られる。

林は、真田に何も知れやれなかったと
詫びるも、
真田は、林が将棋を教えてくれた、と。

真田は、追い込まれただけだ、
ここからが勝負だといって、
アルファになると言い、
お礼を言う。

秋葉は、真田のことを知り、
なぜか感動を伝えずにいれず、
恵子に電話をかけ、留守電にしゃべりまくる。

次の日、秋葉に林から電話が入る。
林は、秋葉に真田に会えたことをお礼を言い、
大金を渡し、真田の次の対戦相手を
買収してくれとはなす。

 

 

NHK・BSプレミアムドラマ「盤上のアルファ~約束の将棋~」3話ネタバレ

 

秋葉(玉木宏)は、林(石橋蓮司)から、
次の真田(上地雄輔)の対戦相手を
買収しろと依頼をしてきた。

恵子(比嘉愛未)は、
担任のクラスの子供とトラブルになり、
担任を下ろさせられる。

それを見て、
伊達(堀井新太)は、
次の鳳王戦、勝ったら結婚してほしいと
恵子にプロポーズする。

秋葉は、新しい取材に
水上親子を依頼される。

家に帰り、秋葉は
真田に水上親子のことを訪ねる。
真田は、いずれ対戦相手となると
話すのだった。

水上(森下大地)は、
目標としているのは、父親だと
そして、まずは、3段を目指すと
話すのだった。

そんな時、秋葉に
林から電話が入る。
真田に、買収の話のことは
内緒にするようくぎを刺すのだった。

秋葉は、やっぱり受け入れられないと
断れずにいた。
そこで、千田(近藤正臣)に
相談する。
千田のところに来て、
真田を内弟子にしてくれと
頼みに来たのが、林だった。

そこで、たまたま伊達に会い、
秋葉は、
伊達から恵子にプロポーズしたことを
聞かされる。

秋葉は、真田に
伊達の対戦相手の
渡瀬鳳王について尋ねる。

恵子は、同僚から、
伊達からのプロポーズを
受けちゃいなよと言われ、
迷う。

そんな時、伊達の代わりに、
千田が学校の将棋クラブへ
向かい、教える。

千田は、伊達から結婚の話を
聞いていて、
じっくり考えて
返事をしてやってほしいと
お願いする。

秋葉が、それが気になり、
恵子に電話をかけ続けるも、
まったく出ない。

元千田の弟子だった天野(加藤諒)から
真田が追い詰められていると
秋葉に話、
いろんな手を知っている人に
教えてもらうのがいいと思うと
話す。

秋葉は、意を決して、
真田のライバル、そして、自分のライバルでもある
伊達に
真田の稽古を
お願いする。
しかし、伊達は
真田は弟弟子に抜かれ、
ねたんでいるはずと言い放つ。

しかし、秋葉は、
真田はそんなこと思っていない、
将棋がただ好きなだけだと
話す。

すると、伊達から
そんな記事をかくため、
そこまでするのかと言われるも、
一緒にいた恵子が
違う、真田のことが好きなんだと
話す。

そして、伊達は、真田の
稽古をすることを承諾する。

伊達との稽古が
毎晩続いた。
3日目、古い真田の手の打ちが
良くなり始める。
最後に、伊達からお礼を言われる。
最初は、無駄な時間だと思っていたけど、
大切なことに気が付いた、楽しかった
と話すのだった。

そして、秋葉も伊達にお礼を言う。

5日後、
伊達は、鳳王のタイトル戦に
勝利した。

第5局、
真田はもう一つも負けられない。

5局目は勝利する。

午後、第6局、
相手は、最新の手で打ってきた。
真田は、追い詰められる。

しかし、なんとか持ちこたえ
勝利を手にする。

伊達は、秋葉に
楽しいと言う気持ちを
真田に思い出させてもらったと
話すのだった。

千田と林は、小料理屋「水明」で
会い、金で買収しようとしていたことを
聞き、真田を信じるように
説得する。

真田は、勝負運はないけど、
人間運はよかった、
林さん、静さん(野々すみ花)たちに
千田はお礼を言う。

秋葉が、真田に
将棋を教えてくれとお願いしたため、
その夜、二人は家で将棋をする。

その時、真田から、林が秋葉のところに来て、
買収しろとか言ってきたんじゃないかと
聞かれる。
そして、金を使わないでくれてありがとうと
言われ、残り2局、
絶対勝つと宣言される。

第6局の相手と
水上は知り合いで
真田の弱点を見抜いていて、それを
教えるのだった。

 

 

NHK・BSプレミアムドラマ「盤上のアルファ~約束の将棋~」最終回4話ネタバレ

 

真田(上地雄輔)は、
プロ棋士になるための切符を獲得するため
残り一戦となった。

伊達(堀井新太)は、
恵子(比嘉愛未)にプロポーズしていた。

真田と必勝祈願のお願いに来ていた
秋葉(玉木宏)は、
伊達と恵子が一緒にいるところを
見て、
プロポーズをうけたのかが
気になっていた。

そこへ、天野(加藤諒)が
餃子をもって、真田と秋葉の
元へ現れ、
真田に稽古相手として
使ってくれと願い出る。

恵子は、伊達から、
秋葉のことが気になるかと聞き、
鳳王のタイトルをとったら
返事をほしいと言う。

恵子は、返事に悩んでいた。

伊達の鳳王5局、
今日が勝てば、新鳳王誕生だった。
見事に伊達は勝利をおさめ、
タイトルを取得する。

伊達の鳳王獲得のお祝いを
『水明』で行っていた。

千田(近藤正臣)師匠にも、
お礼を言うも、
千田は、自分がとれなかった
タイトルをとってくれて
ありがとうと話す。

秋葉は、恵子のことが
気になって電話をする。
そして、土曜に会う約束をする。

二人は、将棋道場へ行き、
将棋を指す。
指しながら、秋葉は
恵子に、伊達とのことを
探り入れる。

恵子は、3年前
秋葉の母親(萬田久子)と
会って、秋葉の帰りを
待っていた時の話をしだす。

そこに、
秋葉に林(石橋蓮司)から電話が入る。
林は、真田の父親を
病院で見つけたのだった。
秋葉に、真田に話すかどうかは、
任せると話し、
去っていく。

次の日、真田は対局の日だった。

真田は暗い部屋で考えていた。
真田は、かつて父親と
将棋を指していた。
そして、途中で
帰ってきたらな、と言ったきり、
失踪してしまったことを
思い出していた。

対局当日、
真田の相手は、飯倉陽菜(竹俣紅)、
作戦を変えて戦いを挑む。

真田は、飯倉に勝利し、
午後の対局を迎える。

秋葉は、真田に、
正直絶対無理だと思っていたが、
あと一つまできた、
絶対勝てと告げる。

真田の午後の相手は、
水上(森下大地)だった。

真田は、いつもの手を使い、
勝利へ向かおうとするも、
水上は、弱点を見抜き、
そこをついてきた。

もう、ダメかと思われたとき
真田は、泥仕合に
持ち込むのだった。

真田は、見事に水上に勝利し、
プロ編入試験の切符を
手にすることになった。

千田は、水上に
ええ戦いだったとつげる。

秋葉は、試合後
真田のことを
記事にする。

その夜、秋葉が家に帰ると、
真田はいなくなっていた。
そして、真田の扇子が置かれ、
ながいのたのむ、と書かれていた。

真田は、千田に挨拶へ行き、
静(野々すみ花)のもとへ
帰ったのだった。

後日、記事が掲載され、
秋葉は、真田に電話をし、
「記事を見て
どうしても、お前に挑戦したい人がいる」と
話し、呼び出し、
真田を病院へ連れていく。
真田の父親を見せたのだった。

真田は、怒って帰ろうとするが
秋葉に、友達だと言い放つ。

真田は、父親の病室へ行き、
「約束守れんで、すまなかった」と言われ、
二人は将棋を指す。

真田は、
かつて自分が本を書きたいとおもった
夢を思い出し、
無性に書きたいと思ったことを
書くのだった。

恵子は、そんな姿の秋葉のもとに
戻るのだった。

 

 

NHK・BSプレミアムドラマ「盤上のアルファ~約束の将棋~」のまとめ

 

玉木宏さんが囲碁の世界にのめり込む新聞記者を演じる本作。

 

他のキャストには、

比嘉愛未さん、上地雄輔さん、近藤正臣さんなど、

豪華な俳優さんが揃っています。

 

ゲスト出演には、羽生善治さん、加藤一二三さんら、

本物のプロ棋士の出演が決まっており、

豪華な黒騎士たちの熱演に、今から期待が高まります。

 

見逃し放送や過去のドラマを見るならHuluがオススメ。
簡単、無料で2週間お試し↓

 

YouTubeやPandora、FC2などの無料動画は

ウイルス感染の恐れがありますので危険ですよ!

 

 

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報