沈まぬ太陽のロケ地に原作あらすじ・夏川結衣,檀れい等キャスト情報(ドラマ)

      2016/04/18

5月スタートのWOWOW・連続ドラマW『沈まぬ太陽』がもうすぐ始まりますね!

主演は上川隆也さん!メインキャストに渡部篤郎さん・夏川結衣さん・檀れいさんが出演します!

WOWOW開局25周年記念作品なので、さすがに豪華メンバーで気になりますねー!

ということで、今回は原作はあるのかや、あらすじネタバレにキャスト情報、そしてロケ地について書いてみました!

スポンサードリンク

基本情報や原作について

沈まぬ太陽
放送時間:毎週日曜日 よる10:00~
初回放送:5月8日
放送局 :WOWOW
原作:山崎豊子『沈まぬ太陽』
脚本:前川洋一
監督:水谷俊之、鈴木浩介

番組HPより引用

基本情報はこんなところです。

今までドラマ化されていなかった、山崎豊子原作の「沈まぬ太陽」がとうとうドラマ化されます!

あれ?『沈まぬ太陽』って映像化されてなかったっけ?と思ったら渡辺謙さん主演で映画化はされてるんですね!

この作品の舞台は航空会社

航空会社の労組の中心人物恩地が、社員の労働環境と乗客の安全を守るため、金儲けに走る企業と戦うというもので、主人公が左遷されてアフリカや中東に行かされたりするので、ロケやセットを作るのに相当な予算が必要で、ドラマ化は難しかったのだと思います。

今回はWOWOW開局25周年記念作品ということで予算があったのでしょう。やっと実現されましたね!

内容もとても濃い作品なのでどうドラマ化されるのか、とても期待できます。

キャストは主人公の恩地に上川隆也さん!

管理人、上川隆也さん大好きなんです♡

上川隆也さんが出るってだけで既に見たい(゚∀゚)

WOWOW契約しちゃおうかな♪

と、失礼m(__)m

話がそれましたが・・・上川隆也さんのほかにライバルの行天に渡部篤郎さんと実力派のふたりを置いて、「下町ロケット」や「マークスの山」の監督がメガホンを取るので、見応えは充分だと想像できますね^^

1995年にNHK総合テレビで放送された、同じく山崎豊子原作『大地の子』も上川隆也さんが主演を務めていたこともあって今回主役にキャスティングされたのかもしれませんね!

では、他のキャストはどうなんでしょうか?

キャスト

恩地元:上川隆也

_______

実直で何事にも筋を通す性格であり強い信念の持ち主。
国航労組の委員長職を半ば強引に押しつけられるも、職場環境の改善に積極的に取り組む。

行天四郎:渡部篤郎

9380_original

かつては労組において恩地の盟友だったが、後に袂を分かつ。
堂本に懐柔されて経営陣派に転向し、僻地へ左遷させられた恩地とは対照的に、アメリカの支店を転々として栄転する。

恩地りつ子:夏川結衣

元の妻。気苦労ばかりかける夫を献身的に支える。
元には自身の感情を吐露することはあまりなかったが、我慢を多く重ねてきている。

三井美樹:檀れい

客室乗務員。恩地らと共に組合の一員として働く。国民航空退職後は、国民航空の労組問題に力を貸すようになる。

八馬忠次:板尾創路

恩地の前任組合委員長。
恩地に委員長を押し付けるも、経営陣に噛み付くという恩地の暴走に手を焼く。

沢泉正夫:小泉孝太郎

恩地と行天を尊敬する国民航空の労働組合員

耀子・ヒギンズ:草刈民代

コーヒー農園主の妻で「アフリカの女王」と呼ばれる。

行天麗子:若村麻由美

行天の妻。

桧山衛:古谷一行

恩地らと対決する国民航空の社長。

堂本信介:國村隼

国民航空の労務担当取締役。

甲本雅裕
渡辺大
長谷川朝晴
袴田吉彦
堀部圭亮
橋本さとし
相島一之
モロ師岡
岩崎ひろみ
桜田ひより
田島令子
徳重聡
永島敏行
鶴見辰吾

ロケ地

気になるロケ地ですが、今のところまだ情報はないですね(>_<)

映画版では、放漫経営が疑われるニューヨークの系列ホテルの査察へ行った恩地が、出張最終日、サバンナを模した草原が広がる「アフリカ・ゾーン」を見に行くためブロンクス動物園を訪れるというシーンで、日本で3番目に古い歴史ある大阪市天王寺区にある天王寺動物園の「アフリカサバンナゾーン」が使われたそうです!

また使われることはあるのか?どうなんでしょうか?

これについてはわかり次第こちらに載せていきたいと思います!

あらすじ

60年代、巨大企業・国民航空社員の労働組合リーダー行天・副リーダー恩地達が経営者側に給料の労働条件の改善と賃金アップを求めて交渉し、成功します。

その後、労働組合は経営側の息がかかった御用組合が設立され、行天は経営者側へ寝返りエリートコースへ。

経営者側と激しく対立した恩地は、懲罰人事として海外赴任命令を会社から言い渡され、カラチ・テヘラン・ケニアなど国民航空の小さな海外支店や初開設の支店に飛ばされます。

家族も恩地に着いていきますが、子供達がホームシックになるなど大きな負担になり、結局家族は途中帰国。

やがて恩地もストレスに追われ始めたころ、会社は帰国をちらつかせ、労働組合からの脱退を促します。

帰国した恩地は、共に活動していた労働組合員の酷い扱いを聞いて愕然とし、恩地への待遇が変わることはありませんでした。

そんな逆境の中、ある日、航空史上最大のジャンボ機墜落事故が起こり、想像を絶する犠牲者が出ます。

恩地は遺族担当に指名され、体育館で遺族による犠牲者の確認作業に立会い遺族の為に尽力します。

そこで様々な悲劇を目の当たりに。

政府主導で総理を中心として国民航空を立て直すべく、関西経済界で企業再生の実績を買われ、国民航空新会長に国見正之の就任を要請。

恩地は、国見にかつての労働組合をまとめた手腕を買われ、新設された会長室の部長に任命される。

事故によって失墜した会社の再建に尽力する国見と恩地。

しかし、経営陣はやり難いため国見会長へあの手この手で妨害工作をしてきます。

そんな中、国見会長が社内を調査中に、裏金が動いている疑いを発見しアメリカへの調査を恩地に依頼。

国民航空と政界との癒着構造が浮き彫りになっていき・・・

 

 

何度も窮地に陥る恩地をついつい応援し、毎週ハラハラドキドキ見守ってしまうことは間違いないでしょう!!

放送が楽しみです(*´ω`*)♪

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報 ,